ニュース
» 2014年08月07日 00時00分 UPDATE

IIJmio meeting #4:MVNOのSIMカードで「VoLTE」は利用できる?――IIJが検証結果を紹介 (1/2)

インターネットイニシアティブ(IIJ)が8月2日、一般ユーザーとIIJのスタッフが交流、情報交換する「IIJmio meeting #4」を都内で実施。初心者向けにMVNOのサービスを紹介する「みおふぉん教室」が開催されたほか、IIJmioのSIMカードでドコモのVoLTEが利用できるか検証した結果などが紹介された。

[房野麻子,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が8月2日、一般ユーザーとIIJのスタッフが交流、情報交換する「IIJmio meeting #4」を都内で開催した。IIJmio meetingは2013年10月に第1回が行われ、今回が4回目。9日には大阪でも開催される。

 今回は、初心者向けのサービス紹介「みおふぉん教室」、ドコモが開始した新しい音声通話方式VoLTEの対応端末でIIJmioが使えるかを検証した「みおふぉんでVoLTE端末は使えるの?」、総務省が中心となって行われている「2020-ICT基盤政策特別部会」での議論がMVNOのサービスに与える影響について最新状況を紹介する「MVNOと事業法を巡る最新動向」という3つのテーマでセッションが行われた。

「みおふぉん教室」で“格安SIM”初心者にIIJmioをアピール

 みおふぉん教室では、「IIJmio」や「みおふぉん」「MVNO」などの基本的な言葉を解説。「SIMカードってなに?」「『SIMフリー』ってなに?」といった素朴な疑問に回答しながら、IIJmioのSIMカードを使ってドコモのネットワークに接続し、IIJからインターネットにつながる仕組みが分かりやすく説明された。

photophoto “格安SIM”初心者向けセッション、みおふぉん教室でスピーチするプロダクト推進部 企画業務課 リードエンジニアの堂前清隆氏(写真=左)。MVNOやSIMカード、SIMロックなど、MVNOのSIMを利用するにあたって知っておきたい基本用語を解説(写真=右)
photophoto IIJmioのSIMカードはSIMフリースマホやドコモのスマホで利用できることを紹介した

 また、単身者がスマートフォン1台を使う場合をモデルケースに、ドコモの新旧料金プランとみおふぉんの料金プランを比較。みおふぉんでは月々の携帯電話料金が最大3000円程度安くなることや、乗り換える際の端末の入手方法などを紹介した。

photophoto ドコモの新旧料金プランとみおふぉんを使った場合の料金を比較。「パケットの上限に達してもLINEやTwitter、メール程度は十分利用できるので、最初の月は一番安い『ミニマムスタートプラン』がおすすめ」(堂前氏)とのこと

 一方で、IIJmioに乗り換えると利用できなくなるサービスについても言及。機種変更時の注意点や契約手続きの方法、サポートについても解説し、初心者でも安心して使えるIIJmioをアピールした。

photophoto 現在のキャリアからIIJmioに乗り換える手順を紹介。ドコモから乗り換えた場合に利用できなくなるサービスの確認や(写真=左)、ドコモ以外のキャリアから乗り換える場合の端末入手方法についてもアドバイス(写真=右)
photo 通信と端末に関することで問い合わせ先が異なることも説明した

 質疑応答では、IIJmioのSIMを挿した端末でおサイフケータイが使えない理由が問われた。堂前氏は「おサイフケータイは通信しており、チャージなどでインターネットを経由する場合に制限される場合がある。ドコモの『iD』は特に厳しい」と回答。現在は使えるサービスが将来的にも使えるとはいえず、保証できないとした。ちなみに、筆者はIIJmioとほぼ同様のBIC SIMを差した「AQUOS ZETA SH-04F」でモバイルSuicaを利用しているが、チャージ、オートチャージを含め問題なく利用できている。

IIJmioのSIMカードでVoLTEが利用できるかを検証

photo ネットワークサービス部 シニアエンジニアの宮本外英氏

 2つ目のセッションでは、ネットワークサービス部 シニアエンジニアの宮本外英氏が「みおふぉんでVoLTE端末は使えるの?」というテーマで、ドコモのVoLTE対応端末「Xperia Z2 SO-03F」にIIJmioのSIMを差して、VoLTEでの通話を中心に動作検証した結果を紹介した。

 結果から言うと、IIJmioのSIMを差したSO-03FでVoLTEの通話はできた。特に契約の変更も必要ない。なお、高音質通話はLTEのエリアで、相手もVoLTE対応端末(みおふぉんでも可)である必要があるのはドコモ端末と同様だ。VoLTEが開始されるにあたって、MNOであるNTTドコモが提供するサービスについての約款が改正。「通話」に関する部分に、従来は「回線交換方式により主としておおむね3kHzの帯域の音声」と表記されていたが、改正後は単に「音声その他の音響の伝送を行うためのもの」となった。つまりVoLTEも「通話」に含まれるということだ。

photophoto IIJmioのSIMを差したXperia Z2で通話したところ、通話中もアンテナピクトに「LTE」と表示され、通話中でもLTEの高速データ通信が可能なことを確認(写真=左)。VoLTEで通話するとXperia Z2の場合は「HD」マークが表示。発信側、着信側ともにLTEエリアで、VoLTE対応端末である必要がある。相手がドコモのSIMでもIIJmioのSIMでもOKだ(写真=右)
photophoto ドコモが提供するサービスの内容が変更され(写真=左)、通話に関する「通話モード」について「回線交換方式により」などの文言が削除され、単に「音声その他の音響の伝送を行うためのもの」となった(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.