ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

太陽電池 に関する記事 太陽電池 に関する質問

「太陽電池」最新記事一覧

太陽光:
「狭い屋根でたくさん発電」が好調、パナソニックが太陽電池を増産へ
パナソニックは2015年5月18日、太陽電池事業についての説明会を開催。以前から推進する「国内・屋根置き・創畜連携」などを重視する方針の下、国内市場での販売が好調を続けており、新たに島根県および滋賀県で生産する太陽電池モジュールを増産することを発表した。(2015/5/19)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

省エネ機器:
「環境発電」で電池の交換が不要、温度や照度を無線で送るセンサー
身の回りにある微小なエネルギーで電力を作る「環境発電」を取り入れた小型のセンサーを国内メーカー3社が共同で開発した。室内の光で発電できる太陽電池と厚さ4ミリのリチウムイオン電池を内蔵する。オフィスや家庭で温度・湿度・照度を測定して無線でデータを送ることが可能だ。(2015/5/15)

自然エネルギー:
再生エネ100%で走る電動自転車、福岡で全国初のシェアリング実証
再生可能エネルギーの導入やスマートコミュニティの構築に関して積極的な取り組みを進める福岡市で、太陽光と風力で充電した電動アシスト自転車のシェアリング実証事業がスタートした。再生可能エネルギーのみで電動アシスト自転車の電力を賄う全国初の取り組みで、2015年6月まで行われる。(2015/5/14)

センシング技術:
リコーの色素増感太陽電池とマクセルのラミネート電池を採用した環境発電センサー端末
アルティマは2015年5月11日、リコー、日立マクセルと共同で、電池交換の必要のない温湿度や照度などを情報を取得するワイヤレスセンサーネットワーク端末を開発したと発表した。(2015/5/11)

法制度・規制:
太陽光発電で急成長したサニックス、業績不振で600人の希望退職者を募集
2012年度から太陽光発電の事業を急拡大してきた環境衛生サービスのサニックスが600人にのぼる希望退職者の募集を開始する事態に陥った。太陽光発電の新規導入が難しくなった九州を中心に西日本の人員削減と店舗の統廃合に踏み切る。市場規模が大きい東日本で巻き返しを図る方針だ。(2015/5/11)

VLSIシンポジウム 2015 プレビュー(4):
回路技術の注目論文〜プロセッサ、メモリ、バイオの最新チップ
今回紹介するのは、高性能プロセッサ、16nm FinFETを適用した連想メモリ、1600万画素の3次元積層CMOSイメージセンサーなどである。プロセッサでは、クロック分配技術や、Intelの「Broadwell」に関する論文について説明があった。(2015/5/8)

自然エネルギー:
太陽光エネルギーを水素で貯蔵、変換効率15.3%を達成
理研は、太陽光エネルギーから水の電気分解により水素を製造し貯蔵するシステムを開発。シンプルな構造で安価なシステムを実現し、エネルギー変換効率15.3%を達成したという。(2015/4/30)

自然エネルギー:
2016年度に次世代燃料電池を市場投入、京セラが事業方針を発表
京セラは2015年3月期(2014年度)の連結決算概要の説明会を開催。その中で太陽光発電事業の方針についても説明し、住宅向け市場の拡大や水上設置型メガソーラー、次世代燃料電池の開発に注力し、事業を拡大していく方針を示した。(2015/4/30)

PR:再生可能エネルギーを加速するLooopの事業、設備認定案件を実現に向けて先導
太陽光発電所を立ち上げるには、さまざまな壁がある。設備認定を受けながら、壁にぶつかって実現に至らない案件に対して、「ワンストップ」のサービスを提供する企業が現れた。Looopは顧客の融資サポートから、法令順守の確認・対応、地域住民への説明に至るまで、事業環境整備に役立つサービスを開始する。発電事業の手助けする他、権利の譲渡も受ける。(2015/4/27)

ビジネスニュース 企業動向:
SMK、フィリピンに新工場開設へ――2015年7月稼働
SMKは2015年7月に、フィリピンで新工場を稼働させると発表した。需要が拡大するリモコンの製造を実施する。(2015/4/22)

エネルギー管理:
「仮想メガソーラー」を支援するクラウド型の太陽光発電所管理サービス
富士通は、遠隔地に分散する小規模太陽光発電を一元で管理できるクラウドサービスの販売を開始した。同サービスは、レオパレス21と進めてきた実証実験の成果を生かしたものだという。(2015/4/22)

蓄電・発電機器:
電力自由化で電気料金が「上がる」、そのとき役立つ太陽光
シャープは2015年4月、住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」の新製品「NQ-220AE」など4モデルを発表した。同社のパワーコンディショナーと組み合わせることで、複雑な屋根形状であっても高い出力を得ることができるという。(2015/4/21)

知財コンサルタントが教える業界事情(20):
ZEV規制から読み解く環境対応自動車の攻防〔後編〕
米国のZEV(Zero Emission Vehicle:無公害車)規制に対する各企業の動向を知財を切り口に読み解く本稿。前編ではトヨタの燃料電池関連特許の無償開放とZEV規制との関連性を紹介しましたが、後編では自動車メーカー各社の動向をさらに掘り下げるとともに、水素インフラ関連企業の動向を取り上げます。(2015/4/21)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
“もはや次世代ではないSiC”など先端アナログパワー技術を訴求――ローム
ロームは、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、千葉・幕張メッセ)で、注力分野の1つである産業機器分野に向けた電源ICやパワーデバイスといったアナログパワー技術の展示を実施する。(2015/4/20)

自然エネルギー:
鹿の放牧地で発電と農業を同時に実現、群馬で出力1.1MWのソーラーシェア
群馬県沼田市で農作物と太陽電池が光を分けて利用する「ソーラーシェアリング」の実現に向けたプロジェクトがスタートした。国際ランド&ディベロップメントが、約4ヘクタールの鹿の放牧地として利用されていた土地に「沼田市利根町太陽光発電所」を建設する。(2015/4/14)

宇宙開発:
ミッション達成の“ミニはやぶさ”「プロキオン」、エンジン停止をどう乗り切るか
東京大学とJAXAが、「はやぶさ2」とともに打ち上げた超小型探査機「PROCYON」(プロキオン)の運用状況を説明した。予定したミッションの大半はクリアしたが、エンジン停止に見舞われている。その打開策は。(2015/4/10)

自然エネルギー:
導入が加速する太陽電池、日本では2030年に100GWまで拡大
太陽光発電協会が、太陽電池の導入に関する現状と今後の導入見込みなどを発表した。日本における累計導入量は2014年9月までに18.6GWに増加し、世界第4位に。将来的な導入量は2020年に66GW、2030年には100GWに届くと試算した。(2015/4/9)

知財コンサルタントが教える業界事情(19):
ZEV規制から読み解く環境対応自動車の攻防〔前編〕
トヨタの燃料電池車(FCV)関連特許無償開放の背景にあるといわれる米国のZEV(Zero Emission Vehicle:無公害車)規制。知財の専門家である筆者が「特許関連情報」と「公開情報」を中心に、技術開発・特許・技術標準などの観点からこれらの動きの背景を考察します。(2015/4/2)

蓄電・発電機器:
大容量蓄電池の「最適解」が分かった、太陽光に役立つ
御船ホールディングスと韓国Samsung SDI、エジソンパワーは、2015年3月、鹿児島県の徳之島に出力2MWの「御船徳之島太陽光発電所」が完成したと発表した。2MWの大型蓄電池を併設したことが特徴。発電所運営の収益を損なわず、系統に与える影響を抑えるよう、蓄電池の量を最適値にできたという。(2015/3/31)

蓄電・発電機器:
太陽光発電の導入場所は増やせる、薄膜タイプの太陽電池を急斜面にも
太陽光発電を中心に再生可能エネルギーの導入を積極的に推進する神奈川県が新たなプロジェクトを開始した。薄くて軽い薄膜タイプの太陽電池を使って、これまでパネルを設置しにくかった場所でも導入できることを示す狙いだ。鉄道沿線の急斜面など4カ所で有効性を実証する。(2015/3/31)

Facebookの「F8」2日目まとめ(Oculus製品版は発表されず)
Facebookの開発者会議「F8 2015」の2日目の基調講演では、期待されていたOculusの製品版HMDは発表されなかったが、ドローンによるネット網計画や人工知能技術の研究成果、iOSアプリ構築フレームワーク「React Native」の発表などがあった。(2015/3/27)

蓄電・発電機器:
パワーコンディショナーを20年守る、一括サービスが登場
オムロン ソーシャルソリューションズとオムロン フィールドエンジニアリングは、2015年3月26日、大容量産業用パワーコンディショナー向けに「20年保守サービス」の提供を開始した。太陽光発電所の停止時間を短縮するために、駆け付け修理も行う。(2015/3/27)

自然エネルギー:
千葉県に30MW級の太陽光発電所、山地でも成り立つ
日揮は2015年3月、千葉県に出力31.211MWの大規模太陽光発電所「鴨川みらいソーラー太陽光発電所」を立ち上げたと発表した。想定年間発電量は一般家庭約9000戸分の年間消費電力量に相当し、千葉県内で2番目に大きなメガソーラーである。(2015/3/25)

組み込み開発ニュース:
まるで“ばんそうこう”、電池不要の薄型ビーコン
富士通研究所が電池交換が不要で曲げ伸ばし可能な薄型ビーコンを開発した。太陽電池を搭載したシリコンベースの試作品は厚さ2.5mm、3グラムで、ばんそうこうのように人体への装着も可能だ。(2015/3/25)

「注文がとれなくなった」シャープの嘆息……再建に立ちはだかった“日の丸連合”との消耗戦
シャープは主力の液晶パネル事業が失速。きっかけは、ジャパンディスプレイがシャープの上得意の小米から受注を獲得するなど巻き返したことだ。日本勢の消耗戦は価格競争を加速させ、背後から迫る中国、台湾メーカーに利することになりかねない。(2015/3/25)

エネルギー管理:
デマンドレスポンスに15分で対応、蓄電池と太陽電池とコージェネを自動制御
住友電気工業は横浜市内の製造拠点に設置した蓄電池、太陽電池、ガスコージェネレーションを組み合わせたシステムを使って、デマンドレスポンスの実証プログラムに取り組んだ。アグリゲータからの指令を受けて、要求どおりの電力量を1時間にわたって自動的に削減することができた。(2015/3/25)

蓄電・発電機器:
太陽光発電の壮大な実験場、南アルプスのふもとで52種類の製品を比較
山梨県の北杜市で太陽光発電の大規模な実証プロジェクトが進んでいる。日照時間の長い地域に52種類の太陽電池を集めて、架台や施工方法を変えながら発電性能や設置コストを比較する試みだ。道路に面した40度の傾斜地ではロボットを使った工法やシート型の太陽電池の有効性も検証する。(2015/3/23)

スマートハウス:
発電・蓄電だけではないゼロエネ住宅、換気や家電制御も
パナホームは2015年4月から、光熱費が負担にならない独自の住宅仕様「ゼロエコ」を適用した戸建住宅を販売する。発電・蓄電と断熱・換気、家電制御の3つの要素を備える。平均的な能力の太陽光発電システムを導入するだけで、ゼロエネルギー化できるよう家全体の仕様を組み合わせた形だ。(2015/3/20)

「なんだか三洋と似てきた?」 “誤算”シャープ、主力行に資本支援要請で迎える重大局面
「三洋と似てきたとよく言われる」――シャープ関係者はこうこぼす。再び経営危機に陥り、金融への依存度が高まるシャープの運命はどこに向かうのだろうか。(2015/3/20)

「電卓の日」を前に電卓を知る(前編):
「計算機」と「小石」の関連は?! 電卓の日を前に電卓の資料館を訪ねてみた
正確に数字を打ち込めば、正確な答えを返してくれる電卓は、事務作業に従事していない人にとっても不可欠なものだろう。いわゆる「計算機」が今のような形になるのにどのような変遷があったのだろうか? 東京理科大学・近代科学資料館でその歴史に触れてきた。(2015/3/19)

蓄電・発電機器:
太陽電池の「コスト半減」、ウエハーを溶けたシリコンから直接製造
韓国Hanwha Q CELLSと米1366 Technologiesは2015年3月5日、高効率で低コストな太陽電池セルを開発するために提携を結んだと発表した。溶融シリコンから直接、連続的に多結晶シリコンウエハーを製造できる手法「Direct Wafer」を改善する。この手法を利用した太陽電池セルの変換効率は最大18%に達している。現在一般的な手法と比較すると、ウエハーの製造コストが半減するという。(2015/3/17)

自然エネルギー:
太陽光で水素を製造する新技術、少ないエネルギーで化学薬品も同時に作る
化石燃料を使わないCO2フリーの水素製造方法が新たに開発された。太陽光のエネルギーで水を電気分解して水素を製造する方法の1種だが、同時に化学薬品も製造できる点が特徴だ。低い電圧で化学反応を起こせるため、太陽光のエネルギーを効率よく化学エネルギーへ変換することができる。(2015/3/16)

自然エネルギー:
日本企業が米国で太陽光発電、280MW規模を建設
ソーラーフロンティアは2015年3月11日、米Gestamp Solarから太陽光発電所の開発案件群を取得することについて最終合意に達したと発表した。2016年末までに全て完成し、完成後は発電所を売却する。(2015/3/12)

センシング技術 無線タグ:
通信距離400m! 電池を入れるだけで動く25mm角のIoT向け無線タグ
東京コスモス電機は2015年3月13日、コイン電池を入れるだけで、すぐに使える無線タグ「TWE-Lite-2525A」(トワイライトニコニコ)を発売する。加速度センサーを備え、モーションモニターや開閉モニター用端末として使用できる。(2015/3/12)

エネルギー管理:
昼間電力を使わない携帯基地局へ、太陽光と蓄電池を利用
NTTドコモは2015年3月6日、携帯電話の基地局が利用する電力について、95%以上を環境負荷が少ない電力で賄う「ダブルパワー制御」に成功したと発表した。群馬県伊勢崎市のグリーン基地局で実現したもの。2015年4月からはグリーン基地局の商用運用を全国11カ所で開始する。(2015/3/12)

蓄電・発電機器:
出力劣化を防ぐ「膜」、設置済み太陽電池も狙う
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、太陽電池モジュールの表面に被膜を形成することで、水分などの侵入を防ぐ技術開発を2件採択した。発電量の低下を抑えて40年間の利用が可能になる、大幅な性能低下を招くPID現象の発生を防ぐといった効果を期待できるとした。(2015/3/11)

Apple Watch発表、警戒か反撃か……国内時計メーカーの反応は?
Appple Watch発表を受け、シチズンやセイコーなど国内メーカー幹部はさまざまな反応をみせている。(2015/3/11)

蓄電・発電機器:
4.86kWで280万円台、270W出力の太陽電池
LIXILは高効率太陽電池モジュール「セテラ」の販売を2015年5月から開始する。単結晶シリコン太陽電池を用いた60セル品の出力は270W。(2015/3/10)

蓄電・発電機器:
太陽電池の新しい姿、熱利用から光透過や高効率まで
シャープは東京で開催された「スマートエネルギーWeek 2015」においてさまざまな太陽電池技術を見せた。開発中の高効率品の他、光の他に熱も利用する「PVサーマルシステム」や、フレキシブルで軽量なことを特徴とするシースルー太陽電池だ。(2015/3/9)

蓄電・発電機器:
高信頼性をうたう蓄電システム、家庭で太陽光と連携
エリーパワーは東京で開催された「スマートエネルギーWeek 2015」において、蓄電システム「POWER iE6 HYBRID」を展示した。容量6.2kWhの蓄電池と、蓄電池用・太陽電池用を兼ねるパワーコンディショナーを組み合わせた製品。内蔵する蓄電池の高信頼性を強調した。(2015/3/9)

医療機器ニュース:
室内光で発電し、音で発熱を知らせる腕章型フレキシブル体温計
東京大学の桜井貴康教授らの研究グループは、室内光で発電し、音で発熱を知らせる、有機集積回路を用いた腕章型フレキシブル体温計を開発した。(2015/3/9)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
USB前夜から振り返りつつ、これから世界を席巻する「USB Type-C」を知ろう
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年3月号を発行しました。Cover Storyは、「これから世界を席巻する!? USB Type-Cを知る」です。2015年半ばから急速に普及すると期待される新しいUSBコネクタ「Type-C」を、これまでのUSBの歴史を振り返りながら紹介しています。その他、これからのSoC設計に関する技術解説記事、「Newニンテンドー3DS LL」の分解記事なども掲載しています。(2015/3/9)

蓄電・発電機器:
2段階で進める独立「水素」電源、コンテナで自由に輸送
東芝は東京で開催された「スマートエネルギーWeek 2015」(2015年2月25日〜27日)において、「水素を用いた自立型エネルギー供給システムH2One」(出力30kW)と、将来構想である「H2Omega」(出力4MW)の内容を展示した。太陽光と水素を組み合わせて独立した安定的なエネルギー源となる。(2015/3/5)

蓄電・発電機器:
太陽電池の出力アップ、網目電極とセルの裏返しで実現
長州産業は東京で開催された「スマートエネルギーWeek 2015」において、高性能な太陽電池モジュールを展示した。特徴は太陽電池セルの表面電極や層構造を一新したこと。波長変換材料と組み合わせた試作品や、より細く品質の高い電極を製造する技術も見せた。(2015/3/5)

自然エネルギー:
板ガラスのシェア9割、時を経て太陽光へ
伊豆半島の採石場跡が出力約2MWの太陽光発電所に生まれ変わった。2008年に採石事業を終了するまで、60年以上役立ってきた約3haの土地を再び有効利用できた形だ。PE-TeRaSが事業主となり、juwi自然電力がEPC(設計・調達・建設)を担当した。(2015/3/5)

パナと明暗……シャープ再び崖っぷち 脱・液晶が裏目、事業整理に遅れ
シャープが再び経営危機に突入した。「液晶一本足」からの脱却のため事業を温存し続けた結果、太陽電池やテレビ事業などの改革が国内を中心に遅れたことが響いた。(2015/3/4)

今期赤字は大幅拡大の公算:
シャープ、1500億円規模の資本支援を主力2行に要請へ
経営再建中のシャープが、主力行のみずほ銀行と三菱東京UFJ銀行に資本支援要請を検討していることが分かった。(2015/3/4)

「シャープが主力2行に資本支援要請」報道 シャープ「当社が発表したものではない」
「シャープは主力取引先の2行に資本支援を要請する方針を固めた」などとと伝えた3月3日付けの一部報道についてシャープは同日、「当社が発表したものではない」と発表した。(2015/3/3)

モノづくり最前線レポート:
“好奇心”が日本のモノづくりを強くする
東洋ビジネスエンジニアリングが開催した年次イベント「MCFrameDay 2015」の特別講演企画であるMONOistスペシャルセッション「ユーザー視点で見た、モノづくりニッポン」では、テクニカルライターの小寺信良氏が登壇し、“メイドインジャパン”の強みについて考察を述べた。(2015/3/2)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。