ニュース
» 2017年06月22日 18時04分 UPDATE

IoTスマートホームを活用した「未来の家プロジェクト」開始 ドコモらが横浜市で

and factory、横浜市、NTTドコモは、IoT機器やセンサーで住人の快適な生活をサポートする「未来の家プロジェクト」を実施。約2年間の実証実験を行い、実際の生活ログを解析しながら評価する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 and factory、横浜市、NTTドコモは、6月22日にIoT機器やセンサーで住人の快適な生活をサポートする「未来の家プロジェクト」を開始した。

未来の家プロジェクト 「未来の家プロジェクト」イメージ

 本プロジェクトは、4月11日に横浜市が立ち上げた「I・TOP横浜」の一環。IoTや人工知能(AI)の活用で居住者の生活状態を可視化し、快適な室内環境作りを推進していく。三者は住宅メーカーやIoT機器メーカーなど横浜市内の中小企業などと協力し、IoT家電やセンサーなどを実装した「IoTスマートホーム」で約2年間の実証実験を実施。実際の生活ログを解析し、居住者の生活状態や快適さについて評価する予定だ。

未来の家プロジェクト 洗面台の前に埋め込まれた体重計に乗ると、現在の体重がリアルタイムにスマートミラーに表示される
未来の家プロジェクト ソファに座っている時のストレス状態を計測。アプリからリモコン操作でテレビのチャンネルを変えたり、エアコンの温度を調整したりできる

 IoTスマートホームでは住人の生活をスキャンし、収集された各種時系列データに基づいてIoT機器を自動制御。睡眠状況や接種カロリーなど複数のデータをクラウド上に収集して可視化し、健康や生活状態を把握するとともに、アプリでIoT機器などを一括で制御できる。AI技術で快適な生活をサポートし、健康管理も行える未来型の住宅を目指す。

未来の家プロジェクト アプリのイメージ

 and factoryでは日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を生かし、居住者のユーザー体験設計と居住者が便利で快適な生活を送るためのUI設計、アプリ開発を行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう