ニュース
» 2016年12月07日 19時45分 UPDATE

「mineo」に「持込み端末安心保証サービス」が登場 「プレミアムコース」は2017年2月に正式サービス化

ケイ・オプティコムの「mineo」が、ユーザー自ら用意した端末に対する保証(補償)サービスの提供を開始した。また、専用通信帯域を確保する「プレミアムコース」を2017年2月から正式サービスとして提供することも決定した。

[井上翔,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは12月1日、同社のMVNOサービス「mineo」において「持込み端末安心保証サービス」の提供を開始した。また同日、2017年2月1日から「プレミアムコース」の正式サービスを開始することを発表した。

持込み端末安心保証サービス

 「持込み端末安心保証サービス」は、ユーザーが自分で用意した端末に対して、修理代金の保証(補償)や、代替端末を提供するサービス。月額料金は500円(税別)で、既存のmineoユーザーも申し込むことができる。

http://mineo.jp/assets/img/option/devicewarranty/mv.jpg

 保証対象は「mineoのSIMでデータ通信を日常的に使用しているスマートフォンまたはタブレット端末」で、具体的な対象端末は、mineoのWebサイトから確認できる。

 サービス申込時には、保証を希望する端末の製造番号(IMEI)を登録する必要がある。申込時には直近に通信した端末のIMEIが自動入力されているが、それ以外のIMEIを登録することもできる。登録後に保証対象の端末を変更することもできる。

 申込後、課金2カ月目(対象機種変更時は31日目)から保証サービスを受けることができる。それ以前は保証対象外(免責)期間となるので注意しよう。

免責期間 持込み端末安心保証サービスには免責期間が設定されているので注意

 保証は1年に2回まで、端末が自然故障、水濡れ、落下、破損した場合に適用できる。保証の上限金額は4万円(税込)で、超過した費用は別途請求される。請求適用時の自己負担金(免責金額)は以下の通り。

  • 故障修理時:無料
  • 端末交換時:1回目は5000円、2回目は8000円(いずれも税別)

 修理時に代替機が必要な場合は1回3000円(税別)でレンタルできる。ただし、iPadの代替機はiPhoneとなる。交換時の交換機は、ケイ・オプティコムが指定した端末となる。なお、保証端末にキャリアブランドの端末を指定した場合は、交換対応のみとなる。

プレミアムコース

 「プレミアムコース」は、通常のmineoユーザーとは別のデータ通信帯域を用意することによって、混雑時にもより快適な通信ができるサービス。これまで、無料・有料のトライアルを1回ずつ実施してきた。

プレミアムコースの概要

 正式サービスはオプション料金は800円(税別)で、基本データ容量が「5GB」「10GB」のプランを契約しているmineoユーザーが申し込める。ただし、申込者が全員加入できるわけではなく、一定の期間(1回目は2017年2月1日〜2月14日、2回目以降は別途告知)に申し込んだユーザーの中から抽選で当選した人だけが加入(コース変更)できるという仕組みとなっている。

 1回加入すれば、プレミアムコースかmineoそのものを解約するまで利用できる。プレミアムコースを解約後、再度プレミアムコースを利用したい場合は、再度抽選を受ける必要があるので注意が必要だ。

第2回トライアル参加者は期間延長→自動移行(一部を除く)

 正式サービスの仕様決定に伴い、第2回トライアルの期間は2017年1月31日まで延長された。翌2月1日以降は、正式サービスに自動移行する。

 ただし、正式サービスにおいて基本データ容量の条件が5GB以上になったことから、基本データ容量「3GB」のトライアルユーザーは、2017年1月25日までにデータ容量を5GB以上に変更しないと自動移行の対象外となるので注意しよう。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう