ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

太陽電池 に関する記事 太陽電池 に関する質問

「太陽電池」最新記事一覧

自然エネルギー:
斜面に向くアルミ架台、工期半減で施工費浮く
日本軽金属は太陽電池モジュールを傾斜地に設置する際に役立つ架台、傾斜地対応仕様「アルソルメガ」を2014年9月から販売する。15〜30度の傾斜地への設置に向く製品であり、従来品と比較して2割程度のコストダウンを実現したという。(2014/9/19)

自然エネルギー:
Googleが1億4500万ドルを出資、寂れた油井が82MWのメガソーラーに
米SunEdisonは2014年9月、建設中の大規模太陽光発電所「Regulus Solar Plant」に対し、米Googleから1億4500万米ドルの出資を受けたと発表した。面積300万m2、出力82MWの発電所が2014年内にも完成する。(2014/9/19)

自然エネルギー:
太陽光も「ロボ」の時代、空撮自在・異常検知
ALSOKは2014年10月1日から、飛行ロボット(ドローン)を用いた大規模太陽光発電所向けプレサービスを全国で開始すると発表した。撮影や点検に用いる。飛行ロボットを使わないサービスと比較してコスト抑制が可能だという。料金は1回の当たり20〜30万円。(2014/9/17)

自然エネルギー:
出資企業が倒産しても大丈夫、20年間動く太陽光
東洋ケミカル機工は茂原市の市有地を用いた太陽光発電所の運転を2014年8月に開始したと発表。特徴は「倒産隔離」手法を用いて、出資会社と発電事業者を切り離したこと。発電が続く限り、地代や固定資産税の支払いが滞ることがなく、地方自治体にとっても有利な取り組みだという。(2014/9/16)

電力供給サービス:
卸売市場にも燃料電池、非常時に冷蔵庫を動かしたい
大阪府中央卸売市場への大型燃料電池導入が進みそうだ。大阪府は2014年9月、「府有施設を利用した新エネルギー機器等による低炭素・分散型電源導入モデル事業」の実施候補者として、Bloom Energy Japanを選定したと発表した。今後、導入に向けて価格条件などを詰める。(2014/9/12)

スマートハウス:
分譲地がメガソーラーに、20年間の売電額1000万円をうたう住宅
広島建設は住むだけで収入が増える分譲住宅「ヘリオス」の販売を、千葉県印西市の分譲住宅地で開始した。1戸当たり10kW以上の太陽光発電システムを備え、全戸の出力を合わせると約0.9MWにも及ぶ。(2014/9/12)

JR東日本と日立、M2Mネットワーク機器を共同展開
社会インフラ設備の管理・保全を支援するM2Mネットワーク機器を2社で製品化した。(2014/9/10)

自然エネルギー:
草は生えない水は通す、太陽光向け防草シート
大建工業は2014年9月から雑草の成長を抑える防草シート「グラスバスター」の販売を開始した。遮光率が99.9%と高く、透水性があるため、太陽光発電所に向く。1m角の価格は600〜700円。(2014/9/9)

2020年に向けた日本の製造業の方向性――オープン&クローズ戦略に基づく「伸びゆく手」
今後のビジネスは付加価値の高い製品を守りながら、いかに世界中に普及させていくかが重要となる。これを実現するのが、オープン&クローズの知財マネージメント戦略思想である。(2014/9/9)

EE Times Japan Weekly Top10:
この時期はやはり気になる、新型「iPhone」
EE Times Japanで先週(2014年8月30日〜9月5日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/9/8)

自然エネルギー:
蜂の巣が軽さの秘密「太陽電池」、重量半分147W
太陽工業は岐阜プラスチック工業と共同で、屋根への負担が少ない軽量な太陽電池モジュール「T-Light Solar」を開発した。2014年内に発売する。太陽電池モジュールと架台を合わせた重量を、通常の製品と比較して57%に抑えられるという。(2014/9/8)

自然エネルギー:
再生可能エネルギーの拡大に1500億円、経済産業省が概算要求で
経済産業省は2015年度の概算要求の中で、先進的な発電技術や国内の資源開発を促進する予算として3000億円以上を盛り込んだ。そのうち1500億円以上を再生可能エネルギーの拡大に割り当てる。前年度から継続する洋上風力や地熱資源の開発に加えて太陽光発電のコスト低減にも取り組む。(2014/9/8)

自然エネルギー:
これぞ破竹の中国企業、太陽光の世界市場を独占か
調査会社である米NPD Solarbuzzは、全世界の太陽電池モジュールの出荷量に関する調査結果を発表した。2014年第1四半期(1月〜3月)に世界シェア1位だったシャープが、同第2四半期では半減。中国企業は着実に伸びており、世界の上位20社を独占する勢いがあるという。(2014/9/5)

自然エネルギー:
太陽電池の出荷が7割に落ち込む、原因は2つ
太陽光発電協会(JPEA)は2014年9月、国内の太陽電池モジュールの総出荷量などを発表した。2014年4月〜6月は数量が落ち込み、前四半期の72%にとどまった。発表値から読み取ることができる直接の要因は国内生産の減少と、工場や公共機関などへの導入量減。いずれも例年の季節要因を上回る落ち込みであり、消費税増税などの影響が考えられる。(2014/9/3)

自然エネルギー:
昼は発電 夜は星、空港跡地で国内初の太陽光
オリックスと九電工は2014年9月、空港跡地を利用した国内初の太陽光発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始した。滑走路上に太陽電池モジュールを配置し、出力8.2MWを得る。両社は地域貢献策を3つ挙げており、そのうち1つが天文観測所である。(2014/9/3)

自然エネルギー:
個人にも向く太陽光発電所、売電量の最大化を狙う
Looopは、太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をまとめ上げた「MY発電所キット」の新製品を2014年9月に発売する。パワーコンディショナー(PCS)の容量が10kWの製品と同49.5kWの製品があり、総発電量を大きくすることを狙った。PCS容量よりも太陽電池モジュールの量を増やすことで実現する。(2014/9/2)

自然エネルギー:
水面に世界最大「太陽光」、各地に広げ60MW
京セラと東京センチュリーリース、シエル・テール・ジャパンの3社は兵庫県に世界最大規模となる水上設置型メガソーラーを建設すると発表した。EPCとO&M、資金調達、水上架台を3社がそれぞれ担う。(2014/9/2)

へこたれない精神継承 「はやぶさ2」完成
12月の打ち上げを目指す小惑星探査機「はやぶさ2」の機体が完成した。初代はやぶさで不具合が続発した反省から、エンジンやアンテナを改良している。(2014/9/1)

PR:高品質で業界最安値クラス、kW単価20万で建設するメガソーラーの新領域
Looopは出力約1MWの太陽光発電所に必要な部材を集めた「メガソーラーキット1000」を2014年9月に発売する。業界最安値クラスでありながら、高品質な部材を採用したことをうたう。(2014/9/1)

発電・蓄電機器:
1億5800万円でメガソーラーの部材そろう、品質にも注力
Looopは2014年9月から、出力約1MWの太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をセットにした「メガソーラーキット1000」の販売を開始する。1kW当たりの単価が15万6000円と低いことに加えて、品質の高い部材を採用したことが特徴だという。(2014/8/29)

発電・蓄電機器:
角度がきつい太陽光、垂直なのか違うのか
三協立山は太陽電池セルを組み込んだ壁状のエクステリア部材を発売した。目隠しルーバーの一種であり、視線を遮るという本来の目的と、太陽光を吸収するという機能がうまく組み合わさっている。部材の設置角度を工夫することで、垂直に近い配置ながら、最適角度の8割の出力を得られるという。(2014/8/28)

蓄電・発電機器:
ゼロエネを実現するには――太陽光の電力を照明に使う
戸田建設は直流給電装置を利用したゼロエネルギービル(ZEB)の研究を進めている。2014年8月には約半年間の運用実績の結果を発表。太陽光発電システムとLED照明を組み合わせた場合、消費電力を約10%削減できた。(2014/8/27)

自然エネルギー:
太陽光「発電設備」担保に融資、青森で
土地を借り受けてメガソーラーを建設する場合、金融機関に差し入れる担保が課題になる。青森県五所川原市の発電所では「ABL」と呼ばれる手法で、担保を確保した。(2014/8/27)

エネルギー技術 太陽電池:
布状の色素増感型太陽電池を開発――韓国電気研究院
韓国電気研究院(The Korea Electrotechnology Research Institute)は2014年8月、「布状の色素増感型太陽電池」を開発したと発表した。(2014/8/27)

“Ingress仙人”はなぜIngressにハマったのか? 「3週間で4キロ痩せた」そのハマりぶりに密着してきた
とりあえず暑かったです。(2014/8/27)

自然エネルギー:
日本最南端のメガソーラー、離島にどんな課題が?
日建ハウジングは2014年8月、沖縄県の石垣島に出力2MWのメガソーラーが完成したと発表した。ただし、うれしい話ばかりではない。沖縄電力によれば、石垣島に導入可能な容量は約18MWであり、早晩上限値に達するという。(2014/8/25)

自然エネルギー:
太陽電池メーカーが倒産しても大丈夫、保証プランを用意
双日インシュアランスは2014年8月、太陽光発電関連事業者向け保険のソリューションプラン「サンブレラ」の販売を開始した。メーカー保証の喪失に備えることができる他、自然災害や売電収入の機会損失、第三者に対する賠償事故など、顧客の必要に応じて保険の内容を選択できる。(2014/8/21)

自然エネルギー:
太陽光に39億円を協調融資、福島の12MW
東邦銀行は、福島県に建設中の太陽光発電所向けに5億3700万円の融資を実行したと発表した。ユーラスエナジーホールディングスの100%子会社であるユーラス矢吹中島太陽光が立ち上げる出力12MWのメガソーラーに対する融資だ。融資総額は今回実行したものを含めて39億400万円に上る。(2014/8/20)

自然エネルギー:
国内の太陽光発電は2030年に1億kWへ、化石燃料を年間1兆円以上も削減
太陽電池メーカーなどで組織する太陽光発電協会が2030年度までの設置状況を予測した。2013年度末で太陽光発電の規模は累計1400万kWになり、さらに2030年度には7倍の1億kWに拡大する見通しだ。火力発電の減少に伴って化石燃料の輸入額が年間に1兆円以上も削減できる。(2014/8/20)

蓄電・発電機器:
サムスンと組んで国内を制覇か、太陽光発電所+大容量蓄電池
エジソンパワーは太陽光発電所向けに出力2MWのリチウムイオン蓄電池を納入すると発表した。事業用向けの太陽光発電所への導入では国内初の事例だという。なぜ導入するのか、売電収益と投資効率を第一に考える事業用発電所で受け入れられるのだろうか。徳之島の事例を紹介する。(2014/8/14)

自然エネルギー:
発電所の実力を決めるEPCとO&M、福島の12MW太陽光
三菱商事が福島県いわき市で進める「小名浜太陽光プロジェクト」の第1期工事(12.2MW)が2014年8月に完成した。設計・調達・建設(EPC)と管理・運営(O&M)を担当した三菱電機は、現場における施工時間を短縮しながら、長期的な信頼性を高めるさまざまな工夫を凝らしている。(2014/8/13)

ビジネスニュース 業界動向:
2014年4〜6月のウエハー世界出荷、過去最高を更新――2010年7〜9月以来
SEMIは2014年8月11日(米国時間)、2014年4〜6月のシリコンウエハーの世界出荷面積が、2010年7〜9月以来およそ4年ぶりに過去最高を更新したと発表した。(2014/8/12)

EE Times Japan Weekly Top10:
復調の兆し見せるルネサス
EE Times Japanで先週(2014年8月2〜8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2014/8/12)

自然エネルギー:
モジュール高効率化とHEMSを使ったサービスに向かう
ハンファQセルズジャパンは、太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」において、開発中の太陽電池モジュールやHEMSを展示した。太陽電池セルや太陽電池モジュールの製造、販売にとどまらず、HEMSを通じた制御にも乗り出した形だ。(2014/8/12)

蓄電・発電機器:
冷蔵庫の上に置きやすい、800Wで80分使える家庭用蓄電池
日立マクセルは2014年8月、家庭用蓄電池「エナジーステーション タイプC」(容量1.4kWh)の受注を開始する。最小・最軽量の蓄電池であることをうたい、屋内しか設置場所がないユーザーに訴求する。小さいながらも、UPS機能を備え、太陽光発電システムなどと連携できる。(2014/8/12)

自然エネルギー:
管理・運営を重視した太陽光発電所、京都で1.8MW
エクソルは2014年8月、京都府に出力1.8MWのメガソーラーを設置し、運転を開始したと発表した。企画から、設計・調達・建設(EPC)、管理・運営(O&M)まで全て自社で賄う形を採った。(2014/8/8)

PR:必要は発明の母、Looopの「高圧MY発電所キット」と「まもるーぷ」
Looopは、2014年7月30日〜8月1日に東京ビッグサイトで開催された「PVJapan 2014」に出展し、高圧で連系が可能な「高圧MY発電所キット」や新型の架台、運転中の太陽光発電所に必要なサービスを1つにまとめた「まもるーぷ」など新しい製品やサービスを見せた。農地に太陽光発電所の機能を追加する「ソラシェア」や、今後予定する風力発電用のキットの概要も展示した。(2014/8/15)

蓄電・発電機器:
USBポートを10個備える蓄電池、10年使える
エリーパワーは持ち運び可能な蓄電池を2014年9月に発売する。容量は4万8500mAh。個人向けというより、小規模オフィスのニーズに応える製品だ。ACアダプターや太陽電池で充電できる。(2014/8/8)

蓄電・発電機器:
太陽電池を水冷式に、色味も改良
クアトロエジャパンは太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)において「放水冷モジュール」を展示した。温度低下による変換効率向上と、汚れの防止を狙う。青みがめだたない多結晶シリコン品も見せた。(2014/8/7)

いじめられる「液晶」部門、黒字転換で緩む「シャープ」 取引先からは「再び暗黒時代か」と懸念
経営再建中のシャープで、主力の液晶パネル事業を巨額赤字の元凶となった戦犯として断罪する風潮が蔓延している。本社が事業に介入することも少なくなく、取引業者には「本社が無理な値下げや納入中止を指示した暗黒時代に逆戻りか」と警戒感が広がり始めた。(2014/8/7)

蓄電・発電機器:
モジュール間にはめ込んで異常を検知、太陽光発電所向け
太陽誘電は太陽光発電所向けの遠隔監視システムを太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)で展示した。配線工事を必要とせず、ストリング単位で電流と電圧を検知できることが特徴だ。(2014/8/6)

蓄電・発電機器:
「窒化ガリウム」で高性能、それでも安価な家庭用パワコン
安川電機では「PV Japan 2014」で、GaN(窒化ガリウム)パワー半導体を採用した家庭用屋内設置向けのパワーコンディショナーを展示した。世界でもいち早くGaNを採用したという「名」よりも、高効率で安価な主力製品としての「実」をとる。(2014/8/6)

蓄電・発電機器:
「こだま」を使って故障を発見、太陽光の遠隔監視・保守サービス
NECネッツエスアイは太陽光発電システムの遠隔監視・保守サービスを2014年9月から開始する。「SOKODES」と呼ぶ装置を発電所の接続箱内に装着し、断線(故障)位置を正確に検出することが特徴だ。(2014/8/5)

自然エネルギー:
アルミ架台で縦横無尽、農業用や追尾用も
茂山組は太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)において、太陽光発電システム用のアルミニウム製架台を複数見せた。農地用架台や追尾式架台などがあり、さまざまな工夫を凝らしていた。(2014/8/5)

蓄電・発電機器:
シリコン系で最高水準をうたう、効率96.5%の小型パワコン
デルタ電子は屋外設置が可能な太陽光発電システム用パワーコンディショナー「RPI Hシリーズ」を2014年7月に発売した。4.0kWから5.9kWまで出力の異なる4モデルがある。回路技術を工夫することで、シリコン系パワー半導体を用いながら変換効率を高めたことが特徴。(2014/8/4)

エネルギー技術 太陽電池:
光電変換効率を向上、強相関太陽電池の実現に期待
理化学研究所と東京大学は、光の照射によって相移転を起こす強相関電子系酸化物と半導体を接合した太陽電池を試作するとともに、その接合界面の近いところで相競合状態を誘起することに成功し、磁場によって太陽電池の光電変換効率を向上させることが可能であることを発見した。(2014/8/4)

自然エネルギー:
有機物の薄い膜で太陽電池、東芝が効率9.9%
東芝は2014年7月、開発中の有機薄膜太陽電池の性能が9.9%に達したと発表した。5cm角の太陽電池モジュールであり、同社によれば世界最高記録だという。同時に1cm角の単層太陽電池セルでは変換効率11.2%を達成している。(2014/8/4)

エネルギーハーベスト導入時の必須課題:
PR:Easy DesignSimを活用した「エネルギーバジェット計算」の手引き
エネルギーハーベスティングを利用した電池レス機器を設計する上で、重要になるのが「エネルギーバジェット計算」だ。ここでは、エネルギーバジェット計算が手軽に行えるオンラインツールを使って、エネルギーバジェット計算の“コツ”を紹介する。(2014/8/4)

蓄電・発電機器:
性能を高め、使いやすくするには何が必要? 基本に立ち返ったSiCパワコン
三菱電機は2014年11月以降に順次発売を開始する住宅用パワーコンディショナーを「PV Japan 2014」で展示した。高性能な半導体である「SiC」を採用したモデルが注目を集めていたが、それ以外にも多数の工夫が凝らされていた。(2014/8/1)

初めから分かる一括受電(3):
「まとまる」「つながる」ことで生まれる、顧客志向のプラットフォーム
電気料金以外の負担がなく、マンションの共用部や各家庭の電気料金が削減できる一括受電サービス。今回は一括受電サービスを含めたこれからのマンション向けサービスの可能性について解説する。(2014/8/1)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

9月19日発売の次世代iPhone。より大型の「iPhone 6 Plus」と同時展開となる。iWatchと呼ばれていた腕時計型端末「Apple Watch」も発表されたが、Appleのビジネス的には、Apple Watchも絡めたモバイル決済サービス「Apple Pay」の今後の展開にも注目したい。