ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

太陽電池 に関する記事 太陽電池 に関する質問

「太陽電池」最新記事一覧

PR:電力自由化向け新サービス、Looopの強みとは
再生可能エネルギーの普及拡大を狙うLooop。太陽光発電所に必要な部材やサービスを中心に規模を拡大する中、2015年4月からは電力自由化市場向けの新サービスを開始する。太陽光発電所から電力を買取、新電力(PPS)に販売する。事業の狙いや新サービスの内容について聞いた。(2015/2/27)

PR:監視装置だけでは見つからない7割の発電ロス、オムロン フィールドエンジニアリングの強み
太陽光発電事業では初期出力の最大化よりも、20年間の事業収支を最大化することが重要だ。そのためには発電ロスをなるべく抑えなければならない。保守・管理(O&M)サービスが必要な理由だ。監視装置だけに頼るサービスでは発電ロスを十分に防ぐことができない。これがオムロン フィールドエンジニアリングの主張だ。(2015/2/27)

PR:両面ガラスモジュールや電力自由化向け新サービスを展示したLooop
2015年2月25日〜27日に開催中の「スマートエネルギー Week 2014」(東京ビッグサイト)。Looopは高強度・長寿命を特徴とした「両面ガラスモジュール NEXTOUGH(ネクスタフ)」や出力3kWの小形風力などの新製品の他、プレミアム価格で電力を購入する電力自由化市場向けの新サービスを展示した。(2015/2/25)

自然エネルギー:
滑走路脇で2MWの太陽光発電、鳥取県の狙い
鳥取県企業局は再生可能エネルギーを利用した発電所を次々と増やしている。2015年3月には鳥取空港内に建設した出力1.99MWの「鳥取空港太陽光発電所」が運転を開始する。(2015/2/23)

蓄電・発電機器:
海に近いメガソーラーに木製架台、塩害と温度上昇を防ぐ
メガソーラーの建設が相次ぐ熊本県の沿岸地域で、国産の木材を太陽光パネルの架台に採用して設置工事が始まった。木材を使うことで塩害を防止できるうえに、温度の上昇を抑えて発電効率の低下を防ぐ効果も期待できる。発電設備を解体した後の廃棄材はバイオマス発電にも利用可能だ。(2015/2/19)

復調パナ、沈むシャープ横目に“軍資金”4000億円を調達へ……命運握るM&A
パナソニックは4〜12月期連結決算で営業増益を確保し、最終赤字に転落したシャープとは対照的な業績となった。ただ、売上高10兆円目標には遠いのが現状。ギャップを埋めるべく最大4000億円の普通社債を発行し、M&Aなどに投じる。(2015/2/18)

PR:太陽光発電所の運用開始後に売電量を増やす、ニプロンのPVマキシマイザーの魅力とは
太陽光発電所の敷地内には太陽電池を敷き詰めることができなかった土地が余っている。ここに複数の太陽電池モジュールからなるストリングを増設し、発電量を増やすことが可能な製品をニプロンが開発した。「PVマキシマイザー」と呼ぶ。新設した短いストリングの電圧を効率よく高めることで実現する。(2015/2/18)

シャープの誤算……中国で競り負け在庫の山 経営再建「2年目のジンクス」
シャープの経営再建が「2年目のジンクス」に陥ってしまったようだ。今期は当初の黒字予想から一転して赤字転落の見通しに下方修正。高橋社長は、主力取引銀行に“必達”を公約した中期経営計画の撤回を表明した。(2015/2/17)

蓄電・発電機器:
パワコン要らず、太陽光で充電できる5.6KWhの家庭用蓄電池
パナソニックは2015年3月から、家庭用の大容量蓄電池「【住宅用】創蓄連携システム 蓄電容量:5.6kWh」他2製品の受注を開始する。パワーコンディショナーを使わずにパナソニックの太陽電池モジュールと直結して、蓄電できることが特徴。価格は167万円(税別)。(2015/2/16)

誤算:
シャープの経営再建、「2年目のジンクス」に
シャープの経営再建が、「2年目のジンクス」に陥ってしまったようだ。平成26年3月期決算こそ、最終損益は3年ぶりに黒字に転換したが、続く今期は当初の黒字予想から一転して赤字転落の見通しに下方修正した。(2015/2/12)

スマートハウス:
戸建住宅で「ゼロエネルギー」は本当に可能なのか
積水化学工業は2015年2月、太陽光発電システムを搭載した住宅の電力収支について、調査結果を発表した。政府のいうゼロエネルギーを達成した住宅は66%に達している。光熱費では、全調査対象の中央値でも年間1万7000円の黒字だった。(2015/2/12)

省エネ機器:
発電するセンサーからデータ収集、セブン-イレブン2000店舗で10%の省エネ
みずから発電する小型の電流センサーや温度センサーを利用して、店舗やオフィスのエネルギー消費量を削減する取り組みが進んでいる。セブン-イレブンでは2000店舗を対象に約2万個のセンサーを設置して、無線で収集したデータを分析することでエネルギー消費量を10%削減した。(2015/2/12)

ビジネスニュース 業界動向:
半導体ウエハー年間出荷面積、過去最高を更新
SEMIは、2014年の半導体向けシリコンウエハー出荷面積を発表した。2014年の年間出荷面積は全世界で100億9800万平方インチに達し、過去最高となった。2013年に比べると11%の増加である。(2015/2/12)

EE Times Japan Weekly Top10:
ソニー再建に一役買う? CMOSセンサー
EE Times Japanで先週(2015年1月31日〜2月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/2/9)

センシング×住宅:
普通の家に200個のセンサーがあったらどうなるか
築17年。千葉県野田市のリフォーム済み中古住宅。この普通の2階建てに、200個のセンサーがあったら生活はどう変わるか。 LIXILの考える「住生活の未来」の一部が紹介された。(2015/2/5)

センシング技術:
NEDOの考える“本当に使えるセンサー”
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とNMEMS技術研究機構(以下、NMEMS)は2015年2月4日、「グリーンMEMS(微小電気機械システム)センサー」を開発し、同センサーを用いたエネルギーマネジメントシステムの実証実験を行った結果、10%以上の省エネ効果を確認したと発表した。(2015/2/4)

月間記事ランキング――2015年1月:
この時期はやはり気になる、業界関連のランキングが上位に並ぶ
EE Times Japanで2015年1月に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/2/3)

シャープ亀山工場、Apple専属契約見直し 中国向け高精細パネル生産へ
シャープがiPhone用パネルを生産している亀山第1工場で専属契約を見直すことで合意した。シャープは年内にも中国メーカー向けなどに生産を始め、液晶事業の立て直しを図る。(2015/2/3)

ネット有効活用+情報弱者への対応強化も:
気仙沼市が導入した新・災害情報システム、自治体ならではの“次”の考え方
東日本大震災で被災した自治体で、新たな災害情報システムの再構築が進んでいる。宮城県気仙沼市も、2014年9月に新たなシステムを導入。市民への“次”の災害情報システムのあり方を示した。(2015/2/2)

エネルギー管理:
スマートハウス×スマートメーターの効果、東京大学が実験住宅で検証開始
全国の家庭を対象にスマートメーターの設置が始まり、今後は家電機器と連携したエネルギー管理も可能になる。東京大学はキャンパス内の実験住宅に設置したスマートメーターを使って、30分単位の電力使用量のデータをもとにピークカットの効果などを検証する。(2015/2/2)

プリンタブルエレクトロニクス2015:
“発電する窓”の実現へ、透明な有機太陽電池
山形大学は「プリンタブルエレクトロニクス2015」で、透明な有機薄膜太陽電池を展示した。“発電する窓”など、新しい市場を開拓できる可能性がある。(2015/1/30)

自然エネルギー:
インド企業が日本に上陸、太陽光で目指す200MW
インドWaaree Energiesが、日本国内で本格的な太陽光発電所の開発に乗り出す。東京電力管内に44MWのメガソーラーを立ち上げ、2015年内に200MWの開発着手を目指す。(2015/1/29)

自然エネルギー:
福島・小名浜に18MWメガソーラーが完成、沿岸地域で5200世帯分の電力
再生可能エネルギーによる新しい産業の振興を目指す福島県いわき市に、2カ所を合わせて18.4MWのメガソーラーが完成した。三菱グループが小名浜港の周辺で建設を進めてきた「小名浜太陽光プロジェクト」で、太平洋沿岸の日射量を生かしてエネルギーの地産地消を推進する。(2015/1/29)

蓄電・発電機器:
蓄電池内蔵のパワーコンディショナー、停電に強い
GSユアサは、リチウムイオン蓄電池一体型のパワーコンディショナー「パワーソーラーIII」を発表した。災害時の避難所となる拠点に向く製品。停電時には自動的に自立運転へ移行し、太陽電池で蓄電池を充電できる。(2015/1/28)

法制度・規制:
追い風が吹く小水力発電、20kW未満が設置しやすく
土地改良区が管理する農業用水路、排水路に設置する小水力発電設備について、経済産業省が規制を緩和する。20kWという出力と最大使用水量を組み合わせていた規制から、最大使用水量の条件を取り除く形だ。(2015/1/27)

徹底プレビュー「ISSCC2015の歩き方」(12):
将来技術動向編:人類社会の明日に貢献する半導体チップ
今回は、次世代の技術動向を紹介するセッションを見てみよう。風邪をひいたことを検出する腕バンドや、吐く息からがん疾患を発見する小型のガスクロマトグラフィー、磁性体スピンを利用して組み合わせ最適化問題を解く手法などがある。(2015/1/23)

注目製品/蓄電・発電機器:
315W出力が可能な産業用72セル太陽電池モジュール
サンテックパワージャパン、2015年4月発売(2015/1/21)

好調のはずが……シャープ、最終赤字に転落の可能性 液晶パネルの競争激化や円安で
シャープの通期業績が予想を下回る見通し。円安によって白物家電の採算が悪化したほか、液晶パネルで価格競争が進んだことが主な原因。最終損益は赤字に転落する可能性もある。(2015/1/20)

自然エネルギー:
「山の形」の発電所、太陽光で24MW
ハンファQセルズは2015年1月15日、出力24.47MWの大規模太陽光発電所「ハンファソーラーパワー杵築」(大分県杵築市)が運転を開始したと発表した。初期コストを抑え、面積効率を高めるために山の形をそのまま生かした発電所である。(2015/1/20)

海中にホテルやオフィス、海底からレアアース供給――清水建設の“海中未来都市”は実現するか
清水建設の未来都市構想「オーシャンスパイラル」は、海面付近にホテルやオフィス、居住地区を備え、海底のレアアース工場と結ぶというもの。深海を都市基盤に取り込むという斬新なコンセプトで、反響を呼んでいる。(2015/1/19)

スマートハウス:
10棟40戸で太陽光を共有、出力129kW
サンヨーホームズは、10棟40戸からなるタウンハウス「スマeタウン足立竹ノ塚〜芽ぐみの杜〜」を開発、2015年1月に販売を開始した。全棟の屋根に太陽電池を設置、売電収入を各住戸に還元する。(2015/1/16)

自然エネルギー:
屋根に太陽電池を取り付け、両面テープで工期を1カ月短縮
エクソルは、工場や倉庫、スーパーマーケットなどの屋根に太陽電池を素早く設置できるダブル接着工法NAI-X(ナイックス)をセメダインと共同開発し、2015年2月に販売を開始する。屋根に穴を開ける必要がなく、養生期間も不要だ。(2015/1/15)

知財ニュース:
際立つ研究開発力! 2014年米国特許ランク、トップ50のうち18社が日本企業
米国の特許調査企業であるIFI Claims Patent Servicesが発表した、2014年の米国特許取得数ランキングによると、首位は22年連続でIBMが獲得した。3位となったキヤノンが日本企業では最高位。トップ50のうち18社が日本企業となり、19社だった米国企業に次ぐ比率を占めている。(2015/1/14)

2015年の電力メガトレンド(5):
「ネット・ゼロ・エネルギー」が現実に、オフィスビルや住宅にも広がる
節電と発電を組み合わせてエネルギー消費量をゼロにする「ネット・ゼロ・エネルギー」の取り組みが活発だ。政府の補助金の効果もあって、オフィスビルや店舗で実施するケースが増えている。住宅でも最新のスマートハウスに蓄電池を組み込んで、光熱費をゼロ以下に抑える事例が出てきた。(2015/1/9)

「こんなはずじゃなかった」……消滅する三洋の社員、嘆き節 パナ傘下、事業・雇用守れず
「最優先は事業と雇用」と自立再建を断念した三洋だが、主要事業はパナソニックに本体に吸収、もしくは売却され、とうとう社員もいなくなる。(2015/1/8)

蓄電・発電機器:
多結晶シリコン太陽電池で世界記録、高出力324W
中国Trina Solarは2014年12月31日、多結晶シリコンセルを60枚用いた太陽電池モジュールにおいて、出力324.5Wを達成した。同種の太陽電池モジュールとしては世界最高記録だと主張する。2014年に達成した同社の4番目の世界記録となる形だ。(2015/1/8)

ほぼ全域でLTEが利用可能:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――空港で2社が簡単に購入できる「カタール・ドーハ2014年」編
ヨーロッパへの乗り継ぎなどで日本からの訪問者数が増えているというカタールの首都ドーハ。歴史的な建造物と高層ビルが共存し、サハラ砂漠にも近い市街地では、4Gサービスが利用できる。(2015/1/7)

太陽光発電開発戦略(1):
安価な電源を大量導入、その夢をかなえるのか太陽光
太陽光発電の最終目標は、既存の大規模発電所を一部肩代わりすることだ。そのためには固定価格買取制度(FIT)に頼らなくても自立できるよう、さまざまな欠点を解消する必要がある。まずは発電コストの引き下げだ。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が5年ぶりに策定した新しいロードマップ「太陽光発電開発戦略」の内容を紹介する。(2015/1/7)

「こんなはずじゃなかった……」:
4月で消える三洋の社員 口をついて出る、パナ・三井住友・GSへの恨み節
現在7000人いる三洋電機の社員すべてが今年4月にパナソニックへ転籍することになった。合併後、三洋の事業は本体に吸収、あるいは切り売りされ、ついには社員もいなくなってしまう。(2015/1/7)

エネルギー列島2014年版(37)香川:
塩田やため池を発電所に、うどんバイオマスも進展
日本で最も面積の小さい香川県だが、日照時間には恵まれている。限られた土地で太陽光発電を増やすために、瀬戸内海に面した塩田の跡地や、ため池の水上にも発電設備を展開する。全国に知られる讃岐うどんの廃棄物を利用したバイオマス発電も加えて、再生可能エネルギーの導入機運が高まる。(2015/1/6)

スマートハウス:
住宅のエネルギー8割削減、太陽から「熱と電気」をもらう
LIXILは「屋根は資源」であり、屋根から得られるエネルギーで住宅内消費量の多くを賄うことができると考えている。2014年12月には既築戸建住宅の屋根に「高効率太陽熱光ハイブリッドパネル」を設置した実証研究の成果を発表した。冬季の2月に総消費エネルギーの約80%を賄うことができたという。(2014/12/26)

発電・蓄電機器:
CIS薄膜太陽電池を68kW、発電所キットとして発売
Looopは2014年12月、薄膜太陽電池を採用した太陽光発電所用のキット製品「MY発電所キット 68CIS」の販売を開始した。価格は1450万円。太陽電池モジュールの合計出力は68kW。約1240m2の土地に設置が可能なキット製品である。(2014/12/25)

蓄電・発電機器:
太陽電池と蓄電池をセットで貸し出し、新築住宅で15年契約
ONEエネルギーはタマホームと提携し、2015年1月1日から、NECの蓄電池システムと京セラの太陽光発電システムを組み合わせてリース・レンタル方式で提供する。タマホームの新築戸建住宅を購入した顧客が対象。サービスの月額料金は太陽電池の容量によって異なる。(2014/12/25)

EE Times Japan Weekly Top10:
ウェアラブルの主役は、まだ続く
EE Times Japanで先週(2014年12月13〜19日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/12/25)

蓄電・発電機器:
60セル品の出力が300Wを超える、多結晶シリコン太陽電池
中国Jinko Solar Holding(ジンコソーラーホールディング)は多結晶シリコン太陽電池モジュールの出力において、新記録を達成したと発表。60セル品の出力が306.9Wに達した。(2014/12/19)

自然エネルギー:
パワコンを削って収益性向上、熊本の大規模太陽光
双日は2014年12月11日、熊本県にメガソーラー「球磨錦町(くまにしきまち)太陽光発電所」が完成したと発表した。約12.77MWの太陽電池モジュールに対して、パワーコンディショナーの容量を約9MWに抑えた。狙いは収益性の向上だ。(2014/12/17)

エネルギー技術 太陽電池:
“スプレー式太陽電池”、実用化の可能性が高まる
IBM Canadaの研究センターは、あらゆる物の表面に噴霧可能な“スプレー式”太陽電池の開発に取り組んでいる。コロイド状の量子ドットを1成分とするスプレー式太陽電池を実用化できる可能性が出てきた。(2014/12/15)

汎用マイコン1つでセンサー監視からWebサーバ、暗号化まで:
PR:マイコンで実現する高性能ホームサーバと電池レスセンサーによる“Connected Life”
Spansion(スパンション)は、IoT(Internet of Things)実現に向けたさまざまなソリューションの開発に取り組んでいる。このほど、マイコンベースの高性能ホームサーバや電池レス無線センサーを開発し、“Connected Life”を実現するソリューションとして提案を行っている。(2014/12/15)

蓄電・発電機器:
太陽電池「改善せずに」効率向上、40%超
オーストラリアのニューサウスウェールズ大学(UNSW)と同RayGen Resources、Australian Renewable Energy agency(ARENA)は、2014年12月、集光型太陽電池において、変換効率が40.4%に達したと発表した。今回の成果は手法に特徴がある。市販の2種類の太陽電池セルを組み合わせ、光フィルターを用いて性能を高めたからだ。(2014/12/12)

自然エネルギー:
阪神の埋立地を支えた淡路島、30MWの太陽光発電所が再生
寄神建設は2014年12月、子会社を通じて兵庫県淡路市に出力30MWの「淡路貴船太陽光発電所」を立ち上げた。農地や住宅地として使いにくい土地をうまく再生した発電所である。(2014/12/11)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。