ニュース
» 2017年04月13日 19時27分 UPDATE

ドコモとゼンリン、自動車向けのAIサービスを開発 自然対話・先読み技術を活用

NTTドコモ、ゼンリン、ゼンリンデータコムは、AI技術を活用した自動車向けの音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」を共同開発。4月17日から法人向けに提供を開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモ、ゼンリン、ゼンリンデータコムは、4月17日にAI技術を活用した自動車向けの音声エージェントサービス「AIインフォテイメントサービス」の共同開発を発表。あわせて、NTTドコモが法人企業向けに提供を開始する。

Photo AIインフォテイメントサービスイメージ

 ドコモの「自然対話技術」「行動先読み技術」「高度情報検索技術」と、ゼンリンが提供するカーナビ向け地図・コンテンツ、それらを利用するために必要なゼンリンデータコムの検索エンジンを新たに開発し、カーナビメーカーなどに提供する。

 自然対話技術によってドライブ中に音声で操作ができ、会話を重ねればドライバーの好みに合わせた情報を配信するようになる。

 行動先読み技術により、ドライバーのよく行く場所や利用するルートなどを自動で解析し、目的地に関する情報を適切なタイミングでドライバーに伝える。

 高度情報検索技術をゼンリンデータコムの施設検索エンジンに追加したことで、目的地検索で対象施設がSNS上でどれほど話題になっているかなどの解析結果を加え、人気度情報順に表示することもできる。

 他に、スマートフォンと連携した通知や生活情報などの各種情報配信も行う。

Photo サービス利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう