ニュース
» 2012年01月25日 15時47分 UPDATE

女子高生向けデザインと機能を採用した「HONEY BEE 101K」、1月27日発売

女子高生を意識した操作性や機能を盛り込んだソフトバンクのスマートフォン「HONEY BEE 101K」が1月27日に発売される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「HONEY BEE 101K」

 ソフトバンクモバイルが、京セラ製のAndroidスマートフォン「HONEY BEE 101K」を1月27日に発売することを発表した。

 101Kは、ウィルコムのPHSでも発売されてきたHONEY BEEのコンセプトを継承したスマートフォン。ボディカラーはホワイトピンク、ピンク、イエロー、ブルー、ブラックの5色で、ポップで透明感のある外観が特徴だ。本体にはラメをあしらい、ホログラムが光る通話キーなど7種類の物理キーを搭載。側面には、好きな機能を割り当てられる「カスタマイズキー」も用意した。星形デザインのスピーカー、ハート型や星形の着信ランプなど、遊び心のあるデザインも目を引く。グラフィックもHONEY BEE仕様となっており、HONEY BEEオリジナルキャラであるハチが、ライブ壁紙やメール、電話、アラームなどの画面に登場する。

 サクサク利用できる操作性にもこだわり、下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応するほか、1.2GHz駆動のデュアルコアCPU搭載のチップセット「MP5225」を採用。ディスプレイは3.5インチワイドVGA、カメラは515万画素CMOSのアウトカメラと200万画素CMOSのインカメラを装備している。美肌効果や瞳を大きくするエフェクト、ペンやスタンプで装飾できるお遊び機能も用意した。ROMは2Gバイト、RAMは512Mバイト。IPX5/IPX7相当の防水性能、赤外線通信、デコレメールなど、女子高生に人気の高い機能もサポートしている。ワンセグとおサイフケータイには対応しない。緊急地震速報も利用できるが、「災害・避難情報」は後日アップデートで対応予定。

photo ボディカラーはホワイトピンク、ピンク、グリーンイエロー、ブルー、ブラック

photo ハチが登場するコンテンツも豊富。左からライブ壁紙、発信画面、赤外線通信の送信画面

「HONEY BEE 101K」の主な仕様
機種名 HONEY BEE 101K
OS Android 2.3
CPU MP5225 1.2GHz(デュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約56×117×13.4ミリ
重さ 約133グラム
連続通話時間 W-CDMA:約340分、GSM:約290分
連続待受時間 W-CDMA:約450時間、GSM:約350時間
アウトカメラ 有効約515万画素CMOS(AF対応)
インカメラ 有効約200万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.5インチワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶 最大1677万色
ボディカラー ホワイトピンク、ピンク、グリーンイエロー、ブルー、ブラック
主な機能 赤外線通信、Bluetooth、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、ULTRA SPEED(下り最大21Mbps、上り最大5.7Mbps)、GPS、緊急地震速報、災害・避難情報、デコレメール、Flash、スマートセキュリティ、コミックLIFE、ムービーLIFE、スマセレ

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.