ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「高橋誠」最新記事一覧

「通信」と「ユーザー」を中心にワクワクを提供し続ける――KDDI・高橋新社長就任会見
4月1日、KDDIの新社長に高橋誠氏が就任した。4月5日に行われた就任記者会見の模様をお伝えする。(2018/4/5)

「通信とライフデザインの融合」 KDDI高橋新社長はキャッシュレス、AR/VRに意欲
KDDIの新社長、高橋誠氏は「通信とライフデザインの融合」の方針へ舵を切る。通信事業を軸に、キャッシュレス、AR/VRなど体験を重視したサービスを提供し、顧客を取り込む。(2018/4/5)

サッカー本田選手とタッグも:
KDDIが提案する「ワクワク」とは? 高橋新社長が就任会見で語ったこと
4月1日付でKDDIの新社長に就任した高橋誠氏が会見を開催。「KDDIを“ワクワクを提案し続ける会社”にしたい」と決意を語った。サッカーの本田圭佑選手とタッグを組んだ新施策なども相次いで発表した。(2018/4/5)

高橋氏は「リスクがあっても前に進める力を持っている」 KDDI社長交代の舞台裏
2018年4月から、高橋誠氏はKDDIの社長に就任する。現社長の田中氏は、なぜ次期社長に高橋氏を任命したのか。また高橋氏は、社長になってどう指揮を執っていくのか。(2018/2/1)

“田中プロ”退任で高橋社長体制へ:
KDDI、4〜12月期は増収増益 金融事業など好調で“新体制”へ弾み
KDDIの17年4〜12月期は増収増益だった。金融・保険事業など「ライフデザイン事業」が好調だった。田中孝司社長が4月1日付で退任し、高橋誠副社長が社長に就く新体制に向けて弾みをつけた。(2018/1/31)

「ライフデザイン企業への変革」がテーマ:
【一問一答】社長交代のKDDI 田中・高橋両氏が明かす、それぞれの思い
KDDIが、田中孝司社長が代表取締役会長に就任し、後任に高橋誠副社長が昇格する4月1日付人事を発表。記者会見では両氏が報道陣からの質疑応答に応じ、それぞれの思いを語った。(2018/1/31)

KDDI、田中社長が退任 高橋誠氏が新社長に
KDDIが社長交代。田中孝司氏が退任し、後任は高橋誠氏に。高橋氏は主にコンテンツ事業や新規事業を担い、直近では経営戦略本部長として、田中社長を支えてきた。(2018/1/31)

石川温のスマホ業界新聞:
CAとWiMAX2+で9月のMNPが絶好調なKDDI━━CSでの「iPhoneを探す」機能追加で安心安全ブランドを狙う
なくしたiPhoneをGPSを利用して探せるサービスを提供すると発表したKDDIと米Lookout社。記者会見の囲み取材で、同社の高橋誠専務に詳細を聞いた。(2014/10/10)

“ラッキー”が30分に1回 お得感が増したKDDIの「auスマートパス」戦略
KDDIのスマホ/タブレット向けサービス「auスマートパス」。今回の拡充では、配信クーポンの増加や百貨店や旅行代理店とのコラボなど、物販・ECとの連携が強化された。その狙いをKDDI高橋氏が説明した。(2013/10/25)

PR:ユーザー目線で新時代を先取り auが目指す「スマートパスポート構想」の狙いとは?
KDDIが新時代に向けて踏み出した第一歩。それがマルチデバイス、マルチネットワーク、マルチユースを掲げる「3M戦略」だ。その第1弾となる「スマートパスポート構想」とはどのようなものか。そしてどのような狙いがあるのか。KDDI 代表取締役 執行役員専務 新規事業統括本部長の高橋誠氏に聞いた。(2012/3/13)

「auスマートパス」3月1日開始 各種サービスとの連携もスタート
KDDIが3月1日、アプリ取り放題やクラウドストレージ、クーポン・ポイントサービス、セキュリティサービスなどを月額390円で提供する「auスマートパス」を開始。サービス開始を記念したセレモニーには、高橋誠専務と剛力彩芽さんが登場した。(2012/3/1)

オルタナティブな生き方 高橋誠さん:
チャンスの生かし方
クイズ常連優勝者からアイドル雑誌の編集者へ、その後米国に渡り出版プロデュースや映画配給を手掛ける――そんな激動の人生を、オルタナティブ・ブログ「点をつなぐ」筆者の高橋誠さんは、偶然訪れたチャンスを生かしてきただけだと言う。(2011/11/8)

ジブリに「ネット使う決意」させたKDDI 「コクリコ坂から」でタイアップ
「インターネットと距離を置いてきた」というスタジオジブリが、新作「コクリコ坂から」でKDDIとともにキャンペーンを展開する。発表会で、KDDIの高橋専務とスタジオジブリの鈴木プロデューサーが思いを語った。(2011/6/22)

スタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」×KDDI キャンペーン発表会
スタジオジブリ最新作「コクリコ坂から」とKDDIのキャンペーン発表会を生中継する。スタジオジブリの鈴木敏夫代表やKDDIの高橋誠専務が登壇し、キャンペーン内容はもちろん、映画の制作秘話も語る。手嶌葵さんによる主題歌「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」の生歌披露も。配信は6月22日13時30分〜6月22日14時30分。(2011/6/21)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
自分が変えられること、できることに焦点を絞る
「人は多様な存在だと理解する」「感情は受け止め、思考をコントロールする」。何が正しいのか分からなくて不安になったときに持つと便利な視点や考え方を、オルタナティブ・ブロガー高橋誠氏が伝授します。(2011/3/28)

携帯電話オープン化時代、新たなキャリアの在り方とは――KDDI 高橋氏に聞く
コンシューマー市場の飽和、スマートフォンの台頭などにより携帯電話市場は変革期を迎えており、新たな成長領域の創出が通信キャリアの重要課題となっている。新時代に突入した携帯電話市場で通信キャリアが果たすべき役割について、KDDI グループ戦略統括本部長の高橋誠氏に聞いた。(2010/7/12)

読書専用端末も開発中――KDDI、電子書籍4社連合参画の狙いは
ソニー、凸版印刷、朝日新聞とともに、電子書籍配信に向けた新会社を設立するKDDI。発表会に登壇したKDDIの高橋氏は参画の狙いについて利用者層の拡大を挙げ、電子書籍専用端末を自社で開発中であることを明らかにした。(2010/5/27)

KDDI高橋氏、田中氏が代表取締役に、ウィルコム久保田前社長は退任
2010年3月期の決算が各社から発表されるのに合わせ、役員の新任や異動が多くなる4月下旬。KDDIでは高橋誠氏や田中孝司氏らが代表取締役に昇格する人事などが発表された。一方ウィルコムは、管財人代理の久保田幸雄氏の退任を発表した。(2010/4/23)

神尾寿のMobile+Views:
「後追いauから、先行くauへ」――高橋誠氏に聞く、KDDIの“次の一手”(後編)
携帯電話市場は変革期にさしかかり、インフラの高速化やユーザーニーズの多様化、端末の高機能化を考慮した新たなビジネスモデルの構築が急務となっている。夏モデルで“先行くau”を目指すというKDDIは、2009年をどんな戦略的位置づけとし、今後10年をどんなビジョンで戦うのか。取締役執行役員の高橋誠氏に聞いた。(2009/6/1)

神尾寿のMobile+Views:
「後追いauから、先行くauへ」――高橋誠氏に聞く、KDDIの“次の一手”(前編)
失われた“auらしさ”を取り戻すべく、ライフスタイルケータイ戦略を打ち出してきたKDDI。同社で取締役執行役員を務める高橋誠氏は、戦略の軸を“キャッチアップ”から次のフェーズにシフトするとし、夏商戦の端末とサービスで“一歩先行くau”を目指す考えだ。(2009/5/25)

「自分の部屋で」「PCレスで」「安価に」楽しめる――KDDI 高橋誠氏が話す「au BOX」の狙い
LISMOを使いたいのに、自分専用のPCがない、PCはあるが使い方が分からない、テレビでLISMO Videoが見たい――。こうした多くのau携帯ユーザーの声に応える形でKDDIが発表したのが「au BOX」だ。ストレートなネーミングで使いやすさ、楽しさを訴求する。(2008/9/26)

“ケータイで、もっと”に応える端末とサービスを――auの秋冬モデル
検索をもっと簡単に、情報をもっと手軽に、音楽をもっと持ち歩きたい――。auの秋冬モデルは、こんなユーザーの“ケータイをもっと便利に使いたい”という声に応えることを目指したとKDDI コンシューマ事業統括本部長の高橋誠氏は説明する。(2007/10/17)

「総務省に言われて始めるわけではない」──au買い方セレクトに込めたKDDI高橋氏の意図
KDDIが「新しい携帯の買い方の提案」だとする「au買い方セレクト」は、ユーザーが購入時に初期費用を安くするか、毎月の利用料金を安くするかを選べる新しい端末の販売方法だ。KDDIの高橋誠氏は「以前から用意していたもの」だと胸を張る。(2007/10/5)

INFOBAR 2は「au design projectの集大成」──KDDIの高橋誠氏
コンセプトモデルそのままのデザインに、ワンセグやおサイフケータイ、音楽プレーヤーなどのトレンド機能を搭載した「INFOBAR 2」。KDDIの高橋誠氏はデザインと技術の両面で、妥協のない最適なバランスの端末に仕上がったと胸を張る。(2007/9/26)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第7回 KDDI 高橋誠氏──純増数でソフトバンクに抜かれ、スイッチが入った
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末を語る鼎談企画。第7回はKDDI 執行役員 コンシューマ事業統轄本部長の高橋誠氏に、端末のプラットフォーム化やモバイルコマース、auの今後を聞いた。(2007/8/14)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第6回 KDDI 高橋誠氏──携帯の使い方を変えるGoogleとの連携
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末を語る鼎談企画。第6回は引き続きKDDI 執行役員 コンシューマ事業統轄本部長の高橋誠氏に話を聞いていく。(2007/8/10)

「au one」で、固定/移動の枠をなくしたサービスを──KDDIの高橋氏
9月下旬に、携帯とPCのポータルを統合した「au one」を立ち上げるKDDI。携帯サービスを軸に、固定/移動の枠をなくしたサービスの提供を目指す。(2007/7/30)

au one メールは「一生つきあえる100年メール」──KDDIの高橋氏
Googleとの提携により、Gmailをauのメールサービス「au one メール」として提供するKDDI。同社コンシューマ事業統括部長の高橋誠氏は、EZメールはリアルタイム用途で、au one メールはアーカイブ型の「一生つきあえる100年メール」として利用できると説明する。(2007/7/30)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第5回 KDDI 高橋誠氏──Web 2.0時代の携帯電話サービスとは
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末を語る鼎談企画。第5回はKDDI 執行役員 コンシューマ事業統轄本部長の高橋誠氏に話を聞いた。(2007/7/30)

「誰でも割」で、ドコモやソフトバンクに対抗──KDDIの高橋氏
「ドコモのプランに対応できるのは当然のことながら、ホワイトプランにも対応できる」──。KDDIコンテンツメディア事業本部長の高橋誠氏は、「誰でも割」の導入に自信を見せる。新プランの導入を皮切りに、年末に向けてさまざまな新サービスを発表するという。(2007/7/19)

EZwebにGoogleの検索エンジン──KDDIの真の狙いは?
「『ケータイでググる』を定着させたい」と話すKDDIの高橋誠氏。Googleとの提携により、EZwebでPC用サイトの検索・閲覧ができるようにするKDDIの目的を探ってみた。(2006/5/18)

Interview:
携帯の世界における「世界観」「検索」の意義とは――KDDI高橋誠氏に聞く(後編)
現在、auのコンテンツサービスの中でも伸びているのが、LISMOとeコマース分野だという。他キャリアも取り組んでいる分野だが、その中にはある工夫があり、それが「auらしさ」につながっている。前編に引き続き、高橋氏に話を聞いていこう。(2006/3/29)

Interview:
auの次世代コンテンツメディア戦略――KDDI高橋誠氏に聞く(前編)
定額制料金の定着に裏打ちされて、数々のコンテンツビジネスが好調なau。コンテンツメディアビジネスの今後の方針や、LISMOの狙いなどについて聞いていく。(2006/3/28)

高橋氏「クリエイター向けサービス提供する」〜EZアワード授賞式で
KDDIは「EZアワード3」の授賞式を行った。会場にはKDDI執行役員、コンテンツ・メディア本部長の高橋誠氏も駆けつけ、クリエイター向けサービスの提供を示唆した。(2005/10/31)

BREW 2005 Conference:
KDDI高橋氏が語ったコンテンツ戦略
CDMAネットワークとBREWプラットフォームを活用して、独特のコンテンツ戦略を推し進めるKDDI。高橋誠執行役員が、コンテンツビジネスの現状と、今後の取り組みを話した。(2005/6/3)

mobidec 2004:
コンテンツの“リコメンド”が次のステージ
KDDIのコンテンツ・メディア本部長の高橋誠氏は、今後のコンテンツ戦略は、ユーザーにどうリコメンドしていくかだと話した。定額制の普及を機に、テレビ、ラジオ、雑誌など他メディアもリコメンドの道具として使い、それをきっかけに携帯でコンテンツをダウンロードしてもらう世界を目指す。(2004/8/27)

フルブラウザ搭載してもゲートウェイモデルは崩壊せず〜KDDI高橋氏
「フルブラウザは定額制ならでは。実際に検討している」。携帯向けフルブラウザに積極的なKDDIは、既存のゲートウェイモデルを壊さずにフルブラウザ導入が可能だと見ている。(2004/6/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。