ニュース
» 2015年05月08日 07時30分 UPDATE

ソニー、「自分撮り」特化のミドルスペック端末「Xperia C4」を6月発売へ

ソニーが、昨年新興市場向けに発売して好評だった自分撮り端末「Xperia C3」の後継モデルとして、「Xperia C4」を6月に発売する。自分撮り機能がさらに充実した他、ディスプレイの解像度やプロセッサ(MediaTekの64bit8コア)も向上した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ソニーは5月6日(英国時間)、セルフィー(自分撮り)機能を強化したミドルスペックAndroidスマートフォン「Xperia C4」を発表した。6月に発売する。販売地域と価格はまだ発表されていない。インドなど新興国市場で人気のデュアルSIMモデル「Xperia C4 Dual」も同時に発表された。

 c4 1 Xperia C4

 昨年7月に発表した、自分撮り機能に特化した「Xperia C3」の後継に当たり、「ソニーの次世代“プロセルフィー”スマートフォン」と同社は謳う。

 ディスプレイサイズはC3と同じ5.5型だが、解像度は720pから1080pに向上した。C3と同様に、「Bravia Engine 2」や「super vivid-mode」などの同社がテレビ開発で培った技術を採用する。

 最大の売りである自分撮りのために、インカメラはLEDフラッシュ付きで画角25ミリの500万画素。暗い場所での撮影を可能にするCMOSセンサー「Exmor R」やHDR撮影機能、自動撮影モード、手ぶれ補正の「SteadyShot」などを搭載する。

 c4 2

 自分撮りした写真の編集ツールもC3よりさらに充実し、例えば顔の画像を他の画像と合成する機能などが追加された。

 c4 3 自分撮りした画像で遊べるツールも充実
 c4 4
「Xperia C4」の主な仕様
機種名 Xperia C4(デュアルSIMモデルは「Xperia C4 Dual」)
OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920×1080、400ppi)
CPU MediaTek MT6752(1.7GHz 64bit 8コア)
RAM 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSD(最大128Gバイト)
メインカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
サイズ 150.3×77.4×7.9ミリ
重さ 147グラム
バッテリー容量 2600mAh
ネットワーク LTE対応
白、黒、ミント

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.