ニュース
» 2015年10月13日 07時52分 UPDATE

Google、VRアプリ「Cardboard」のAndroid/iOSアプリを日本語化 ストビューも3Dで

Googleが、Android/iOS端末をゴーグルのような装置に取り付けて仮想現実(VR)コンテンツを楽しむ「Google Cardboard」のアプリおよび関連アプリ開発ドキュメントを日本語化した。またモバイルアプリ「ストリートビュー」もCardboardで3D表示できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月12日(現地時間)、スマートフォンで仮想現実(VR)を楽しむためのAndroid/iOSアプリ「Cardboard」を日本語を含む39カ国語に対応させ、100カ国以上のGoogle Playおよび米AppleのApp Storeで公開したと発表した。

 同アプリは昨年12月に英語版がリリースされ、累計1500万本ダウンロードされたという。

 cardboard 1 Google PlayのCardboardアプリ
 cardboard 2 ダンボールで組み立てるCardboard

 Cardboardは、Googleが昨年のGoogle I/Oで発表したスマートフォンを簡易ゴーグル型装置に取り付けて画面を見ることで楽しむVRセット。こちらのWebサイトでゴーグルを購入するか、自分で組み立てるためのデータを無料でダウンロードできる。端末にアプリをインストールすると、その端末に合うゴーグルを紹介してくれる。

 Cardboardアプリでは、チュートリアル、ツアーガイド、アニメーション作品などのデモを選択して3Dで表示でき、関連アプリへのリンクもある。

 cardboard 3 デモ画面

 また、9月にリリースされたiOS/Androidアプリ「ストリートビュー」が8日のアップデートでCardboardに対応しているので、こちらでも3Dを楽しめる(ストリートビュー画面の右上にCardboardアイコンが表示されるので、それをタップすると3Dモードになる)。

 cardboard 4 ストリートビューのCardboard表示

 さらに、Cardboard対応アプリを開発するための開発者向けサイトも日本語を含む各国向けにローカライズされた。ドキュメントを日本語で読める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.