ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

太陽電池 に関する記事 太陽電池 に関する質問

「太陽電池」最新記事一覧

EE Times Japan Weekly Top10:
太陽電池、技術進化の“ホントのところ”
EE Times Japanで2015年6月27日〜7月3日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/7/4)

太陽光:
低コスト、高効率な「ペロブスカイト太陽電池」、実用化に向け安定生成技術を開発
物質・材料研究機構は、次世代太陽電池として期待を集めるペロブスカイト太陽電池を低温・溶液プロセスで作成することに成功した。(2015/7/3)

蓄電・発電機器:
変換効率97.5%の太陽電池向け中規模パワコン、曇りでも効率運用
日立製作所は太陽光発電用パワーコンディショナーの製品群を拡充。日照量が少ない場合でもより多くの電力の出力を可能にする回路構成とともに、電力変換最高効率97.5%を実現する300kWモデルを発売した。(2015/7/3)

太陽光:
太陽電池の耐久力を向上、一般設備で使えるシート状シリコーン封止材を開発
産業技術総合研究所(以下、産総研)太陽光発電研究センターのモジュール信頼性チームらは、信越化学工業とともに信越化学工業が開発した太陽電池モジュール用のシリコーン封止材を用いた太陽電池モジュールの評価試験を行った。(2015/7/1)

『EE Times Japan 10周年』特別編集:
太陽電池、これまで10年これから10年(前編)
EE Times Japan創刊10周年を記念し、主要技術の変遷と将来を紹介する。太陽電池は燃料を必要としない未来の技術としてもてはやされてきた。しかし、国の産業政策は必ずしも成功してはいない。では技術開発の進展はどうだったのか。これまでの10年とこれからの10年を紹介する。(2015/7/1)

電池/エネルギー アナターゼ:
アナターゼ表面の原子や欠陥を特定、太陽電池のエネルギー変換効率向上へ
物質・材料研究機構(NIMS)を中心とする研究チームは、アナターゼ型酸化チタン(以下、アナターゼ)の表面を原子レベルで可視化して、原子や欠陥の種類を特定することに成功した。今回の成果は、光触媒や太陽電池などに用いるエネルギー材料の変換効率をさらに向上させることができる技術として期待されている。(2015/6/30)

太陽光:
シャープの次世代太陽電池、NEDOプロジェクトで量産へ
NEDOは太陽光による発電コストを2030年までに7円/kWh(キロワット時)に下げるという目標に向け、複数のプロジェクトを推進している。このロードマップの実現に貢献するとして、シャープが実用化を進める高効率バックコンタクト型太陽電池の量産に向けた技術開発が新たにNEDOプロジェクトとして採択された。(2015/6/29)

太陽光:
薄さ1.5mmの「曲がる」太陽電池、新市場の創出に期待
ソーラーフロンティアは薄さ1.5ミリメートルの曲がる太陽電池モジュールを開発し、シンガポールのビルに導入した。同社が以前から開発を進めてきたCIS薄膜太陽電池を利用したもので、太陽電池のこれまでにない活用方法を切り開く製品として期待される。(2015/6/29)

太陽光:
九州3県に5カ所のメガソーラーを建設、国富工場からのパネルで合計9MW
ソーラーフロンティアは、SFソーラーパワーを通じ、九州地区に5カ所、合計9MW(メガワット)となる太陽光発電所の建設を開始した。(2015/6/26)

注目集める“太陽電池ペロブスカイト”:
低温・溶液プロセスで高効率、高信頼性の新型太陽電池の作製に成功
次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池を低温・溶液プロセスを用いながら、従来よりも高い変換効率、信頼性を実現したと物質・材料研究機構が発表した。(2015/6/25)

法制度・規制:
増え続ける太陽光発電の廃棄物、2018年にガイドライン適用へ
再生可能エネルギーの中でも環境負荷が小さい太陽光発電だが、導入量の拡大に伴って使用後の廃棄物が増えていく。太陽電池モジュールの排出量は2030年代に年間80万トンにのぼる見込みだ。政府は処分方法のガイドラインやリサイクルシステムを整備して2018年度から順次適用する。(2015/6/25)

シャープ、経営責任問う声 3時間超……飛び交う怒号 退任要求相次ぐ
経営再建中のシャープの株主総会は3時間23分と過去最長を記録した。(2015/6/24)

太陽光:
汚染水の浄化などに期待、太陽光を80%の高効率で変換し水蒸気を生み出す材料
東北大学 原子分子材料科学高等研究機構の研究グループは、世界最高レベルの太陽光エネルギーの変換効率を持つ水蒸気発生材料を開発した。3次元構造を持つナノグラフェンを用いた材料で、水蒸気の生成や純水の精製、汚染水の濃縮や浄化などさまざまな用途に利用できるという。(2015/6/23)

約2兆6500億円:
悪質業者の排除やパネル診断など 太陽光発電の支援ビジネスが急成長
再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しや悪質な訪問販売などの課題が表面化する中、太陽光発電の普及を支援する新規ビジネスが相次いで立ち上がった。太陽光パネル診断や悪質業者の排除など、国や自治体が支援しづらい分野が注目されている。(2015/6/23)

太陽光:
カーボンナノチューブで変換効率6%の有機薄膜太陽電池を開発、インジウムが不要に
東大の研究グループは、レアメタルの「インジウム」を含まないカーボンナノチューブ有機薄膜太陽電池の開発に成功した。将来的に太陽電池の低コスト化や太陽エネルギーの利用拡大に役立つことが期待される。(2015/6/19)

省エネ機器:
日本がリードするナノ炭素材料を次世代省エネ部材へ、NEDOが新事業
軽量かつ高強度、そして電気や熱の伝導性が高いなど優れた特性を持つナノ炭素材料は、高機能な省エネ部材を実現する原料として期待されている。NEDOはナノ炭素材料を利用した次世代省エネ部材の実用化に向けた事業として、新たに6つのテーマに助成を行う。(2015/6/18)

蓄電・発電機器:
太陽電池の高効率化が進む、薄膜モジュールで18.6%に
太陽電池メーカーの米国ファーストソーラー社が独自開発の薄膜モジュールで変換効率を18.6%まで高めるのに成功した。現在の市場で主流の結晶シリコンタイプと同等の変換効率になる。カドミウムとテルルを原料にした化合物タイプの太陽電池で、製造コストの安さが特徴だ。(2015/6/17)

太陽光:
駐車場がメガソーラーに、国内最大級となる1.7MWのカーポート型太陽光発電が稼働
国光施設工業は、100%子会社の国光エナジーサービスを通じ、双葉電子工業が所有する長生工場(千葉県長生村)の従業員用駐車場に、日本最大級のカーポート型メガソーラー(最大出力約1.7MW)を設置し、発電事業を開始した。(2015/6/17)

蓄電・発電機器:
容量密度は黒鉛の4.4倍、水素化マグネシウムを使った全固体二次電池の負極材を開発
広島大学の研究グループは、全固体リチウムイオン二次電池の負極材料として水素化マグネシウム、固体電解質として水素化ホウ素リチウムを利用し、高い性能が得られることを発見した。(2015/6/16)

太陽光:
太陽電池や人工光合成を高効率化する“世界初”の技術、九州大が開発
九州大学の研究チームは、低エネルギーの光を高エネルギーの光に変換するフォトン・アップコンバージョン技術の実現に必要な分子組織体の開発に世界で初めて成功した。太陽電池や人工光合成の効率を高めるための画期的な方法論になることが期待される。(2015/6/15)

太陽光:
土砂採取跡地に出力4MWのメガソーラー、年間の売電収入は1億5000万円に
大和ハウス工業は石川県七尾市の土砂採取跡地に総出力4MW(メガワット)のメガソーラー「DREAM Solar石川七尾I・II」を建設する。年間の発電量は約430kWh(キロワット時)を予定しており、売電収入は約1億5000万円を見込むという。(2015/6/10)

ビジネスニュース 業界動向:
2030年までに“世界一スマートな都市”を目指すドイツ
ドイツは、“世界で最もスマートな都市”の実現に向けて取り組みを始めている。あらゆる建物に太陽電池を取り付けるなど、“自給自足”できる都市を作るべく、さまざまな分野の技術の統合を図っていく。(2015/6/8)

太陽光:
塗って作れる有機薄膜太陽電池の変換効率10%を達成
理化学研究所 創発物性科学研究センター 創発分子機能研究グループ 上級研究員の尾坂格氏らの研究チームは、半導体ポリマーを塗布して作る有機薄膜太陽電池のエネルギー変換効率を、10%まで向上させることに成功したと発表した。(2015/6/8)

蓄電・発電機器:
太陽光の発電コストを2030年に7円へ、5年間の技術開発プロジェクトが始動
日本の再生可能エネルギーを牽引する太陽光発電のコスト低減に向けた新プロジェクトが始まった。NEDOが2015〜2019年度の5年間をかけて、メーカーや大学などと共同で太陽電池の性能と信頼性の向上に取り組む。2030年までに火力発電のコストを下回る1kWhあたり7円が最終目標だ。(2015/6/8)

エネルギー技術 太陽電池:
有機薄膜太陽電池で変換効率10%を達成、実用化に大きく前進
理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター創発分子機能研究グループの尾坂上級研究員らによる共同研究チームは、半導体ポリマーを塗布して製造する有機薄膜太陽電池(OPV)で、エネルギー変換効率10%を達成した。同時に、変換効率を向上させるための分子構造や物性、分子配向と素子構造の関係などについても解明した。(2015/6/4)

謎の米無人宇宙船「X-37B」 宇宙爆撃機? それとも偵察機?……すべて“極秘”の向こう側
米空軍が20日、スペースシャトルを小型化したような無人宇宙船「X−37B」を打ち上げた。米軍はこの宇宙船の主要任務など詳細を全く公表しておらず、すべてが極秘扱いだ。(2015/6/2)

太陽光:
笑うパワコン、泣くパネル、太陽光発電各社の決算動向
企業各社の2014年度(2015年3月期)決算が出そろったが、太陽電池メーカーは苦境が目立つようだ。2014年度決算資料などから太陽光発電関連企業の2014年度の動向と2015年度(2016年3月期)の取り組みについてまとめた。(2015/6/2)

ビジネスニュース業界動向:
ウエハー出荷、四半期過去最高を更新――2015年1〜3月
SEMIは2015年5月、2015年1〜3月の世界シリコンウエハー出荷面積が2014年第4四半期から増加し、四半期の出荷量で過去最高となったことを発表した。(2015/6/1)

低電力消費とハイパフォーマンスコンピューティングの両立に向けて:
PR:早稲田大学 笠原研究室がIBM POWERに注目した理由
低消費電力かつハイパフォーマンスコンピューティング環境を――いま、早稲田大学笠原研究室が取り組む技術に産業界の注目が集まっている。この取り組みの中で笠原研究室は、IBM Power Systemsに搭載されているプロセッサーである「POWER」に注目し、POWERを用いたオープンな開発コミュニティ「OpenPOWER Foundation」に加入したという。編集部では、笠原氏の研究の狙いと、コンピューティング環境の将来像について直接取材する機会を得た。(2015/6/1)

太陽光:
国内最大級となる92MW太陽光発電所、ゴルフ場予定地に34万枚の太陽電池を敷設
京セラら4社は、鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる土地において、国内最大級となる出力約92メガワット(MW)の太陽光発電所を建設することを決定した。(2015/5/28)

希望退職3500人の一方で…:
「なぜ社長はやめない」――シャープで人心離れ加速
残留するシャープの経営陣に対する社内の求心力低下が懸念材料として浮上している。「成長戦略がない」と、社員の不安はふくらむばかりだ。(2015/5/28)

「なぜ社長はやめない」 シャープで人心離れ加速……「成長戦略がない」社員の不安はふくらむばかり
シャープの経営陣に対する社内の求心力が低下している。国内で3500人規模の希望退職を募る一方、危機を再燃させた「トップ3」はなぜか経営陣に残留。再建策の肝だった「液晶事業の分社化」は直前になって取り消された。(2015/5/27)

エネルギー列島2015年版(6)山形:
雪国に広がる小水力発電のパワー、農業用水路や水道設備を生かす
山形県には太陽光からバイオマスまで再生可能エネルギーの資源が豊富にある。最近では小水力発電の開発プロジェクトが急速に広がってきた。山間部から平野へ流れる農業用水路を活用できるほか、浄水場などの水道設備にも発電機を導入して、多彩な方式で電力の地産地消を推進中だ。(2015/5/26)

蓄電・発電機器:
太陽電池の伸びが鈍化、2014年度の国内出荷量は8%増
2012年度から倍増の勢いで伸びてきた太陽電池の国内出荷量だが、2014年度はわずか8%の成長率にとどまった。特に住宅用は前年度までの増加から17%の減少に転じた。新築住宅が減ったことに加えて、太陽光発電の買取価格の低下や出力制御の範囲拡大など政策面の影響が早くも表れている。(2015/5/25)

太陽光:
「狭い屋根でたくさん発電」が好調、パナソニックが太陽電池を増産へ
パナソニックは2015年5月18日、太陽電池事業についての説明会を開催。以前から推進する「国内・屋根置き・創畜連携」などを重視する方針の下、国内市場での販売が好調を続けており、新たに島根県および滋賀県で生産する太陽電池モジュールを増産することを発表した。(2015/5/19)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

省エネ機器:
「環境発電」で電池の交換が不要、温度や照度を無線で送るセンサー
身の回りにある微小なエネルギーで電力を作る「環境発電」を取り入れた小型のセンサーを国内メーカー3社が共同で開発した。室内の光で発電できる太陽電池と厚さ4ミリのリチウムイオン電池を内蔵する。オフィスや家庭で温度・湿度・照度を測定して無線でデータを送ることが可能だ。(2015/5/15)

自然エネルギー:
再生エネ100%で走る電動自転車、福岡で全国初のシェアリング実証
再生可能エネルギーの導入やスマートコミュニティの構築に関して積極的な取り組みを進める福岡市で、太陽光と風力で充電した電動アシスト自転車のシェアリング実証事業がスタートした。再生可能エネルギーのみで電動アシスト自転車の電力を賄う全国初の取り組みで、2015年6月まで行われる。(2015/5/14)

センシング技術:
リコーの色素増感太陽電池とマクセルのラミネート電池を採用した環境発電センサー端末
アルティマは2015年5月11日、リコー、日立マクセルと共同で、電池交換の必要のない温湿度や照度などを情報を取得するワイヤレスセンサーネットワーク端末を開発したと発表した。(2015/5/11)

法制度・規制:
太陽光発電で急成長したサニックス、業績不振で600人の希望退職者を募集
2012年度から太陽光発電の事業を急拡大してきた環境衛生サービスのサニックスが600人にのぼる希望退職者の募集を開始する事態に陥った。太陽光発電の新規導入が難しくなった九州を中心に西日本の人員削減と店舗の統廃合に踏み切る。市場規模が大きい東日本で巻き返しを図る方針だ。(2015/5/11)

VLSIシンポジウム 2015 プレビュー(4):
回路技術の注目論文〜プロセッサ、メモリ、バイオの最新チップ
今回紹介するのは、高性能プロセッサ、16nm FinFETを適用した連想メモリ、1600万画素の3次元積層CMOSイメージセンサーなどである。プロセッサでは、クロック分配技術や、Intelの「Broadwell」に関する論文について説明があった。(2015/5/8)

自然エネルギー:
太陽光エネルギーを水素で貯蔵、変換効率15.3%を達成
理研は、太陽光エネルギーから水の電気分解により水素を製造し貯蔵するシステムを開発。シンプルな構造で安価なシステムを実現し、エネルギー変換効率15.3%を達成したという。(2015/4/30)

自然エネルギー:
2016年度に次世代燃料電池を市場投入、京セラが事業方針を発表
京セラは2015年3月期(2014年度)の連結決算概要の説明会を開催。その中で太陽光発電事業の方針についても説明し、住宅向け市場の拡大や水上設置型メガソーラー、次世代燃料電池の開発に注力し、事業を拡大していく方針を示した。(2015/4/30)

PR:再生可能エネルギーを加速するLooopの事業、設備認定案件を実現に向けて先導
太陽光発電所を立ち上げるには、さまざまな壁がある。設備認定を受けながら、壁にぶつかって実現に至らない案件に対して、「ワンストップ」のサービスを提供する企業が現れた。Looopは顧客の融資サポートから、法令順守の確認・対応、地域住民への説明に至るまで、事業環境整備に役立つサービスを開始する。発電事業の手助けする他、権利の譲渡も受ける。(2015/4/27)

ビジネスニュース 企業動向:
SMK、フィリピンに新工場開設へ――2015年7月稼働
SMKは2015年7月に、フィリピンで新工場を稼働させると発表した。需要が拡大するリモコンの製造を実施する。(2015/4/22)

エネルギー管理:
「仮想メガソーラー」を支援するクラウド型の太陽光発電所管理サービス
富士通は、遠隔地に分散する小規模太陽光発電を一元で管理できるクラウドサービスの販売を開始した。同サービスは、レオパレス21と進めてきた実証実験の成果を生かしたものだという。(2015/4/22)

蓄電・発電機器:
電力自由化で電気料金が「上がる」、そのとき役立つ太陽光
シャープは2015年4月、住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」の新製品「NQ-220AE」など4モデルを発表した。同社のパワーコンディショナーと組み合わせることで、複雑な屋根形状であっても高い出力を得ることができるという。(2015/4/21)

知財コンサルタントが教える業界事情(20):
ZEV規制から読み解く環境対応自動車の攻防〔後編〕
米国のZEV(Zero Emission Vehicle:無公害車)規制に対する各企業の動向を知財を切り口に読み解く本稿。前編ではトヨタの燃料電池関連特許の無償開放とZEV規制との関連性を紹介しましたが、後編では自動車メーカー各社の動向をさらに掘り下げるとともに、水素インフラ関連企業の動向を取り上げます。(2015/4/21)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
“もはや次世代ではないSiC”など先端アナログパワー技術を訴求――ローム
ロームは、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、注力分野の1つである産業機器分野に向けた電源ICやパワーデバイスといったアナログパワー技術の展示を実施する。(2015/4/20)

自然エネルギー:
鹿の放牧地で発電と農業を同時に実現、群馬で出力1.1MWのソーラーシェア
群馬県沼田市で農作物と太陽電池が光を分けて利用する「ソーラーシェアリング」の実現に向けたプロジェクトがスタートした。国際ランド&ディベロップメントが、約4ヘクタールの鹿の放牧地として利用されていた土地に「沼田市利根町太陽光発電所」を建設する。(2015/4/14)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。