ニュース
» 2016年10月19日 21時35分 UPDATE

ドコモ、セルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を開始

NTTドコモ、MIKAWAYA21、エンルートは、11月にセルラードローンを活用した買い物代行サービスの実証実験を福岡市内の離島で実施。シニア&子育て世帯を対象とし、電話で依頼を受けた商品を自宅まで配達する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモ、MIKAWAYA21、エンルートは、10月19日にセルラードローンを活用した「社会的課題解決を見据えた買い物代行サービス」の実証実験について発表した。

セルラードローン サービスイメージ

 本サービスは福岡市内の離島のシニア、子育て世帯に対し、電話で依頼を受けた商品を自宅へ配達する際にセルラードローンを活用。福岡市内の能古島(のこのしま)と九州本島間の約2.5キロの飛行航路、能古島島内をドローンで空輸する。

 本実証実験は福岡市の協力のもと、携帯電話ネットワークを利用したセルラードローンの長距離目視外運航でのサービス実現性、上空のドローン周辺の通信品質や地上の携帯電話ネットワークへの影響などを検証。NTTドコモではセルラードローンに搭載する携帯電話端末や回線、モバイル技術を提供する。

 実験は11月〜12月までの間に適宜実施する予定で、各社がさまざまな観点で評価を行った後に2018年度の商用化に向けて検討を行っていく。

セルラードローン 2016年11月に実証実験を開始する
セルラードローン ドローンで物資を運搬するイメージ
セルラードローン
セルラードローン ドローンはLTEモジュールを内蔵。SIMスロットもある

 NTTドコモは「無人航空機における携帯電話の利用に関わる実用化試験局の免許」を9月6日に神奈川県、千葉県、福岡県の一部地域で取得。「ドコモ・ドローンプロジェクト」として、防災や農業分野でのソリューション提供、ドローン周辺での通信品質検証などを行っていく。買い物代行サービスも、同プロジェクトの一環で行われる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう