ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「観光地」最新記事一覧

スマホをかざすだけ:
「探さなくてもいい」観光案内サイト オリックスが外国人向けに
オリックスは、旅行中の外国人観光客向けに、観光情報などを多言語で提供するサービスを始める。旅行中に検索することなく、観光スポットなどでスマホをかざすだけで、自国語の観光案内サイトを表示。9月末までに全国70自治体でサービス提供を目指す。(2018/4/18)

浄化が必要に:
東南アジアで相次ぐリゾート地閉鎖 観光客膨張で極限状態
フィリピンの人気観光地ボラカイ島が、同国のドゥテルテ大統領から「下水のたまり場」と呼ばれたことを受け、清掃のため6カ月間閉鎖されることになった。(2018/4/11)

ドコモ、石垣市と「スマートアイランド」実証実験 AIで観光地の混雑予測
ドコモが沖縄県石垣市とスマートアイランドの実証実験を開始。AIやIoTデータを活用して、観光地の混雑予測や駐車場の遠隔監視などを行う。(2018/3/28)

「しゃべるバス停」が最寄り駅をガイド 名工大など実証実験
名古屋工業大学などが「しゃべるバス停」の実証実験をスタート。ディスプレイに映った3Dキャラに話しかけると、観光地への路線図、最寄り駅などを地図で教えてくれる。(2018/3/14)

地味な施設が「インスタ映え」で人気に……岐阜のモザイクタイル博物館、入場者は予測の6倍
Instagramを通じて意外な施設や観光地にスポットが当たるようになったが、岐阜県でも地味な印象の地場産の振興施設などが脚光を浴びている。多治見市がタイル製造の歴史をアピールするため開館した博物館は入場者が当初予測の6倍に。(2018/3/14)

観光地巡る AI活用の“乗り合いタクシー” 会津若松市でドコモら実証実験
NTTドコモのAI技術「AI運行バス」を活用した実証実験を福島県会津若松市で実施。観光者と現地の居住者双方が利用できる“乗り合いタクシー”が観光スポット周辺を走る。(2018/3/8)

路線図から選べる券売機、東京メトロが本格導入 観光地から経路検索も
路線図から行き先の駅を選んで料金を表示する機能などを備えた旅行者向け券売機を東京メトロが本格導入。上野駅・浅草駅など旅行者の多い69駅に順次設置すると発表した。(2018/2/27)

観光モデルプランから旅行中の“困りごと”まで――訪日客向け観光支援アプリ「JAPAN Trip Navigator」 JTBらが提供開始
JTB、ナビタイムジャパン、日本マイクロソフトが、訪日外国人旅行者向けの観光支援アプリ「JAPAN Trip Navigator」の提供を開始。JTBが厳選する観光スポット情報や観光モデルプランを提供する他、観光スポットまでの移動経路、AIチャットbotによる旅の情報収集や困りごとの相談にも対応する。(2018/2/23)

世界各地の“最短10分前”の人の流れが一目で分かる――Agoop、人流データの可視化サービスを提供開始
Agoopは、Webブラウザで利用できる人流データの可視化サービス「Kompreno」の提供を開始した。世界200以上の国や地域の“最短10分前から2週間前まで”の人の流れや密集度、滞在時間、移動速度などの情報を地図やグラフで可視化する。観光地の分析や都市計画、出店計画などに利用できるという。(2018/2/6)

インスタ映えする旅行先? 写真投稿で人気の「日本の観光スポット」、日本人と外国人の違いも
夏休みに写真投稿が多かった日本の観光スポットをランキングで発表。(2017/9/30)

「鹿にチラシを食べさせないで」 行政と愛護団体に聞いた観光地の鹿との付き合い方
鹿が人に依存しない環境づくりを。(2017/8/29)

「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」発表 3位は広島平和記念資料館、2位はフクロウカフェ、1位は……?
トリップアドバイザーによる2016年度分の口コミランキング。(2017/6/9)

日本人と外国人とでは観光スポットの評価が違う 日本の観光地に寄せられた口コミを分析
口コミ数は増加傾向にあり、外国語については1.5倍。(2017/5/13)

PR:首都高は実は最強の観光スポット! 意外な魅力あふれる「首都高PAツアー」へ繰り出した
単なる移動手段にするにはもったいない。(2017/3/13)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(23):
宮古島編:青い空! 白い砂!――首都圏の仕事をビーチでリモートワークするという、うっとりするような選択肢
沖縄県にある離島の1つ宮古島が、エンジニアのテレワークを応援している。美しい海がある観光地では、どんな働き方ができるだろうか。(2017/2/24)

海外78カ国の解析に対応:
NTTデータ、日本の観光スポットの話題量を測定する「Twitterデータ提供サービス」を開始
NTTデータはソーシャルメディアにおける観光スポットの話題量を測定する旅行観光業界、地方自治体向けサービスの提供を開始した。(2017/2/16)

勢い増すユングフラウヨッホ:
スイス老舗観光スポットの集客が好調な理由
スイスは山岳観光が昔から盛んだ。中でもユングフラウヨッホは100年超の歴史があり、多くの人々が訪れる観光名所となっている。特に近年は国外からの訪問者数を勢いよく伸ばしている。その背景を現地で探った。(2017/2/11)

「この世界の片隅に」の片渕監督が一部地域での聖地巡礼自粛を呼び掛け 「そこは観光地ではないのです」
近年盛り上がりを見せる聖地巡礼ですが、騒音などの問題も。(2017/1/10)

長期休暇取れたらここに行くんだ…… 「日本人に人気の海外観光スポット」が納得のランキングに
冬休みには行けなかった。(2016/12/25)

自然エネルギー:
飛騨高山の温泉で木質バイオガス発電、地元産のペレットを燃料に熱も供給
全国屈指の観光地で知られる岐阜県・高山市は面積の92%を森林が占めている。森林で発生する間伐材を加工した木質ペレットを燃料に利用して、電力と熱を供給する事業が市内の温泉施設で始まる。木質ペレットからガスを発生させて電力を作り、排熱による温水を施設内に供給する計画だ。(2016/12/1)

先端AI技術群「NEC the WISE」:
AIで、周囲の“音”から起きている状況を認識する「音状況認識技術」、NECが開発
NECが、周辺環境の音を解析して、今起きている状況をAIで認識する「音状況認識技術」を開発。公共施設や観光地での犯罪/事故の検知や、高齢者宅での見守り能力の高度化が期待される。(2016/11/29)

「行ってよかった!無料観光スポット2016」発表! 1位は「JAL工場見学 Sky Museum」
社会見学や試飲ができるスポットが人気です。(2016/11/12)

CEATEC JAPAN 2016:
遊園地にカメラを持っていく必要なし? パナソニックとNTTのカメラシェアサービス「PaN」
観光地やテーマパークなどに設置されたカメラをシェアし、写真を気軽にダウンロードできる仕組みをパナソニックとNTTコミュニケーションズが共同で開発中だ。(2016/10/5)

初の「ポケモンGO」公式生放送が鳥取県で 観光スポットと鳥取砂丘でゲットだぜ!
ナイアンテックと株式会社ポケモン、両社が公認する生放送企画!(2016/8/25)

太陽光:
「ウユニ塩湖」を悩ますプラゴミ、太陽光で油化装置を動かし石油に
「天空の鏡」とも呼ばれ、その豊かな自然環境から観光地としても人気がある南米ボリビア「ウユニ塩湖」。一方、近年増加するゴミ問題が課題となっている。ソーラーフロンティアはこうしたウユニ塩湖の自然保護と目指す環境保全団体に対し、太陽光パネル40枚を提供した。プラスチックゴミを分解して石油に変える小型油化装置の動力として利用される。(2016/7/26)

高まるインバウンド需要:
PR:横浜中華街や「塚田農場」などで導入相次ぐ FONのWi-Fiは今なぜ支持されるのか?
全世界で2000万以上のWi-Fiスポットを展開するFON(フォン)。インバウンド需要が高まる中、日本でも今、さまざまな場所でFONのWi-Fiスポットが増えているのだ。本稿では、観光地として有名な横浜中華街、そして好業績で知られる居酒屋「塚田農場」などの事例を取り上げ、FONが今注目を集める理由をお伝えする。(2016/7/5)

太陽光で携帯4台を同時充電 シャープ「ソーラー充電スタンド」発売 観光地や商業施設に
太陽光で携帯やスマートフォンを4台まで同時に充電できる「ソーラー充電スタンド」をシャープが発売。観光地や公共エリア、商業施設など向け。(2016/6/28)

太陽光:
観光地の“おもてなし”、スマホのソーラー充電スタンドをシャープが発売へ
シャープは太陽光パネルで発電する電気で携帯電話やスマートフォンを充電できるソーラー充電スタンドを製品化し、発売することを発表した。(2016/6/28)

オリジナルVRコンテンツを無料配信「360Channel」 旅番組や工場見学、アイドルライブなど
360度動画配信サービス「360Channel」をオープンした。地震の被災地の記録映像、観光スポット案内、アイドルライブなどをVRで視聴できる。(2016/5/26)

グート、海外向けに日本文化の動画を配信――低価格スマホは2016年夏に発売
グートが、海外のスマホユーザー向けに動画配信サービス「1OOOi(ワン・オー・アイ)」を開始。日本の観光地やファッションなどの情報を伝える。同社が開発ノウハウを提供する低価格スマホは2016年夏に発売する。(2016/5/20)

「自転車×IoT」で新サービス、青森ベンチャー発「ナビチャリ」が地方観光を救う?
バスやローカル路線といった観光用の交通インフラが整備されていない地方の観光地は多い。最近は、自転車とIoTを使って観光客の課題を解決しようとする動きがある。(2016/5/13)

人気の観光地、日本人と外国人と比べると違いはあるの? 口コミを分析
12都道府県で比較しました。(2016/4/3)

着るだけでサムライになれる? 甲冑パーカー「SAMURAI ARMOR HOODIES」が資金調達中
観光地で人気者になれること間違いなし。(2016/3/27)

雪ミク×北洋銀行 北海道新幹線応援PV「La, La, Love Youで踊ってみた」公開 みんな楽しそう!
新しい新幹線の駅や函館の観光スポットも紹介。(2016/3/19)

Google、モバイル旅行計画サービス「Destinations on Google」公開
モバイル版Google検索(英語)で「目的地 destinations」と検索すると、その目的地の旅行計画(最適な日程、飛行機や宿泊先の予約、お勧め観光スポットのツアープランなど)を提案する「Destinations on Google」の提供が始まった。(2016/3/10)

地区最大級の品ぞろえ:
PR:FREETELの最新モデルが並び、即日MNPもOK 「Smart Labo なんば戎橋店」は3階SIMフリースマホコーナーが人気!
大阪の繁華街や観光地として知られる心斎橋〜なんば間の通称「ミナミ」エリア。その中心地に店を構えるのが、スマートフォンケース専門店「Smart Labo なんば戎橋店」だ。(2015/12/21)

日本人、本当にアンコールワットが大好きだな 「日本人に人気の海外観光スポット2015」発表
美術館・博物館部門の第1位の「オルセー美術館」はなるほど納得。自然スポット第1位は「プリトヴィチェ湖群」……ってど〜こだ?(2015/12/12)

日本人に人気の海外観光スポットはどこ?
旅行口コミサイトを運営しているトリップアドバイザーは12月2日、「日本人に人気の海外観光スポット2015」を発表した。(2015/12/2)

レジャー目的で訪れたい観光地、日本は2位
過去2年間で、レジャー目的で訪れたい観光地はどこですか? 25の国または地域に住む男女に聞いたところ、日本は前回調査(2013年)の8位から6ポイント上昇し、米国に次いで2位にランクインした。ビザ・ワールドワイド調べ。(2015/9/17)

ツッコミ捗るぞ! ニコ動の「都道府県ごとに観光地で打線組んだ」動画が興味深い件
京都強すぎ! 埼玉……頑張れ!(2015/8/24)

水曜インタビュー劇場(観光公演):
地方の観光地を衰退させたのは誰か
海はキレい、山はキレい、でも街が汚い……。有名な観光地でも、老朽化した建物が並んでいるところが日本中にある。政府は「観光立国」を目指すというが、寂れた風景を見るために外国人観光客はやって来るのだろうか。(2015/7/29)

1分で完成:
まるでプリクラ? スマホ連動でオリジナルスタンプを作れる新サービス「オスモ」
シヤチハタは、タッチ操作で簡単にオリジナルスタンプが作れる新サービス「オスモ」を2016年にリリースする。スマホ連動するスタンプ自販機としてテーマパークや観光地などに設置するという。(2015/7/6)

観光客の言葉の壁、ITで解消へ パナソニックとJTB、自動翻訳の実証実験
観光地のホテルや案内所に自動翻訳機を設置し、便利な点と改善点を抽出。新たなサービス開発に役立てるのが狙いだ。(2015/6/22)

「サムライ剣舞シアター」や「両国国技館」が外国人のトレンドなのか 「外国人に人気の観光スポット2015」発表
「伏見稲荷大社」「広島平和記念資料館」「厳島神社」はもはや定番。(2015/6/14)

半径300メートルのIT:
2020年、公衆無線LAN普及で知っておくべきこと
観光地などで「誰でも、登録なしで簡単に」利用できる公衆無線LANサービスが広がりはじめています。同時に「日本特有の問題」も浮かび上がってきます。(2015/5/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地下よりも空が最適? 都市型ロープウェーに注目だ
箱根山の噴火警戒レベルが2になって、箱根ロープウェイが全面運休になった。ところで、ロープウェーのメリットは観光地だけではなく、都市でも有効だ。東京都江東区が都市型ロープウェーを提案している。区長は「夢」と言うけれど、意外と良い案かもしれない。(2015/5/8)

付録は護衛艦「いずも」のペーパークラフト、海自5大基地を特集したガイドブック発売
海上自衛隊の5大基地である横須賀・佐世保・舞鶴・呉・大湊基地を詳細に解説。施設の写真や各基地の組織図・所属艦艇の一覧をはじめイベント・観光スポットも収録。(2015/4/21)

「ロマンスカーVSE」を見る目も変わる? 小田急×タブレットのよい関係
新宿−箱根を結ぶ小田急ロマンスカーをはじめ、関東近県の観光地や都市を結ぶ小田急電鉄。最近、駅係員の手にタブレットがあるのを見かける。この新たに導入したWindows タブレット+Office 365+Intuneの組み合わせは、顧客満足度の向上にどんな役割を果たすのだろうか。(2015/2/10)

カンタス航空、ファーストクラスでSamsungの「Gear VR」利用サービス
カンタス航空は、ファーストクラスのサービスとして、SamsungのHMD「Gear VR」で観光地のバーチャルツアーなどを楽しめるサービスを試験提供する。(2015/1/30)

Beaconと公衆Wi-Fi網をうまく応用:
京都市営バスを便利にするIoT、「ハイテクバス到着案内システム」の裏側
2020年のオリンピック開催に向け、東京近郊はもちろん国内観光地や地方自治体も大きな商機を見込み、整備を加速させている。その活動の一環として、京都市が市営バスに「新型のバス到着案内システム」導入。その背景を取材した。(2015/1/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。