ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出向」最新記事一覧

製造マネジメントニュース:
トヨタの社内EVベンチャー、トップは4代目「プリウス」開発責任者が就任
トヨタ自動車は2016年11月30日、役員の担当変更と人事異動を発表した。同社が電気自動車(EV)の開発を加速するために新設する社内ベンチャー「EV事業企画室」に関わる内容となっている。(2016/11/30)

常見陽平の「若き老害」論:
名言や社訓に洗脳される若き老害たち
「若き老害」――。自分自身も若いのに、後輩や部下をマウンティングする社員を指す。特に顕著なのは「名言」や「武勇伝」などを押しつけるマウンティングである。その実例や背景について考えてみる。(2016/11/18)

「ネコ会議」「カンフーレストラン」など:
“老舗”ネット企業が動画でリブランディング――ジャパンネット銀行の前例なき挑戦
21世紀の幕開けとともに「ネット専業」の看板を掲げてデビューした企業が今、ブランド再生に挑んでいる。年月とともに知名度は上がったが、後発が続々と登場する中、もはやネット専業というだけでは先進的なイメージを訴求できない。どうするのか。(2016/11/17)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
“次の100年の礎”に、ヤンマーのIoT戦略は「B2B2M2C」
ヤンマーは、農機の見守りサービス「SMARTASSIST」や自動運転トラクター「ロボトラ」をはじめ、農機のIoT(モノのインターネット)活用に積極的に取り組んでいる。同社のCIO(最高情報責任者)として、農機のIoT活用をはじめさまざまなIT戦略を推進している矢島孝應氏に話を聞いた。(2016/11/8)

スマートジャパン主催 セミナーレポート:
改正FIT法で対応必須、今後抑えるべき太陽光O&Mのポイントとは
2017年4月1日からFITが生まれ変わる。大きな改正点の1つとして注目されるのが、O&Mの義務化だ。新制度のスタートに向けて、いま何をしなければならないのか。次の一手を模索する太陽光発電業界に向け、スマートジャパンではセミナーを開催した。                   (2016/10/21)

【連載】単品通販、海を渡る 後編:
日本になくて台湾にはあるチャンスとは? 通販ビジネスのブルーオーシャン市場を求めて
台湾は海外進出を考えるEC事業者には有望な地域ですが、日本と事情の異なるところもあります。その点を中心に亞星通(STAR TO ASIA)執行役員の安田和秀氏に話を聞きました。(2016/10/18)

企業に必要な人材がまる分かり
予測的人事で分かる未来のリーダー 「タレントマネジメント」が導く次の人材管理とは
多くの企業は、人材に関してさまざまな問題を抱えている。実際にどのような問題があり、どのように解決すればよいのか。タレントマネジメントソフトベンダーのCEO アダム・ミラー氏に話を聞いた。(2016/10/19)

常見陽平の「若き老害」論:
新卒一括採用が「若き老害」を生み出している
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第3回は新卒一括採用によって「○年入社組の同期」というものを作り出すシステムが、「若き老害」の誕生を助長している……という話。(2016/10/7)

ジョーシス:
コスプレで“コミュ障”を克服した情シス女子、自分を変えるチャレンジ真っ最中 根本歩美さん
コスプレで“コミュ障”を克服、ストレス発散はシューティングゲームで――。自分を変えるチャレンジ真っ最中の情シス女子、根本歩美さんの情シスライフとは?(2016/9/9)

ママさん設計者の「モノづくり放浪記」(4):
すごく硬い金属でもおまかせ! 火花飛び交う放電加工の現場、見たことある?
ファブレスメーカーのママさん設計者が、機械系モノづくりの“生”現場を渡り歩き、ありとあらゆる加工の世界を分かりやすく解説していく連載。今回は放電加工を得意とする金型製作所のノムラを紹介する。(2016/8/26)

常見陽平の「若き老害」論:
なぜ日本人は“世代論”が大好きなのか
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第2回は日本人が大好きな「世代論」「世代闘争」が若き老害を生み出している……という話。(2016/8/25)

新連載・常見陽平の「若き老害」論:
いま職場で“若き老害”が増えている
「老害」の概念が変化してきている。いわば「老害」の「若年化」ともいえる問題だ。この連載では、常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回シリーズで読み解く。(2016/8/9)

情シス“ニュータイプ“の時代:
ビジネスを変えないデータ分析は意味がない 大阪ガス河本氏に聞く、IT部門の役割
データ分析が脚光を浴びる前からその可能性に注目し、着々と結果を出してきた大阪ガス。その立役者がデータサイエンティストの河本薫さんだ。なぜ、大阪ガスの分析チームは結果を出せるのか、社内で頼られる専門家チームになるためにどんな取り組みをしているのか――。同氏に聞いた。(2016/7/27)

自動運転技術 SBドライブ インタビュー:
5Gからドライバー育成まで、ソフトバンクが自動運転でやろうとしていること
「なぜソフトバンクがクルマ?」という社内の疑問の声に対し「自動運転にビジネスチャンスがある」と声を大にして説得したのは、30歳の中堅社員だった。「自動車メーカーやサプライヤとは競合しないが、ソフトバンクグループができることは多い」と語るSBドライブ 社長の佐治友基氏らに話を聞いた。(2016/7/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50歳から自由な生き方を手に入れるポイントとは?
あなたは、何歳まで働くという自由を手にしていますか? 何歳になったら働くのをやめるという自由を持っていますか? 50歳になったら自分の未来を考えてみてほしい。(2016/6/23)

成迫剛志の『ICT幸福論』:
“攻めのIT”ができる情シスになるために(5)
「うちの情シス、ダメで……」という話を耳にした著者が、その処方箋として「デジタルビジネス時代に対応する“攻めのIT”ができる情報システム部門への改革」を考察。第5回は、「パートナーとしてのITベンダー」について整理する。(2016/6/8)

企業ファイナンスの視点:
ITの“現場”を離れて、はじめて見えた景色――吉田優子さん
「ファイナンス」というと経理や会計の分野をイメージしがちだが、外資系の企業でその仕事は、財務戦略や資金調達、事業投資まで多岐にわたる。そんなITとは離れた業務にSEから転身した人がいる。会社の“裏側”を見ると仕事の見え方が変わるのだという。(2016/6/3)

これがデスマーチの実情か……SEが無茶なシステム開発に奮闘する自主制作アニメ「こうしす!」2年越しで「第2話」が公開に
第1話公開から2年の歳月を経て完成。(2016/5/20)

電気自動車:
2030年に走行距離500kmの電気自動車を、NEDOが180億円の新規事業をスタート
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、走行距離500kmの電気自動車を実現可能な車載用蓄電池の開発に着手する。2030年をめどに、リチウムイオン電池よりも高いエネルギー密度500Wh/kgを実現可能な“革新型”蓄電池を自動車に採用できるようにする。自動車メーカーや電池メーカーが実用化に取り組める段階まで電池セルの仕様を明確にする。(2016/5/19)

西田宗千佳のニュース深堀り:
いま各社が動画配信ビジネスに夢中になるワケ
いま、動画配信ビジネスが過熱している――。各企業が動画に乗り出すのはなぜか? キーワードは「スマートフォン」と「若者」だ。(2016/4/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線、JR北海道のH5系電車が2本しか稼働しないワケ
北海道新幹線がらみのビジネスの話題をお伝えしたかったけれど、私の情報力不足のせいかネタが少ない。そこで、今回は鉄道ビジネスの慣例を1つ紹介しよう。鉄道業界で古くから行われている「物々交換」だ。鉄道会社同士で「ある取引」を精算するとき、資金を移動させない方法がある。(2016/3/18)

ワコム超えなるか:
Cintiq使いのプロが見た「iPad Pro」の優秀さと限界
「iPad Pro」と「Apple Pencil」でイラスト仕事は完結するのか? 「Cintiq Companion」ユーザーのイラストレーターが試してみた。(2016/3/13)

CAE事例:
「ないと困るなら、復活させればいい」――本当に役に立つCAEの導入方法とは
CAEの導入効果は意識して示さなければ外部から見えにくい面もある。またともすればツールの導入ばかりに力が入ってしまい、効果の検証が後回しになってしまうこともある。その問題を解決しようと、いったんCAEの専門組織を凍結してしまうという荒療治を行ったのがオムロンだ。(2016/2/17)

CAEイベントリポート:
「とにかく前倒しでCAEやったら何とかなるんちゃうの?」――本当のフロントローディングとは
MONOist主催「CAE カレッジ フロントローディングを実現するための設計者CAEとクラウドの活用」で、オムロン 岡田浩氏は同社における設計者CAEとフロントローディングの考え方や、人材育成体制について語った。(2016/1/22)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
剣の極意から学ぶビジネス規範――ポジティブシンキングで「驚懼疑惑」を克服する
エネルギー分野や運輸・交通分野、都市開発、復興支援、グローバル展開など、日本の未来づくりを支援する日本政策投資銀行。金融力による未来のデザインを支えるIT戦略とは。(2016/1/20)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

メンタルヘルスサポート先進企業に学ぶ:
従業員を“うつ”から守る 富士フイルムのメンタル疾患予防法とは?
福利厚生といった観点だけでなく、経営の観点からも「メンタルヘルス対策」が重要視されるようになった。今回は、3年前からデータを活用したメンタル疾患の予防を行い、堅実に成果を上げている富士フイルムの取り組みを紹介する。(2015/12/16)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
人工知能を備えた「恋人型ロボット」が売れる!
ロボットと人工知能の組合せによる「第四の産業革命」が起こりつつある。この革命を制する国が世界経済を制すると言われる中、日本に大きな勝機をもたらすであろう新商品があるのだ。(2015/12/15)

「東京はサイバーセキュリティ面で最も安全な都市」は本当か?:
カスペルスキーがサイバー犯罪の動向を解説、APTの性質は変わると予測
カスペルスキーは2015年12月10日、サイバー犯罪や標的型攻撃の動向と2016年の予測に関する説明会を開催し、多数の改ざんされたWebサイトが存在している現状やAPTの変化の予測などを解説した。(2015/12/11)

森永卓郎の“白馬の王子”理論:
次のヒット商品は? 1億総「シンデレラコンプレックス」のワナ
10年以上も前から「次に来る新商品のトレンドは何?」とよく聞かれる。断言しよう、そんなものはない。白馬の王子様は来ないのだ。(2015/12/7)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがポイントサービスを拡充して、お得感をアピール――プラスティックカードで「ドコモユーザー」の再認識を狙う
12月1日、「ドコモポイント」が「dポイント」に生まれ変わる。11月11日の発表会後、NTTドコモの加藤社長が報道陣との囲み取材に応じた。(2015/11/20)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「モノ」より「コト」の時代――元気な社員がお客さまを感動させる
横河電機の社内ベンチャー制度から生まれたキューアンドエーは、お客さまの事前期待を超えて感動を分かち合うことを目指している。(2015/11/18)

共通ポイントとしての勝算は:
カード回帰はiPhoneの影響? ドコモ加藤社長への「dポイント」「dカード」質疑応答&囲み取材
ドコモのポイント制度始まって以来の大幅リニューアルとなる「dポイント/dカード」。共通ポイントサービスに参入するドコモ加藤社長に、数多くの質問が飛んだ。(2015/11/12)

就活が大学生活の妨げになる本当の理由
今シーズン、日本経団連が就職活動の開始時期を遅らせたが、うまくいかなかった。また就活スケジュールの変更が議論されるだろうが、何十年も前の就職協定の時代から振り返ってみれば明らかなように、時期をどうにかすれば解決する問題ではないのだ。(2015/10/19)

ベンチャーニュース:
出向制度もオープン化、企業間で人材の“レンタル移籍”ができる新サービス
ローンディールは従来の出向制度を人材育成や企業のイノベーションに創出に活用する企業間レンタル移籍プラットフォーム「LoanDEAL」の提供を開始した。(2015/9/15)

PR:スクープ満載! 週刊文春9月17日号の主なラインアップ
政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載の売り上げNo.1(日本雑誌協会発表)の総合週刊誌、今週の注目記事はこれ!(2015/9/10)

Weekly Access Top10:
さらば、約束の地
東京ビッグサイトを遠くから見ると、神殿みたい、っていつも思います。(2015/8/17)

トップインタビュー:
レノボとNECから学ぶ“賢い”事業統合の進め方
グローバル規模での企業のM&Aが活発だ。だが、異なる組織の統合には課題も多い。そうした中、相次ぐ企業買収により収益を着実に伸ばしているのがレノボ・グループである。事業統合に携わったレノボ・ジャパンの留目社長がその勘所を語った。(2015/6/12)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
あなたに合ったリーダーシップが見つかる! 40のリーダーシップと4つのマネジメントスタイル
優れたマネージャーは部下の成熟度、事業環境、メンバーのスタイルの違いを意識して変わるべき。優秀なプレーヤーから優秀なマネージャーに転換するためには。(2015/6/11)

PR:デジタル時代の匠たち〜目指すはビッグデータ時代の開拓者〜お客さまと共に、新たなビジネス機会を探求するプロたち
移り気で気ままな「個」客はどんなサービスを望んでいるのか、ビジネスの最前線で最適な意思決定を迅速に行うにはどんなデータが必要なのか、膨大かつ多様なデータから新たな価値を導き出すには試行錯誤が欠かせない。顧客に寄り添い、彼らも気がついていないデータの生かし方や洞察を見出し、顧客と一緒に新たなビジネス機会を模索するITのプロたちを追った。(2015/5/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「社長の覚悟」守るべきは社員の自尊心
モノを生み出すのもヒト。カネを増やすのもヒト。会社を生かすも殺すもヒトと組織次第。(2015/5/14)

どうせなら喜ばれるものを:
社員に贈る周年行事の記念品の選び方
10周年、20周年といった、記念すべき節目の年に向けた準備で担当者が頭を悩ませるのが、社員に贈る記念品です。今回は、その賢い選び方について考えます。(2015/5/2)

セキュリティ業界、1440度(14):
エンジニアよ、一次情報の発信者たれ――Black Hat Asia 2015リポート
2015年3月26〜27日に、著名なセキュリティカンファレンスの一つであるBlack Hatのアジア版、「Black Hat Asia 2015」が開催された。その様子と、FFRIが発表したマルウエアのアンチサンドボックス機能を自動解析する研究について紹介しよう。(2015/4/21)

CAEイベントリポート:
あなたが信じるのは解析? 実験? それとも自分の勘?
スポーツ用品メーカーのアシックスと制御機器やヘルスケア製品を提供するオムロンという異業種のCAE推進担当者が、CAE導入の現場を語った。両社で一致したのは、「実験の大切さ」「教育は徒弟制度で」ということだという。(2015/4/22)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(1):
グローバルビジネスに「英語力」が必要なワケ
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されてしまっている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に聞く、グローバルで通用する「生きた英語力」とは? 全3回。(2015/3/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年3月第3週
出版デジタル機構の共通書誌情報システムが話題に。(2015/3/23)

わずか3カ月でグローバルに最適化された環境に刷新:
ニトリの海外成長戦略を担う、「お、ねだん以上。」のクラウドサービス
ローコスト開発と競合他社との差別化という相反するニーズ、そして変化が激しいグローバル市場に対応しながらも継続的に革新していくために──。2032年度までに世界3000店舗の達成を目指すニトリが選んだIT基盤は何か。(2015/2/3)

ホワイトペーパー:
既存PCを生かしたBCP/情報漏えい対策 「USBシンクライアント」という選択
在宅勤務をはじめとする多様なワークスタイルを実践するに当たり、セキュアなサーバアクセス環境構築はIT部門にとって必須だ。しかし、リモートデスクトップやシンクライアントではコストが高くつく。既存PCを生かした「USBシンクライアント」が1つの解となる。(2014/12/12)

SEMICON Japan 2014:
ミニマルファブの導入から保守まで丸ごと支援、横河ソリューションサービス
横河ソリューションサービスは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)で、ミニマルファブ導入準備から、導入後の運用・保守まで総合的に支援するサービスを紹介した。ミニマルファブに関するあらゆる疑問、相談に丸ごと答えていく。(2014/12/5)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(7):
ノーベル賞受賞で考える、技術の成果は誰のもの?
圧倒的技術成果を出したエンジニアが所属企業に求めるべきは、社長表彰、ボーナス、それとも……?(2014/11/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。