調査リポート
» 2018年02月07日 06時30分 公開

スマートフォン利用率は日本77.9%、米国93.0% 日本の中古端末購入率は4.5%に

MMD研究所がオークネット総合研究所と共同で実施した「日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」の結果を発表した。スマートフォンの利用率は日本77.9%、米国93.0%となり、日本の中古端末購入率は4.5%と016年4月から2.7ポイントアップしたという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は2月6日、オークネット総合研究所と共同で実施した「日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査」の結果を発表した。インターネットでの調査期間は2017年12月15日〜12月21日、対象者は日本在住の15歳〜69歳の男女1007人とアメリカ在住15歳〜69歳の男女1241人。

 日本・アメリカの対象者それぞれに現在メイン利用している携帯電話端末を聞いたところ、日本のスマートフォン利用率は77.9%、フィーチャーフォン利用率は17.7%、アメリカのスマートフォン利用率は93.0%、フィーチャーフォン利用率は3.3%となった。スマートフォン・携帯電話の所有者に現在利用している端末の購入・入手方法は、日本の93.9%、アメリカの78.5%が「新品の端末を購入した」と回答。中古端末の割合は日本が4.5%、アメリカが13.0%で、日本は2016年4月に行った調査の1.8%から2.7ポイントアップしている。

Photo
Photo
Photo

 日本のスマートフォン・携帯電話の所有者へ端末の処分方法を聞いたところ「自宅保管」が最多の60.7%、「キャリア下取り」が20.6%、「中古買取店へ売却」が5.2%。2017年4月の同様の調査と比較すると「自宅保管」が55.0%から5.7%増、「キャリアの下取り」が25.8%から5.2%減、「中古買取店への売却」が3.9%から1.3%増となった。

Photo

 同様にアメリカでは「キャリアの下取りサービス(20.7%)」と「中古買取店への売却(5.4%)」は日本とほぼ割合が変わらない一方、日本よりも「自宅保管」が17.0%少ない43.7%となった。また家族・友人に譲った」は日本よりも10.7%多い12.3%となっている。

Photo

 スマートフォン・携帯電話を「自宅で保管している」と答えた日本・アメリカの対象者に理由を聞いたところ、日本では「個人情報の流出が心配で手放せない」が31.0%、アメリカでは「いつか使うかもしれないから(譲る予定を含む)」が28.2%で最も多くなった。

Photo

 日本の新品端末購入者(903人)と中古端末購入者(44人)に現在のスマートフォン・携帯電話の月額料金を聞いたところ、新品端末購入者の最も多い金額のレンジは「5000円以上1万円未満」で42.6%。中古端末購入者の最も多い金額のレンジは「3000円未満」の36.4%となる。同様に、アメリカの新品端末購入者(938人)と中古端末購入者(156人)の最も多い金額のレンジはどちらも「5000円以上1万円未満」で、それぞれ37.2%と44.9%となった。

Photo
Photo

 スマートフォン・携帯電話が故障した際にに修理依頼をしたことがあるユーザーに修理費用について聞いたところ、日本では「無料」という回答が最も多く39.6%となり、アメリカでの最多「5000円以上7000円未満」の19.5%で、次いで「無料」の18.7%となった。この結果は日本国内の補償サービス加入率は54.4%、アメリカの加入率は33.8%という差が関連していると考えられる。

Photo
Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう