ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人件費」最新記事一覧

カフェ・ベローチェがドリンク、フードを一律10円値上げ ブレンドコーヒーは190円→200円に
原材料費、人件費などの上昇による値上げとのこと。(2016/5/20)

シャープが人件費削減を継続 一般社員は給与2%減額 17年3月まで
業績不振の続くシャープは給与カットなどの経営改善対策を来年3月まで延長すると発表した。(2016/2/17)

「ゆうパック」値上げ 人件費・輸送費の高騰受け
8月から「ゆうパック」の運賃が値上げ。人件費の高騰や運送費の上昇などに対応するためとしている。(2015/5/18)

松屋、営業利益8.6%減 15年3月期 食材の仕入れ単価や人件費の上昇で
牛めしチェーン「松屋」などを展開する松屋フーズが2015年3月期通期決算を発表。営業利益は前期比8.6%減の21億4500万円だった。(2015/5/12)

資生堂、営業利益44%減 15年3月期 賞与アップで人件費かさむ
国内売り上げ減少や人件費増加、海外でのマーケティング投資などによって、資生堂の2015年3月期 営業利益は前期比で44%減になった。(2015/4/27)

フォステクス製品、5月1日から157機種を価格改定
フォステクスが4月7日、同社で取り扱う製品157機種の価格を改定した。円安や人件費高騰のため。(2015/4/7)

スマートファクトリ:
省エネよりも人員削減と原子力を優先、日本商工会議所の全国調査で
日本商工会議所が全国の会員企業を対象に実施した電力コストに関する調査で驚くべき結果が出た。今後さらに電力コストが上昇した場合の対応策として人員・人件費の削減を挙げた企業が最も多い。省エネ対策は回答の選択肢にすらなく、製造業からは原子力発電所の再稼働を求める声が上がる。(2015/1/27)

事務ごよみ:
内定者フォロー、人員・人件費計画策定の徹底を――1月の事務ごよみ【人事・労務】
4月から新年度入りする会社では1月の終わり頃から翌年度の経営計画や利益計画の策定に着手する必要があります。人件費計画は経営計画や利益計画に直結する重要なもの。時間をかけて検討しましょう。(2014/12/25)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
目先の人件費に惑わされるな
変わることを見据えた“得”なのか?(2014/9/16)

餃子の王将、10月から値上げ 餃子は20円高く
原材料価格、光熱費、人件費などのコスト増により。(2014/9/12)

補助金:
エネルギー分野などで起業家を支援、NEDOが事業開始
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、エネルギー分野など製造業系を対象とした「研究開発型ベンチャー支援事業」(研究開発型ベンチャー支援プラットフォーム)を開始した。人件費や活動費を最大2年間支援する他、事業化に必要な技術やビジネスモデルに関する助言を受けられる。(2014/7/24)

これからの働き方、新時代のリーダー:
なぜアパレル業界で「工場直販」モデルがうまくいかないのか?
低い人件費で大量生産が可能な海外工場に押され、日本の職人技を持つ国内アパレル工場が消えつつある。ファッションの世界において、なぜ工場の立場は弱かったのか。(2014/3/18)

三国大洋の箸休め(21):
脱ブラック企業――「グッドジョブ戦略」という型破りな考え方
「人件費」イコール「コスト」と見なされがちな風潮の中、正反対のアプローチを採り、従業員の待遇を改善することで業績を伸ばした企業もあるという。2014年最初のコラムでは、ちょっとだけ希望の持てるそんな話を紹介したい。(2014/1/20)

“独立プロフェッショナル”の仕事術:
第5回 給与に納得がいかない――自分の値段はどう決まる?
給与はいわば、会社の中で決められた資源=人件費の陣取り合戦の結果。その評価軸は企業によって異なるため、“どうも納得がいかない”と思う人もいるでしょう。そんなときの対処法について考えてみましょう。(2013/10/28)

世界最大規模のPerlの祭典「YAPC::Asia Tokyo 2012」開催:
シリコンバレーエンジニアの人件費が高騰、その背景とは
(2012/10/3)

ビジネスニュース:
ルネサスの早期退職募集に7500人が応募、人件費を年間540億円圧縮
ルネサス エレクトロニクスが2012年9月18〜26日に実施した早期退職募集に、当初見込みの約1.5倍に達する約7511人が応募したことが明らかになった。(2012/10/3)

NEC、企業間の受注業務を支援するクラウドサービスを開始
受注業務にかかる人件費を3分の1〜4分の1に削減でき、個別システムを構築する場合に比べて導入期間を半減できるという。(2012/9/14)

シャープ、一般社員のボーナスを半額に・給与7%カット
シャープが人件費削減を発表。今期で約140億円の固定費削減を見込む。(2012/9/11)

ビジネスニュース:
対中国の投資額、2カ月連続で減少
外国企業による中国への投資が減少しているようだ。その要因として、中国政府は、ビジネス誘致政策を推進する米国、欧州の経済危機、中国よりも人件費が安い東南アジアへの工場の移行などを挙げている。(2012/8/27)

新卒者の就職が厳しい本当の原因と解消する方法
就職が厳しい理由は、政治や行政も影響しているとはいえ、企業の人件費の支払い余力の乏しさにあり、その原因は業績の低迷と人件費の高止まりにあるという筆者。経営・幹部・管理職における能力と報酬のミスマッチを解消しやすくするべきと訴える。(2011/7/15)

実践! IE:方法改善の技術(9):
運搬・レイアウトを極限まで効率化するための分析手法
人件費の50%、作業時間の20%が運搬コスト!? レイアウトと運搬を効率よく改善するための分析手法を紹介します(2011/1/13)

松田雅央の時事日想:
ソーラー発電にした方が、“お得”なのか
ソーラー発電の設備を設置している家が増えてきているが、価格はどのくらいなのだろうか。資材購入費、設置工事の人件費などすべての費用を概算し、“お得”なのかどうかを計算してみた。(2010/6/8)

「技術の森」モリモリレビュー(7):
金型がなくても、個人でも、製品の量産はできる?
思い付いた自分のアイデアを商品化したい。でも金型の費用って、高い。では、人件費の安い中国の工場にお願いすればいい?(2010/4/28)

コストダウンを「解雇」で行ってはいけない
解雇相談を受ける際、目的が人件費圧縮であれば、解雇ではなく賃下げやITコスト削減などから行うようにアドバイスしているという筆者。その背景には訴訟コストの削減や労働基準監督署からの是正勧告の回避があるという。(2010/3/2)

「役員報酬」は無駄、オフィス家具も9割が「中古でいい」
アイシェアが、オフィス商品の総合サイト「オフィスバスターズ」と共同で経費削減についての意識調査を実施。職場で最も削らない方がいいと思う経費は「人件費」、最も無駄が多いと思う経費は「役員報酬」が最多。オフィス家具については88.9%が「中古品でよいと思う」と回答している。(2010/1/20)

プロジェクト管理ツール紹介:ビーブレイクシステムズ編
厳格なコスト管理を可能にするセミオーダー型業務管理システム「MA-EYES」
会計基準の制度変更でより厳格なコスト管理が求められる現在、プロジェクト管理者は開発コストの大半を占める人件費を正確に把握しなければならない。その実現のために必要なものとは一体何だろうか。(2010/1/8)

人件費削減が痛手、2008年度人材派遣市場は前年度比7.0%減
(2009/11/13)

uTest――世界中の技術者がバグ探し、欠陥なければタダ
ソフトウェアのテストをインターネット上に集った1万8000人もの技術者に委託する――。クラウドソーシングを活用したサービスが日本でも始まった。開発における人件費を減らす効果が得られる手法として注目を集めそうだ。(2009/7/16)

“有給&残業”攻略法:
「年間600時間の時短」「1000万円の人件費削減」――デジタルペンで働き方はどう変わる?
「アノトペンで年間600時間の労働時間短縮につながった」「1000万円の人件費を削減できた」。デジタルペン「アノトペン」を現場に導入した企業では、働き方はどう変わったのか。(2009/5/27)

時間とコストを一度に削減!
テレビ・ビデオ/Web会議の賢い使い方
交通費や宿泊費、移動中の無駄な人件費などをまとめて削減。それを実現するのがテレビ・ビデオ/Web会議である。そのコスト削減効果や導入に際してのポイントなどが分かるコンテンツを集めた。(2009/7/9)

拠点ごとの管理を一元化:
三菱地所リアルエステートサービス、Ajax対応のWebメールに完全移行
三菱地所リアルエステートサービスは従業員が使うメールシステムをAjax対応のWebメールに移行した。設定や新しい機能の追加といった運用管理をサーバ側で一元管理できるため、人件費や運用管理の負担を減らせるという。(2009/4/14)

1000人の勤怠データを一元管理:
ホテルオークラレストラン、ASP型勤怠管理で人件費支出を改善
ホテルオークラエンタープライズは、自社が経営するレストランの従業員の勤怠管理システムに、指紋認証によるASP型システムを導入した。リアルタイムでの勤怠データの把握により、人員配置や人件費の最適化を実現した。(2009/3/10)

指紋認証でタイムカードなくす:
ソフトバンクモバイル、107店舗に勤怠システム導入 年間2600万円の削減へ
ソフトバンクモバイルの店舗に指紋認証の勤怠管理システムが導入された。紙やタイムカードで管理していた勤怠入力をシステム化することで、データの照合や分析にかかる時間と人件費の削減を狙う。(2009/2/18)

決済時間は半分に:
am/pm、セルフレジの導入を30店舗に拡大へ レジ担当の人件費を減らす
am/pmは、セルフレジの導入を25〜30店舗にまで拡大する見通しだ。電子マネー専用のセルフレジを使うことで決済時間を短縮できるほか、レジ担当の人件費を減らすことにもつながるという。(2009/1/28)

Sprint Nextel、従業員8000人を削減
Sprint Nextelが年間12億ドルの人件費削減のため、8000人を削減する。(2009/1/27)

小売業のPOS市場予測:
POS端末への投資は一巡、セルフレジは本格普及の兆し
Y2K問題に対応できるPOS端末への更新が一巡しつつある中、人件費や管理費を削減できるセルフレジの導入が大手スーパーマーケットを皮切りに進み始めそうだ。矢野経済研究所が小売業のPOS市場の動向を発表した。(2008/12/8)

北海道の総合行政システム、VMwareでサーバを仮想化――物理サーバレスになった自治体も
北海道で自治体向けに総合行政システムを提供する北海道自治体情報システム協議会は、同システムのサーバの仮想統合にVMwareを採用した。人件費やシステムコストを削減できた。(2008/10/7)

信用金庫の為替業務をアウトソーシング――NECが代行
NECが信用金庫向けに提供する為替業務代行サービスでは、為替業務のシステム投資や人件費を削減できる。制度の変更などにも柔軟に対応できるようになるという。(2008/9/25)

「ライフネット生命」――たった2人で始まった、営業ウーマンいらずのネット保険
ネット専業で営業ウーマンの人件費を削減し、そのぶん商品を安くする――初の独立系ネット生命保険・ライフネット生命は、創業者2人の“恋のような”出会いから始まった。(2008/8/11)

日本人に似た真面目な国民性:
オフショア開発第三の地にベトナムが浮上
オフショア開発の地として新たにベトナムが浮上している。こつこつと仕事に取り組む真面目な人材が多く、人件費も安く抑えられることから、開発拠点に据える企業が増えている。だが安易にベトナムを選ぶと、成功は遠のくようだ。(2008/6/24)

トレンドフォーカス:
日米のオフショアの差は、インドのとらえ方にあった
人件費高騰や米国景気後退などによる影響で、大手グローバルITベンダーのインド進出が本格化する中、インド企業はこれまでの欧米偏重を見直す動きが顕著になってきた。低迷していた日本市場へのテコ入れもその1つ。しかし、日本企業ではオフショアがアウトソーシングの域を出ず、インド企業をうまく使いこなせていないという。(2008/4/28)

So-net中間、売上高11%増 「Web2.0を加速」
ソネットの中間期連結決算は、人件費や業務委託費などを固定費を削減し、大幅な営業増益を達成した。(2006/10/25)

ネットワークの性能管理を考える【第1回】
「見える化」で利益を生むネットワークにする秘訣
一般的に「ネットワークの管理コストは利益を生まない」と思われがちですが、これは誤りです。日々、大量のデータが流れるネットワークの性能管理に目を向けるだけで、実は、無駄な設備投資や人件費を抑え、より効率的で強い企業を育てることができるのです。その鍵となるのは「ネットワーク性能の見える化」です。さて、その実際とは?(2006/10/17)

Column
人件費の上昇にもかかわらず、インドでのオフショア開発は今後も盛んに
世界のフラット化で躍進したインド――人件費の上昇で成長にブレーキがかかると言われているが、インドのエンジニアと契約するコスト上のメリットはまだあと5年間は続くとアナリストは見ている。(2006/10/3)

顧客満足度ナンバーワンSEの条件〜新人編:
インド人に勝てるSEになる
企業の情報システム開発においてインドや中国のオフショアリング企業の存在感が増している。特にインドは、エンジニアの人件費が低いだけでなく、非常に高い技術力を持っている。日本の技術者はどのように対抗していくべきか。(2006/5/12)

マネージドサービスに期待されるのはセキュリティ・品質・コスト
IDC Japanによれば、企業向けマネージドサービスで利用比率が高いのはネットワーク運用保守関連だった。マネージドサービスに期待するのは、セキュリティとシステムの品質維持、人件費削減であることがわかった。(2005/1/6)

ITインフラ・マネジメントを考える 第1部:
ITインフラのマネジメント標準「ITIL」
企業のコスト削減は、その対象項目が直接的に把握しやすい項目や初期導入費から、人件費を含めた運用管理コストに目が向けられている。こうした状況下で、ITインフラストラクチャ・ライブラリと呼ばれる情報システム・インフラの管理基準に大きな注目が集まりつつある。(2004/6/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。