レビュー
» 2017年09月28日 16時30分 公開

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:「iPhone 8 Plus」のカメラはどれだけ進化したのか? 7 Plusと撮り比べ (1/5)

毎年恒例の新型iPhoneカメラレビュー。iPhone 8 Plusは、7 Plusがデュアルカメラを搭載してきたときのようなインパクトはないのだけど……。撮ってみると、画質が良くなっていると感じるのだ。

[荻窪圭,ITmedia]
iPhone 8 Plus 向かって左がiPhone 8 Plus。右がiPhone 8

 毎年恒例、新型iPhoneカメラ性能チェックのコーナーがやってまいりました。

 今回、iPhone 7 Plusがデュアルカメラを搭載してきたときのようなインパクトはない……んだが……。

iPhone 8 Plus iPhone 8 Plus(上)とiPhone 8(下)
iPhone 8 Plus iPhone 8(右上)とiPhone 7(左下)

 撮ってみると、ん? なんか画質が良くなった気がするぞ、と。ディスプレイがよくなったせいもあるけど、PCに吸い上げて同一条件で見比べると、確かにキレイに写っている。それが最初のチェックポイント。

 続いてデュアルカメラモデルならではのポートレートモードと、iPhone 8 Plusでのみ楽しめるポートレートライティング。

 最後にiOS 11でサポートされたLive Photosの応用機能。

 という感じでいってみよう。

iPhone 8では暗部の階調と赤や青の発色がよくなった

 ではiPhone 8 Plusのカメラで撮る。iPhone 8のカメラとiPhone 8 Plusの広角カメラは同じものなので8 Plusの方をチェックしていく。

iPhone 8 Plus iPhone 8 Plusで撮影するの図。背面が7層コーティングのガラスになり、真っ白というよりは乳白っぽい半透明感があってつややか

 カメラアプリの撮影画面はこう。左がiOS 11にしたiPhone 7 Plus、右がiPhone 8 Plusだ。

iPhone 8 Plus iPhone 7 Plus(左)とiPhone 8 Plus(右)のカメラアプリの画面。よく見るとちょっと違う

 実はほんのちょっと違うのである。いきなり細かい話で申し訳ないけど、iPhone 8 Plusには「HDR」の項目がない。

 実は、カメラの設定に「自動HDR」ってのが追加されて、これがオンになっていると完全にカメラまかせになってメニューから消えるのだ。

iPhone 8 Plus 「自動HDR」の項目はiOS 11化したiPhone 7には出てこない

 なのでHDRがなくなったわけじゃない。気にしなくてOK。これをオフにすると、メニューにHDRが現れる。

 で、両方で撮り比べてみる。その前に、相変わらずアジア系Android機が得意な「美肌」「ビューティー」「メークアップ」といった処理はありません。そこはもうカメラ機能に対する思想の違いといっていいんじゃないかというレベルで、そういう処理をしたい人は別途サードパーティー製アプリでやるべし、である、ってことは念頭においといてください。

 さて違いは出るか。

iPhone 8 Plus iPhone 7 Plus
iPhone 8 Plus iPhone 8 Plus

 違うでしょ。色と階調が違う。

 iPhone 8 Plusの方がシャドー部の階調がしっかり残っている。肌の色がちょっと濃いめに出るのは好みではあるが、シャドー部の階調がしっかりしたのはいい。

 もうちょっと分かりやすい1枚。髪の毛や背景のレンガ、唇の色を見るべし。こちらはiPhone 8で撮った写真も入れてみた。

iPhone 8 Plus iPhone 7 Plus
iPhone 8 Plus iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plus iPhone 8

 さて、赤の発色が変わった(だから肌色もちょっと赤みを帯びている)、と思った私は赤いものを撮り比べてみたのである。

 上がiPhone 7 Plus、下がiPhone 8 Plus。望遠カメラで撮影。一目瞭然でした。iPhone 8 Plusの方が赤がキレイ。

iPhone 8 Plus iPhone 7 Plus
iPhone 8 Plus iPhone 8 Plus
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう