ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東芝ライテック」最新記事一覧

LED照明:
NECライティングが蛍光灯の生産を終了、LED照明への置き換え加速へ
NECライティングは2018年3月に蛍光灯器具の生産を終了する。LED照明への置き換えを加速させる方針である。同社の他では、既にパナソニックや東芝ライテックが蛍光灯器具の生産終了を発表している。(2016/9/26)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
ソニーが“照明”を作る理由
ソニーといえば、オーディオ・ビジュアル製品が中心の“クロモノ家電”メーカーだが、最近はシロモノ家電的にも注目したい動きを見せている。それが「マルチファンクションライト」であり、「Life Space UX」の「LED電球スピーカー」や「グラスサウンドスピーカー」だ。(2016/5/16)

蓄電・発電機器:
住宅太陽光の直流電力をそのまま充電、ハイブリッド型の新型蓄電池
東芝ライテックは定置式家庭用蓄電システム「eneGoon(エネグーン)」の新モデルとして、太陽光発電と直流連携できる複合型パワーコンディショナ採用の「ハイブリッド5.0kwh」タイプを2016年7月に発売する。価格は税別265万3000円だ。(2016/4/18)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニーの「マルチファンクションライト」は「つながる家電のプラットフォーム」だ!
AVライター山本敦氏による新連載。初回は、今年ソニーが発表した「マルチファンクションライト」を取り上げる。シーリングライトにスピーカーやマイクなどさまざまな機能を持たせ、スマートフォンと連携する新しいデバイスだ。(2016/3/18)

エアコンやテレビを遠隔操作可能に?:
ソニーの半導体部門が新しく仕掛ける多機能ライト
ソニーは、2016年1月13〜15日に東京ビッグサイトで開催されている「ライティングジャパン」に合わせて、LEDシーリングライトとコントロール機能を持つモジュールを組み合わせたマルチファンクションライトを発表した。(2016/1/15)

テレビやエアコンのリモコンになる照明、ソニーが開発 単体で音楽再生も
赤外線コントローラーやWi-Fi通信機能などを備えた多機能シーリングライトをソニーが開発中だ。テレビやエアコンなど照明と同室にある機器を、スマートフォンから照明経由で操作できる(2016/1/14)

LED照明:
ソニーが照明事業に参入、“ソニーらしい明かり”を模索した3年間
ソニーは照明市場に参入することを発表した。照明の展示会「ライティングジャパン」において、2016年春の発売を目標に開発する「マルチファンクションライト」を披露した。(2016/1/14)

通話や防犯も:
ソニーが提案する多機能シーリングライト「マルチファンクションライト」
ソニーは1月13日、住宅用LEDシーリングライトに独自の機能を付加した「マルチファンクションライト」を発表した。ライトには赤外線発光部、スピーカー、マイク、各種センサーを搭載。3月下旬に発売する予定だ。(2016/1/13)

省エネ機器:
白熱灯に2016年度から省エネトップランナー制度を適用、蛍光灯には言及なし
政府は官民対話の中で省エネ関連政策についての方針を示した。新たに白熱灯に省エネトップランナー制度を適用する他、従来製造業向けに展開してきた同制度を流通・サービス業に拡大するという。一部報道であった蛍光灯についての言及はなかった。(2015/11/27)

電力供給サービス:
HEMSでスマートメーター「Bルート」向けサービスを強化
東芝ライテックは電力会社のスマート電力量メーター情報発信サービス(Bルートサービス)に対応したホームゲートウェイを発売した。また同社のHEMSクラウドサービスでもBルートサービスに対応する「電力の見える化サービス」のリニューアルを行う。(2015/10/2)

LED照明:
電球形蛍光ランプとお別れか、LED電球で置き換え
東芝ライテックが35年間、販売を続けてきた電球形蛍光ランプ。LED電球の新製品6機種を投入することで、主要製品を全て代替できるようになったため、2015年3月末に生産を完了する。最後まで電球形蛍光ランプが残った理由とは。(2015/3/6)

眠りの達人への道:
暖色系の光は睡眠に良い? ホントかどうか試してみた
現代人が望んでやまない「快眠」「熟睡」。睡眠時間の短い筆者もなんとか実現したい。そこで部屋の蛍光灯を赤っぽい色の「電球色」に変えてみた。これが本当に眠くなる!……だが、少々問題が。(2015/2/25)

LED照明:
平等院で平安時代の「色」を再現、LED照明で実現
平成の大改修を終えた平等院鳳凰堂。池を正面に、左右対称の赤い柱が美しい。この鳳凰堂を夜間に照らし出すLED照明が完成した。どのような工夫があるのだろうか。(2014/11/4)

蓄電・発電機器:
1万回充放電できる、容量6.6kWhの家庭用蓄電池
東芝は定置式の家庭用蓄電池「eneGoon(エネグーン)」を改良し、2014年4月に新製品2モデルの出荷を開始する。1万回の充放電後に約90%の容量を維持でき、さまざまな運転モードを選択可能だ。スマホから蓄電池の様子を確認する機能もある。(2014/4/9)

LEDシーリングライトも買い時?——ビックカメラに聞く、この夏の注目製品
夏商戦で賑わう家電量販店。今年の夏はどのような商品が人気を得ているのだろうか。今回は、省エネ照明器具として注目される「LEDシーリングライト」についてリポートしよう。(2013/8/12)

注目製品/LED照明:
HEMSで使用状況を管理できるLEDシーリングライトとダウンライト
東芝ライテック、2013年3月15日発売(2013/3/13)

FEMINITYに追加アイテム:
東芝ライテック、Bluetooth搭載のLEDシーリングライトなどを発売
東芝ライテックは、同社のホームITシステム「FEMINITY」に対応するLEDシーリングライトおよびLEDダウンライトを発表した。「Smart Home Lighting」シリーズ第1弾。(2013/3/5)

LED照明:
調光できるLED照明を電車に採用、消費電力を50〜76%も抑える
首都圏で運行する小田急電鉄が鉄道の車両では初めて、明るさを変えられる「調光」が可能なLED照明を採用する。新型の車両に搭載して3月4日から運転を開始する予定で、従来の蛍光灯と比べて消費電力を50〜76%も削減できる見込みだ。(2013/2/22)

注目製品/LED照明:
電球型蛍光灯の代替に向くLED電球
東芝ライテック、2013年2月20日発売(2013/2/15)

LED照明:
昼間は透明で夜はやさしく光る、新開発の照明を導入したコンビニ
ファミリーマートは開店予定の新店舗に、「透明な板」に見える照明を導入した。光色を変えることができる直管形LEDランプも導入するなど、節電しながら快適な空間を作ろうとしている。(2013/2/13)

窓が店内を照らす? 東芝ライテック、有機EL照明試作機をコンビニに設置
東芝ライテックが次世代型照明器具の試作機を千葉県のファミリーマート新規店舗に設置する。(2013/2/8)

注目製品/LED照明:
横に長く光が広がるメタルハライド代替LED照明
東芝ライテック、2013年1月発売(2013/2/4)

節電に効くシステム(2):
蓄電池:用途と必要な機能を見極め、蓄電容量当たりの価格を評価
短期連載「節電に効くシステム」の第2回では、蓄電池について解説していく。企業で使うことを想定したものを中心に、住宅向けの製品についても解説する。(2013/1/16)

年末年始は切り替えのチャンス!:
蛍光灯より1クラス上を選ぶのが吉、ビックカメラに聞く“LEDシーリングライト”事情
年末の電球編に続き、今回はLEDシーリングライトの売れ筋についてお伝えしよう。前回と同様、「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」に取材し、ビックカメラ全店のランキングとともにLEDシーリングライトの動向について聞いた。(2013/1/7)

年末年始は切り替えのチャンス!:
売れ筋には理由がある、ビックカメラに聞く“LED電球”事情
省電力で注目を集めるLEDライト。この年末商戦ではどのような製品が売れたのだろうか。東京・新宿の「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」を訪ね、LED電球およびLEDシーリングライトの最新動向について聞いた。(2012/12/29)

電気自動車:
全国396カ所にEV用充電器を設置、2012年中に完了
三菱自動車工業は電気工事業者の組合である全日本電気工事業工業組合連合会と協力して、日本全国396カ所に電気自動車用充電器を設置することを明らかにした。設置完了は2012年内の予定。(2012/12/14)

キーワード解説:
家電に通信機能を持たせる「ECHONET Lite(エコーネット・ライト)」
消費電力量に応じて自動的にエアコンの稼働率を制御したり、照明を消灯するといったことができれば、今以上に節電ができるかもしれない。それを可能にするのが「ECHONET Lite(エコーネット・ライト)」という家電向け通信規格だ。(2012/12/7)

LED照明:
天井が高い空間に向くLED照明、既存照明との入れ替えで消費電力を大幅カット
倉庫や工場といった天井が高いところでは、水銀灯やメタルハライドランプといった強い光を放つ照明を使っていることが多い。しかし、強い光を放つ分消費電力もかなりのものだ。東芝ライテックはこのような照明を代替するLED照明を発売する。(2012/11/14)

東芝ライテックが「LEDシーリングライト」11機種を発表、5年間の長期保証もスタート
東芝ライテックから「LEDシーリングライト」の新ラインアップ11機種が登場。同時に、新製品および従来製品の計165機種に対する5年保証サービスを開始する。(2012/10/17)

LED照明:
色を自然に見せるボール型LED電球
LEDに限らず、照明の種類によってはその光が照らした物体の色が不自然に見えることがある。東芝ライテックは物の色を自然に見せるLED電球を発売する。外形70mmのボール形とすることで、ボール型白熱電球の代替を狙う。(2012/10/11)

LED照明:
LED電球を導入する前に気を付けたい7つのポイント
既存電球のLED電球への入れ替えは、最も簡単に実行できて、大きな効果を期待できる節電対策だ。LED電球の価格下落も進み、LED電球に移行する人が増えている。しかし、LED電球の導入にはまだ注意すべき点がいくつかある。1つずつ紹介しよう。(2012/9/20)

エネルギー管理:
エアコンなどの制御も可能、ECHONET Liteで家電と通信するHEMS
家電向け通信プロトコル「ECHONET Lite」は事実上の業界標準プロトコルとなっているが、ECHONET Liteを利用して通信する製品はまだ少ない。パナソニック エコソリューションズ社は、ECHONET Liteで家電と通信し、家電を制御するHEMSを発売する。(2012/9/12)

蓄電・発電機器:
家庭用としては最大級、出力3000Wの据え置き型蓄電池
据え置き型蓄電池の性能を評価するとき、最も気になるのは蓄電容量だ。しかし、蓄電容量と同じくらい大切な要素がある。それは最大出力だ。この値が大きいと、同時に多くの家電製品を使えるからだ。東芝ライテックは家庭用製品としては最大級の出力を誇る製品を発売する。(2012/9/11)

東芝ライテック、広配光角の「LED電球ミニクリプトン形 5.6W 光が広がるタイプ」2機種
東芝ライテックのLED電球「E−CORE」(イー・コア)シリーズに、高輝度かつ広配光な「LED電球ミニクリプトン形 5.6W 光が広がるタイプ」2機種が追加された。断熱材施工器具や密閉形器具にも対応する。(2012/9/3)

我慢しないLED照明選び(6):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜シチュエーション別ランキング
今回は特集の締めくくりとして、今まで紹介してきた大光量/全方向タイプのLED電球をランキング形式で紹介しよう。シチュエーション別にランキングをまとめたので、これを参考に自分の用途に合わせて最適なLED電球を選んでほしい。(2012/8/17)

我慢しないLED照明選び(5):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜パナソニック「LDA11L-G/W」編〜
今回紹介するパナソニックの「LDA11L-G/W」は、7月下旬に発売されたばかりの新製品。今回は、全方向タイプではないタイプの新製品とも比較してみよう。(2012/8/16)

我慢しないLED照明選び(4):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜日立アプライアンス「LDA11L-G-A」編〜
今回紹介するのは日立アプライアンスの「LDA11L-G-A」。軽量・コンパクトながらも全光束810ルーメンの明るさを実現しており、密閉器具にも対応したLED電球だ。(2012/8/15)

我慢しないLED照明選び(3):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜三菱電機オスラム「LDA11L-G/D」編〜
今回紹介するのは三菱電機オスラムの「LDA11L-G/D」。他社にはないユニークなデザインで、約330度という広い配光角を実現しta。密閉器具や調光器具にも使用可能で、幅広いシチュエーションで使えそうだ。(2012/8/14)

我慢しないLED照明選び(2):
大光量/全方向タイプの最新モデルを徹底比較!〜東芝ライテック“E-CORE”「LDA11L-G」編〜
全方向タイプLED電球特集の第1回は、東芝ライテックの「LDA11L-G」だ。スペック上の配光角は約260度と、同社の従来品(LDA9L)が約120度なのに比べると2倍以上になる。(2012/8/13)

我慢しないLED照明選び――2012年夏
節電をしない人に理由を聞くと、上位には「面倒だと思うから」「我慢するのが嫌だから」といった意見が並ぶ。しかし、LED照明なら手間は器具を買ってきて取り換えるだけ。近年の性能アップにより不満のないレベルに達している。(2012/8/10)

我慢しないLED照明選び(1):
LEDシーリングライトの売れ筋は? ビックカメラ新宿店西口店に聞く
家電量販店で次第に売り場面積を拡大しているLEDシーリングライト。節電や長寿命といったメリットに加え、調光や調色、間接照明付きなど、個性豊かな製品も登場している。(2012/8/10)

LED照明:
蛍光灯より明るく消費電力は約34%節約、Hf32形代替の一体型LED照明
通常の蛍光灯よりも強く光るHf管の代替となる直管形LEDランプを、東芝ライテックやパナソニック エコソリューションズ社が発表している。日立アプライアンスはHf32形蛍光灯2本よりも明るく、消費電力を節約できる一体型LED照明を発売する。(2012/8/1)

LED照明:
蛍光灯との入れ替えで約27%節電、Hf32形代替の直管形LEDランプ
蛍光灯をLEDランプに入れ替えて節電を図ろうとする企業が増えているが、通常の蛍光灯よりも明るく光るHf管の代替となる直管形LEDランプは少なかった。パナソニック エコソリューションズ社はHf32形蛍光灯の代替となる直管形LEDランプを発売する。(2012/7/30)

LED照明:
価格低下と明るさ向上が進む直管形LED、最新製品徹底比較
空調機器とは異なり、照明をLEDに入れ替えることによる節電効果は夏だけでなく、1年中期待できる。本稿では、多くのオフィスが使用している40形蛍光灯を直管形LEDランプに置き換えることを想定し、各社が発売している直管形LEDランプの特長を紹介していく。(2012/7/30)

LED照明:
調光による節電効果をリモコンに表示、自動調光機能も備えるLED照明
既存照明のLEDへの切り替えは、節電に大きな効果を発揮する。ただし、取り替えるだけでは効果を十分に引き出せない、周囲の明るさに応じてこまめに光の強さを変える(調光)ことで、節電効果をより大きなものにできる。東芝ライテックは、調光による節電効果をリモコンに表示するLED天井照明を発売する。(2012/7/13)

LED照明:
国を挙げて省エネ照明へ切り替え、白熱電球の製造・出荷は年内に終了へ
政府は照明機器のメーカーや販売店に対して、2012年内にLED照明など省エネ性に優れた製品への切り替えを促進し、白熱電球の製造・出荷を終了するよう、協力を要請した。これにより家庭のほか店舗やオフィスでもLED照明の普及が一気に進む可能性が大きくなった。(2012/6/13)

エネルギー管理:
水道、ガスなどの利用量も計測するHEMS、計測器はECHONET Liteでデータを送信
家庭における消費電力量を計測し、ユーザーに意識させて節電を促す機器であるHEMSが各社から登場している。東芝は、家電向け通信プロトコルECHONET Liteに対応する機器を利用したHEMSを提供する。(2012/5/31)

製品ディレクトリ/LED照明:
白熱電球とほぼ同じように光が広がるLED電球
東芝ライテック、2012年5月25日発売(2012/5/17)

LED照明:
LED照明の導入効果と注意点 第3回 「機器選定と導入」
企業におけるLED照明導入の効果を注意点を解説する連載の第3回。直管形LED照明を導入すると決め、機器を選定するときに注意したい口金の問題について解説する。導入時には、以前と同じ光環境を再現しようとする人が多いが、まったく違うもう1つの考え方を紹介する。(2012/4/20)

補助金:
HEMS補助金の対象製品第1弾が明らかに、4月19日から申請受付開始
政府は、住宅向け電力管理システムを導入する個人に補助金を支給する。家庭で電力を効率良く使用し、無駄をなくすためのシステムの普及を促すことを狙っている。対象製品の第1弾として、6社の11製品が選ばれた。(2012/4/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。