調査リポート
» 2013年10月15日 15時14分 UPDATE

iPhone 5cでパケ詰まりが起きやすいキャリアは?――MMD研究所が山手線6駅で調査

MMD研究所が、ドコモ、au、ソフトバンクの「iPhone 5c」を用いたパケ詰まりの調査結果を発表した。調査では、JR山手線の6駅の通勤・帰宅ラッシュ時に「Yahoo!Japan」のトップページが表示されるまでの時間を計測した。

[田中聡,ITmedia]

 MMD研究所が10月15日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの「iPhone 5c」を用いて実施した、JR山手線でのパケ詰まり調査の結果を発表した。

 調査では、新宿駅、池袋駅、渋谷駅、東京駅、品川駅、新橋駅のホームと改札付近の12スポットにて、通勤・帰宅ラッシュ時に「Yahoo!Japan」のトップページが完全に開くまでの表示時間を計測した。実施期間は2013年9月24日〜27日、9月30日の7時〜9時と17時〜19時。1機種あたり1200回計測した。なお、Yahoo!Japanトップが表示されるまでの時間が30秒を経過したものと、計測できなかったものは「パケ詰まり」としてカウントした。

 パケ詰まり率は、ドコモ版iPhone 5cが13.4%(161/1200回)、au版iPhone 5cが2.3%(28/1200回)、ソフトバンク版iPhone 5cが1.0%(12/1200回)だった。Yahoo!Japanトップが表示されるまでの平均時間は、ドコモ版iPhone 5cが10.61秒、au版iPhone 5cが6.28秒、ソフトバンク版iPhone 5cが5.11秒だった。

 パケ詰まり率は、ソフトバンク版が最も低く、ドコモ版が最も高いという結果だった。Yahoo!Japanトップが表示されるまでの時間も、ソフトバンク版が最も速く、ドコモ版が最も遅かった。なお、3キャリアとも7時〜9時よりも、17時〜19時の方が表示に時間がかかっている。

photophoto iPhone 5cのパケ詰まり調査結果(写真=左)。Yahoo!Japanトップが表示されるまでの時間(写真=右)
photophoto Yahoo!Japanトップが表示されるまでの時間の、7時〜9時(写真=左)と、17時〜19時(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.