ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」最新記事一覧

7日間3980円でレンタルできる「WiFiルーター&タブレット 7日間お得セットキャンペーン」
エクスモバイルが提供している国内向けスマホ・タブレット端末のレンタルサービスで、期間限定の「WiFiルーター&タブレット 7日間お得セットキャンペーン」がスタート。(2014/4/22)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

ドコモ、「AQUOS PHONE si SH-07E」「P-01E」など3機種でソフト更新
ドコモは、シャープ製スマホ「AQUOS PHONE si SH-07E」、Samsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」、パナソニック製3Gケータイ「P-01E」でソフトウェア更新を開始した。(2013/7/23)

スマホ時代に“顧客対応力”を強化するには?――ドコモ販売部長の鳥塚氏が説明
スマートフォンが急速に普及していく中で、店頭での接客に時間がかかり、来店者を待たせてしまうことで満足度が低下する――という問題が起きている。ドコモショップをはじめとするユーザー接点で、同社はどのように顧客対応力を強化していくのだろうか。(2013/7/19)

ドコモ、Optimus G L-01Eとタブレット2機種でソフトウェア更新
ドコモが3月26日、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。(2013/3/26)

下りは厳しいが上りは高速:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【福井県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は福井県での調査結果をお届けする。(2013/1/16)

上りは最高速度を記録:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【富山県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は富山県での調査結果をお届けする。(2013/1/15)

雪が残る高台でチェック:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【新潟県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は新潟県での調査結果をお届けする。(2013/1/15)

下り90Mbps超えも:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【徳島県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は徳島県での調査結果をお届けする。(2013/1/4)

県庁付近はやや苦戦?:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【香川県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は香川県での調査結果をお届けする。(2013/1/4)

ドコモとauの一騎打ち?:
Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【愛媛県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は愛媛県での調査結果をお届けする。(2013/1/4)

Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【高知県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は高知県での調査結果をお届けする。(2012/12/28)

ドコモ、一部機種でAndroid 4.0アップデートの提供時期を変更
ドコモは、12月中にAndroid 4.0へアップデートするとしていたスマホ3機種について、提供時期を2013年1〜2月下旬に変更すると発表した。(2012/12/20)

ドコモ、スマホ・タブレット8機種のAndroid 4.0アップデートを順次開始
ドコモは、スマートフォンとタブレット8機種について、Android 4.0バージョンアップを開始する時期の見通しを発表した。(2012/11/8)

写真で解説する「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」
ドコモが秋モデルとして発表したXi&NOTTV対応の「GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E」は、その名の通り7.7インチのタッチパネルを搭載したAndroidタブレット。厚さわざか7.9ミリというスリムボディが特徴的だ。(2012/8/28)

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」、8月28日からAndroid 4.0へアップデート
ドコモのタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」が、8月28日からAndroid 4.0へアップデートすることが可能になる。本体またはPC経由でアップデートできる。(2012/8/27)

「GALAXY S III SC-06D」の“ここ”が知りたい:
第2回 バッテリーの持ちは改善された? 起動時間は?――「GALAXY S III SC-06D」
Samsung電子製スマートフォン「GALAXY S III SC-06D」の気になるポイントをレビューするコーナーの第2回では、これまでのGALAXYシリーズと比べたバッテリーの持ちを検証した。また、本体の起動時間を測ってみた。(2012/8/10)

「MediaPad 10 FHD」のイー・モバイル版――写真と動画で見る「GT01」
イー・モバイルの新型Wi-Fiタブレット「GT01」は、クアッドコアCPUやワイドUXGAディスプレイなど高いスペックが目を引く。Huaweiが発表したグローバルモデル「MediaPad 10 FHD」がベースになっているが、イー・モバイル向けのカスタマイズはあるのだろうか。(2012/6/6)

「プラスXi(クロッシィ)割」キャンペーンに:
ドコモの「Xi(クロッシィ)2割」キャンペーン、FOMAユーザーにも適用に
ドコモが「Xi(クロッシィ)2割」キャンペーン適用範囲を拡大し、1契約目がFOMAのユーザーにも適用する。これに伴いキャンペーン名称を「プラスXi(クロッシィ)割」に変更する。(2012/4/24)

spモードメールやPCメールを一括管理――ドコモの「CommuniCase」
NTTドコモが、spモードメールやGmailなどのPCメールをまとめて管理できるメーラーアプリ「CommuniCase」の提供を開始した。ドコモの一部Android端末で利用できる。(2012/4/23)

ドコモ、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェア更新を開始
ドコモのSamsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェア更新が開始された。(2012/4/17)

7月以降に順次提供:
ドコモ、スマホとタブレット18機種をAndroid 4.0にアップデート
NTTドコモは、Androidスマートフォンとタブレット18機種をAndroid 4.0にアップデートすると発表した。7月以降に、順次バージョンアップを行う。またそのほかの7機種についても、アップデートを検討している。(2012/3/26)

ドコモ、同社スマホのAndroid 4.0アップデート予定を公表
ドコモが発売中のスマートフォンとタブレットについて、Android 4.0へのバージョンアップを7月以降順次開始する。(2012/3/26)

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のアップデート開始、エリアメールの不具合などを解消
「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合改善と機能向上のためのアップデートが3月14日から開始される。(2012/3/13)

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のエリアメールで災害・避難情報を受信できない不具合
ドコモのタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のエリアメールにて、災害・避難情報を受信できない場合があることが判明した。(2011/12/20)

Androidロボット「HUGちゃん」にも会える:
最新GALAXYシリーズに触れられる「GALAXY X'MAS CAFE」に行ってきた
12月5日〜25日の期間限定でオープンしている「GALAXY X'MAS CAFE」に行って最新のGALAXYシリーズに触れてきました。GALAXYシリーズ端末で動くAndroidロボット「HUGちゃん」にも会いました。(2011/12/16)

GALAXY Tabで7つのクッションが当たるキャンペーン開始
GALAXY Tabを快適に使うための7シーンクッションプレゼントキャンペーンが開始。WチャンスでeBookで使える図書券も当たる。(2011/12/13)

高速/低遅延のXi、ビジネスシーンで活躍――ドコモがソリューションを紹介
この秋、Xi対応のAndroidタブレットをリリースしたドコモ。高速/低遅延のXiは操作に対するレスポンスを向上させるため、ビジネスシーンで効果を発揮するという。(2011/11/25)

ふぉーんなハナシ:
Xiスマートフォンの待受時間が「未定」の理由
ドコモから登場した4機種のXi(LTE)対応スマートフォン。すでに事前予約も始まっている機種もあるが、いずれも待受時間が「未定」のままだ。その理由をドコモ広報に聞いてみた。(2011/11/14)

「GALAXY S II LTE SC-03D」の“ここ”が知りたい:
第1回 GALAXY S IIとの違いは、Xiの実効速度は?――「GALAXY S II LTE SC-03D」
11月24日に発売予定のドコモNEXTシリーズの「GALAXY S II LTE SC-03D」は、1.5GHzデュアルコアCPUと4.5インチのSUPER AMOLED Plusを搭載したXi(クロッシィ)対応モデルだ。今回は「GALAXY S II SC-02C」との違いをチェックした。(2011/11/9)

話せる“Honeycomb”タブレット:
写真で解説する「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」
7インチディスプレイを搭載するSamsung電子の「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」は、2010年冬モデルで登場した「Galaxy Tab」の後継モデル。OSはAndroid 3.2へと進化しており、タブレットに最適化されたUIも利用できる。また音声通話も可能だ。(2011/11/1)

誠編集長ヨシオカの場合:
PR:「GALAXY Tab 10.1 LTE」を持ち歩く!――Androidタブレットがある生活(後編)
対応サービスが続々スタートし、ますます手放せない存在になっている「GALAXY Tab 10.1 LTE」。仕事中も、自宅でのくつろぎタイムにも欠かせないその魅力とは?(2011/10/31)

ドコモ、「GALAXY Tab 10.1」のソフト更新を開始 インカメラの不具合を改善
ドコモは、Samsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のソフトウェアアップデートを開始した。インカメラの映像が反転して表示される不具合を解消する。(2011/10/24)

動画で見るスマートフォン――「GALAXY S II LTE SC-03D」(試作機)
GALAXY S IIがXi対応モデルとして進化したドコモの「GALAXY S II LTE SC-03D」。CPUもクロック数も向上し、さらに高いパフォーマンスが期待できる。さっそくホーム画面やブラウザの挙動を確認した。(2011/10/18)

NEXT/with/STYLE/タブレットにシリーズを一新:
Xi対応スマホが登場、デュアルコアCPUやHD液晶搭載機も――ドコモ、2011年度冬春モデル25機種を発表
NTTドコモの2011年冬モデルと2012年春モデルの計25機種が発表された。次世代高速通信「Xi」対応のスマートフォンを4機種投入するほか、薄型、大容量バッテリー、高精細&大画面など、スペックにこだわったモデルも登場。テンキー付きやブランドコラボなど、女性や初心者向けスマホも充実させた。(2011/10/18)

オリコンの音楽配信アプリがドコモの「GALAXY Tab 10.1 LTE」にプリインストール
オリコンのAndroid端末向け音楽配信アプリ「オリコンスタイル」が、ドコモタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」にプリインストールされている。(2011/10/17)

誠編集長ヨシオカの場合:
PR:GALAXY Tab 10.1 LTEがやってきた!――Androidタブレットがある生活(前編)
速くて薄くて軽くてパワフルな、最新のAndroid 3.2タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE」。毎日持ち歩いて1週間過ごしてみた私は、新しい便利さに目覚めました。それは……。(2011/10/17)

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のインカメラに、映像が反転する不具合
ドコモのSamsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」に、インカメラの映像が反転する不具合があることが分かった。ビデオチャットなどの利用時に影響がでる。(2011/10/14)

Apple、オーストラリアでもSamsungに勝利 GALAXY Tab販売差し止め
欧州に続きオーストラリアでもAppleがSamsungに勝利。GALAXY Tab 10.1の販売を差し止める仮処分をAppleが獲得した。(2011/10/13)

スマートフォン&タブレット2011秋:
Windowsが動くLTEタブ&スマホ、さらにiPadも──ドコモの「モバイルセキュアデスクトップ」
スマートフォン&タブレット2011秋のNTTドコモブースで、Windowsを動作させたXiタブレットが展示されている。クラウドサービス「モバイルセキュアデスクトップ」で実現するという。(2011/10/12)

GALAXY Tab 10.1&ARROWS Tab:
NTTドコモ、Xi対応Androidタブレット2機種の発売日を決定
NTTドコモは、Xi(LTE)に対応したAndroidタブレット2機種の発売日を発表した。Samsung電子製の「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」は10月15日に、富士通製の「ARROWS Tab LTE F-01D」は10月19日に発売する。(2011/10/12)

ドコモ、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の事前予約を10月7日から開始
NTTドコモは、Samsung電子製のAndroidタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の事前予約を10月7日から受け付ける。発売は10月15日の予定。(2011/10/4)

CEATEC JAPAN 2011:
ドコモブースでXi対応スマートフォンを参考出展
CEATEC JAPANのドコモブースで、Xi対応スマートフォン4機種が参考出展されていた。製品名は明かされていないが、メーカー名は確認できた。(2011/10/4)

レイ・アウト、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」用レザージャケットなど発表
レイ・アウトは、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」用のフラップタイプ・レザージャケット、スリーブタイプ・レザージャケット、高光沢防指紋保護フィルム、反射防止保護フィルムといった4アイテムを発表した。(2011/9/22)

ドコモ、CEATECに出展――放射線センサージャケットや超速充電バッテリーなどを展示
通信キャリアから、モバイルを核とした総合サービス企業へと生まれ変わろうとしているドコモ。CEATECでは、その取り組みをかいま見せるさまざまなサービスを披露する。(2011/9/21)

写真で解説する「ARROWS Tab LTE F-01D」(機能編)
Xi(LTE)対応の富士通製Androidタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」。富士通らしく防水やワンセグ対応など多彩な機能が詰め込まれている。そして、水まわりなどタッチパネルが使いにくい場合に備えて「ハンドジェスチャーコントロール」という新しいUIも搭載された。(2011/9/12)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(9月5日〜9月11日)
アイティメディアID会員向けサービスとして提供している、スマートフォンのブラウザに最適化した表示ページ「ITmedia スマートフォンビュー」をご存じだろうか。スマートフォンからのみ閲覧できるこのページのアクセスランキングを集計した。(2011/9/12)

動画で見るタブレット――「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」(試作機)
8.6ミリのスリムなボディに10.1インチ液晶を搭載したドコモのXi対応タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」。ホーム画面とブラウザ、モーションセンサーを使った独自の操作法を動画で紹介する。(2011/9/9)

Xiの実効速度はどれくらい?:
写真で解説する「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」
ドコモのAndroid 3.2搭載タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」は、最薄部8.6ミリのボディに10.1インチディスプレイを備えたモデル。シンプルな外観と独自UIを盛り込んだソフトウェア、そして気になるXiの通信速度を調べた。(2011/9/8)

写真で解説する「ARROWS Tab LTE F-01D」(外観編)
NTTドコモから登場した富士通製のLTE対応タブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」。10.1インチのタッチパネルを搭載したボディは防水仕様で、お風呂やキッチンなどの水まわりでの利用も考慮されている。(2011/9/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。