連載
» 2013年04月05日 11時00分 UPDATE

神尾寿のMobile+Views:そろそろ汚名返上? 改善されたiOSの「マップ」を試す (1/2)

iOS 6のリリースから約半年。当初は使い物にならないといわれたマップも、iOS 6.1.3の登場でかなり改善されてきた。そこで、実際に都内でナビとして利用し、どこまで実用に足るのかをチェックした。

[神尾寿,ITmedia]

 Appleの歴史は、失敗と試行錯誤の歴史でもある。

 古くは「iPod」、近年では「iPhone」や「iPad」など、市場を丸ごと創造するような大成功がある一方で、市場から手痛い反応を受けた失敗作も少なくない。

Photo

 直近においてAppleの“失敗”と言われてもしかたなかったものは、昨年のiOS 6で投入されたApple純正の地図「マップ」だろう。Google Mapsベースから独自仕様のものに改められたAppleのマップは投入当初のクオリティが著しく低く、とりわけ日本では製品版として未成熟なものだった。その品質の低さはApple自身が認めるほどであり、同社のアプリストアである「App Store」で自らサードパーティー製の地図アプリを紹介するコーナーを作ったほどだ。

 iPhone/iPadのアキレス腱となってしまったApple純正のマップだったが、iOS 6.1.3のリリースに合わせて大幅に機能を改善。地図情報の修正やナビゲーション中の読み上げ精度の向上、ランドマークアイコンの追加など多くの修正が入った。

 そこで今回は、この改善された新たな地図を都内でテスト。通常の「マップ」と、その上のカーナビゲーション機能「ターン・バイ・ターン・ナビ」の実力を試してみた。

地図の情報量は改善 しかしGoogle Mapsには及ばず

 まず、利用することの多い通常の地図画面から見てみよう。

 初期のiOSのマップでは、基本となる地図情報に誤りが多く、建物の位置がずれていたり、施設名がまったく異なっている部分が数多く見受けられた。地図の基本が正確性であることを鑑みれば、まったく役に立たない代物だったのだ。

 その状況がどれだけ改善されたのか。

 iOS 6.1.3の地図をパッと見てもらうと分かるが、地図の内容はかなり改善された。建物の位置や名称、形状などが大きく異なるということはなく、道路情報にも誤りはない。また都市部で問題だった地下鉄駅が分かりにくかったり、位置が違っていたりする点も改善された。

 しかし、厳しい言い方をすれば、これは「地図として当然のこと」ができたまでである。ようやく落第点から這い上がったというだけの話であり、これで優れた地図アプリになったわけではない。

 それはGoogleの「Google Maps」と比較すればよく分かる。

 AppleのマップとGoogle Mapsで同じ場所を表示してみると、Google Mapsでは線路・駅・高速道路・地下鉄/地下街の表示がうまく色分けされており、周囲の状況がとてもつかみやすいことが分かる。また建物・街区の区切りもはっきりしており、繁華街でも迷いにくい。都市部では主要な地下鉄出入り口名がきちんと表記されていることも、Google Mapsの優れた点だ。他方で、Appleのマップでは建物の形状や色分けに工夫が足りず、のっぺりとしていてパッと見ただけではわかりにくい。今回のバージョンアップで地下鉄駅の位置こそ入ったが、地下通路や主要な地下鉄出入り口の情報がないのも大きなマイナスである。

PhotoPhoto Appleの「マップ」とGoogleの「Google Maps」の比較。Appleのマップでも建物や道路の形状はまともになったが、見やすさではいまだGoogle Mapsの方が上だ。
PhotoPhoto 銀座三丁目付近の地図。建物や地下鉄駅の情報は、やはりGoogle Mapsの方が見やすい
PhotoPhoto 溜池山王付近での比較。Appleのマップでは、建物名がないのに建物内の郵便局名はあるなど不自然な箇所が残っている。実用上の不備はなくなったものの、日本向けの地図としてはいまだ発展途上だ

 Appleは以前からUIデザインにおいて無駄を省く「マイナスのデザイン」をモットーにしており、シンプルさが同社の製品・サービスの美しさの要因の1つだった。しかし地図においては、このマイナスのデザインにおいて、“何を引いて何を残すか”・“何を強調するか”が重要になる。Google Mapsはこの点において、日本で見やすい地図として必要な情報の取捨がうまく、結果として、万人に使いやすい地図アプリ/サービスになっている。逆にAppleの地図では、日本の地図として必要な情報が足りない一方で、ランドマークとして重要性の低い施設・店舗の情報があったりと、いまだ「ちぐはぐな印象」を強く受ける。

 地図はとても地域性が高いもので、そのぞれの国でどのようにして街や交通網が作られてきたのか、という文化的・歴史的な背景の影響を色濃く受ける。それゆえに使いやすい地図を作るには、この地域性に根ざした作り込みが不可欠だ。Appleにはさらなる地図情報の改善と、日本の地域性に合わせた最適化に期待したいところである。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.