ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新浪微博」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新浪微博」に関する情報が集まったページです。

訪日中国人への良質なコンテンツ提供とプロモーションを支援:
SupershipとWi2が中国最大級のSNS微博(weibo)との戦略的パートナーシップを締結
Supershipとワイヤ・アンド・ワイヤレス、新浪日本微博は、訪日中国人向けマーケティングを目的とした戦略的なパートナーシップを締結した(2018/7/6)

【連載】ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
中国のマーケティングトレンドを理解するキーワード「KOL」「MCN」とは?――番匠達也氏
中国向け越境ECとインバウンドプロモーションに関心を寄せる企業は多い。この領域で成功の鍵を握る中国のインフルエンサー「KOL」について専門家が解説する。(2018/6/11)

所属クリエーターの微博(Weibo)での総ファン数は約4000万人:
KOL活用で日本企業の中国進出を支援、アライドアーキテクツが中国papitubeとパートナーシップ契約を締結
アライドアーキテクツは、中国papitubeとパートナーシップ契約を締結。現地で影響力のあるクリエイター(KOL)を起用した日本企業のプロモーションを推進する。(2018/4/16)

“中華ウルトラマン”と戦う円谷プロ 中国側は勝手に正当化
円谷プロダクションが、無断でウルトラマン映画を作っている中国企業と戦っている。身勝手な言い分で“中華ウルトラマン”を正当化する中国側に対し、徹底して争う方針を表明している。(2018/4/10)

山谷剛史のミライチャイナ:
中国のスマートスピーカーは意外な方面ですごかった
中国の「独身の日」(11月11日)には、いま話題のスマートスピーカーが約1700円という価格で販売される。その「天猫精霊」をいち早く入手し、使ってみた山谷氏のリポート。(2017/11/8)

中国人スタッフの発案:
中部国際空港、中国「独身の日」にキャンペーン
中部国際空港セントレアは、中国で「独身の日」として盛り上がる11月11日に、中国へ向かう便の利用者を対象にキャンペーンを行う。認知度向上が狙い。(2017/11/2)

マストドンつまみ食い日記:
日記をつけはじめて半年が過ぎました
ところでKindle版書籍がセール中です。(2017/10/15)

「逃げよう。自分を縛りつけるものから」 元SMAPの3人、公式ファンサイト「新しい地図」開設
新聞には全面広告も。(2017/9/22)

元SMAP3人のサイト「新しい地図」公開 YouTubeやLINE、微博まで……SNSフル活用
元SMAP3人の公式ファンサイト「新しい地図」がオープン。LINEやFacebook、InstagramといったSNSアカウントも用意し、積極的にネットを活用する姿勢のようだ。(2017/9/22)

週刊「調査のチカラ」:
「聖地巡礼」、中国SNSで人気のスポットは?
人が集まるところにはどのような特徴があるのでしょうか。(2017/9/2)

インフルエンサーやSNSフォトプリントサービスを活用:
訪日中国人向けマーケティング、出発前から帰国後までの施策をアライドアーキテクツとSnSnapがパッケージ化
アライドアーキテクツはSnSnapと共同で、訪日中国人観光客に対するインバウンドプロモーションパッケージの提供を開始した。(2017/8/21)

週刊「調査のチカラ」:
「働き方改革」は夏休みを変えるのか?
調査の夏、日本の夏。2017年の「夏休み」にまつわる調査データをピックアップしました。(2017/7/15)

これが“iPhone 7s/7s Plus/8”? 怪しげな画像が登場
iPhone 8に注目が集まっているが、7s/7s Plusもスタンバイしている――かもしれない。(2017/6/1)

最強囲碁AI「AlphaGo」が世界最強棋士に勝利 第1局
囲碁AI「AlphaGo」が世界最強の囲碁棋士、柯潔(カ・ケツ)九段に1勝した。(2017/5/23)

「見れてるのかな?」 福原愛、早朝のTwitter開設が初々しい
安心してください、見えてますよ。(2017/5/17)

週刊「調査のチカラ」:
「Mastodonマーケティング」を叫ぶ日は来るのか?
話題の新SNSにスマホゲーム国内市場規模、企業のIT支出の動向、中国人消費者のライフスタイルまで。「あなたの知らない世界」へ調査データがいざないます。(2017/4/29)

そこで作るの!? オフィス机でアイロンや薪を使い本格的な料理を始める動画が狂気過ぎて海外ネット大盛り上がり
周囲の無反応振りが怖い。(2017/3/14)

海賊版とダフ屋があっても伸びる:
「コケても興収10億円」中国映画の急成長
「君の名は。」の中国展開が好調だったが、実は中国の映画産業は、年々成長を続けている。中国の映画産業に何が起こっているのか? 中国とビジネスをしていくうえでどんなことが必要とされるのか? 「君の名は。」の中国展開を担った柏口之宏代表取締役に聞いた。(2017/2/6)

アパホテル予約サイト、1週間ぶり復旧 「中国人の予約歓迎」「本は撤去しない」
サイバー攻撃とみられるアクセス集中でダウンしていたアパホテルの予約サイトが復旧。中国人の予約は歓迎するが、南京大虐殺を否定する本は撤去しないという。(2017/1/25)

週刊「調査のチカラ」:
「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経済にどう影響するか。訪日中国人のインバウンド需要はどうなるか。日本を巡る「熱量」を調査データから読み取ります。(2017/1/21)

アパホテルの予約サイト、サーバ停止続く 「サイバー攻撃と思われる異常なアクセス」で復旧できず
アパホテルの予約サイトに「サイバー攻撃と思われる異常なアクセス」が集中し、サーバを復旧できない状態が5日間続いている。(2017/1/20)

中国SNSで炎上したアパホテルが見解 「本は置き続ける」「予約に変化なし」
「アパホテルの全客室に、南京大虐殺を否定する内容を含む書籍が置かれている」と、中国のSNS「微博」で話題になっている件について、アパグループが見解を公表した。「書籍は置き続ける」という。(2017/1/17)

“南京大虐殺を否定する書籍”についてアパグループが回答 「問題であるとは考えていない」「本当の日本の歴史を広く知ってもらうため」
中国のSNSをきっかけに、海外で炎上していました。(2017/1/17)

客室に置かれた本に南京大虐殺を否定する内容……APAホテルが海外で炎上、指摘する動画は2日で7000万再生超
本のタイトルは「理論 近現代史学II 本当の日本の歴史」。※追記あり(2017/1/17)

「アパホテル」中国のSNSで“炎上” 「南京大虐殺を否定するCEOの著書が客室に」 告発動画「微博」で6800万再生
アパホテルが中国のネットで“炎上”。「アパホテルCEOが執筆した、南京大虐殺を否定する内容の書籍が全客室に置かれている」との告発動画がSNS「微博」に投稿され、2日で6800万再生を超えた。(2017/1/17)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

リアル勇利!? 中国のフィギュアスケーターが「ユーリ!!! on ICE」OPの完コピ動画を公開する
滑った陳沛トウさんは「モチベーションが高いうちに、私は全ての愛とスケートへの熱意をこの動画に注ぎました」とコメントしています。(2016/12/14)

日本企業と中国4億人ユーザーを結ぶ:
「越境EC2.0」へ、インアゴーラが「淘宝全球購(タオバオグローバル)」と業務提携
中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは2016年11月29日、資金調達および大型業務提携に伴う新戦略発表会を実施した。(2016/11/30)

「ET 2016」開催直前取材:
IoT無線事業買収シナジーを披露――Cypress
組み込みシステム/IoT(モノのインターネット)関連技術展示会「Embedded Technology 2016(ET 2016)」「IoT Technology 2016」が2016年11月16日から開催される。EE Times Japan/MONOistでは、開催に先駆けて同展示会の注目出展社の見どころを紹介している。今回は、このほど、BroadcomのIoT向け無線通信事業を買収するなど、IoT向けソリューションを強化しているCypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)の日本法人である日本サイプレスのブースの見どころを紹介する。(2016/11/14)

インバウンドの“商機”を探る:
【保存版】ソーシャルビッグデータで見る中国「爆買い」カレンダー
中国人観光客による「爆買い」が盛り上がる時期として、「国慶節」「春節」などのイベントの名前を耳にする機会が増えてきました。今回は日本経済を下支えする中国人の消費意欲はいつ盛り上げるのかを探ってみます。(2016/11/4)

iPhone 7の試作機写真を掲載?
iPhone 7の実機とみられる写真が公開された。MACお宝鑑定団の見方は?(2016/8/5)

iPhone 7はヘッドフォン端子を廃止!? 中国のSNSで新たな画像が流出
カメラレンズの拡大や「Pro」モデルの存在をほのめかす画像も。(2016/7/19)

富士山に無料Wi-Fi 7月から全山小屋49カ所で
富士山の全山小屋で使える無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」が7月に始まる。(2016/6/29)

元「モーニング娘。」リンリン、結婚&出産していた ファンに向け「リンリンより幸せになってくださいね」
結婚生活は6月27日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」で見られるとか。(2016/6/27)

作者「人生が分からなくなった」 3日3晩かけてLEGOで作った「ズートピア」ニック像が4歳児に破壊される
展示が始まってわずか数時間のことでした。(2016/6/2)

ホーキング博士の微博デビューで中国ネット界は大騒ぎ
「これはビッグバンだ」――多数の称賛と、最も人気を集めた、説教めいたコメントとは。(2016/4/19)

中国の“憤青”がサイバー万里の長城を越えて襲来する その背景と、心構え
大手航空会社のFacebookページに抗議の書き込みが殺到する炎上騒ぎ。“中国人の正義”が中国の掲示板住人をたきつけ、ネットの壁を超えて来襲する──現地の事情に詳しい山谷氏のリポート。(2016/3/28)

新4インチiPhoneは「5でも6でもない」「SE」、NFCも?
新型iPhoneの名称は「iPhone SE」との新たな情報。パッケージらしき写真が微博で掲載されている。(2016/3/18)

「AlphaGoは李世ドルに勝っても、僕には勝てない」 世界最強の囲碁棋士(18歳)がコメント
微博でコメント。(2016/3/9)

中国の100万都市もIT普及はすごかった
中国内陸の100万都市で急速に進むIT化。中国の日常生活に浸透するITの実態を、現地を拠点にする山谷氏が肌感覚とともに伝える。(2016/1/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国政府がいま最も恐れているのは、ネット上の「くまのプーさん」
中国共産党がネット上の検閲に力を入れている。いわゆる「サイバーポリス」と呼ばれる工作員が反政府的な発言などをチェックしているが、2015年に最も削除された発言は……。(2016/1/7)

次期「Nexus 7」はHuawei製で来年発売?
Googleの次期「Nexus 7」が来年にも登場するかもしれない。Huaweiが開発元として名乗りを上げているようだ。(2015/12/7)

家電や電子機器から“神薬”と呼ばれる医療品まで アジア人観光客が爆買いする人気の日本製品って?
年々増加する訪日外国人観光客。日本製品を多く購入する「爆買い」が話題になることもしばしばですが、一体どんなものが人気を集めているのでしょうか。日本人から見ると意外なものも……?(2015/9/30)

北京のユニクロ試着室で自撮りされた性行為動画 中国SNSで急速に広まる 微博と微信を中国当局が厳しく指導
ユニクロも「社会的なモラルと正義を守り、正しく適切に試着室を利用するよう謹んでお願いします」と呼びかけ。(2015/7/18)

中国“アルファバイヤー”による爆買いで日本はかき回される
春節が過ぎても中国人による爆買いは止まらない。観光客ではない「アルファバイヤー」による爆買いの裏にあるものとは──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/7/9)

中国のアイドルが中国版Twitter「Weibo」で世界記録 再投稿4000万回!
中国のアイドルグループTFBOYSのワン・ジュンカイさん(15歳)が世界記録を打ち立てました。(2015/6/22)

富豪と9億円以上で専属契約!? YouTubeで活躍していた日本のセクシー女優・水咲ローラさん、中国で人気爆発
ネットは広大だわ。(2015/5/8)

あなたは食べられる? ミニブタが店長を務めるブタ肉料理の居酒屋「TABOO」がネットで話題に
石川県金沢市の「ミニブタ店長のTABOO」。ミニブタがいるお店でブタ肉料理だなんて、なぜそんなコンセプトに……?(2015/1/30)

スマホでの成功を武器に:
次はIoTへ――シャオミの野心
スマートフォンの成功で上昇気流に乗っているXiaomi(シャオミ)。次はモノのインターネット(IoT)分野を狙うとの見方が濃厚だ。(2015/1/29)

イーブックイニシアティブジャパン、中国での電子書籍提供事業のため合弁会社設立へ
合弁会社の設立は2015年4月予定。(2015/1/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。