ニュース
» 2017年11月07日 22時02分 公開

IIJ、「フルMVNO」サービスを2018年春に提供 訪日外国人向け・ローミング用SIMなど

IIJが「フルMVNO」の現状について説明。フルMVNOの準備はスケジュール通り進んでおり、2018年3月までに、法人向けや訪日外国人向けのサービスも提供する。ローミング用SIMの提供も予定している。

[田中聡,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が11月7日、「フルMVNO」サービスの現状と今後の予定について説明した。

 フルMVNOでは、MVNOが通信キャリア(今回はNTTドコモ)の加入者管理機能「HLR/HSS」を保有することで、MVNO自らがSIMカードを発行し、多様な通信サービスを提供できるようになる。例えば「eSIM」を使い、通信機能を内蔵したデバイスに、あらかじめSIMを埋め込んで出荷することも可能になる。

 より柔軟な料金プランを設定できるのもフルMVNOのメリット。「日割り課金や完全従量課金もあり得る」とMVNO事業部長の矢吹重雄氏は説明する。またMVNO事業部 MVNOセールス・プロモーション部 事業統括室 担当部長の佐々木太志氏は、回線を一時停止して再開できるのも、フルMVNOならではの機能例として説明した。

フルMVNO フルMVNOになることで、より多様なニーズに応えられるようになる
フルMVNO 現在のライトMVNO(上)とフルMVNO(下)との違い
フルMVNO IIJ MVNO事業部長の矢吹重雄氏

 矢吹氏によると、フルMVNOの準備はスケジュール通り進んでいるとのことで、当初の予定通り、2017年度中(2018年3月まで)にサービスを提供する。第1弾として予定しているのが、「法人向けサービス」と「訪日外国人向けのプリペイドサービス」の2つ。

 法人向けサービスは、「IIJモバイル/I」といった名称を想定しており、「サービス体系が複雑化しているので、法人のお客さまが利用しやすい機能を選べるようにする」(矢吹氏)見込み。訪日外国人向けプリペイドサービスは、現在提供している「JAPAN TRAVEL SIM」のメニュー構成を変えたものになる。

 逆に、日本人が海外でデータ通信をする際も、フルMVNOのサービスが役に立つ。「ドコモ回線を使ったローミングは、WORLD WINGが唯一の選択肢だが、フルMVNOになることで、各国のキャリアやMVNOと提携して、WORLD WINGにはないようなサービスを展開できる」と矢吹氏は説明する。従量課金制度で、WORLD WINGより安い料金を見込む。新たなローミングサービスは「各MVNOと会話をし出したところなので、少し時間がかかりそう」だが、「来春(2018年春)をめどに提供したい」(同氏)とのこと。

 将来的には、「海外キャリアの提供している割安な通信サービスを(IIJの)SIMカードに書き込む」「訪日外国人が成田空港に着いてスマホを起動したらIIJの通信に自動で切り替わる」(佐々木氏)といった機能の実装も視野に入れている。

 現在の個人向け「IIJmio」に、フルMVNOのサービスが追加されるかは未定だが、この点はあまり積極的には考えていないようだ。というのも、現在フルMVNOとして提供できるのはデータ専用SIMのみで、音声SIMは対応していない。矢吹氏は「フルMVNOをやるとき、個人向けをやるかどうかは議論があったが、IoTや法人を意識している」と話す。当面、個人向けは訪日外国人向けやローミング用途に絞り、フルMVNOバージョンのIIJmioが登場するのはもう少し先になりそうだ。

フルMVNO
フルMVNO 7日には、IIJがフルMVNOとして発行したSIMカードを挿したiPhoneやAndroidスマートフォン、eSIMを展示。スマートフォンのピクトエリアに「IIJ」の表示を確認できた
フルMVNO SIMカードの台紙デザインも自由に決められる
フルMVNO eSIMも展示していた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう