ニュース
» 2013年04月09日 17時28分 UPDATE

調査地点も一気に倍以上:3キャリアのLTEをAndroidとiPhone5で比較、平均速度もつながりやすさもなんとあそこに軍配が

MMD研究所は、全国主要都市におけるスマートフォンのキャリア別通信速度比較調査の結果を公開した。2012年11月に続く調査で今回は全国21都市100カ所で測定した。

[長浜和也,ITmedia]

 MMD研究所が行った通信速度比較調査は、2013年3月21〜27日に行った。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルごとに、Android導入スマートフォンとiOS導入デバイスを用意し、全国100カ所において通信スピードを測定した。測定時間は10時から19時で、3回計測してその平均値を記録している。また、4G/LTEの捕捉調査では、事前に機内モードでシャットダウンと起動を3回繰り返してから電波の捕捉状況を確認している。それぞれのキャリアごとに用意したスマートフォンと測定した通信速度の平均値は以下の通りだ。

キャリア ドコモ au ソフトバンク au ソフトバンク
OS Android Android Android iOS iOS
測定デバイス Xperia Z SO-02E HTC J butterfly HTL21 AQUOS PHONE Xx 203SH iPhone 5 iPhone 5
4G/LTE捕捉カ所 97/100 100/100 91/100 84/100 97/100
ダウンロード平均値 15.37Mbps 20.27Mbps 27.04Mbps 7.93Mbps 9.88Mbps
アップロード平均値 4.6Mbps 11.25Mbps 3.99Mbps 4.53Mbps 4.93Mbps

 調査した全国100カ所でLTEを補足する割合が最も高かったのはauだった。また、Android導入デバイスでの比較では、ダウンロードの平均速度でソフトバンクのAQUOS PHONE Xx 203SHが、アップロードの平均速度でauのHTC J Butterfly HTL21がそれぞれ最も速い。iPhone5での比較では、ダウンロード平均速度、アップロード平均速度ともにソフトバンクがauを上回った。なお、Android導入デバイスとiPhone5での比較では、Android導入デバイスがiPhone5の通信平均速度を超えている。

 調査箇所ごとのダウンロード速度測定結果でトップのデバイスを確認するとと、ドコモのXperia Z SO-02Eは13カ所でトップ時平均レートが33.84Mbps、auのHTC J butterfly HTL21は23カ所でトップ時平均レートが27.46Mbps、ソフトバンクのAQUOS PHONE Xx 203SHは64カ所でトップ時平均レートが32.34Mbpsとなった。

 トップ時の転送速度測定値を確認すると、Xperia Z SO-02Eは、最高で71.65MbpsをJR仙台駅在来線中央改札で出したのをはじめとして、70Mbps台を2カ所、45Mbps以上を4カ所で出している。auは最高42.18Mbpsで45Mbps以上を出した場所はなく、ソフトバンクでは、最高が54.99Mbpsで、45Mbpsを出したのはドコモと同じ4カ所となっている。

 同様に、iPhone5の比較では、auが34カ所でソフトバンクのiPhone5のダウンロード速度を上回り、トップ時の平均転送レートは11.29Mbps、ソフトバンクが上回ったのは66カ所でトップ時平均転送レートは11.88Mbpsだった。なお、10Mbps以上を出したのは、auが15カ所、ソフトバンクは27カ所となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.