ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「代行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「代行」に関する情報が集まったページです。

お風呂掃除もサブスク 家事代行のベアーズが「一生汚くならないお風呂サブスクリプション」スタート
今後、サブスクリプションサービスの拡充を予定。(2021/2/26)

待ち時間は60分から12分に:
沖縄の長年の課題「飲酒運転撲滅」と「運転代行業の適正化」 劇的に改善しそうな新サービスとは
Alpaca.Lab(アルパカラボ)が琉球大学と連携して開発した運転代行配車アプリ「AIRCLE(エアクル)」が、2020年8月のリリースから現在までにダウンロード数が1万弱に迫るなど、コロナ禍においても着実に利用者を増やしている。(2021/2/16)

家事代行サービスに関する調査 直近1年間の利用者は5%
家事代行サービスを利用した人について調査したところ、直近1年間に利用した人は5%となった。そのうち、「定期的に利用」しているのは約66%で、「スポット・単発利用のみ」は3割に満たなかった。(2021/2/10)

取り扱う商品のカテゴリー拡大を狙う:
「ミカヅキモモコ」の一部店舗が運営を継続 アパレルの在庫処分を手掛ける「shoichi」が譲受
300円均一ショップ「ミカヅキモモコ」運営会社が破産開始手続きを開始した。大阪で在庫処分代行業を手掛けるshoichiは一部店舗を譲受すると発表した。(2021/2/9)

SNSで個人情報探る「特定代行屋」 犯罪のリスクも
SNSに公開された情報を手掛かりに第三者の住所などを特定し、報酬を受け取る「特定代行屋」と呼ばれる人たちがいる。自粛生活が続くコロナ禍では、これまで以上に個人情報が特定されやすくなっているといい、SNSユーザーは一層の注意が必要だ。(2021/2/5)

本のウーバーイーツ!? 注文から最短45分で届けるサービス、丸善ジュンク堂が開始
丸善ジュンク堂書店は、通販サイト「honto」で本を注文すると、配達員が指定場所に最短45分で届ける「本の買い物代行サービス」を都心で本格スタートした。商品代金に加えて、配送料が550円かかる。(2021/2/3)

都内3店舗からスタート:
書店から自宅やオフィスに本をお届け 丸善ジュンク堂書店が新サービス
丸善ジュンク堂書店が自宅やオフィスに本を届けるサービスを開始する。宅配代行サービスを運営するエニキャリと組んだ。都内の3店舗から実施する。(2021/2/2)

佃・月島エリア:
「ローソン」や「松屋」の商品をロボットが配送 ENEOSなどが自動デリバリー実験開始
ENEOSホールディングスとロボット開発のZMP、宅配代行サービスのエニキャリは、東京都中央区の佃・月島エリアで、自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を開始すると発表した。実施期間は2月8〜26日で、複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーするという。(2021/1/28)

中小企業にテレワーク環境を導入、運用代行も シスコとDISがパッケージを提供開始
ダイワボウ情報システム(DIS)とシスコシステムズは、中堅中小企業向けに「iPad × Cisco Meraki楽々テレワークパッケージ」を提供開始する。テレワークに必要なデバイスやWeb会議システム、リモートアクセス環境と併せ、導入支援/運用管理代行までトータルで支援する。(2021/1/22)

出前館、加盟店向けの配達手数料を値下げ 商品代金の30%→25%に 21年1月から
出前館が、料理の配達を代行する際に加盟店に課す手数料を値下げすると発表。これまでは商品代金の30%受け取っていた、2021年1月1日から25%に変更する。(2020/12/25)

ドコモらがクラウド型の「AI電話サービス」を提供開始 AIが電話業務を代行
NTTドコモとNTTデータは、ドコモのAI対話技術を活用した「AI電話サービス」の提供を開始した。RPAとの連携で、PC操作も含めた電話応対業務全体を自動化できる。サービスの予約や申し込みの自動受け付け、問い合わせへの自動応対、高齢者の見守り電話など、幅広い用途に対応できる。(2020/12/11)

ドコモ、会話で予約や問い合わせできるAI電話サービス RPAとの連携も
NTTドコモは12月10日から、AIが電話対応業務を代行する「AI電話サービス」を法人向けに提供する。予約や問い合わせ、会社の代表電話対応などをAIが代行する。選択肢からプッシュボタンを押してメニューを選ぶ従来の電話応答ではなく、AIと音声で会話しながら対応が進む。予約の場合など、AIから確認の電話をかけることも可能だ。(2020/12/10)

フリマ商品の保管・発送を代行「あとよろメルカリ便」正式スタート
「メルカリ」に出品した商品を提携倉庫に送れば、売れるまでの保管と、売れた後の梱包・発送を代行してもらえるサービス「あとよろメルカリ便」が正式にスタートする。(2020/12/7)

「ラクマ」が出品代行に対応 価格設定、撮影、出品、発送を丸ごと“外注”
楽天が「ラクマ」で、出品代行サービス「ラクまるっと」を開始。ユーザーが指定の集荷センターに商品を送ると、代行業者が査定して価格を決め、写真を撮って出品する。(2020/10/29)

定型作業を代行:
“RPAのサブスク”、パーソルが開始 月額5万円から
パーソルテンプスタッフは10月27日、定型業務を自動化するRPAのサブスクリプションサービス「Robot+(ロボプラ)」の提供を始めた。請求書の処理や営業レポート作成などの業務を効率化したい企業に対し、RPAを用いた業務代行を行う。料金は1ロボ(1日4時間かつ1カ月80時間以内の作業)月額5万円から。(2020/10/27)

ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え
自分の銀行口座からいつの間にか預金が引き出されてしまうという、金融セキュリティの根幹を揺るがした「ドコモ口座事件」。「口座振替という“裏口”ではなく、セキュリティが高い表玄関を利用すべきだった。ネットバンキングや銀行API接続の中で、電子マネーチャージをうながしていくべきだった」。そう話すのは、電子決済等代行事業者協会の代表理事であり、マネーフォワードの取締役を務める瀧俊雄氏だ。(2020/10/27)

特別定額給付金の詐欺メール、また出回る 今度は「申請手続き代行始めました」
特別定額給付金の通知を装う新たな詐欺メールを確認したとして、フィッシング対策協議会が注意喚起。10月15日に「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」という件名の偽メールを確認していたが、別の文面を使ったメールが出回っているという。(2020/10/19)

フィンランド発の飲食宅配代行「Wolt」、東京でサービス開始 地域密着型と手厚いサポートで他社と差別化
フィンランド発の飲食宅配代行サービス「Wolt」の日本事業を運営するWolt Japanが10月22日から渋谷や新宿、港など都内6区でサービスを開始すると発表した。Woltは3月に日本初上陸。今後、同社は100億円を投資し、ユーザー獲得を強化する。(2020/10/16)

ケンタッキーでテイクアウト用「ピックアップロッカー」試験導入 ネットで注文して非接触で受け取れる
配達代行サービスでも利用可能。(2020/10/13)

口座悪用防止やペーパレス化を支援:
金融機関の本人確認を代行 LINE Payが2021年にサービス開始へ
LINE Payは、銀行口座保有者の本人確認を「LINE」で可能にするサービスを提供する。金融機関の継続的な顧客管理を目的とする。今後は、金融以外の領域におけるさまざまな認証や簡単な申請、来店予約などに応用する。(2020/10/7)

オンライン即売会「pictSQUARE」、スパム送信疑惑を否定 SMS送信代行会社の番号が誤解の種に
pictSQUAREが認証コードの送信に利用していたSMS送信代行会社が、スパム業者にも使われていたことから誤解が生じていました。(2020/8/18)

ジモティー、中古家具の個人間取引に配送代行サービスを追加 大型商品にも対応、5kmまで500円から
地域情報サイト「ジモティー」で配送代行サービスの実証実験が始まる。大型の家具や家電などを対象に、集荷地点と届け先の距離が20kmまでの配送に対応する。料金は5kmまで500円(税込)から。(2020/8/17)

「VR墓参り」サービス開始 スタッフが360度カメラで墓を撮影、お供えやお線香も代行
コロナ禍で行きたくても行けない人のために。(2020/7/21)

「毛髪転売などのトラブルでサロン経由のヘアドネーション停止に」投稿拡散 NPO「トラブルが原因ではない」
サロンの負担、ドナーの不安解消のため送付代行は停止に。(2020/6/30)

公取も動いた銀行APIの今後 神田潤一氏に聞く
いったんの節目を迎えた銀行オープンAPI。しかし4月に公正取引委員会は「取引上の地位が優越する銀行が、契約の見直しを行い、電子決済等代行事業者に正常な商慣行に照らして不当に不利益を与える場合には、独占禁止法上問題となるおそれ」というレポートを発表した。銀行APIの今後はどうなるのか?(2020/6/24)

自称“0.2発屋芸人”ですよ。の最近は謝罪代行が大人気! 全力の「あ〜いとぅいまて〜ん」にTwitterで依頼殺到
座右の銘は「さんずの川まで、あ〜いとぅいまて〜ん」だというですよ。さんを取材しましたYO!(2020/7/5)

日本IBM、金融業界のデジタル化に照準 認証・口座振替など共通APIを提供 金融機関向けクラウドやマネージドサービスも
日本IBMが、金融業界のデジタル化の支援に注力する方針を発表。認証、届け出の処理、口座の照会・振替などに対応したAPIをクラウド経由で提供するサービスを始めた。クラウドの運用を代行するマネージドサービスや、金融機関に特化したクラウドサービスの提供も行う予定。(2020/6/17)

「半世紀分の知見を集約」 富士通、IT基盤の構築サービスを本格化 ハイブリッド/マルチクラウドに対応 売上1兆円目指す
富士通がITインフラの構築・運用サービスを本格化。今夏から新サービス「FUJITSU Hybrid IT Service」を提供する。同社の製品群などから、顧客の要件に適したものを選定・構築する他、ITインフラの運用を代行するマネージドサービスも提供。2022年度に同サービスで売上高1兆円を目指す。(2020/6/11)

エッジAI:
PR:自動車部品メーカーが販売する外観検査AIシステム、その開発基盤とは
AIの活用が進みつつある製造業から注目を集めているのがエッジAIプラットフォーム「NVIDIA Jetsonシリーズ」だ。菱洋エレクトロは、開発元のNVIDIAと協力してさまざまな顧客企業のエッジAIシステムの開発を強力に支援。既に、武蔵精密工業の外観検査AIシステム「Neural Cube」や、日本ユニシスの小売店舗向けAI業務代行ロボット「RASFOR」といった実績も積み上げている。(2020/6/1)

高齢者に優しい電話予約:
家事代行のベアーズ、東京都港区と「高齢者向け買い物代行」開始
家事代行を手掛けるベアーズ。東京都港区からの業務委託で高齢者向け買い物代行をスタート。電話予約可で高齢者にも優しく。(2020/5/27)

製造ITニュース:
スマートグラスを活用した遠隔作業支援サービスを提供
日本システムウエアは、産業用スマートグラス「RealWear」を活用した、データセンターの遠隔作業支援サービスを提供開始した。データセンターの常駐スタッフがRealWearを装着し、リアルタイムでユーザーの指示を受けながら作業を代行する。(2020/5/26)

専門家のイロメガネ:
コロナに苦しむ飲食店を前払いで応援する「さきめし」、そのリスクは?
コロナ禍で苦しむ飲食店に対して、料金を先払いして応援するサービス「さきめし」。苦しい時に助け合う、良い仕組みであると同時に、お金を先に払ってサービスは後で受けるという、過去にトラブルを繰り返してきた取引形態でもある。そしてこれは、資金決済法で問題となってきた、収納代行と適用除外の仕組みの良い例でもある。(2020/5/18)

郵便物のクラウド管理サービス 専用住所で受取代行、開封スキャンから破棄まで請負
専用住所に届いた郵便物をネット上で管理できる郵便受け取り代行サービスをWebサイト制作などを手掛けるRUNWAY Designが始めた。(2020/5/11)

ランサーズが電話代行サービス テレワーク時の”電話番出勤”に商機
ランサーズは、企業にかかってきた電話に代理応答し、取り次ぐサービスの提供を始めた。電話対応のための出勤をなくし、テレワークを推進したい考え。(2020/5/11)

新潟県のタクシー会社が「乗らないタクシー」を開始 外出自粛中の買い物などを支援
買い物や薬の受け取りなどを代行、4月20日に開始。(2020/4/20)

米Amazonや買い物代行サービスInstacartでストライキ 新型コロナウイルス対策に不服で
(2020/3/31)

ヤフー親会社、打倒アマゾン・楽天に“次の一手” ヤマトと組んでEC事業を強化 川邊社長「ナンバーワンになる」
Zホールディングスが、ヤマトホールディングスと業務提携する。「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」で、出店者の受注から出荷までの業務をヤマトHDが代行するサービスを6月30日に始める。出店者の負担を軽減して出品・販売のサイクルを加速し、先行するアマゾンジャパンや楽天に対する競争力を高める。(2020/3/24)

ヤフー親会社とヤマトHDが業務提携へ モール店舗の受注から出荷までヤマトが代行、負担減らす
ヤフーは実質送料無料キャンペーンを展開。(2020/3/24)

クラウドで“終活”支援 遺品整理の方針を入力すると、死後に業者が代行 三井住友信託銀と日本IBM
三井住友信託銀行が、単身者向け“終活”支援サービスをクラウドで効率化する。日本IBMの協力のもと、遺品整理の方針などを契約者が生前に書き残しておける書類「エンディングノート」をWebシステム化。その内容をもとに、死後の遺品整理や相続などをサポートする。(2020/3/17)

MAツール活用最前線:
CRMやMAと外部サービスを連携させて集客からクロージングまで一気通貫で――ROBOT PAYMENT
クラウド型請求管理サービス「請求管理ロボ」や決済代行サービス「サブスクリプションペイメント」などを展開するROBOT PAYMENTのMA活用について聞いた。(2020/3/3)

メルカリとヤマト、梱包・発送代行を刷新 匿名配送に対応、小型商品の集荷OK 配送料は一律に
メルカリが、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品を、宅配ドライバーが出品者の代わりに梱包・発送する「梱包・発送たのメル便」を始めた。既存サービス「大型らくらくメルカリ便」を刷新し、対応する荷物サイズを拡大した他、全国一律の配送料を採用した。匿名配送にも対応する。(2020/2/28)

製造マネジメントニュース:
サービスロボット導入をワンストップで支援するサービスを提供開始
TISは、運搬や清掃、警備などを代行するサービスロボットの導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始した。サービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、企画・検証から、導入・運用までをワンストップで支援する。(2020/1/27)

問い合わせ、料金案内、安否確認などをAIが代行――NTTドコモとNTTデータ、AIによる電話応対業務の自動化ソリューション提供へ
NTTドコモとNTTデータは、AIを活用した電話業務の自動化ソリューションを2020年4月以降に提供開始予定で、実業務における実証実験を開始した。AIによる電話応対技術とRPAを組み合わせ、PC操作を含めた電話応対業務を一貫してAIが代行するソリューションの提供を目指す。(2020/1/8)

「虚構新聞かと思った」 ロボットが自動でハンコを押す画期的(?)なシステムが開発されTwitter騒然
「機械が代行した押印」の意味を考えさせられる、ある意味哲学的なシステム。(2019/12/11)

「コンビニでも公共料金が支払える」がローソンにとっておいしくない理由
コンビニで公共料金などが支払える「収納代行サービス」の利用が増えている。利用者だけでなくコンビニにとってもおいしいサービスかと思いきや、ローソンは収納代行手数料の見直しを求めているという。(2019/12/6)

段ボールに詰めて送るだけ:
引っ越しの不要品、フリマアプリで売ってもらえる代行サービス 楽天など3社が提供
(2019/11/26)

ドローンで物流の在り方は変わるのか、セイノーHDが陸上輸送との組み合わせを下関で検証
セイノーホールディングスは、ドローン物流の社会実装に向けたビジネスモデル実証に取り掛かる。買い物代行サービスに注文が入った商品を、陸上輸送とドローン輸送を組み合わせて配達する。(2019/11/26)

予約代行AI「Google Duplex」で映画のチケット購入が可能に(米英で)
ユーザーに代わって美容室やレストランを予約してくれるGoogleのAI「Duplex」が、今度は映画のチケットも購入してくれるようになった。利用できるのは米国と英国。次はレンタカーの予約も可能にする計画だ。(2019/11/22)

Alexaで料理を注文すると上限1万円キャッシュバック 「出前館」のキャンペーンに注文殺到 わずか数日で終了
宅配サービス受注代行サービス「出前館」がAlexaから料理を注文すると上限1万円までキャッシュバックするキャンペーンを始めたところ、注文が殺到。早期終了した。(2019/11/20)

IoTセキュリティ:
IoT関連のアンダーグラウンド市場調査――攻撃代行などビジネスが活発化
トレンドマイクロが「IoT関連のアンダーグラウンドビジネス概況」の調査結果を発表した。DDoS攻撃の代行サービスをはじめ、サイバー犯罪者によるサービスや情報の売買が活発になっていることが明らかになった。(2019/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。