ニュース
» 2014年08月20日 15時03分 UPDATE

子供の携帯電話所持率は51.3パーセント、低学年の半数も所有――MMD研究所

MMD研究所が20〜40代を対象とした「2014年子供を持つ母親の携帯電話・スマートフォンに関する意識調査」を実施。子供の携帯電話所持率は、昨年より約1割増しの51.3%となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は8月19日、「2014年子供を持つ母親の携帯電話・スマートフォンに関する意識調査」の結果を発表した。調査日は7月31日〜8月2日で、対象者は子供を持つ20歳〜49歳の女性。有効回答は1万1000人となっている。

 調査対象の1万1000人に、小学生の子供が携帯電話を持つことに対してどう思うかを聞いたところ、半数が賛成と答えた。

Photo

 小学生〜高校生の子を持つ母親(4800人)を対象に子供に携帯電話を持たせているかを尋ねたところ、携帯電話所持率は51.3%となり、昨年より約1割増加していることが分かった。

Photo

 子供に携帯電話端末を持たせている母親(2463人)に、子供に持たせている携帯電話の種類を聞いたところ、小学生低学年の半数が子供向け携帯電話を持っていることが分かった。年齢が上がるとスマートフォンの割合が大きくなり、中学生でおよそ半数、高校生ではおよそ8割がスマートフォンを持っていることも分かった。

Photo

 親子間での連絡手段を聞いたところ、小学生の半数以上が「通話」、中学生と高校生の5割弱は「無料通話・チャットアプリ」という結果になっている。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.