ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティングメッセージ」最新記事一覧

何のコピー?:imagine.change.
(2016/7/19)

2020年までに全国5万台のタクシーと商業施設への端末設置を計画:
タクシー内デジタルサイネージに動画広告配信、日本交通とフリークアウトが合弁会社を設立
フリークアウトは都内最大手のタクシー会社である日本交通グループのJapanTaxiと合弁会社を設立したと発表した。(2016/7/15)

LTE対応SIMスロット搭載:
一度手にすればきっと驚く――約798gで世界最軽量2in1の11.6型「LAVIE Hybrid ZERO」に迫る
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズは、とことん軽量を追究したノートPCだ。2016年春モデルとしてラインアップに加わった11.6型モデルの実力をチェックしてみよう。(2016/4/8)

特集:インフラエンジニアのためのハードウェア活用の道標(2):
クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向――今後のストレージ活用で押さえておきたい3つのキーワードとは
なぜ今ハードウェアの知識が求められるのか。今回は、ガートナー ジャパンの鈴木雅喜氏に、「クラウド時代だからこそ知っておきたいハードウェア動向」「今後ストレージをビジネスで活用する上で押さえておきたい3つのキーワード」について聞いた。(2016/4/8)

トライベック・ブランド戦略研究所が調査:
最も優れた環境サイト「キヤノン」が初のトップに
トライベック・ブランド戦略研究所は、各企業の環境サイトの整備状況について調査した。1位になったのはキヤノン。(2016/3/18)

【連載】熊坂仁美の「Instagramをビジネスに活用するヒント」 第6回:
ケンタッキーフライドチキンのInstagram活用、狙いは「家族」と「次世代」
ブランドメッセージをユーザーと同じ目線で伝えるソーシャルメディア本来の役割への期待は、決して失われたわけではありません。企業の心を伝えるコミュニケーション手段としてのInstagram活用例を紹介します。(2016/2/22)

こだわりバカ:
「お客様第一」がスローガンの会社は、なぜ「お客様第一」でないのか
企業の経営理念やスローガンを調べてみると、「お客様第一」をよく目にする。しかし、そうした企業は本当に「お客様第一」を実践しているのだろうか。「実践できていない」理由について、筆者の川上徹也氏は……。(2016/1/25)

NECの新野新社長が挑む、成長への“3つの課題”
NECが社長および会長人事を発表。安定成長を目指す従来路線を継承することを重視し、副社長の新野氏が昇格する形となった。新野氏は次の中期経営計画で“縦割り”体制の解消や注力事業の絞り込み、そして事業のグローバル化に注力すると語った。(2015/12/26)

日、米、英、豪でβ版のテストを実施:
米Twitter、プロモツイートの表示範囲をログインしていないユーザーにも拡大へ
米Twitterは2015年12月11日、外部へのリーチ拡大を目的に、プロモツイートのβ版のテストを開始したと発表した。(2015/12/11)

こだわりバカ:
なぜ大学のポスターは「世界にはばたき」「未来を拓く」ばかりなのか
「ここに集い、世界に旅立つ」「ともに学び、探求し、共に世界を切り拓く大学」――。大学のスローガンは、なぜ手垢がついた表現ばかりなのか。自称「大学コピーコレクター」の川上徹也氏が分析したところ……。(2015/12/7)

人工知能とIoTで切り開く、新たな社会貢献――NEC遠藤社長
NECの年次カンファレンス「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2015」が開幕。基調講演に登壇した遠藤信博社長が大きく時間を割いたのは、人工知能とIoTだった。(2015/11/13)

電力供給サービス:
東京電力からTEPCOへ、「実績やプライド、かなぐり捨てる」
2016年4月に4つの会社に分割する東京電力グループの新しい社名とシンボルマークが決まった。「挑戦するエナジー。」をメッセージに掲げて、1951年の会社創立時に発揮したベンチャー精神を呼び起こす。送配電事業会社だけは別のシンボルマークを採用して発送電分離に備える構えだ。(2015/8/20)

BaaS普及を妨げる、バックアップベンダー「3つの誤解」
「クラウドバックアップ」はSIerから買いたくない――調査で見えたIT幹部の本音
バックアップベンダーのパートナーに関する誤解が、Backup as a Service(BaaS)の普及を妨げるハードルとなる可能性がある。(2015/8/11)

複雑になればなるほどビジネス拡大
「Windows 10」アップグレードで生まれるビッグマネー、パートナーの皮算用は?
「Windows 10」の登場は米Microsoftのパートナーにとってもチャンスだ。どのような収益拡大が見込めるのだろうか。(2015/7/28)

アイキャッチ効果が向上:
リッチメディア広告プラットフォーム「Pictela」に動画広告の自動再生機能を追加
デジタル広告プラットフォームを提供するAOLプラットフォームズ・ジャパンは2015年4月7日、同社が提供するリッチメディア広告プラットフォーム「Pictela」の新フォーマット「Pictela Auto Play Video」の運用を開始した。(2015/4/8)

クルマから見るデザインの真価(1):
「魂動デザイン」は足し算ではなく引き算
車両デザインを通して、「デザイン」の意味や価値を考えていく本連載。第1回はマツダの「魂動(こどう)デザイン」を取り上げる。「CX-5」と「アテンザ」の“大幅改良”から、魂動デザインが目指すものが見えてきた。(2015/2/25)

マツダ デザイン本部長 前田育男氏インタビュー:
「NDロードスター」は「魂動デザイン」のセンター中のセンター
2012年2月発売の「CX-5」以降、「アテンザ」、「アクセラ」、「デミオ」と新世代商品の販売が好調なマツダ。その商品力を支えるデザインテーマ「魂動(こどう)−Soul of Motion」を生み出した、同社執行役員 デザイン本部長の前田育男氏に、魂動デザインを導入した意図や、今後のマツダデザインの方向性について聞いた。(2015/2/24)

2015年 新春インタビュー特集:
「3年計画」の総決算、世界基準のサービス作りに着手――NEC・遠藤社長
事業のブランドメッセージや「7つの社会価値創造テーマ」を発表するなど、2014年のNECは新たな方針や施策を次々と打ち出していた印象だ。こうした施策の効果はどのような形で表れたか。そして中期経営計画の最終年となる2015年のポイントは――。NECの遠藤信博社長に聞いた。(2015/1/1)

PR:デジタル時代の匠たち 〜「掛け合わせる」ことでイノベーションを加速
イノベーションの重要性が叫ばれるようになって久しいが、では具体的にどのような取り組みが実を結ぶのだろうか? これを理解するためのキーワードが「日本流」のオープンイノベーションだ。社会インフラに一大変革が起こるであろう2020年を見据え、新たなイノベーションの形に挑戦する「匠」たちに話を聞いた。(2014/12/24)

Weekly Memo:
NECは新ブランドメッセージで勢いを取り戻せるか
NECが社会ソリューション事業の拡大に向け、さまざまな施策を打ち出している。筆者は「C&Cへの原点回帰」と感じている。長らく売上高の減少が続いた同社だが、果たして勢いを取り戻すことができるだろうか。(2014/11/25)

スマートホーム向け規格はさまざまだが……:
Google主導の「Thread」、対応機器は増えるのか?
Google傘下のNest Labsが取り組みを推進しているホームオートメーション向けプロトコル「Thread」。Freescale Semiconductor(フリースケール・セミコンダクタ)は、そのThreadに対応する機器を開発できるキットを提供すると発表した。ZigBee、Z-Wave、Bluetooth、Appleの「HomeKit」など、ホームオートメーションを視野に入れた規格が乱立する中、フリースケールのこの動きはThread対応機器が増えるきっかけとなるのだろうか。(2014/11/19)

【レポート】Social Matters:
ブランドコンテンツは国境を超えて拡散する
BrandedとSocial@Ogilvy(ソーシャル・アット・オグルヴィ)が主催するアジア最大規模のソーシャルメディアマーケティングのカンファレンス「Social Matters」が今年2度目となるイベントを香港で開催した。海外のソーシャルメディアマーケティングの潮流から興味深いトピックスをピックアップしてレポートする。(2014/10/31)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の高い付加情報を、営業部門に託すことである。前回議論を行ったマーケティング活動の次の段階である「見込み客管理活動」について、マーケティングの諸理論を交えて議論を行う。(2014/8/20)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第2回 「マーケティング活動」の詳細解説――メッセージ開発とチャネルの検討
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の高い付加情報を、営業部門に託すことである。この役割を担うにあたり、マーケティング部門の業務は「マーケティング活動」と「見込み客管理活動」に分けられる。今回、次回の2回に分け、各々の活動のミッションについて議論する。(2014/7/22)

製造マネジメントインタビュー:
イノベーションを生む「デザインマネジメント」の力とは【後編】
「デザインマネジメント」を切り口に多くの企業の事業革新に携わるエムテド 代表取締役の田子學氏のインタビューを通じてデザインがもたらすイノベーションとは何かを伝える本企画。後編では実際にデザインマネジメントによりどういう事業革新が行われ、何が起こったのかという事例を紹介する。(2014/5/19)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第15回 Social CRM最前線――海外事例に学ぶカスタマー・エンゲージメント
これまで2回に渡り、ソーシャルメディアのマーケティング活用をSocial CRMという観点から考察してきた。今回はそんなSocial CRMの実際の先進事例をいくつか紹介する。キーワードは「カスタマー・エンゲージメント」である。(2013/12/26)

顧客獲得コストを36%削減:
米Twitter、テレビ連動型の新広告機能を提供開始
テレビCMや番組内での商品紹介などを話題にしているユーザーのタイムラインに、プロモート広告でブランドメッセージを表示する。(2013/11/27)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第14回 Social CRMによるネットワーク価値の最大化――Influencer(インフルエンサー)を探せ
従来のCRMは需要予測モデルであるのに対し、Social CRMはニーズ喚起モデルである。Social CRMについては前回のコラムにて紹介したので、詳しくはそちらをご参照いただきたい。今回は続編として、Social CRMに課された重要な目的の1つ「お客さまのネットワーク価値の最大化」について考察する。(2013/11/25)

初めて“フルスイング”したOne Sonyのスマートフォン――平井社長と田嶋氏が語る「Xperia Z1」
9月のIFAでグローバルモデルが発表後、日本でも10月に発売された、ソニーモバイルの最新スマートフォン「Xperia Z1」。このZ1を軸に、ソニーはどんな事業展開を図っていくのか。そしてZ1に込めた想いとは? ソニーの平井社長と、ソニーモバイルの商品企画を統括する田嶋氏に話を聞いた。(2013/10/30)

Apple、アフラックなど:
強力な武器になるブランドロゴとは
MIT Sloanは2013年10月22日、“The Power of Good Logo”(「優れたロゴが持つ力」)という小論文を発表した。「一度ブランドが確立された時、ロゴはそのブランド力を強化する力がある」と述べている。(2013/10/24)

ベンチャー企業オフィス100選【ヴァンテージマネジメント編】:
銀座に本社を置くWeb企業、社員の満足度は?
Webコンサルティング事業などを展開するヴァンテージマネジメント。同社は2012年に全員参加で手作り感ある学園祭のようなオフィスを作り上げた。その効果とは?(2013/10/18)

散乱するビッグデータをマーケティングで活用
早稲田大学 IT戦略研究所は、マーケティングとビックデータから考える仕組みづくりをテーマに「第41回 インタラクティブミーティング(通算第62回目)」を開催。米国BlueKaiのCEOであるオマール・タワコル氏が登場し、「When Big Data and Marketing Collide 〜ビッグデータとマーケティングの融合革新の時代〜」と題した講演を行った。(2013/10/4)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第12回 経営に響くデジタルメディアの実績報告、その書き方
デジタルメディアの活用はマーケティング戦略にどのような影響を及ぼしているのだろうか? 例えば、Facebookでの「いいね!」や「ファン」「シェア」の獲得は、売り上げにどのような貢献をしているのだろうか?(2013/9/30)

MIT Sloan Management Reviewより:
ブランドメッセージのリツイート率を上げる9つの方法――「やってはいけないパターン」と「成功パターン」
MITビジネススクールの『MIT Sloan Management Review』は9月18日、ブランドメッセージのリツイートを向上する方法についての論文のフリーダウンロードを開始した。その論文が“How to Get Your Messages Retweetd”(「メッセージがリツイートされる方法」)だ。(2013/9/20)

【連載】共益価値創造とマーケティング:
第6回 CSV創造の土台となるBRAND WILLの明示を――【対談】多摩美術大学教授 佐藤達郎先生
最終回である今回はビルコムの小川丈人氏と多摩美術大学の佐藤達郎教授の対談をお送りします。テーマは「BRAND WILL」について。企業やブランドの姿勢が問われる時代を2人はどのように見ているのでしょうか。(2013/7/31)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第10回 2013年カンヌ広告祭に見るトレンド(後編)――デジタルメディアがブームの起爆剤になる
前編ではカンヌライオンズの受賞作品を参考に、現在の広告の特徴を「芸術性」「アイディア創出力」というキーワードで整理した。後編では、「メディア特性の最大化」という観点から、広告のあり方を考える。(2013/7/19)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第10回 2013年カンヌ広告祭に見るトレンド(前編)――理想像ではなく現実を描く
連載10回目となる今回は、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルの受賞作品を検証し、受賞理由やトレンド、そして今後の広告の在り方について考察してみたい。(2013/7/18)

Adobe Digital Marketing Forum 2013:
ソーシャル担当者よ、ビジネス貢献度を把握できているか?
企業のソーシャルメディア利用が活発になってきている。だが、「それをビジネスとして活用できているか」と問われると、答えに詰まる企業が多いようだ。(2013/7/12)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第9回 ソーシャルメディアで人間性豊かなコミュニケーションを展開するために
ソーシャルメディアを活用したマーケティングの成功を加速するには、どのような点に注意すべきなのだろうか。戦術的な視点で検討する。(2013/6/19)

HubSpot Day in Tokyo:
狩猟型から農耕型へ――HubSpotとマーケティングの新時代
「HubSpot Day in Tokyo」が6月7日、渋谷で開催された。マーケティングエンジン 代表取締役社長/共同創業者 高広伯彦氏は、アウトバウンド型のマーケティングを「狩猟」、インバウンド型のマーケティングを「農耕」に喩え、時代は農耕型のマーケティングに移行しつつあると語った。(2013/6/7)

ビジネス英語の歩き方:
BBAって何? 「少年よ大志を抱け」とあいまいな日本語
クラーク博士の「ボーイズ ビー アンビシャス」というフレーズは、多くの日本人が知っていることでしょう。でも、英語として読むと何だか違和感がぬぐいきれないのです。(2013/6/5)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第7回 モバイルが利用される“モーメント”を選び、“モバイルムーブメント”を起こす
今回はソーシャルメディアの拡散性を活かしたコミュニケーションを考察する。また、モバイルというコミュニケーションジャンルをさらに進化させる新たなコミュニケーションデバイス「ウェアラブル」についても少し触れる。(2013/4/17)

サンディスク、信州の自然や営みを1年に渡り追う「信濃路」プロジェクト
写真家の水谷章人氏が故郷である信州の自然や人々の営み、風習を撮りおろす「信濃路」プロジェクトをサンディスクが開始した。(2013/4/16)

サントリー天然水がリニューアル、国内最軽量の新開発ペットボトルを採用
サントリー天然水がリニューアル。2リットルボトルに続き、550mlボトルでも国内最軽量のペットボトルを採用している。5月7日から。(2013/3/28)

中国、独自のソーシャルプラットフォーム:
中国のソーシャルメディアで企業ブランディングを成功させるには
中国では、TwitterやYouTube、Facebookは事実上禁止されており、代わりに中国独自のソーシャルプラットフォームが主流となっている。企業は、この中国独自のソーシャルプラットフォームによるデジタルエンゲージメントを考えなければならない。また、13億人の市場が、企業に何を求めているのか、どうすれば購買に結びつくのか、把握しきれていない企業も多い。(2013/3/25)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第5回 消費者の行動変化を見極める――2013年のデジタルキャンペーン設計
情報技術の進化は消費者の行動変化を促している。企業が仕掛けるマーケティングキャンペーンも、その設計段階から時代の変化への対応を余儀なくされている。「モバイル」「Eコマース体験」「ソーシャルメディア」「リアルタイム性」「ビッグデータ」という5つのキーワードで、マーケティングに影響を与える時代の流れを読み解く。(2013/2/28)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第4回 海外のソーシャルメディアプロモーション、9つのトレンド
9つのキャンペーンを例にとりながら、各ブランドがソーシャルメディアにどのような役割を担わせ、どのような仕掛けを埋め込み、一体何を成し遂げたのかをご紹介する。(2013/1/21)

マツダ、3代目「アテンザ」発表――新しいマツダの象徴に
マツダは新型「マツダ アテンザ」のセダンとワゴンを発売した。ガソリンモデル2種とクリーンディーゼルモデルを用意する。価格は250万円〜340万円。(2012/11/20)

信頼性を高めるには最長7年の開発が必要
Facebook、Twitter分析ツールの「不都合な真実」
顧客の指向を理解して潜在的な問題を発見するために、多くの組織がソーシャルメディア分析に取り組んでいる。しかしまだ科学的に不正確な部分も多いという「不都合な真実」を指摘する声がある。(2012/10/12)

IDF 2012:
Haswellのココが大事です──「SOixステート」「選べるグラフィックスコア」
IDF 2012では、2013年後半に登場するだろう「Haswell」に関する情報を公開した。依然として断片的だが、ポイントとなる事項をまとめておこう。(2012/9/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。