調査リポート
» 2016年04月21日 16時00分 UPDATE

MMD、2016年4月の格安SIM通信速度を発表――下り速度上位はFREETEL、UQ mobile、楽天モバイル

MMD研究所は、4月21日に全国主要5都市で行った「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」の結果を発表。下り速度を箱ひげ図で見た際、中央値が高かったのはFREETEL、UQ mobile、楽天モバイルとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、4月21日に全国主要5都市で行った「2016年4月格安SIMサービス通信速度調査」の結果を発表した。

 調査対象は、同研究所が3月18日に発表した「格安SIMサービスの利用動向調査」の格安SIMサービスシェア上位10サービスである「OCN モバイル ONE」「楽天モバイル」「IIJ mio」「BIGLOBE SIM」「mineo(NTTドコモ、au)」「DMM mobile」「NifMo」「FREETEL SIM」「UQ mobile」「U-mobile」。東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の主要駅で各駅3カ所ずつ、サービスごとに3回計測し、調査には「Ookla Speedtest.net」を利用。調査期間は3月28日〜4月1日の平日5日間で、時間帯は12時〜13時、15時〜16時に行った。

 下り速度を箱ひげ図で見ていくと、中央値が高かったのは、FREETEL SIMの13.9Mbps、UQmobileの8.2Mbps、楽天モバイルの7.4Mbps。箱の高さ(75%値)ではUQmobileの20.5Mbpsが最も高く、次いでmineo(au)の16.8Mbps、FREETEL SIMの16.6Mbps、IIJ mioの14.3Mbpsとなった。

Photo

 特に中央値、箱の高さが高い5社のうち、速度の安定性の目安となる箱の長さに注目してみると、FREETEL SIM、楽天モバイルが相対的に速度が安定していた。なお平均値の速度結果では、下り速度の上位はUQmobileの15.8Mbps、FREETEL SIMの12.5Mbps、mineo(au)の10.6Mbpsとなっている。

Photo

 さらに東京・恵比寿の同研究所事務所内で、9時〜10時(朝)、12時〜13時(昼)、17時〜18時(夜)の時間帯で調査を実施。朝の全体平均下り速度は16.4Mbps、昼は顕著に速度が低下し2.7Mbps、夜はやや回復し13.7Mbpsとなった。昼でも通信速度の低下の影響が少なったのはFREETEL SIMと楽天モバイルの2社で、箱ひげ図で中央値、箱の長さを中心に見た場合も高速通信が比較的安定しているのはFREETEL SIM、楽天モバイルとなった。また、バラつきはあるがダウンロード速度が速いのはUQ mobile、NifMoという結果が出た。

Photo
Photo

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう