ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソフトバンクホークス」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何もできない松坂大輔を、孫正義オーナーが見捨てない理由
松坂大輔が2軍で大炎上した。福岡ソフトバンクホークスと巨額契約を結んだにもかかわらず、何ひとつ結果を残せていない。とっくの昔に我慢の限界は超えているはずなのに、なぜ球団は松坂を見捨てないのか。その理由は……。(2016/5/19)

ホークス公式戦のプラチナチケット、ヤフオクで販売 需給に応じた販売手法を実験
ヤフーは、福岡ソフトバンクホークス公式戦チケットの一部をオークション形式と価格変動形式で販売する。(2016/3/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂は「給料泥棒」の汚名を返上できるのか “日本的補強”に警鐘
福岡ソフトバンクホークスの松坂投手とオリックス・バファローズの中島内野手が崖っぷちに立たされている。昨シーズン、大リーグから帰ってきた2人は期待されながらも、全く結果を残せなかったからだ。それでも高額を手にした両選手に対して、米球界から「?」の声が出ている。(2016/2/25)

App Town スポーツ:
福岡ソフトバンクホークスの春季キャンプ2016公式アプリが登場
福岡ソフトバンクホークスは、1月18日に春季キャンプ2016公式アプリを配信開始した。選手がどこでどんな練習をしているかがリアルタイムに分かる「タカノメ」をはじめ、アプリ限定のコンテンツを提供する。(2016/1/19)

こんなん笑ってしまう 福岡ソフトバンクホークスの謎キャラクター「ふうさん」の撤収方法が斬新だと話題に
ドーン!……ズルズル。(2015/10/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「名将」の予感を漂わせる、ソフトバンク・工藤監督の“人心掌握術”
プロ野球の福岡ソフトバンクホークスがパ・リーグ連覇を成し遂げた。就任1年目の工藤公康監督は、どのような手法でチームを引っ張って来たのか。手腕と人間性に迫ってみた。(2015/9/24)

野球観戦に行ってショッカーに入ろう? 福岡ソフトバンクホークスが謎イベント「ショッカー戦闘員トライアウト」を実施
ショッカーが狙っていたのは福岡征服だった……!?(2015/4/21)

プロ野球チームの業務改革:
ホークスの日本一に貢献した球団現場の“草の根活動”とは?
ソフトバンクが親会社になったことで、他球団と比べて積極的なシステム投資を行ってきた福岡ソフトバンクホークス。しかし球団スタッフであるスコアラーやスカウトなどの利活用は今一つだったという。なぜか……。(2015/4/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
裸一貫で9年ぶり 日本復帰を決意した松坂大輔の“家庭事情”
かつて「怪物」と呼ばれたメジャー・リーガーの松坂大輔が、日本球界に復帰する。福岡ソフトバンクホークスと3年総額12億円+出来高払いという巨額契約を結んだが、松坂は活躍することができるのだろうか。(2014/12/18)

これが球界の画伯か……! 福岡ソフトバンクホークスの人気選手が描いた「ヘタウマ」イラストがまさかのグッズ化
イラストの腕前も日本一!とはいかないようです……。(2014/12/12)

やったぜ:
各種セールや無料キャンペーンを実施する「ソフトバンクグループ ホークス優勝キャンペーン」
福岡ソフトバンクホークスのパ・リーグ優勝を記念した「ソフトバンクグループ ホークス優勝キャンペーン」が10月2日からスタートした。(2014/10/3)

ソフトバンク、福岡ソフトバンクホークスの応援&つかみ放題キャンペーンを実施
ソフトバンクモバイルは、6月20日から「俺祭 鷹の祭典キャンペーン」「スマ放題でつかみ放題」キャンペーンを実施する。(2014/6/18)

ホークスのビッグデータ活用記:
「勘と経験頼み」の職人集団から脱却 ソフトバンクホークスがデータ活用で目指すもの
古くからデータ活用が盛んに行われてきたプロ野球だが、テクノロジの進化によって新たな動きが生まれつつある。「KKD(経験、勘、度胸)」からの脱却を目指してデータ活用を進めているソフトバンクホークスに取り組み内容を聞いた。(2014/5/23)

ソフトバンクがオープン戦チケットを490円で販売――応援団長は「お父さん」が続投
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは、ホークスのオープン戦チケットを490円で販売する。また応援団長は白戸家の「お父さん」が続投する。(2014/1/15)

福岡ソフトバンクホークス「感謝の集い」をライブ配信
福岡ソフトバンクホークス「感謝の集い」2013をライブ配信する。選手グッズの展示コーナーや選手とのハイタッチなど。配信は11月23日10時0分〜。(2013/11/22)

ソフトバンクモバイル、新規契約者に「ホークス観戦ペアチケット」をプレゼント
ソフトバンクモバイルは、乗り換え(MNP)/新規契約者にホークス戦の「ソフトバンクホークス観戦ペアチケット」をプレゼントするキャンペーン「バリ得チケット」を3月にスタートする。(2013/2/22)

福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケットが980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」
ソフトバンクモバイルは、抽選により福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケットが980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」を販売する。(2013/2/14)

「ヤフードーム」が「ヤフオクドーム」に ソフトバンク本拠地名を変更
福岡ソフトバンクホークスの本拠地球場が「福岡 ヤフオク!ドーム」になる。(2013/1/25)

ソフトバンク、てぬブイや自転車が当たる「鷹の祭典 東京ドーム開催記念キャンペーン」
ソフトバンクモバイルが、福岡ソフトバンクホークスのイベント「鷹の祭典 東京ドーム開催記念キャンペーン」を実施。Facebook公式ページでアンケートに回答すると、抽選で「お父さん自転車」やオリジナルの「てぬブイ(手ぬぐい)」をプレゼントする。(2012/7/3)

福岡ソフトバンクホークスの「鷹の祭典2012」応援キャンペーン開始
ソフトバンクモバイルが、福岡県と首都圏の店舗において、福岡ソフトバンクホークスのイベント「鷹の祭典2012」の応援キャンペーンを実施する。(2012/6/7)

ソフトバンク、ヤフードームを買収 870億円
ソフトバンクが福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡Yahoo!JAPANドーム」を約870億円でシンガポール政府投資公社から買い取る。(2012/3/26)

ホークス主催の公式戦が980円で観戦できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは、2012年にヤフードームで開催する公式戦A指定席を980円で購入できる「ソフトバンクモバイル980円チケット」を販売する。対象はソフトバンクユーザー限定。(2012/2/16)

4シーズン目:
白戸家の「お父さん」、2012年もホークス応援隊長を続投
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルは、2012年シーズンも「お父さん」がホークス応援隊長を続投することを決定した。日本シリーズ連覇に向けてさまざまな企画が展開される。(2012/1/27)

福岡ソフトバンクホークスのファン感謝デーをライブ配信
プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の「『ファン感謝の集い』2011」の模様をライブ配信する。「スペシャル映像」や「優勝パレード」、秋山監督からの挨拶、選手によるトークショー、新入団選手の発表など、内容盛りだくさんで届ける。配信は12月11日11時30分〜。(2011/12/9)

便乗“ダ”:
ウィルコムもホークス日本一記念キャンペーンを実施
ウィルコムはソフトバンクホークスの日本一を記念し、新規契約ユーザーの月額料金を500円引きにする「応援ありがとうキャンペーン」を実施する。(2011/11/21)

ソフトバンクがホークスの日本シリーズ優勝を記念した「日本一“ダ”キャンペーン」
ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ヤフーが、11月21日から福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ優勝を記念したキャンペーンを展開する。プレゼントやセールなどがソフトバンク携帯電話取扱店やYahoo! JAPANなどで予定されている。(2011/11/21)

日本シリーズをみんなで応援しよう! ソフトバンク対ドラゴンズをニコニコ実況
プロ野球「コナミ日本シリーズ2011」の第6戦、福岡ソフトバンクホークス対中日ドラゴンズの試合の模様をテレビで見ながら、ニコニコ生放送の実況放送で楽しむための番組。配信は11月19日18時0分〜。(2011/11/18)

「福岡ソフトバンクホークス」クライマックスシリーズ パ・リーグ優勝祝勝会
「福岡ソフトバンクホークス」の日本シリーズ進出が決定。パ・リーグ優勝祝勝会の模様を生中継する。配信は11月5日19時0分〜。(2011/11/5)

ホワイトペーパー:
プロ野球球団のCRM ― B to Bに活用できるスポンサー企業向けCRM導入事例
3カ月という短期間でのオンプレミスのCRM導入を行った、福岡ソフトバンクホークスマーケティング社の狙いとは?(提供:日本マイクロソフト)(2011/10/31)

金箔&純金の新聞が登場 ホークス優勝の輝きを手元に
福岡ソフトバンクホークスのパ・リーグ優勝を記念し、金箔と純金の新聞が登場。西日本スポーツ新聞の紙面をプリントした。(2011/10/5)

ソフトバンク、「パ・リーグV2ダ!ホークス優勝キャンペーン」をスタート
ソフトバンクモバイル・ソフトバンクBB・ヤフーの3社は、2011年度パ・リーグのペナントレースで福岡ソフトバンクホークスが2連覇したことを記念し、「パ・リーグV2ダ!『ホークス優勝キャンペーン』」を開始した。(2011/10/3)

ホークス「2011クライマックスシリーズ」ペアチケットのプレゼントキャンペーン
福岡ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルが、ヤフードームで開催される「2011クライマックスシリーズ」のペアチケットを、抽選で合計1500名にプレゼントするキャンペーンを行う。福岡では「燃えるんダオル」プレゼントもある。(2011/9/16)

ホークスをテーマにしたカバーを作れる「ホークスカバコレ」
福岡ソフトバンクホークスをテーマにした「ホークスカバコレ」の販売が開始される。アプリとホーム画面のパッケージ「スマセレ」では「ホークスセレクト」が提供され、ユニフォームなどが当たるキャンペーンも実施される。(2011/9/12)

ソフトバンク、みまもりケータイ 005Zユーザーにポケモンデコシールなどをプレゼント
ソフトバンクモバイルが未就学児から高齢者までを対象とする「みまもりケータイ 005Z」の購入者先着10万人に、デコシールや保護カバーがプレゼントする。ポケモンやソフトバンクホークスのキャラクターもの、キャラクターなしのデザインシールなどを用意した。(2011/7/28)

ソフトバンクテレコム、福岡ホークス戦でエリアワンセグの公開実験
ソフトバンクテレコムと福岡ソフトバンクホークスマーケティングは、8月25日、9月7〜9日の福岡ソフトバンクホークス戦で、エリア限定ワンセグの公開実験を実施する。(2010/8/20)

小松裕の「スポーツドクター奮闘記」:
今年は「宗侍」
毎年恒例となっている、ソフトバンクホークスの川崎選手率いる軟式野球チームの試合に参加してきました。故郷の人たちに対する彼の感謝の思いを改めて感じました。(2010/2/10)

福岡ソフトバンクホークス セ・パ交流戦2連覇:
九州沖縄エリアの“ただとも”特典に「ホークス優勝記念ボール」追加
ソフトバンクモバイルは、福岡ソフトバンクホークスがプロ野球セ・パ交流戦に優勝したことを記念し、九州沖縄エリア限定のただとも/MNPプログラム特典に「優勝記念ボール」(限定800個)を追加する。(2009/6/18)

ホークス応援隊が体制強化 「ハニーズ」やお兄ちゃんも隊員に
白戸家の“お父さん”が応援隊長に就任したことで話題になった、福岡ソフトバンクホークス応援隊に強力な助っ人が加わる。新たに白戸家のお兄ちゃんとホークスのオフィシャルダンスチーム「ハニーズ」が隊員になった。(2009/6/1)

背番号は“0103”――白戸家の「お父さん」がホークス応援隊長に就任
白戸家の「お父さん」が福岡ソフトバンクホークス応援隊長に就任。秋山監督からユニフォームが授与された。(2009/4/13)

ホークスの公式戦を980円で――「ソフトバンクモバイル980円チケット」
ソフトバンクホークスとソフトバンクモバイルが、ヤフードームで開催される、福岡ソフトバンクホークスの公式戦チケット1000枚を毎月980円で販売する「ソフトバンクモバイル980円チケット」を開始する。(2009/4/13)

ホークスユニフォームとヤフードームに「お父さん」が登場
ソフトバンクモバイルと福岡ソフトバンクホークスが2009年度のユニフォームスポンサー契約を締結。「お父さん」マークがホークスユニフォームの左袖にはり付けられるほか、本拠地ヤフードーム内にも登場する。(2009/3/30)

タッチパネルやデジタルサイネージを駆使:
「お茶の間のファンを球場に呼び込む」――野球観戦の新たな体験、ホークスが演出
福岡ソフトバンクホークスはタッチパネルやデジタルサイネージを取り入れた専用のIT空間を球場内に設置した。これまで球場に来たことがないファンの呼び込みを強化し、球団の収益アップにつなげる。(2009/3/5)

仕事耕具:
王監督勇退記念万年筆、セーラー万年筆が89本限定で発売
2008年のシーズンを最後に勇退した福岡ソフトバンクホークスの王貞治前監督を記念して、セーラー万年筆が限定モデル「王監督勇退記念万年筆」を発売する。89本の限定発売。高級万年筆「キングプロフィット万年筆」がベースだ。(2009/2/24)

シスコの機材を使用:
ソフトバンクホークス、Yahoo! Japanドームに「IT観客席」導入
福岡ソフトバンクホークスは、試合中にマルチアングルやリプレイの映像、無線LANインターネットなどを自由に楽しめる観客席を導入する。シスコ製品を利用した。(2008/12/15)

問われるコーチング力:
隣に座っている部下の価値観を知っているか?
数々の功績を残した王監督率いるソフトバンクホークスと「ディズニーランド」を運営するオリエンタルランド。双方の組織に共通するのは、すべてのメンバーがお互いの価値観を把握していることだという。(2008/10/8)

ヤフードームのホークスホームゲームで「白戸家のお父さん」が応援
ソフトバンクモバイルは9月20日から24日までの5日間、福岡ソフトバンクホークスのホームゲームで、テレビCMで人気の「白戸家のお父さん」による応援企画を実施する。(2008/9/18)

ホークスもネットで健康管理――「ライフキャリア」
ソフトバンクリブラは、携帯電話を使った健康管理サービス「ライフキャリア」が福岡ソフトバンクホークスの推奨を受けたと発表した。(2008/6/2)

ソフトバンクトークス、“1万人のメッセージ入りビッグフラッグ”をお披露目
ソフトバンクモバイルが8月1日、福岡Yahoo! JAPANドームで、福岡ソフトバンクホークス応援プロジェクト「ソフトバンクトークス」の一環として制作した1万人のファンからのメッセージ入りビッグフラッグを披露した。(2007/8/2)

ホークスお膝元のMac Shop2号店に行ってみた
ソフトバンクホークスのお膝元、福岡にオープンしたばかりのアップル直販店舗、“Mac Shop”の2号店に行ってみた。(2007/4/30)

ホークスへのアツイ気持ちを語り合おう──応援プロジェクト「ソフトバンクトークス」始動
ソフトバンクモバイルは4月8日、福岡ソフトバンクホークスを応援するプロジェクト「ソフトバンクトークス」を開始した。プロジェクトを通し、1万人の応援メッセージが入ったビッグフラッグを製作する。(2007/4/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。