レビュー
» 2015年12月02日 12時00分 UPDATE

iPhone 6s/6s Plusのアフターサービス、充実しているキャリアはどこ? (1/3)

日本では3キャリアとAppleがiPhone 6s/6s Plusを販売しているが、故障や紛失時のアフターサービスには、どのような違いがあるのだろうか? さまざまなシチュエーション別に料金や内容を比較した。

[小林誠,ITmedia]

 iPhone 6s/6s Plusの発売から2カ月が経過した。そろそろ「落とした……」「画面割った……」「紛失……」といった悲しい話を聞く機会が増えてきたのではないだろうか。そんな人を横目で見るたびに、つくづくアフターサービスの重要性を感じる。そこで万が一に備えたサポートサービスをまとめた。

photo iPhone 6s/6s Plus

 本記事では、iPhone 6s/6s Plusに関連した各キャリアのサポートサービスの中から、アフターケアの視点に立ち、まず総合的なサービスの有無、そして「故障・修理」「紛失時」「紛失後」「遠隔サポート」「オンラインストレージ(バックアップ)」「セキュリティ」という視点でどんなサービス内容なのかを解説していく。

 またNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに加え、SIMロックフリー版のiPhone 6s/6s Plusを使っているユーザーも想定し、最後にキャリア契約以外の人でも加入できるサービスを紹介している。料金は税込(小数点以下切り捨て)。なお、本記事ではiPhone 6s/6s Plus向けのサービスをピックアップしている。それより以前のiPhoneでは料金が変わることがあるので注意したい。

ドコモ:「あんしんパック」と無料サービスの組み合わせで月額1047円〜

 ドコモのiPhoneでは「あんしんパック」(月額1047円/初回最大31日間無料)がアフターサービスの中心となる。

photo

故障・修理

 あんしんパックに含まれる。単体で加入する場合は月額810円の「ケータイ補償サービス for iPhone&iPad」を利用する。ドコモプレミアクラブの会員(無料)で、iPhone購入日を含む14日以内に申し込む必要がある。

 補償範囲は「水ぬれ、全損、紛失、盗難、破損、故障、購入から1年超の自然故障」。自然故障については、購入から1年以内はAppleの「AppleCare(無料の購入後1年保証)」で対応。AppleCareについてはSIMロックフリーiPhoneのサポートで後述する。

 利用は1年間2回まで。月額料金以外に、1回1万1880円のサービス利用料金が発生するほか、SIMカードの再発行がある場合は2160円が増額される。

 トラブルに遭遇した日から30日以内に「ケータイ補償お届けサービスセンター」に連絡すると、1〜2日以内に代替機が届く。ユーザーのiPhone(旧端末)は、10日以内にドコモへ送付する必要がある。

紛失時

 Appleの「iCloud」(無料)で「iPhoneを探す」を利用しよう。SIMロックフリーiPhoneのサポートで後述する。

 iPhoneが見つからなかったら、先述したあんしんパックか、ケータイ補償サービス for iPhone&iPadを利用する。盗難と紛失時には、利用停止と警察への届出が求められている。

遠隔サポート

 あんしんパックに含まれる。単体で加入する場合は、月額432円の「あんしん遠隔サポート」を利用する。

 サポート範囲は「取扱説明書に記載の操作設定」をはじめ、アプリの操作設定、PCなどの周辺機器との接続設定。

 年中無休(受付9〜20時)のあんしん遠隔サポートセンターに電話し、専門オペレーターが答える。なお、画面を共有してオペレーターが操作をするサービスはAndroidのみで、iPhoneには含まれない。

オンラインストレージ

 「データ保管BOX(無料)」に含まれる。無料版は5Gバイトまでで、ドコモのユーザーなら申込不要で利用できる。

 保存容量は最大55Gバイトまで増やせる。その場合は有料の「クラウド容量オプション」を利用する。料金は+10Gバイト(月額108円)、+25Gバイト(月額270円)、+50Gバイト(月額432円)となっており、初回最大31日間は無料。クラウド容量オプションは「おすすめパック(月額540円)」にも含まれているので確認してみよう。

セキュリティ

 あんしんパックに含まれる。単体で加入する場合は、月額216円(初回最大31日間は無料)の「あんしんネットセキュリティ」を利用する。

 ウイルス対策としてデータ保管BOXを守る「ウイルススキャン」、メールを守る「メールウイルスチェック」、他に「迷惑メールおまかせブロック」が用意されている。

 iPhoneでは「あんしんスキャン」と呼ばれる「セキュリティスキャン」「セーフブラウジング」「プライバシーチェック」を利用できない。なお「メールウイルスチェック」のみなら、月額無料で使える。

 全アフターサービスを利用する場合でも、無料サービスとの組み合わせが中心のため、あんしんパックの月額1047円で済む人は多そうだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.