ニュース
» 2012年04月26日 12時42分 UPDATE

LINE公式カメラアプリ「LINE camera」のiOS対応版が登場

Instagramのような写真の加工と共有が簡単にできるLINEの公式カメラアプリ「LINE camera」がiOSにも対応。無料でダウンロードできる。

[園部修,ITmedia]
Photo LINE cameraのiOS版もリリースされた

 NHN Japanが4月26日、無料で通話やインスタントメッセージングなどが利用できるスマートフォン向けアプリ「LINE」の公式カメラアプリ「LINE camera」のiOS版をリリースした。App Storeから無料でダウンロードできる。

 LINE cameraは、スマートフォンで撮影した写真に編集や装飾を加え、LINEの友人やグループに直接送信できるアプリ。エフェクトは18種、フレームは110種内蔵する。LINEで人気のスタンプ機能に収録されているキャラクターなどを含む、600種類以上のスタンプや編集素材、ツールなども搭載。加工した写真はLINEだけでなくTwitterやFacebook、mixi、Sina Weibo、me2day、Cyworld、Renrenなどでも共有できる。

 対応機種はiOS 4.0以降を搭載したiPhone 4S/iPhone 4/iPhone 3GS。日本語、英語、中国語(繁体字/簡体字)と韓国語に対応する。

 先行して4月12日から配信を開始したAndroid版は、すでに180万ダウンロードを突破したという。日本、タイ、香港など世界15カ国のGoogle Play「写真」カテゴリで1位を獲得している。

PhotoPhotoPhoto アプリを立ち上げるとまずカメラが起動。その場で撮影できるほか、カメラロールから写真を選ぶこともできる。写真を決めたら、さまざまなエフェクトを選んで適用し、その後フレームなども付加できる。エフェクトは18種、フレームは110種内蔵する
PhotoPhotoPhoto LINEでおなじみのスタンプを追加したり、手書きのメッセージを加えたりもできる。共有先はLINEだけでなくTwitterやFacebook、mixi、Sina Weibo、me2day、Cyworld、Renrenが設定できる
Button
Button

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.