ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ポケモンGO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポケモンGO」に関する情報が集まったページです。

ポケモンGO、「タリーズ」のイベント参加券は7月24日から配布 「ジム」の店舗は対象外
Nianticがスポンサー企業と実施する「Pokemon GO(以下、ポケモンGO)」のイベント「スペシャル・ウィークエンド」。この開催場所の1つであるタリーズコーヒーでの参加券入手方法が判明。7月24日から、参加券付きのドリンクが販売される。(2018/7/19)

SpotifyやPokemon Goが早朝ダウン、原因はGoogle Cloudか(復旧済み)
Google Cloud Platformのモニタリングツール「Google Stackdriver」の不具合が原因の障害が発生し、日本時間の午前4時過ぎから約1時間、Discordなど多数のサービスでアクセスできないなどの状態が続いた。(2018/7/18)

シカゴの「ポケモンGO」イベントで聞いた、Nianticのリアルイベントに対する思い
米Nianticが、シカゴでリアルイベント「Pokemon GO FEST 2018」を開催。会場を訪れ実際の様子をレポートするとともに、NianticでポケモンGOのグローバルマーケティングリーダーを務める須賀健人氏に、イベントに対する思いを聞いた。(2018/7/16)

「Surface Go」をチェック/松尾Pが「VOCALOID5」を実演、ボカロの“調教”は必要なくなった? 「NEWS TV」で試した
(2018/7/13)

CloseBox:
Surface Go、Oculus Go、君らそんなにGoが好きなの?
Golang、マッハGoGoGo、PSP go、みんないろんなGoの思い出があるはず。(2018/7/13)

豪雨で延期になった「ポケモンGO」イベント、8月4日に開催
延期になっていた「フリーザー・デイ」「コミュニティ・デイ」の開催日が発表されました。(2018/7/12)

Surface Go、名前の由来は「ポケモンGO」? 米MSのキーマンに聞く
「Surface Go」の「Go」ってどういう意味? ネーミングの由来を聞いた。(2018/7/11)

「Surface Go」日本で8月28日発売 6万4800円から LTEモデルは年内
日本マイクロソフトが、国内で「Surface Go」を発表。(2018/7/11)

ソフトバンクの「ポケモンGO」イベントが延期に 日程は「調整中」
ポケモンGOを運営する米Nianticがスポンサー企業(公式パートナー)と共同で実施する初のイベント「スペシャル・ウィークエンド」について、第1弾となるソフトバンクとのイベントが延期になった。(2018/7/10)

App Storeの10年間で最もダウンロードされたアプリは? App Annieのレポート
App Annieは、App Storeの10年間をを振り返るレポート第2弾を発表。ゲームアプリのダウンロード数ランキング1位は「Candy Crush Saga」で、消費支出ランキングの1位は「Clash of Clans」。非ゲームアプリのダウンロードランキング1位・2位はFacebook関連のアプリで、消費支出ランキング1位は「Netflix」となった。(2018/7/10)

Mobile Weekly Top10:
「XZ1」が「XZ2」超え/ソフトバンク傘下の「LINEモバイル」
最新の携帯販売ランキングで、ドコモの「Xperia XZ1」が最新の「Xperia XZ2」を上回る売れ行きを示したようです。お買い得度が増したからなのでしょうか。(2018/7/9)

アニメ「イングレス」のNetflixでの10月世界公開に合わせ、ゲーム「Ingress Prime」始動へ
フジテレビジョン制作のアニメ「イングレス」が10月にNetflixで世界配信される。これに合わせ、ゲームのIngressの大幅アップデート「Ingress Prime」も10月に実施するとNianticのジョン・ハンケCEOがVirietyに語った。(2018/7/9)

「ポケモンGO」、大雨特別警報発令に伴い7日と8日のイベントを延期に
開催日についてはあらためて知らせる。(2018/7/7)

AppleのApp Storeが10周年 主要開発者の賛辞やいくつかの数字を披露
AppleのiOSアプリストア「App Store」が7月10日で10周年を迎える。これを祝してAppleがApp Storeの歴史を振り返った。任天堂の宮本茂氏やNianticのジョン・ハンケ氏などからの賛辞や開発者の累計収益などの数字を紹介している。(2018/7/6)

ソフトバンク、「ポケモンGO」イベント参加券の配布を一時停止
ソフトバンクは「Pokemon GO Special Weekend 参加券」応募キャンペーンで、登録を受け付ける特設ページにアクセスが集中、応募を一時停止したと発表した。(2018/7/5)

海外限定「トロピウス」も ポケモンGO横須賀イベント、あすから抽選
神奈川県横須賀市で「ポケモンGO」の期間限定イベントが開催。日本には出現しない「トロピウス」などレアポケモンが出現する。抽選制。(2018/7/5)

アンノーンに会えるかも ポケモンGO、スポンサー企業と初の共同イベント
ポケモンGOを運営する米Nianticは7月3日、スポンサー企業(公式パートナー)と共同で実施する初のイベント「スペシャル・ウィークエンド」を発表した。各公式パートナーにちなんだ「アンノーン」などが出現する。(2018/7/3)

Mobile Weekly Top10:
ポケモンGOを起動しなくなった理由/「10万円台」のSIMフリースマホに勝機はあるか?
まもなく日本でのサービス開始からまる2年を迎える「Pokemon GO(ポケモンGO)」。今でも継続してプレイしている人がいる反面、急速にプレイ熱が冷める人もいます。(2018/7/3)

「ポケモンGO」を作った企業 Niantic米国オフィスは予想外の空間だった
「ポケモンGO」や「Ingress」を作った米Nianticとは、どのような企業なのか。米サンフランシスコ市内の新オフィスを訪問する機会を得たので紹介したい。(2018/6/30)

ポケGO運営のナイアンティック、デジタル世界と現実世界をつなぐOS発表
(2018/6/29)

ポケモンGOのNiantic、ARプラットフォーム「Real World Platform」をサードパーティに開放へ
「Pokemon GO」や「Ingress」で知られるNianticが、これらのゲームの基盤となるARプラットフォーム「Niantic Real World Platform」をサードパーティ開発者に開放すると発表した。また、ピカチューがリアルなオブジェクトの背後に隠れられる新技術なども披露した。(2018/6/29)

「ポケモンGO」はより現実に溶け込んでいく AIと共有技術で世界をプラットフォーム化するNianticの戦略
「ポケモンGO」をはじめとする世界規模の位置情報ゲーム開発で知られるNiantic。同社の位置情報やARの技術革新、そしてそれらを活用したプラットフォーム戦略とは?(2018/6/29)

2年近くやりこんだ「ポケモンGO」を起動しなくなった理由
サービスインから約2年、毎日ログインしていた「ポケモンGO」だったが、この4月を区切りに劇的なまでにログイン回数が減少し、いまや起動すること自体がまれになってしまった。なぜこうなったのか、その原因を自分自身で振り返ってみた。(2018/6/29)

妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」登場 全国の妖怪を収集
ガンホーとレベルファイブは、6月27日に妖怪探索位置ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」を配信開始した。「Google Maps Platform」を採用し、従来の位置情報ゲームよりも立体的かつリアルなマップで楽しめる。(2018/6/27)

ポケGOに似てる? 「妖怪GO」がTwitterトレンド入り 位置情報ゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」発表で
ガンホーとレベルファイブが共同開発したスマートフォンゲーム「妖怪ウォッチ ワールド」がサービスを開始した。ゲーム性が「Pokemon GO」に似ていることから、Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入りした。(2018/6/27)

ガンホー、「妖怪ウォッチ ワールド」始動 スマホを持って出歩き見つけた妖怪と友だちになる位置情報ゲーム
Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入り。(2018/6/27)

イーブイ&進化形たちと一緒にGO! タニタとポケモンがコラボした「ポケモン歩数計」が7月6日に発売
ポケモンGOをやりながらイーブイたちと歩数をカウントしよう!(2018/6/22)

ポケモンGO、フレンド機能実装へ 待望の「ポケモン交換」も可能に
ついに交換できる!(2018/6/18)

ポケモンGOに「フレンド」機能実装 ポケモンの交換も可能に
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」を開発運営する米Nianticは6月18日、同ゲームに「フレンド」機能を今週中に実装すると発表した。フレンド機能の実装に伴い、ポケモンの交換も可能になるという。(2018/6/18)

ポケセングッズを24時間販売 ピカチュウが接客してくれるポケモン自販機が東名高速SAなどに登場
ピカチュウのアルバイトかな?(2018/6/9)

Nintendo Switch初のポケモン 「Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ」が11月発売 初の2人同時プレイも
1998年発売「ポケットモンスター ピカチュウ」をベースに、相棒のピカチュウまたはイーブイと冒険できる!(2018/5/30)

ポケモンGOに「アローラのすがた」のナッシー登場 Switch新作にも連れていける
スマートフォンアプリ「Pokemon GO」の開発チームは5月30日、ゲーム内に「アローラのすがた」のナッシーを登場させると発表した。(2018/5/30)

モンスターボール型コントローラー「モンスターボール Plus」登場 ポケモン新作と「GO」の両方で使える
どんな風に使うのかな?(2018/5/30)

ポケモン新作「Let's GO!ピカチュウ/イーブイ」11月発売、Switch向け ポケモンGOと連携も
ポケモン社は5月30日、任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けに、「ポケットモンスター」シリーズの最新作「ポケットモンスター Let's GO!ピカチュウ/Let's GO!イーブイ」を11月16日に発売すると発表した。価格は5980円(税別)。(2018/5/30)

ポケモンGOに「アローラのすがた」がやってくる あの長〜いナッシー、ジムに置いたらどうなるんだろう
ライチュウやニャース、ガラガラなども。(2018/5/22)

ポケモンGOの清掃イベント、世界中で4000人参加 江の島を掃除してきた
掃除するのは気持ちが良い。(2018/4/24)

「SNKRS アプリ」が日本上陸:
Nike ロン・ファリス氏が語る「マーケティングの未来」とは?
デジタルコミュニケーションで顧客の心をつかむNikeならではのやり方とは何か。Nikeニューヨーク・デジタル・スタジオ「S23NYC」ジェネラルマネージャーのロン・ファリス氏が語った。(2018/4/13)

魔法のように美しい! ピアノを弾くと鍵盤からキラキラ音符が舞い上がる AR技術を使った演出が幻想的
やっぱりニコニコ技術部。(2018/4/6)

「ポケモンGO」の攻略ツール「1秒マップ」が配信停止に 再開は「未定」
配信元のgrow.th.incは、攻略サイト「ポケモンGO攻略ニュース」で他サイトからの画像盗用が問題になったばかりでした。(2018/4/6)

みんな、来てやぁん? うどん県、ポケモン「ヤドン」とコラボした「ヤドンパラダイス in 香川」を開催!
うどん、ヤドン。ヤドン、うどん。(2018/4/5)

サイバーエージェント系攻略サイト「ポケモンGO攻略ニュース」画像無断転用でサイト非公開に
またも企業系攻略サイトで問題が……。(2018/4/3)

「ポケモンGO」、最先端の8ビットグラフィックを導入 懐かしい姿に往年のファン歓喜
このままでもいいという声。(2018/4/1)

2018年度の新入社員は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 チームワークとスピードに強み
過労死問題やパワハラ問題から、働くことに対し不安を抱く声も。(2018/3/27)

ポケモンGOに幻のポケモン「ミュウ」登場! 新要素「リサーチ」で出てくるかも
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」を開発運営する米Nianticは3月26日(現地時間)、ゲームの新要素として「ポケモンリサーチ」を実装することを発表した。今週後半に世界中で利用可能になる。(2018/3/26)

ポケモンGOにいよいよミュウ登場か 新要素「リサーチ」が追加、タスクを達成してごほうびもらえる
「時には、あの伝説のポケモンと出会えることもあるかもしれません」と開発チーム。(2018/3/26)

超小型「Jelly Pro」はスマホとしてどこまで“使える”のか?
2.45型ディスプレイを搭載する小型スマホの「Jelly Pro」。ここまで画面が小さいと、ちゃんと操作できるのかが心配になる。スマホとしてどこまで使えるのかを試した。(2018/3/21)

PTCユーザー注目 「ポケGO」にアカウントひも付け機能
「Pokemon GO」(ポケモンGO)を運営する米NianticはFacebookアカウント連携の開始とアカウントひも付け機能の追加を発表した。(2018/3/16)

GoogleマップのAPI、ゲーム開発者に提供 リアルワールドゲームが作れる
既に現実世界で恐竜を探すゲームなどが開発されています。(2018/3/15)

Google Map APIとUnityで“リアルワールドゲーム”開発が容易に
Googleが、GoogleマップのデータをUnityのGameObjectsとして使えるようにした。「Pokemon Go」のようなマップデータを使うARゲーム開発がしやすくなる他、マップデータを使えばゲーム用の世界をゼロから設計しなくて済む。(2018/3/15)

映画「ジュラシック・ワールド」がARゲームに 現実空間に恐竜たちが出現
公園がジュラシック・パークになるの?(2018/3/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。