ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VAIO Phone」最新記事一覧

IIJmio、月額1880円〜の「コミコミプラン」をトライアルで開始 その狙いは?
IIJが、MVNOサービス「IIJmio」向けに、端末代、通信料、通話定額の3つをセットにした「コミコミセット」を提供する。1年目を中心に通信料と通話定額の月額料金を割り引く。テストマーケティングとして、3カ月限定でオンラインのみで提供する。(2017/8/23)

VAIO Phoneは「悩み」、新PCは「近いうち」――VAIO新社長語る
VAIOの代表取締役社長に就任した吉田秀俊氏は、PCの事業戦略で「中国市場への参入」とVAIO PCのブランドイメージを語った。(2017/8/1)

ITライフch:
コスパよし!質感よし!シンプルが魅力の「VAIO Phone A」を使ってみた
VAIOの名前がつく3台目のスマホとなる「VAIO Phone A」。これまでは、ひと癖もふた癖もあったVAIO Phoneが「ちゃんと使える」モデルになったのか? VAIO Phone Aを1週間ほど使用した感想をお伝えします。(2017/6/16)

ゲームやSNSがカウントフリーに 新MVNOサービス「LinksMate」登場 月額1500円〜
LogicLinksが、ドコモ回線を使用した新しいMVNOサービス「LinksMate」を7月1日から提供する。正式サービスに先立ち、公式サイトで先行会員登録を受け付けている。ゲームを中心とするコンテンツの通信量の90%をカウントフリーにする。(2017/5/1)

Mobile Weekly Top10:
MVNOサービスの通信速度について/ドコモ新料金プランの弱点
MVNOサービスの通信速度について、「スピードテストの結果と快適さが合致しない」という指摘があります。実際のところ、どうなのでしょうか……?(2017/5/1)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
なぜAndroid? 約2万5000円という安さの秘密は? 「VAIO Phone A」インタビュー
「VAIO Phone A」の発売から約1年がたった後に、Android版の「VAIO Phone A」を発売したVAIO。DSDSやVoLTEに対応しながら、約2万5000円という安さを実現。このタイミングでAndroid版を投入する狙いや、安さの秘密を開発陣に聞いた。(2017/4/25)

「縛り一切なし」をうたうFREETELの999円プラン、端末価格で3年間の“実質縛り”
「月額999円」をうたうフリーテルのプラン。実は端末価格が定価の2倍以上などの罠が──。(2017/4/18)

BIGLOBEスマホに「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」「VAIO Phone A」が登場
ビッグローブは、格安SIMサービス「BIGLOBE SIM」のセット端末「BIGLOBEスマホ」にASUS製「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」、VAIO製「VAIO Phone A」を追加。また、端末申し込み時に利用できる3000円キャッシュバッククーポンも提供する。(2017/4/12)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
トリニティ星川社長が語る「NuAns NEO [Reloaded]」 Android採用の理由、おサイフケータイ搭載の苦労
Windows 10 Mobileを搭載した「NuAns NEO」の後継機「NuAns NEO [Reloaded]」が登場。デザインは初代と同じだが、OSをAndroidに変更し、防水やおサイフケータイにも対応。生まれ変わった新モデルの狙いを、トリニティの星川社長に聞いた。(2017/4/10)

nuroモバイルが「VAIO Phone A」を取り扱い チャージ料金など一部手数料も改定
ソニーネットワークコミュニケーションズのMVNOサービス「nuroモバイル」が、「VAIO Phone A」の取り扱いを開始した。また、合わせてnuroモバイルのサービス内容も一部改訂された。(2017/4/7)

FREETELの「スマートコミコミ+」で他社端末が選択可能に まずは5機種
FREETELは端末、通信料、10分間の電話かけ放題がセットになったプラン「スマートコミコミ+」において、他社のスマートフォンを端末として選択できるようになる。(2017/4/6)

IIJ、「Moto G5 Plus」「VAIO Phone A」を販売開始
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、Motorola製「Moto G5 Plus」とVAIO製「VAIO Phone A」の2機種をラインアップに追加。新規申込者にAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも行う。(2017/3/30)

Android搭載「VAIO Phone A」受注スタート 予定3日前倒し
30日からの予定を3日前倒しした。(2017/3/27)

VAIO、Androidスマートフォン「VAIO Phone A」の受注を3日早め本日より開始
VAIOは、Android 6.0搭載スマートフォン「VAIO Phone A」の受注開始を発表した。事前告知より3日早めての開始となる。(2017/3/27)

Android搭載「VAIO Phone A」登場 デュアルSIM、ドコモVoLTE対応
2つの異なる電話番号で待ち受けできるデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応した。(2017/3/22)

VAIO、Android 6.0搭載の「VAIO Phone A」を4月7日発売 「VoLTE」「DSDS」対応で2万円台半ば
VAIOが独自開発のAndroidスマートフォンを発売する。ハードウェアの仕様は「VAIO Phone Biz」と同等だが、新たにVoLTEによる高音質通話とLTE/W-CDMAネットワーク上でのDual SIM Dual Standby(DSDS)に対応した。(2017/3/22)

「格安SIMにしたいのにできない人たち」が抱える悩み
(2017/1/24)

Mobile Weekly Top10:
格安SIM・スマホも行き着く先は「安心」?/6年ぶりのタフネスケータイ
いわゆる「格安SIM」「格安スマホ」は、言葉としては市民権を得た印象があります。しかし、実際に使うとなると、思わぬハードルがたくさんありそうです。(2017/1/17)

ITオンチな母が“得体の知れない”格安SIMを受け入れた理由
(2017/1/15)

ITオンチな母が「スマホのアプリを全部消したい」と言ったワケ
(2017/1/12)

VAIO、法人向け専用サイトをオープン――直販限定モデルの販売を開始
VAIOが法人顧客専用Webサイトを開設。法人向けモデルの販売などを開始した。(2016/12/8)

VAIO、ロゴ入りのVAIO S11/VAIO Phone Biz用レザーケース
VAIOは、buzzhouse design製となるVAIOロゴ入りオリジナルケースの取り使いを発表した。(2016/10/27)

一括648円の驚安スマホ「MONO」は買いなのか?
購入サポートを付けると一括648円という驚きの安さを実現したドコモの「MONO MO-01J」。安いだけでなく品質や性能にもこだわったという。実際の使い心地をチェックした。(2016/10/21)

日本通信、月額500円(税別)の「通話3分定額オプション」提供開始――3分以内の国内通話が1日50回まで無料に
日本通信は、10月6日に月額500円(税別)の「通話3分定額オプション」を提供開始。3分以内の国内通話が1日50回まで無料となる。(2016/10/6)

PR:なぜ今、「SIMカード入りWindows端末」がビジネスシーンを変えつつあるのか
Windows 10を搭載したPCやタブレット、スマートフォンが市場で注目を集めている。企業はこの流れをどう捉え、どのように対応すべきなのか。NTTドコモと日本マイクロソフト、ジェナの3社が語り合った。(2016/9/26)

Anniversary Updateを適用した「MADOSMA Q601」のContinuumとNFCに不具合 解消は9月の予定
Windows 10 Mobileにも「Anniversary Update」が登場した。しかし、これをマウスコンピューターの「MADOSMA Q601」に適用するとContinuum機能とNFC機能に問題が発生することが判明した。(2016/8/23)

石野純也のMobile Eye(8月8日〜19日):
日本通信はなぜ個人向けMVNO事業を手放すのか
日本通信が、個人向けMVNO事業をU-NEXTへ譲渡する。この事業継承は、日本通信がMVNEに専念する戦略の一環で行われたもの。事業譲渡をすることになった背景は? またU-NEXT側にはどんなメリットがあるのだろうか?(2016/8/20)

石川温のスマホ業界新聞:
MVNOの先駆者・日本通信が個人向け格安SIMカード事業から撤退――VAIO Phoneでキャリア型ビジネスへの転換を狙うも失敗か
日本のMVNOの先駆者である日本通信が、U-NEXTと「提携」し、個人向けMVNO事業から事実上撤退することが明らかになった。この歴史的な出来事は、レッドオーシャン化が進む「格安SIM」の先行きを示唆するものとなるかもしれない。(2016/8/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
失速するWindows 10 Mobileは生き残れるのか?
日本ではサードパーティー製品の元気がいい「Windows 10 Mobileスマホ」だが、世界的には苦戦が続いている。MicrosoftはWindows 10 Mobileを諦めてしまうのだろうか。(2016/8/10)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
気になるContinuumや発熱は? 「MADOSMA Q601」レビュー
6型大画面と金属ボディーに生まれ変わった新しい「MADOSMA」。大きくなったことで使い勝手はどう変わったのか。発熱や無線Continuumなど、気になる点をチェックした。(2016/8/9)

大人の工場見学:
“AIBO”が尻尾を立てて出迎える“VAIO”の安曇野工場に潜入 設立2周年で同社が目指すものとは?
VAIOが設立から2周年を迎えた。2015年度に打ち立てた「自立」と「発展」はどうなったのか、そして2016年度はどこへ向かうのか。VAIO本社でもある安曇野工場から見えてきたものとは。(2016/7/25)

発売1週間前レビュー:
Windows 10 Mobile×大画面――「MADOSMA Q601」の気になるところを先取りチェック!
マウスコンピューターの「MADOSMA」に大画面のファブレットモデルが登場する。発売前だが、ほぼ製品版と同等のバージョンを試す機会があったので、さっそくレビューする。(2016/7/21)

Windows 10 Mobile搭載スマホを購入するには?
(2016/7/11)

BIGLOBEスマホに「P9 lite」「VAIO Phone Biz」など4機種が追加
ビッグローブは、アシストパックで月額530円(税別)になる「Liquid Z330」やWindows 10 Mobileを搭載した法人向けモデル「VAIO Phone Biz」など4機種のBIGLOBEスマホを提供開始した。(2016/6/9)

Enterprise IT Kaleidoscope:
VAIO PhoneでWindows 10 Mobileのビジネス向け機能を試してみた
Windows 10 Mobileはビジネス向けの機能を備えている。今回はVAIO Phone Bizを使って「Continuum for Phone」機能を試した様子をレポートしてみたい。(2016/6/6)

Enterprise IT Kaleidoscope:
低シェアのWindows 10 Mobile、ビジネス利用で大化けするのか
市場シェアの低いWindows 10 Mobileは、個人ユーザーの間に広まるとは考えにくいが、逆にその状況が企業ユーザーの心を掴んで大化けするだろう。その理由を示してみたい。(2016/6/2)

TechTargetジャパン会員限定サービス
読者感謝キャンペーン! 「VAIO Phone Biz」プレゼント
(2016/5/16)

超短焦点小型プロジェクター「LSPX-P1」とフォトストレージ「おもいでばこ」を組み合わせたら「最強フォトアルバム」が完成した
品薄で入手困難なソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」をバッファローのフォトストレージ「おもいでばこ」と組み合わせてみたら、思いもよらない感動体験ができました。(2016/5/15)

ESEC2016:
MCUやセンサーを自由に入れ替え、100円玉サイズの超小型IoTモジュール
マクニカがESEC2016の同社ブースにて、MCUやセンサー、無線を自由に入れ替えできる100円玉サイズの「IoTワンパックモジュール」を展示した。2016年秋の製品化を目指す。(2016/5/12)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
世界で失速するWindows 10 Mobile、日本市場の「熱気」は伝わるか
Windows 10 Mobile市場をリードするべきMicrosoftの「Lumia」シリーズが苦戦中。米国では最上位機種を購入するともう1台もらえるという前代未聞のキャンペーンも始まった。(2016/4/28)

スマートフォンがPCに“変身”
Windows 10 Mobileの注目機能「Continuum」に期待し過ぎる人々
スマートフォンは誕生以来、大きな進化を遂げてきた。電子メールやワープロ、動画の撮影に編集。多くのモバイルユーザーは「こうした端末がもうすぐPCに取って代われる!」と期待する……が。(2016/4/23)

発売記念レビュー:
ビジネスだけではなくプライベートも“加速”する?――「VAIO Phone Biz」の注目機能をチェック
VAIO自ら手がけたスマートフォン「VAIO Phone Biz」が、まもなく出荷開始となる。「ビジネスを加速させるスマートフォン」は、ビジネス以外のパーソナルな面も“加速”できるのだろうか。(2016/4/22)

VAIOストアでVAIO Phone Biz専用アクセサリーを発売――送料無料キャンペーンも
VAIOは、VAIOストアで「VAIO Phone Biz」専用アクセサリーを販売開始。保護フィルム/ガラスやプライバシーフィルターを取り扱い、発売を記念した送料無料キャンペーンも行う。(2016/4/20)

VAIO Phone Bizの破損・水ぬれを最大2年間保証するサポートを提供開始
VAIOは、VAIOストアで販売した「VAIO Phone Biz」へ、メーカー保証に加えて破損・水ぬれなどの一部・全損を保証する「VAIOストア スマートフォンあんしんサポート」を提供開始した。(2016/4/13)

データ移行やLINE設定も店頭で――ピーシーデポ、MVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供
ピーシーデポが、4月29日に新たなMVNOサービス「JUST PRICE FON」を提供する。月額料金にはスマホの端末代、通信料金、サポート料金が含まれており、利用できるプランは端末によって異なる。店頭でのみ申し込みを受け付ける。(2016/4/12)

SIM通:
「VAIO Phone Biz」受注開始!最速入手日は4月22日
Window 10 Mobileを搭載したSIMフリースマホ「VAIO Phone Biz」の予約が開始された。VAIO STOREでの参考価格は54,800円となっている。(2016/4/12)

Continuum機能がアダプターなしで利用可能に(Windows 10最新プレビューで)
Windows 10マシンがあれば、NuAns NEOなどのContinuumがMiracastアダプターなしで使えるようになるかもしれない。(2016/4/7)

楽天モバイル、W10M搭載「VAIO Phone Biz」の取り扱い開始 「VAIO S11」も
楽天モバイルは、4月4日にSIMロックフリーのスマートフォン「VAIO Phone Biz」とモバイル向けPC「VAIO S11」の取り扱いを開始した。出荷とMNPの受付、SIMカードとのセット販売は4月22日から行う。(2016/4/4)

「VAIO Phone Biz」購入予定の人も注意
「Windows 10スマホは超小型PCとして使える」は“都市伝説”だった?
「NuAns NEO」「VAIO Phone Biz」など、UI変換機能「Continuum」を備えた「Windows 10 Mobile」スマートフォンが国内でも登場し始めた。ただしスマートフォンをPCとして使おうと考えている人は注意が必要だ。(2016/3/26)

VAIO、Windows 10 mobileスマホ「VAIO Phone Biz」の受注受付を開始
VAIOは、Windows 10 mobile搭載SIMフリースマートフォン「VAIO Phone Biz」の個人顧客向け受注受付を開始する。(2016/3/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。