ニュース
» 2012年04月04日 13時14分 UPDATE

写真加工・共有サービス「Instagram」にAndroidアプリが登場

スクエアフォーマット(正方形)の写真を手軽に加工し共有できるサービス「Instagram」に待望のAndroidアプリが登場した。

[園部修,ITmedia]

 Instagramが4月3日(日本時間の4月4日未明)、写真の撮影・加工と共有が可能なサービス「Instagram」のAndroidアプリの配信を開始した。Google Playから無料でダウンロードできる。対応するのはAndroid 2.2以降を搭載した機種。

 Instagramは、スクエアフォーマットの写真が撮影できるほか、撮影済みの写真を選択してトリミングし、さまざまな効果やフィルターを付加して投稿できるサービス。投稿した写真はInstagram内だけでなくTwitterやFacebookなどでも共有できるほか、同時にFoursquareへのチェックイン、Flickrへのアップロードなどにも対応しており、iOS版の登録ユーザーはすでに3000万人以上いる。

 2010年10月にサービスを開始したが、当初はiOS向けのアプリのみが提供されており、他のプラットフォームではサービスの閲覧のみが可能だった。新たにAndroid向けに提供されるアプリは、iOS版とよく似たユーザーインタフェースを持つ。フィルターはiOS版と同じNormal、Amaro、Rise、Hudson、Sierra、X-Pro、Lo-Fi、Earlybird、Sutro、Toaster、Brannan、Inkwell、Walden、Hefe、Valencia、Nashville、1977、Kelvinが利用可能。撮影した写真をトリミングしてフィルターを加工し,投稿するプロセスはiOS版とほぼ同じだが、写真を撮影して直接投稿するプロセスはAndroid OSに合わせてあり、別途カメラを起動して写真を撮影し、その後トリミングすることになる。

 共有先はFacebook、Twitter、Tumblr、Foursquareのみとなっている。mixiやFlickrなどへの投稿は現在サポートされておらず、今後のアップデートで対応する予定だ。

PhotoPhotoPhotoPhoto InstagramのAndroidアプリでも、フォロー中のユーザーの写真が確認できるタイムライン、人気の写真が一覧表示できるポピュラー、アクティビティを把握できるニュース、設定などで画面が構成されている
PhotoPhotoPhotoPhoto 写真を投稿するプロセスは2種類。撮影済みの写真を加工して使用する場合はフォトギャラリーから写真を選べばいい。その場で撮影する場合はカメラを選び、カメラを起動して写真を撮ってから、Instagramアプリで正方形にトリミングする。投稿先は現時点ではTwitter、Facebook、Tumblr、Foursquareに対応する
Button

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.