ニュース
» 2010年02月16日 14時00分 UPDATE

2010年PC春モデル:ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――高級モバイル、新シリーズ、エコボディのNetbook (1/2)

ソニーは「VAIO」の2010年春モデル第2弾を2月27日より順次発売する。登場したのは、フルモデルチェンジしたハイエンドモバイルの「VAIO Z」など、3シリーズのノートPCだ。

[ITmedia]

VAIOノート新モデルの特徴

ラインアップ

  • 13.1型モバイルノートのVAIO Zをフルモデルチェンジ
  • カラフルな15.5型スタンダードノートのVAIO Eシリーズが登場
  • NetbookのVAIO Wに直販限定で[エコボディモデル]を追加

ハードウェア

  • VAIO Zがインテルの新プラットフォームを採用し新型ボディに変更
  • VAIO Zに内蔵/外部GPUの自動切り替え機能を追加
  • VAIO ZにデュアルSSD、クアッドSSDを採用
  • VAIO ZでAdobe RGBカバー率96%のフルHD液晶が選択可能
  • VAIO EのCPUにCore i3/5/7シリーズを搭載

ソフトウェア

  • VAIO ZEの店頭モデルに64ビット版Windows 7 Home Premiumをプリインストール
  • VAIO W[エコボディモデル]に32ビット版Windows 7 Starterをプリインストール
  • VAIO ZはWindows 7 ProfessionalダウングレードによりWindows XPも選択可能
  • VAIO ZEに独自の写真・動画管理ソフト「PMB VAIO Edition」を搭載
  • VAIO ZEに独自のサポートソフト「VAIO Care」を搭載


2010年春のVAIO第2弾は3シリーズのノートPCが登場

 ソニーは2月16日、「VAIO」の2010年PC春モデル第2弾を発表した。同社は2010年1月18日に春モデルの第1弾製品を発表済みだが、今回新たにフルモデルチェンジを果たしたハイエンドモバイルノートPC「VAIO Z」、スタンダードノートPCの新シリーズ「VAIO E」、エコに配慮したNetbook「VAIO W[エコボディモデル]」の3シリーズがラインアップに加わった。

 発売日はVAIO EVAIO W[エコボディモデル]が2月27日、VAIO Zが3月6日の予定だ。VAIO EVAIO Zは店頭販売向けの標準仕様モデルと、購入時に仕様が選べるソニースタイル直販のVAIOオーナーメードモデルが用意されている。VAIO W[エコボディモデル]は、VAIOオーナーメードモデルのみの取り扱いだ。

tm_0216vaio01.jpg 高級志向のモバイルノートPC「VAIO Z」
tm_0216vaio02.jpg 豊富なカラバリをそろえたスタンダードノートPC「VAIO E」
tm_0216vaio03.jpg エコに配慮して作られた「VAIO W[エコボディモデル]」

持ち歩けるメインマシンをさらに追求した「VAIO Z」

tm_0216vaio04.jpg VAIO Zの直販モデルはブラックのカラーも選択可能

 3シリーズの中で一番の注目は、2010 International CESで参考出展された最上位モバイルノートPCのVAIO Z新モデルが正式発表されたことだ。2008年夏モデルで初めて登場して以来、マイナーチェンジを繰り返してきたが、今回初めてフルモデルチェンジが行われた。

 ボディは前モデルの基本デザインを継承しつつ、キーボードパネルとパームレスト、そして電源周囲のシリンダー部分までを1枚の削り出しアルミ板で仕上げ、高級感と堅牢性、軽量化に配慮した。薄型軽量モバイルノートPCの「VAIO X」で培った技術も盛り込み、スペックアップしながらボディの薄型化と軽量化を果たしている。本体サイズは314(幅)×210(奥行き)×23.8〜32.7(高さ)ミリ、重量は約1.36キロ(直販モデルは約1.35〜1.62キロ)だ。

 VAIO Z最大の特徴は、本体内蔵のスイッチから、高性能な外部GPUと消費電力が低いCPU統合グラフィックスコアを状況に応じて切り替えられる「ダイナミック・ハイブリッドグラフィックス」機能にあるが、新モデルではAUTOモードが追加された。これはACアダプタ接続時に外部GPUを使い、バッテリー駆動時にCPU統合グラフィックスコアを使うように、グラフィックス機能を自動で切り替えるモードだ。モード切り替えにシステムの再起動は不要で、一瞬画面が暗くなるだけで完了する。

 基本スペックは、CPUを従来のCore 2 DuoからCore i5/7(開発コード名:Arrandale)に世代交代し、外部GPUにNVIDIA GeForce GT 330M(専用グラフィックスメモリ1Gバイト)、データストレージにRAID 0構成の合計128GバイトデュアルSSDや合計512GバイトクアッドSSD(1枚の基板でデュアルSSDを実現する独自モジュール採用)、ディスプレイに1600×900ドット表示もしくは1920×1080ドット表示の広色域液晶を採用するなど、大幅にパワーアップした。バッテリー駆動時間は、付属の標準バッテリー(6セル)で約7.5時間、別売のLバッテリー(9セル)で約11時間をうたう。

 Core i5-520M(2.4GHz/最大2.93GHz)搭載の標準仕様モデルは予想実売価格が24万円前後、VAIOオーナーメードモデルの直販価格は15万9800円からだ。

tm_0216vaio05.jpg 肉厚なアルミの1枚板を押し出し成型で加工した後、1枚ずつ削り出して成型するシリンダー、キーボードパネル一体型のパームレスト。必要な部分のみ厚さを増し、剛性と軽さを両立した
tm_0216vaio06.jpg 「ダイナミック・ハイブリッドグラフィックス」機能の切り替えスイッチ。SPEEDは外部GPU、STAMINAはCPU統合グラフィックスを利用する。AUTOは自動切り替えだ
tm_0216vaio07.jpg 独自仕様のSSDモジュールは基板の両面に64Gバイトのフラッシュメモリとコントローラをそれぞれ実装し、1枚の基板でRAID 0構成のデュアルSSDを実現している

デザイン&カラバリ重視の新スタンダードノート「VAIO E」

tm_0216vaio08.jpg ビビットなカラーが目を引く「VAIO E」

 新シリーズのVAIO Eは、「VAIO N」の後継となるスタンダードノートPCだ。15.5型ワイド(1366×768ドット表示)の画面サイズはそのままに、ボディデザインを一新し、落ち着いたトーンから色鮮やかなものまで豊富なカラーバリエーションを用意するとともに、基本スペックを強化している。

 最大の見どころとなるカラーバリエーションは、細かなデザインパターンが施された光沢あるブルー、ピンク、グリーン、ブラック、ホワイトの5色と、無地で非光沢のマットブラックとマットホワイトの2色をそろえる。このうち、グリーン、マットブラック、マットホワイトは直販限定カラーだ。

 光沢カラーのモデルは、透明な天面にインモールド成型でデザインパターンを転写した後、裏側から塗装を加えることで、VAIOロゴやパターンの影が奥行き感を演出する独特の外装に仕上がっている。光沢カラーのモデル向けに、オプションで5色のカラフルなキーボードカバー(キーボードウェア/2980円)が用意され、着せ替え感覚でカラーコーディネートを楽しめるのもユニークな試みだ。

 CPUはVAIO NのCore 2 DuoからCore iシリーズに進化し、標準仕様モデルはCore i5-430M(2.26GHz/最大2.53GHz)やBlu-ray Discドライブ搭載の上位機種(予想実売価格16万円前後)と、Core i3-330M(2.13GHz)やDVDスーパーマルチドライブ搭載の下位機種(予想実売価格14万円前後)が用意される。直販モデル(直販価格8万9800円〜)では、1920×1080ドット表示の液晶ディスプレイやCore i7-620M(2.66GHz/最大3.33GHz)、外部GPUのATI Mobirity Radeon HD 5650(専用グラフィックスメモリ1Gバイト)などを選択可能だ。

tm_0216vaio09.jpg 天面はインモールドと塗装を組み合わせることで、VAIOロゴとデザインパターンが浮き上がって見える凝った仕上がりだ
tm_0216vaio10.jpg オプションのキーボードカバーは全5色を用意。厚さ0.3ミリのシリコン製で、アイソレーションキーボードにぴったり装着できる
tm_0216vaio11.jpg 5色の光沢カラーモデルと5色のキーボードカバーを組み合わせることで、全25通りのバリエーションが楽しめる


Sony Style(ソニースタイル)
Sony Style(ソニースタイル)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.