ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「録画テレビ」最新記事一覧

質問!テレビ・レコーダー →ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でテレビ・レコーダー 関連の質問をチェック

いちから分かる最新家電:
夏アニメ補完計画――東芝レグザ「Z700X」で“見逃しゼロ”に挑戦!?
季節ごとに大量の新作が放送される深夜アニメ。2016年の夏(7〜9月期)も40以上の作品が放送予定となっており、ファンにとっては忙しい時期が始まります。今回は最新の録画テレビ、レグザ「Z700X」シリーズをピックアップしました。(2016/6/27)

異なるメーカー間でも録画番組の“引っ越し”が可能に――デジオン「DiXiM SeeQVault Server Pro」の新バージョン
ヘビーな録画ユーザーに朗報だ。デジオンの「DiXiM SeeQVault Server Pro」を使えば、SeeQVault対応のテレビやレコーダー同士でメーカーを問わずに録画番組の“引っ越し”が簡単に行える。またDTCIP-IPのダウンロードムーブにも対応している。(2016/4/28)

アイ・オー、ネットワーク専用3波ダブルチューナー「テレキング」を発売――PCやスマホでテレビ視聴が可能に
ネットワーク接続タイプの3波(地上/BS/110度CSデジタル放送)対応テレビチューナー「テレキング」(GV-NTX2)がアイ・オー・データ機器から登場。(2016/2/17)

しかも32V型:
業界初、ネットにつながる浴室テレビ――LIXILから
LIXILの高級ユニットバスルーム「SPAGE」(スパージュ)が進化。浴室テレビは「AQUOS CITY」に対応した。(2016/2/16)

画質と音質にこだわった防水パーソナルテレビ、東芝「10WP1」登場
東芝からIPX5準拠の防水パーソナルテレビ「10WP1」が登場。IPS液晶パネルや大口径スピーカーを搭載したモデルだ。さらにDLNAのプレイヤーとしても利用できる。(2015/11/17)

iVDR EXPO 2015:
“ハイレゾ”に舵を切ったiVDR――マクセルからはマルチチャンネル対応のハイレゾ対応iVDRプレイヤーが登場
iVDRコンソーシアムはハイレゾ音源に対応する拡張規格「iVDR TV-Recording規格 Ver.2.40」を発表した。マクセルからは対応プレイヤーも登場する。(2015/6/5)

光沢処理パネルを全機種採用:
三菱電機、HDD/BDレコーダー内蔵テレビ「REAL A-BHR7」シリーズ登場――50V/40V/32V型3機種投入
三菱電機は、BDレコーダー搭載のスタンダード録画テレビ「REAL A-BHR7」シリーズを4月下旬に発売する。50V/40V/32V型3機種で、価格は全てオープン。市場想定価格は、15万円(税別)前後から。(2015/4/17)

リモート視聴でもチャプタースキップが可能に!――デジオンの新プラットフォームを採用したNASがアイ・オーとバッファローから登場
アイ・オー・データ機器とバッファローからリモートアクセス用NASの新製品が登場。チャプタースキップなど、レコーダー内蔵のリモートアクセス機能にはない利便性を実現した。(2014/11/19)

iVDR EXPO 2014:
iVDR規格が”4K“と“ハイレゾ”をサポート、高付加価値パッケージ販売に意欲
iVDRコンソーシアムは、iVDR規格がパッケージビデオ販売を想定した4K記録に対応したことを明らかにした。音声は最大192kHz/24bitのリニアPCM(最大7.1ch)まで利用できるため、ハイレゾ音源の流通手段としても活用できそうだ。(2014/5/30)

東芝 TC358782XBG:
HDDなどでも次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」対応を実現するIC
東芝は、HDDやSDカードアダプタなどUSBインタフェースを持つ機器で次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」対応を実現するインタフェースブリッジIC「TC358782XBG」を発表した。(2014/3/26)

2番組同時の長時間録画に対応――日立“Wooo”から「G2シリーズ」など5製品
日立リビングサプライが、液晶テレビ“Wooo”の新製品を発表。2番組同時の長時間録画に対応したハイエンドモデルのほか、シンプルなパーソナルサイズもラインアップした。(2014/3/17)

体組成計と連携:
三菱がBD一体型テレビをアップデート、「LSR5シリーズ」2機種を発売
三菱電機は、Blu-ray Discレコーダーを一体化した液晶テレビ「LSR5シリーズ」を10月下旬に発売する。タニタの体組成計と連携する機能をシリーズ初搭載。(2013/10/15)

Bluetoothを新搭載、三菱“REAL”からオールインワン録画テレビ「BHR4シリーズ」2機種が登場
三菱電機は、液晶テレビ「REAL」(リアル)の新製品として、Blu-ray Discレコーダーを内蔵した「BHR4シリーズ」2機種を発表した。(2013/7/24)

テレビもカラダもスマートに、三菱“リアル”がタニタの体組成計と連携
三菱電機は、8月下旬に発売するBlu-ray Discレコーダー搭載テレビ「REAL」(リアル)「BHR4シリーズ」、タニタの体組成計とBluetoothで連携する機能を搭載した。(2013/7/24)

新しいテレビの使い方:
「つながれば、みんな幸せ」――三菱、体組成計やSTBアプリ連携を強化したテレビを発売
三菱電機は、2013年8月下旬発売のHDD内蔵 Blu-rayディスクレコーダー搭載録画テレビ「REAL」の「BHR4シリーズ」計2機種に、タニタの体組成計およびNTT西日本の光BOX+と連携する機能を搭載したことを発表した。(2013/7/24)

日立リビングサプライ、シンプル録画テレビの50V型「L50-N1」
日立リビングサプライは、シンプル&スタイリッシュがコンセプトの“Wooo”「N1シリーズ」に50V型の「L50-N1」を追加する。(2013/5/13)

アイ・オー、DTCP+対応NASにリアルタイムトランスコード機能を搭載した新製品――「ARROWS A 202F」にも対応
アイ・オー・データ機器は、DTCP+対応のNASのトランスコード機能搭載モデル「HVL-ATシリーズ」の開発を表明した。(2013/5/7)

まさにオールインワン:
Bluetoothも搭載、色と音を磨いた三菱「REAL LASERVUE」新製品
三菱電機が赤色レーザーをバックライト光源に活用する液晶テレビ「REAL LASERVUE」(リアル レーザービュー)の新製品を発表した。新たにBluetoothを内蔵し、スマートフォンからのワイヤレス音楽再生をサポート。(2013/4/16)

Android/iOS版プレーヤーも開発:
外出先から録画番組を視聴できる「DTCP+」、デジオンも本格展開
DTCP+のリモートアクセス実用化に向け、DLPA参加メーカーが一斉に動き出した。デジオンは、DTCP+対応の「DiXiMリモートアクセスサービス」を発表した。(2013/1/23)

外出先から録画番組を視聴、初の「DTCP+」対応NASをアイオーが発表
アイ・オー・データ機器がDTCP+によるリモートアクセスを可能にしたNAS、“RECBOX”「HVL-Aシリーズ」を発表した。録画番組をダビングしておけば、外出先のPCからストリーミング視聴が可能になる。(2013/1/16)

バッファロー、ディーガで3番組の同時録画が可能な外付けHDD
バッファローは、Blu-ray Discレコーダーや録画テレビで利用できるUSB 3.0の外付けHDD「HD-AVSU3/Vシリーズ」を1月下旬に発売する。(2013/1/10)

有料放送やVODも:
“見たい”が見つかる電子番組表、東芝「RZ番組ナビ」
東芝の「RZ番組ナビ」は、地上波やBSだけでなく、さまざまな専門チャンネルやVODまでを一括検索できる統合型の電子番組表だ。開発チームに詳しい話を聞いた。(2012/12/12)

富士通セミコン Interface Bridge SoC:
「Wi-Fiチューナや録画機に最適」、10のインタフェースとARMコアを1チップ化
富士通セミコンダクターの「Interface Bridge SoC」は、USBやSerial ATA、トランスポートストリームなど合計10種類のインタフェース回路をまとめた、ARMコア搭載LSIである。モバイル機器用Wi-Fiテレビチューナや家庭用録画機などに向けて最適化した。(2012/10/16)

Zとは違う最強がココに:
BRAVIAを吸収してテレパソの完全体となったか?――「VAIO L」を今こそ見直す
VAIOノートからテレビチューナー搭載機が姿を消した今、PCならではの高度なテレビ機能を存分に味わいたいならば、この「VAIO L」が筆頭候補に挙げられる。(2012/9/24)

アイ・オー、「nasne」や録画テレビに対応したUSB外付けHDD
録画対応テレビやHDDレコーダーなどで利用できる、USB接続の小型HDDが登場。縦置き用のスタンドも付属する。(2012/9/5)

麻倉怜士の三番勝負:
PR:レーザーが液晶テレビの“色”を変えた? 鮮やかなシアターテレビ“REAL LASERVUE”の実力を麻倉怜士が探る
三菱電機の“REAL LASERVUE”(リアル レーザービュー)は、赤色レーザーとシアン色LEDをバックライトに採用し、色再現性を向上させた新機軸の液晶テレビ。しかし、直進性が高いレーザー光をどのように取り込み、活かしたのだろうか。そして実際の効果は? 「画質の鬼」ことデジタルメディア評論家・麻倉怜士氏が、三菱電機開発陣に迫る。(2012/7/23)

日立リビングサプライ、おすすめ番組の自動録画に対応した“Wooo”「GP1シリーズ」3機種を発売
日立リビングサプライは、液晶“Wooo”の大画面モデル「GP1シリーズ」3機種を発売する。自動録画を付加した「Woooおすすめ自動録画」を搭載。偏光方式の3Dにも対応している。(2012/7/19)

山本浩司の「アレを見るなら是非コレで!」:
レーザーを使う液晶テレビ、三菱「REAL LASERVUE」が描き出した「地獄門」の“総天然色”
三菱電機の“REAL LASERVUE”は、赤色レーザーとシアン色LEDによる新タイプのバックライトを搭載する注目の液晶テレビだ。日本の様式美である“古色”にこだわった映画「地獄門」を観ると、同社のやりたかったことが見えてくる。(2012/7/17)

BDレコ×タブレットを大検証(3):
異才の全録レコーダー「DBR-M180」&「REGZA Tablet」を試す(後編)
タイムシフトマシンとタブレットの組み合わせは、テレビの楽しみ方を根本的に変える力があるようだ。東芝の全録レコーダー「DBR-M180」と「REGZA Tablet AT700」の組み合わせをチェックした。(2012/7/13)

BDレコ×タブレットを大検証(3):
異才の全録レコーダー「DBR-M180」&「REGZA Tablet」を試す(前編)
東芝のBlu-ray Discレコーダー「DBR-M180」は、タイムシフトマシンを搭載した“全録”機。まずはおさらいの意味も含め、その使い勝手を検証していこう。(2012/6/25)

ソニー、BDレコ一体型ブラビア「HX65Rシリーズ」も大幅アップデート
ソニーはBlu-ray Discレコーダー一体型のブラビア「HX65Rシリーズ」3機種を対象としてソフトウェアアップデートを実施する。二度録り回避機能をはじめ、放送中番組の配信機能などが追加される。(2012/6/18)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
スマートテレビとは何か?
「ケータイが普及してカップ麺の売り上げが落ちた」「1年でテレビの平均視聴時間が17.9分/日減った」という話をご存知だろうか? 「テレビ」に対する我々の行動は、ここ数年で大きく変わってきている。テレビはこれからどうなるか、考えてみよう。(2012/6/12)

USB録画は手軽だけど……:
テレビのUSBポートに「SAFIA」を、iVDRコンソーシアムの提言
USB外付けHDDに録画できるテレビは手軽で便利。しかし、録画したHDDをほかのテレビに接続しても再生できない“機器縛り”の問題がある。(2012/5/31)

色再現範囲拡大:
三菱、レーザー光源を活用した液晶テレビ「REAL LASERVUE」
三菱電機は、55V型の液晶テレビ「REAL LASERVUE」(リアル レーザービュー)を6月下旬に発売する。バックライトに赤色レーザー光源とシアンLEDを使うことにより、色の再現性を向上させたもの。(2012/5/30)

2.5インチHDD採用:
アイ・オー、テレビ背面に取り付け可能な録画用HDD
アイ・オー・データ機器は、録画テレビ向けのUSB外付けHDDを発売する。USB給電でACアダプターいらず。(2012/4/19)

ランキングから録画予約、東芝がAndroid版「RZスケジューラ」を提供
Android向けアプリ「RZスケジューラ for Android」が登場。「予約ランキング」を確認し、そのまま録画予約も行える。(2012/3/30)

ディーガの推奨モデル:
バッファロー、テレビ/レコーダー用HDD「HD-AVS2.0TU2/VJ」を発売
バッファローは、録画用のUSB外付けHDD「HD-AVS2.0TU2/VJ」を発売する。HDD部材の不足により出荷を中断していたものだが、3月中旬より順次出荷予定となった。(2012/3/7)

録画残量メーター搭載:
バッファロー、「容量切り替え機能」付きのテレビ向け外付けHDDを発売
バッファローは、幅広い録画テレビで使用できる“録画残量メーター”搭載のUSB外付けHDDを発売する。3Tバイトの上位モデルは、2Tバイトと1Tバイトに切り替えられる「容量切り替え機能」付き。(2012/2/22)

バッファロー、“残量メーター”付きの録画向き外付けHDD
バッファローは、録画テレビ向きの残量メーターを標準装備したUSB 3.0外付けHDD「HD-AMCU3/V」シリーズなど2モデルを発表した。(2012/2/22)

ぜ〜んぶ録画テレビ:
自動録画に超解像、日立“Wooo”に2タイプのパーソナルサイズ新製品
日立コンシューマエレクトロニクスは、液晶Woooの新製品として、パーソナルサイズの「HP09シリーズ」および「K09シリーズ」を発表した。これで同社製テレビは全ラインアップが録画対応となる。(2012/1/17)

録画機ユーザーの不満、第1位は「一度に録画できる番組数」――アイシェア調査
アイシェアが、録画テレビとレコーダーに関する意識調査の結果を発表した。8割以上の人がレコーダーあるいは録画テレビを所有。そのうち4割は複数台の録画機を持っていた。(2011/12/15)

テレビの背面にスッキリ装着、バッファローが録画用HDD「HD-PCT1TU2G/BV」発売
バッファローは、薄型テレビの背面に取り付けられる録画用ポータブルHDD「HD-PCT1TU2G/BV」を発売する。ロングUSBケーブルや取り付け用アダプターも付属。(2011/11/16)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
“芸術点”の高い3Dテレビ、Wooo「GP08シリーズ」で再確認したプラズマの底力
今回は、日立初の3D対応プラズマテレビ「GP08シリーズ」を取り上げよう。使いやすさに定評のある録画機能はスマートフォン連携で進化。さらに初めてとは思えない3Dの画質を見せてくれる。(2011/9/16)

「プレミアム録画テレビ:
三菱、BD/HDDレコーダー内蔵の“REAL”「MDR2シリーズ」
三菱電機は、オールインワン録画テレビの最上位モデル「MDR2シリーズ」3モデルを発表した。HDDとBlu-ray Discドライブの両方を搭載し、地デジ/BS/CS対応チューナーを3基内蔵する。(2011/9/1)

残容量がLEDで確認できるUSB外付けHDD「HD-AVU2/Aシリーズ」に2Tバイト版が登場
USB外付けHDDへの録画に対応するテレビに最適なHDD「HD-AVU2/Aシリーズ」に2Tバイト版が登場。LEDで残容量が確認できる。(2011/8/31)

節電DIY:
画面の明るさを下げる――テレビの節電、ピークシフトするなら昼間は録画
テレビの節電でよく言われるのは、画面を綺麗にする、画面を暗くする、コンセントを抜く――あたり。今回はその中でも特に効果がありそうな、画面の明るさと待機電力について検証する。(2011/8/16)

デジオン、DTCP-IPムーブ受信に対応したライティングソフト「DiXiM BD Burner 2011」
デジオンは、同社製BD/DVDライティングソフト「DiXiM BD Burner 2011」のダウンロード販売開始を発表した。(2011/8/3)

録画テレビは半数超え:
アナログ停波で駆け込み需要が起こる、GfK Japan予測
GfK Japanによると、アナログ停波を間近に控えた6月第4週は、薄型テレビの販売数量が前年比2.51倍と急拡大したという。(2011/6/28)

ビシッと:
三菱電機、“らく楽録画テレビREAL”「BHR500シリーズ」に22V型モデル
三菱電機は、HDDおよびBDドライブを内蔵した液晶テレビ“らく楽録画テレビREAL”「BHR500シリーズ」の新製品として、22V型モデル「LCD-22BLR500」を発売する。(2011/6/28)

Woooみたい? :
日立マクセル、内蔵HDD・ダブルチューナー搭載のiVレコーダーを発表
日立マクセルは、リムーバブルHDD「iVDR」への録画が可能なiV HDDレコーダー「VDR-R2000」を発表した。新たにHDDを追加したほか、長時間録画やDLNAへの対応など機能面を充実。幅広いユーザーへ「iVDR」を訴求していく構えだ。(2011/5/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。