ニュース
» 2017年09月08日 17時48分 公開

KDDIが沖縄に“IoTごみ箱”を設置 LTE-Mを活用

KDDIは、沖縄セルラー協力のもとでIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)を活用した屋外実証実験を実施。ごみ箱のごみ量の遠隔監視を行い、集積量をリアルタイムに把握することで回収の効率化やコスト削減などを実現する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは、9月8日にIoT向け通信規格LTE-M(Cat.M1)を活用した屋外実証実験について発表した。

Photo LTE-Mを活用したごみ箱の屋外実証実験

 本実験は沖縄セルラー協力のもと、9月2日から9月8日までごみ箱が設置されていない沖縄県那覇市の国際通り商店街へIoTセンサーを取り付けたごみ箱を設置し、定期的にごみの集積量を管理サーバに通知。ごみの集積量をリアルタイムに把握し、適切なタイミングで回収することで、ごみあふれの防止やごみ回収の効率化、回収にかかわるコスト削減などの実現可能性、有効性を検証した。

Photo 設置イメージ
Photo IoTごみ箱と管理画面イメージ

 通信にはLTE-Mを試験的に活用。LTE-Mは、省電力かつ広域なエリアカバレッジ、高い浸透率が特長のIoT向け通信技術LPWA技術の1つで、携帯電話網を利用する。実際の市街地でのLTE-M活用により、ビジネスユースケースの有効性や電力消費量、電波の浸透などの検証も行った。

 今回の実証実験では安定した通信接続を確認できており、今後も実験を重ねて2017年度のLTE-M商用化を目指していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう