ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「緊急地震速報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「緊急地震速報」に関する情報が集まったページです。

緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」 声優の井上和彦とかないみかによる音声案内機能を追加
緊急時だからこそ聞き慣れた声が心強いのかも。(2018/5/23)

Mobile Weekly Top10:
ドコモがバーコード決済「d払い」に取り組む理由/「緊急速報」を受信できないSIMフリースマホ なぜ?
NTTドコモが4月にバーコードを使った決済「d払い」を始めます。なぜ今、ドコモはバーコード決済を始めるのでしょうか?(2018/3/12)

緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」、音声での案内が可能に
アールシーソリューションは、緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」のプレミアムプランへ音声案内機能を搭載したバージョンをリリース。地震が発生した際に音声で案内が流れ、英語にも対応する。(2018/3/9)

MVNOの深イイ話:
SIMフリースマホは「緊急速報」を受信できない? その原因と対策
TCA(一般社団法人電気通信事業会)や消防庁から「今後はSIMロックフリースマートフォンでも緊急速報が利用できる」という説明がありました。格安スマホ(MVNO)の課題の1つが解決に向かう良い話ですが、具体的にどのような変化があったのでしょうか。(2018/3/7)

【マンガ】緊急地震速報に、「ゴジラ」映画音楽が使われる可能性があった
確かに緊急事態っぽさはある。(2018/1/16)

緊急地震速報で保育士の責任感が垣間見えた 入園を控えて職場復帰が前向きになった漫画
子どもと離れている間に災害が起こったらどうするかをあらためて考えるきっかけに。(2018/1/6)

茨城の地震で緊急地震速報発表、原因はほぼ同時に起きた富山の地震 気象庁発表
「震度を過大に予測したのは、同じ時間に富山県西部を震源とする地震が発生しており、2 つの地震を同一の地震として処理したため」【更新】(2018/1/5)

nuroモバイルの「Xperia XZ Premium」、Android 8.0へアップデート
ソニーモバイルコミュニケーションズは、MVNOサービス「nuroモバイル」向けSIMフリースマホ「Xperia XZ Premium」をAndroid 8.0へアップデート。カメラ機能の強化や緊急速報メールへの対応などを行う。(2017/12/27)

緊急速報メール、Android 8.1向けに仕様策定 SIMフリー端末でも受信可能に
TCAが、災害時に送信される緊急速報メール(エリアメール)の共通仕様を策定。ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社と策定した。Android 8.1搭載したスマートフォンが対象。(2017/12/27)

気象庁、緊急地震速報の全国的な訓練を11月1日に実施
もしもの時に身を守るために。(2017/10/3)

「電力不足」緊急速報メールを誤送信 経産省が謝罪
「(テスト:緊急)電力需給ひっ迫」――そんな緊急速報メールを誤送信したと経産省が謝罪。(2017/8/9)

鹿児島で最大震度5強の地震 マグニチュードは5.2、津波の心配なし
気象庁は緊急地震速報を発表しています。(2017/7/11)

緊急地震速報からどう行動するのか 気象庁が7月5日に訓練を実施へ→大雨特別警報のため中止に
速やかに行動できるように。(2017/7/1)

ITライフch:
SIMフリースマホはJアラート受信できず? 大手MVNO、総務省が推奨する対策は
総務省は、Jアラートについて一部のスマホなどで受信できない可能性があると発表。この発表を受け、IIJmioは公式ブログで、緊急速報受信の可否の仕組みや、対応外の機種での受信方法を解説した。(2017/6/1)

スマホの緊急速報と連動、天気も教えてくれる防災LEDライト「MAmoria it」
(2017/5/19)

auをかたる「緊急速報」メール出回る 送信元が「KDDI@ezweb.ne.jp」でも偽物
メール本文記載のURLをクリックさせ、実在するメールアドレスかを確認しようとする狙いがあるとみられる。(2017/5/12)

auになりすました「緊急速報」メールに注意
メール内のURLをクリックしないように。(2017/5/11)

ドコモ、Android端末の「エリアメール」で「緊急地震速報」「津波警報」のイラスト表示を開始 3月13日から
NTTドコモのAndroid端末用「エリアメール」アプリが3月13日にバージョンアップする。バージョンアップをすると、「緊急地震速報」と「(大)津波警報」においてイラストも表示されるようになり、より直感的に速報・警報の内容を理解できるようになる。(2017/3/10)

「東京湾で震度7」誤報、気象庁が再発防止策
気象庁が8月1日に緊急地震速報を“誤報”したトラブルを受け、同庁が再発防止策を施したシステムの運用を12月14日に始める。(2016/12/13)

本体価格も改定:
FREETEL、「SAMURAI KIWAMI(極)」のOSをAndroid 6.0にバージョンアップ 緊急地震速報に対応
FREETELのフラグシップスマートフォンが、Android 6.0にバージョンアップする。バージョンアップによって、緊急地震速報の受信に対応するほか、セキュリティの向上も図られる。(2016/9/16)

「エリアメール」「緊急速報メール」が「洪水情報」に対応 自治体を経由せず迅速に配信
NTTドコモの「エリアメール」とau・ソフトバンク・Y!mobileの「緊急速報メール」が、国土交通省の「洪水情報」の配信に対応する。茨城県常総市と愛媛県大洲市を皮切りに、対応する自治体を順次拡大する。(2016/9/1)

Huaweiの「Ascend Mate7」、Android 6.0へアップデート――8月31日から順次
ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「Ascend Mate7」のソフトウェアのアップデートを実施。Android 6.0へのOSアップデートや急地震速報(ETWS)機能などに対応する。(2016/8/31)

ファーウェイ、「honor6 Plus」と「HUAWEI P8max」をAndroid 6.0にバージョンアップ 8月29日から
ファーウェイ・ジャパンの「honor6 Plus」と「HUAWEI P8max」が、Android 6.0にバージョンアップする。Android 6.0の新機能が使えるようになるほか、緊急地震速報(ETWS方式)の受信に対応するなどメーカー独自の機能改善なども行われる。(2016/8/26)

「最大震度7」緊急地震速報の誤報騒ぎ 原因について気象庁が報告
8月1日17時ごろ、千葉や東京を中心に「最大震度7の地震発生」を予測した緊急地震速報(予報)が出され、その後キャンセルされていました。(2016/8/13)

「東京湾で震度7」誤報、電源故障が原因 一部の地震計を使用停止に
気象庁が8月1日に緊急地震速報を“誤報”したトラブルの原因が、地震計の電源故障だったと判明。故障の原因は特定できなかった。(2016/8/12)

「関東で震度7」緊急地震速報、原因はノイズ 15秒後に予報取り消し
Twitterなどでは「震度7!?」と混乱も。(2016/8/1)

「東京湾震源でマグニチュード9.1」緊急地震速報で一時混乱 電車が止まるなどの影響も
速報はすぐにキャンセルされましたが、いまだ混乱が広がっています。(2016/8/1)

緊急地震速報から揺れが来るまでに避難できるか 気象庁が6月23日に訓練を実施
緊急地震速報を受けた際、すみやかに行動できるように。(2016/6/17)

ファーウェイ、「Mate7」「honor6 Plus」など4機種をAndroid 6.0へアップデート
緊急地震速報にも対応する。(2016/6/9)

格安SIM Q&A(番外編):
SIMロックフリーのスマートフォンで「緊急速報メール」を受信できますか?
大手キャリアが販売するスマートフォンは緊急速報メール(エリアメール)の受信に対応しています。SIMロックフリースマホでは、どうなんでしょうか?(2016/4/21)

スピードテストは控えて:
格安SIMユーザーは災害時にどうすべき?――IIJが案内
MVNOサービスのユーザーは、災害が起きたときにどんなサービスを利用すればよいのか。緊急通報や緊急地震速報は利用できる? 注意すべきことは? IIJの案内を元にまとめた。(2016/4/19)

携帯各社、エリアメール&緊急速報メールで「特別警報」を配信開始
ドコモの「エリアメール」、KDDI・沖縄セルラー電話・ソフトバンクモバイルの「緊急速報メール」で気象庁が発表する「特別警報」を11月19日から配信開始する。(2015/11/17)

気象庁「特別警報」、緊急速報メールで配信へ
数十年に一度レベルの災害や火山の噴火が予想される際の「特別警報」が携帯電話向け配信に対応する。(2015/11/16)

携帯各社、「エリアメール」および「緊急速報メール」で「特別警報」の配信を11月19日から開始
NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、およびソフトバンクが対応する。(2015/11/16)

MVNOの深イイ話:
防災週間に「格安SIM」と「緊急地震速報」の関係を知ろう
地震が起こる直前に鳴り響く「緊急地震速報」は、携帯電話でも受信できます。では、SIMロックフリースマホや格安SIMを挿したスマホでも、受信できるのでしょうか? 今回は格安SIMと緊急地震速報の関係についてお話しします。(2015/9/1)

ドコモのエリアメールが「やさしい日本語」に対応――子どもや外国人にも分かりやすく発信
NTTドコモの緊急速報「エリアメール」が「やさしい日本語」に対応。緊急地震速報や津波警報を子どもや外国人でも分かりやすい表示にする。(2015/8/26)

我が子の成長を観察:
保育園の救世主? 園児見守りロボット「MEEBO」が“ヒト型”な理由
ユニファは、園児見守りロボット「MEEBO」(みーぼ)を発表した。検温、写真撮影、地震速報機能などを備える。(2015/8/5)

LINE NEWS、Apple Watch/Android Wearに対応――定時配信や最新情報を快適に閲覧
ニュースサービス「LINE NEWS」が、Apple Watch/Android Wearに対応。ウェアラブル端末上で1日4回の定時配信や地震速報などの最新情報、トップニュースなどを小さな画面でも快適に閲覧できる。(2015/7/28)

神戸市から緊急速報メールで「避難韓国」が発令されて市民ざわつく 市「誤りでした」
“かんこく”違いの悲劇。(2015/7/17)

組み込み開発ニュース:
「安全確保を自動で行う家電」防災情報対応ビーコンで実現
アプリックスIPホールディングスは家電組み込み用に提供している「お知らせビーコン」へ、防災情報対応の機能を追加した。「夜間にスマホが地震速報を受信したら、自動的に明るくなる照明」などの開発が容易に行える。(2015/5/27)

Weekly Access Top10:
聞きなれない音で目覚める台風の朝
緊急地震速報の音を思い出してびくっとします。(2014/10/6)

緊急地震速報を装った迷惑メールに注意と気象庁
リンク先に注意。(2014/9/24)

偽の緊急地震速報に気象庁が注意喚起
偽メールには不審なリンクが記載されているが、本物にリンクは記載していない。(2014/9/24)

確実にできることを1つだけ:
地震津波の会で考える「緊急地震速報から10秒でできる行動」
ウェザーニューズが有料サービス向けの減災訓練を行った。この訓練で動作チェック以上に重要なのが、「自分のためにあと10秒でなにができる」を考えることだ。(2014/4/7)

ミサイル速報、総務省消防庁が開始 携帯に一斉配信
総務省消防庁は4月1日から、弾道ミサイルの発射情報などを携帯電話ユーザーに緊急速報メールで送信する。(2014/3/28)

「ドラえもん打ち切り決定」「松本潤と井上真央電撃婚」などのデマツイートに注意 うっかりスパムアプリ認証→さらにTwitterで拡散の事態
他にも「緊急速報!!高橋大輔、詐欺容疑で逮捕」「真のワンピースの正体とは!?」といったデマツイートも。(2014/2/2)

TDK SHG4Aシリーズ:
産業機器向けのSSD、容量は最大128Gバイト
TDKのSSD「SHG4Aシリーズ」は、1.8インチHDDの半分のサイズを実現している。容量は最大128Gバイトで、読み出し速度は225Mバイト/秒。工作機械、通信基地局、緊急地震速報システムなど、産業機器の用途に向ける。(2013/11/6)

セイコーインスツル HM-M100:
M2MにLTE/3Gの通信環境を提供――位置測位や緊急速報にも対応
「HM-M100」は、M2M(Machine to Machine)通信に向けたデータ通信モジュールで、LTE(Long Term Evolution)/3Gに対応している。近距離無線通信規格を利用したこれまでのM2M通信に比べて、新製品はデータ通信を高速に行え、エリアカバーが広い通信環境を提供する。(2013/10/7)

緊急地震速報、過去最大規模の“誤報” 原因は「地震計のノイズの途切れ」
8日夕の緊急地震速報は「過大だった」と気象庁が謝罪。海底地震計で観測したノイズを地震の揺れと誤って計算したことが原因だった。(2013/8/8)

緊急地震速報で誤報の可能性 Yahoo!JAPANトップが一時つながりづらい状態に
8月8日午後4時55分ごろに緊急地震速報が出たが、体に感じる揺れは観測されず、気象庁は誤報として原因を調査中。Yahoo!JAPANのトップページが一時つながりにくくなるなどの影響も出た。(2013/8/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。