ニュース
» 2009年11月11日 15時16分 UPDATE

ウィルコム、PHS+3.5G対応のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」発表

PHSとW-CDMAのハイブリッドな通信機能を備えたスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」が登場。2010年1月に発売する。OSにはWindows Mobile 6.5を採用した。

[田中聡,ITmedia]

 ウィルコムは11月11日、シャープ製の新たなスマートフォン「HYBRID W-ZERO3(WS027SH)」を発表。2010年1月に発売する。

 HYBRID W-ZERO3は、PHSとW-CDMA(3.5G)の2つの通信機能を備えているのが大きな特徴。PHSにはW-OAM typeG(PHS高度化通信規格)対応の新型W-SIM(RX430AL)を採用。W-CDMAにはNTTドコモのネットワークを利用した「WILLCOM CORE 3G」を採用し、下り最大7.2Mbps/上り最大5.7Mbpsの通信が可能だ。

photophoto シャープ製の「HYBRID W-ZERO3」。ボディカラーはノーブルブラックとプレミアムゴールド

 IEEE802.11b/g準拠の無線LANもサポートしており、公衆無線LANサービスを利用できるほか、HYBRID W-ZERO3を無線LANルータとして使用できる機能も備えている。さらに、サードパーティのオプション品として発売予定のW-SIM型GSMモジュール(CM-G100)と、海外で利用可能なSIMカードを利用することで、GSMエリアでの通信も可能になる。HYBRID W-ZERO3にはSIMロックがかけられていないので、NTTドコモやソフトバンクモバイルのSIMカードも利用できる可能性がある(ただしサポート対象外。パケット通信を行うためには、自分でアクセスポイントの設定などを変更する必要がある。また音声通話は利用できない)。

 料金プランはHYBRID W-ZERO3専用のものを提供する予定。詳細は決定していないが、「業界最安の定額サービスを目指す」(ウィルコム)という。

 OSにはMicrosoft Windows Mobile 6.5 Professional(日本語版)を採用し、アプリ配信サービス「Windows Marketplace」や、端末内のデータをサーバに保管する「My Phone」を利用できる。HYBRID W-ZERO3の独自機能として、「Windows Live」にワンタッチでアクセスできる専用キーも装備した。

photo アイコンを使って機能や設定を呼び出せる、オリジナルのユーザーインタフェースを採用した

 ディスプレイはフルワイドVGA(480×854ピクセル)表示対応の3.5インチ液晶で、タッチパネルにも対応。画面のアイコンをタップするだけで各種アプリケーションが起動する。カーソルキーにはジョグ機能を内蔵した「Xcrawl(エクスクロール)」を搭載し、ぐるぐるなぞったり、上下左右に押したりしてスクロールやカーソル移動ができる。スムーズに操作できるよう、各種機能や設定を簡単に起動できるオリジナルのユーザーインタフェースも採用した。なお、QWERTYキーボードは搭載していない。

 カメラはオートフォーカスと手ブレ補正対応の500万画素CMOSを搭載。被写体が笑顔になるとシャッターが切れる「笑顔撮影機能」や、ホワイトボードを撮影した画像をPDFに変換できる「PDF SHOT」、「名刺リーダー」「情報リーダー」「コラムリーダー」などを用意した。このほか、赤外線通信やBluetooth、GPS、モーションセンサーにも対応している。

photo
photophoto 左から「HYBRID W-ZERO3」「WILLCOM 03」(写真=左)。「Windows Live」にワンタッチでアクセスできるキーをダイヤルキーの左上に搭載した(写真=右)
photophotophoto ボディ下部にW-SIMスロットがある(写真=左)。W-SIM型GSMモジュール(左)と、W-OAM typeG(PHS高度化通信規格)対応の新型W-SIM「RX430AL」(右)(写真=中、右)
「HYBRID W-ZERO3」の主な仕様
製品名 HYBRID W-ZERO3
型番 WS027SH
本体サイズ(幅×高さ×厚さ) 53×120×16.9ミリ(最薄部)
重量 約158グラム
OS Microsoft Windows Mobile 6.5 Professional 日本語版
CPU Qualcomm MSM7200A、ARM11 528MHz
ディスプレイ 3.5インチフルワイドVGA(480×854ピクセル) モバイルASV液晶(タッチパネル) 26万2144色
通信機能 W-CDMA 800/2100MHz、HSDPA 7.2Mbps/HSUPA5.7Mpbs、PHS(W-OAM Type-G対応W-SIM)、ワイヤレスLAN(IEEE802.11b/g準拠) 、赤外線通信(IrDA 1.2方式/IrMC 1.1方式)、Bluetooth2.0
カードスロット microSD×1、W-SIMスロット×1、FOMAカードスロット×1
接続端子 イヤフォンマイク端子(平型)、赤外線通信ポート、ACアダプタ端子/USB端子(microABコネクタ)×1
内蔵カメラ AF付き有効500万画素CMOS
主な付属品 スタイラスペン、USBケーブル(パソコン接続用)、ACアダプタ、かんたん操作ガイド、取扱説明書、ハンドストラップ ほか
主なソフトウェア WILLCOM UI(アドレス帳、電話発着信履歴、設定メニュー、メニューランチャなど)、電話、メール(Outlook互換)、ライトメール、Internet Explorer Mobile、予定表、連絡先、仕事、メモ、Excel Mobile、OneNote Mobile、PowerPoint Mobile、Word Mobile、Windows Media Player 10 Mobile、Marketplace、Windows Live、MyPhone、画像とビデオ、コラムリーダー、名刺リーダー、バーコードリーダー、情報リーダー、PDF SHOT、Adobe Reader LE、ActiveSync、JBlend(Javaアプリ) ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.