ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音声通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音声通信」に関する情報が集まったページです。

通話の明瞭性に新たな課題
音声通話の再発明、「Alexa」などの音声アシスタントは企業に何を突きつけるか
仮想アシスタントデバイスやアプリケーションを使えば簡単で便利に電話がかけられる。だが音声の品質に関して問題が生じる可能性もある。(2018/7/15)

スマートスピーカーが“ゴール”とは限らない? ヤフーが考えるこれからの音声技術の勝負どころ
音声アシスタントや音声エージェントサービスなど、私たちにとって身近な存在になった音声サービス。それはどんな技術で作られ、どんな風に進化しようとしているのか。音声技術を積極的に開発しているというヤフーに聞いてみた。(2018/5/25)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー:
PR:1台でスマート会議室を実現、画面共有も楽々のWeb会議専用デバイスとは?
働き方改革の後押しもあり需要が増すWeb会議だが、足を運ばずやりとりできる反面、準備の手間や音声品質の低さから生産性が落ちる場合もある。こうした問題を解決し、Web会議の効率化を実現する専用デバイスの魅力に迫る。(2018/5/25)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
1台でスマート会議室を実現、画面共有も楽々のWeb会議専用デバイスとは?
働き方改革の後押しもあり需要が増すWeb会議だが、足を運ばずやりとりできる反面、準備の手間や音声品質の低さから生産性が落ちる場合もある。こうした問題を解決し、Web会議の効率化を実現する専用デバイスの魅力に迫る。(2018/5/25)

「5」「5Z」はDSDV対応:
ASUSの新しい「ZenFone 5」ファミリーが日本上陸 「5」「5Z」「5Q」を順次発売
「Mobile World Congress 2018」に合わせて台湾ASUSが発表した「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」「ZenFone 5Q」が、日本でも販売されることになった。いずれもドコモ、au、Y!mobile(ソフトバンク)音声通話に対応し、5/5Zは「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby)」も可能だ。【写真追加】(2018/5/15)

イオンモバイル、音声通話プランの基本料金半額キャンペーンを実施
イオンモバイルは、音声通話プランの月額基本料金が8月分まで半額になる「音声通話プラン月額基本料金半額キャンペーン」を実施。対象は4月27日〜6月4日に新規申込したユーザー。「イオンでんわ10分かけ放題」初月無料キャンペーンも行う。(2018/5/1)

NXP ECNRソリューション:
ハンズフリー通話向け車載ECNRソリューション
NXPセミコンダクターズは、ハンズフリー通話向けの車載「ECNRソリューション」を発表した。通話により発生するエコーや車内外からのノイズを低減し、通信の音声品質を向上する。同社のチップセットに移行可能で、実装も容易だ。(2018/4/10)

「Microsoft Teams」「Cisco Spark」とは別の道を選ぶ
Slackが「音声通話」「ビデオ通話」機能をあえて強化しない理由
MicrosoftやCisco Systemsなどとの競争が激しさを増しているものの、チームコラボレーション市場で依然として支持を集めるSlack。その競争力の源泉に迫る。(2018/4/6)

音声サービス領域でLibalent、ビービットと業務提携:
電通デジタル、企業の対話型音声サービス構築支援へ「Voice Experience Innovation」を提供開始
電通デジタルは、Libalentおよびビービットと業務提携し、対話型音声サービスの開発を支援する「Voice Experience Innovation」を提供開始した。(2018/3/19)

リンクス、iPhone Xにも対応したiOS専用の通話録音デバイス「Call Recorder X」発売
リンクスインターナショナルは、iOS専用の通話録音デバイス「Call Recorder X」を発売。音声通話や各種アプリでの会話を録音可能で、音声ファイルのテキスト変換機能も備えている。(2018/3/6)

「重大な事故」に該当:
約67万人に影響――2月19日の「ソフトバンク」「Y!mobile」音声通話障害
ソフトバンクが、2月19日に発生したソフトバンク携帯電話・固定電話とY!mobile携帯電話・PHSにおける通信障害に関する詳細を発生した。約67万人の契約者に影響があったという。(2018/2/22)

BIGLOBEモバイルで「iPhone 6s」「iPhone SE」販売開始
ビッグローブは、MVNOサービス「BIGLOBEモバイル」で「iPhone 6s」「iPhone SE」を販売開始。まずはau回線の「タイプA」で提供し、利用料金は音声通話付き6ギガバイトプラン/特典適用時で2800円(税別)から。(2017/11/17)

ゲオ、音声SIMを1円で販売する「UQデビューキャンペーン」実施
ゲオは、通常3000円(税別)の音声通話対応SIMエントリーパッケージを1円で販売する「UQデビューキャンペーン」を実施。一部店舗では、音声通話対応SIMの契約と対象スマートフォンをセット価格で販売する。(2017/11/15)

【お知らせ】:
Amazon AlexaでITmedia ビジネスオンラインの最新記事を
Amazonの音声サービス「Amazon Alexa」に、ITmedia ビジネスオンラインが記事コンテンツを提供します。(2017/11/8)

日本通信、ソフトバンクのiPhoneで使える月額990円(税別)〜の音声SIMを発売
日本通信は、11月2日にソフトバンクのSIMロックiPhoneで使える「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」を提供開始。利用料金は音声通話とデータ通信1GBまで月額990円(税別)で、5分以内の国内音声通話がかけ放題になる「5分通話かけ放題オプション」も利用できる。(2017/10/31)

Amazonのクラウド音声サービス「Alexa」とスマートスピーカー「Echo」、年内に日本上陸
サードパーティーがAlexa対応製品を開発するためのキットも展開。(2017/10/2)

招待制で購入可能:
「Amazon Alexa」「Amazon Echo」年内に上陸へ
AmazonのAI音声サービスの「Amazon Alexa」とスマートスピーカー「Amazon Echo」が年内に日本展開する。(2017/10/2)

DTI SIM、国内通話が10分かけ放題の「おとくコール10」提供開始
DTI SIMの新たな音声通話オプションとして、月額820円(税別)で国内通話が10分かけ放題となる「おとくコール10」が登場。1回10分以内の国内通話を回数無制限で利用できる。(2017/9/14)

日本通信、ソフトバンクiPhoneで使える音声通話SIMを発売 1GB 月額2450円〜
日本通信は、8月16日からSIMロックを解除せずにソフトバンクのiPhoneで使える音声通話付き格安SIM「b-mobile S スマホ電話SIM」を提供開始。併せて「スマホ電話SIM【ソフトバンクiPhone専用】コールセンター」を新設する。(2017/8/9)

日本通信、ソフトバンク回線を使った「音声SIM」を8月16日に発売 「iPhone向け」から
日本通信のソフトバンク回線を使ったSIMカードに、音声通話対応のものが加わる。詳細については別途発表の予定だ。(2017/8/1)

ソフトバンクのSIMロックiPhoneに音声通話付き格安SIM提供 日本通信
ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhone向けの音声通話付き格安SIMカードの提供を、日本通信が始める。(2017/8/1)

シーラス・ロジック CRD1569-1:
音響調整済のAmazon「Alexa」開発キット
シーラス・ロジックがAmazon「Alexa」音声サービス(AVS)用開発キット「Voice Capture Development Kit for Amazon AVS」を発表した。音響調整と実証が済んでおり、短時間でのAVS対応製品開発が可能だ。(2017/7/26)

通話を録音できるiOS専用の外部ストレージ「Call Recorder」
リンクスインターナショナルは、iOS専用の外部ストレージ「Call Recorder」を発売。キャリアの音声通話や各種アプリの通話を録音でき、専用アプリでは再生をはじめメールやSNSなどでのシェアも可能だ。(2017/7/18)

「HUAWEI P10 lite」にソフトウェア更新 「au VoLTE」に対応
ファーウェイの「P10 lite」にソフトウェア更新が配信された。適用すると「au VoLTE」を使った音声通話に対応する。(2017/7/11)

ゲオ、中古iPhone 5sが4800円(税別)になるキャンペーン
ゲオは、中古のiPhone 5sと格安SIMパッケージ「ゲオ×OCN SIM」の音声通信プランを同時購入すると端末代金が4800円(税別)になるキャンペーンを実施。全国77店舗で6月30日まで行う。(2017/6/27)

スマモバ、Y!mobile回線を利用した音声通話プラン「スマモバ(Y)」提供開始
スマートモバイルコミュニケーションズの格安SIMブランド「スマモバ」は、Y!mobile回線を使用した音声通話プラン「スマモバ(Y)」を提供開始。併せて新規契約者のデータ容量を2倍にするキャンペーンも行う。(2017/5/2)

ルネサス PLC音声通信ソリューション:
既存の電力線を活用する音声通信ソリューション
ルネサス エレクトロニクスは、音声通信とデータ通信を既存電力線網に統合する「PLC(電力線通信)音声通信ソリューション」を発表した。音声送信時の優先制御により、安定した音声品質を提供する。(2017/4/25)

カーナビにAI技術を活用:
AIが「対話」で道案内 ドコモとゼンリンが新サービス
NTTドコモなど3社が、人工知能を活用したカーナビ用音声サービスを発表。(2017/4/14)

IP電話、モバイル、音声チャットでは気にならない
置き去りにされたビジネスの“音質”問題――音声通話はもはや主役ではない?
音声コミュニケーションは、音質が重要な要件の1つだった。しかし、コンシューマー市場の変化によってその要件が変わりつつある。(2017/3/30)

SIM通:
音声通話も格安の時代に!「OCNでんわ」をNifMoが導入へ
NTTコミュニケーションズは、ドコモ回線を用いたMVNO各社に向け、自社の音声通話サービス「OCNでんわ」の卸提供を行うと発表した。すでにニフティのMVNO「NifMo」で導入が予定されている。(2017/3/2)

イオンモバイル、5分かけ放題サービスや1周年記念キャンペーンを開始
イオンモバイルで、音声通話が5分かけ放題になるサービスが登場。プレフィックス番号を加える専用アプリを使う。MVNOサービス開始1周年を記念したキャンペーンも行う。(2017/2/16)

スマホの月間通信量は50%以上が3GB以下――MM総研の調査結果
MM総研は、フィーチャーフォン、スマートフォン、MVNO利用者に対するアンケート調査を実施。月額利用料金と音声通話・データ通信サービスの利用実態についての結果を発表した。(2017/2/16)

LINEモバイルが「春の新生活応援キャンペーン」を開催 音声SIMを新規契約すると月額基本料金が最大3カ月間無料に
LINEモバイルが、音声通話SIMの新規契約者を対象とする「春の新生活応援キャンペーン」を実施する。2月1日から3月31日までに新規契約した人は、6月・7月利用分の月額基本料金が無料となる。(2017/2/9)

高まる認知度 高まる音声SIM比率――2016年のMVNOサービスの動向を振り返る
「音声通話プラン」の比率が高まりが大きなトピックだった2016年のMVNOサービス。その動向をMMD研究所の調査報告とともに振り返ってみよう。(2017/1/24)

SIM通:
格安SIMは家族で使う時代 エキサイトモバイルの利用者アンケートで判明
エキサイト株式会社は、同社の音声通話SIM利用者にアンケート調査を実施し、結果を発表した。全回答者の63%が、契約時に3枚以上のSIMを申し込んだとし、そのうち69%が本人と家族、あるいは本人以外が利用していると回答している。(2016/12/27)

NTTレゾナント、DSDS対応の「gooのスマホ g07」を発売 SIMカード付きで直販価格1万9800円
NTTレゾナントが販売する「gooのスマホ」の第7弾が登場する。gooのスマホとしては初めて「DSDS(Dual SIM Dual Standby)」に対応し、2枚のSIMカードで同時に音声通話・SMSの待受ができるようになっている。(2016/12/14)

イオンモバイル、「AQUOSケータイ SH-N01」12月11日発売 通話料半額サービスも
イオンモバイルは、12月11日に折りたたみ式のSIMロックフリーフィーチャーフォン「AQUOSケータイ SH-N01を発売。通話料が半額となる音声通話サービスも開始する。(2016/12/7)

提供開始は2017年3月:
「mineo」に5分間通話定額が登場 月額850円で回数無制限
ケイ・オプティコムの「mineo」の音声通話プラン用オプションに、2017年3月から「5分かけ放題サービス」が追加される。月額850円で、5分以内の国内通話を回数無制限で定額利用できる。(2016/12/7)

複数枚のSIM利用者は6割、定額料金への不満も――エキサイトモバイル利用者のアンケート調査
エキサイトは、音声通話対応の格安SIM「エキサイトモバイル」利用者を対象としたアンケート調査結果を発表。6割が複数枚のSIMを活用し、そのうち7割は家族で利用。従量課金プラン利用者の根底には定額料金体系に対する不満があることが伺えた。(2016/12/7)

SIM通:
楽天モバイル、Viberで格安音声通話「050データSIMプラン」を発表
楽天モバイルは、新たな格安SIMサービス「050データSIM powered by Viber」を発表した。楽天グループのメッセージングアプリ「Viber」と連携し、050から始まるIP電話番号を提供する。(2016/9/16)

ゼロから分かる格安SIM:
PR:第16回 ターボOFFでも快適、通話もお得に使える――格安SIM「OCN モバイル ONE」の魅力に迫る
格安SIMサービスの中でも特に人気を集めている「OCN モバイル ONE」。9月から「バースト転送」も提供しており、ターボOFFでもより快適に利用できる。日次と月次のプランや、音声通話をお得に使えるオプションなど、きめ細かなサービス設計が魅力だ。(提供:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社)(2016/9/12)

SIM通:
ロケットモバイル、国内通話10分300回まで無料のプレミアムプラン
エコノミカルは、新たに音声通話サービスとして「ロケモバプレミアム Suppoted by U-mobile」の受付を8月29日より開始。基本使用料に、他キャリアや固定電話へ10分以内の国内通話300回分の通話料が含まれている。(2016/9/6)

格安SIM定点観測:
Y!mobile対抗の「イチキュッパ」「イチパッパ」 購入済み端末に対する端末保証も登場――2016年6月・7月音声通話編
6月・7月の音声SIMでは、Y!mobileの「ワンキュッパ」に対抗するMVNOサービスや、端末を既に持っている人や中古端末を購入した人向けの保証サービスなど注目だ。(2016/9/5)

エキサイトモバイル、ウィルス対策やフィルタリングなどを利用できる「モバイルオプション」提供開始
音声通話対応の格安SIM「エキサイトモバイル」で、ウィルス対策やフィルタリングサービスなどを利用できる月額サービス「モバイルオプション」を提供開始。各オプションの1ライセンス目を最大2カ月間無料で試せる。(2016/9/1)

国内通話料金が当面無料:
楽天モバイル、SMS付きデータSIMに「050番号」を付与 料金据え置きで音声通話にも対応
楽天モバイルが、SMS付きデータSIMをリニューアルし、IP電話を使った音声通話に対応する。通話時に必ず050番号を通知できることが大きな強みだ。(2016/9/1)

ZenFone 2 Laserが一括9800円に――NifMoの音声SIM+端末保証サービス付きパック
ニフティは、MVNOサービス「NifMo」でスマートフォン「ZenFone 2 Laser」と音声通話対応SIM、端末保証サービス「NifMo あんしん保証」をセットにした「ZenFone 2 Laserあんしんパック」を提供開始。本パックでは端末を9800円(税別)で購入できる。(2016/8/22)

SIM通:
IIJmio、待望のプレフィックス「通話定額」サービスを発表
IIJは、格安SIM「IIJmio」において、国内の音声通話が定額で利用できる「通話定額オプション」の申し込みを開始。9月1日からの提供を予定している。1回に3分以内または5分以内の通話がかけ放題になる2種類のプランが用意されている。(2016/8/17)

予定より3日遅れ:
ASUS、「ZenFone Go」のau VoLTE対応アップデートを順次開始
配信手続き上の不手際から延期していたZenFone Goのソフトウェア更新が、8月8日から始まった。適用することで「au VoLTE」を使った音声通話に対応する。(2016/8/8)

格安SIM Q&A:
ドコモのVoLTEスマホ×格安SIMでVoLTE通話するにはSIMロックを解除しないとダメですか?
ドコモのVoLTE対応Androidスマホを、音声通話対応の格安SIMで使おうと思っています。この場合、SIMロックを解除しないとVoLTE通話できないのでしょうか?(2016/8/5)

「若者」「女性」にも広がり始めた格安SIM――2016年上半期のMVNOサービスの動向を振り返る
従来は「40代男性」「データプラン」を中心に普及してきたMVNOサービスだが、女性ユーザーの増加、音声通話プランの契約者増加など変化が出てきた。「タスクフォース」後は、どのような状況になったのだろうか。(2016/7/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。