ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WWF」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金

スピン経済の歩き方:
やっぱり、前澤社長が悪いのか 「ZOZO離れ」の原因
「ZOZO離れ」が止まらない。有名ブランドが次々に離れている事態を受けて、「前澤社長の言動が悪い」といった指摘があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は、ちょっと違う見方をしていて……。(2019/2/26)

「処分は決定次第すべてを受け入れる覚悟」 不倫報道のTAKAみちのくが謝罪
「鈴木軍は窓際」発言に憤慨するプロレスファンも。(2018/11/6)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(3):
環境目標の“科学的な整合性”を裏付ける、SBT認定の手順とポイント
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第3回は代表的な気候変動イニシアチブである「SBT(Science Based Target)」の認証取得に向けたポイントについて解説する。(2018/11/6)

動物たちのかわいいセルフィーから見える地球環境問題 世界中に点在する32種の動物たちが「自撮り」で訴え
森林破壊から“オレ史上最速で動いて逃げている”ナマケモノなどが紹介されている。(2018/10/13)

WWFがヤフーに象牙取引停止求める、ヤフー「違法取引許容せず」
(2018/9/14)

コラボレーションには役立つが……
「Workplace by Facebook」は“脱Slack”の手段ではない?
「Slack」「Microsoft Teams」がビジネスツールとの連携を加速させる中、Facebookは「Workplace by Facebook」に同じ道を歩ませようとしている。それはユーザー側が本当に求めていることなのか。(2018/8/22)

密漁と“密輸ロンダリング”が支える「土用の丑の日」:
ウナギ業界の「異常」にイオン、岡山のベンチャーが立ち向かう理由
今年もウナギ業界最大のお祭り「土用の丑の日」がやってきた。だが、そのお祭りを支えるのは、暴力団による密漁、そして香港を経由した「密輸ロンダリング」など、「異常」とも呼べる数々の違法行為だ。遅々として進まない日本政府の取り組みを尻目に、イオンや岡山のベンチャー企業「エーゼロ」は持続可能な養殖に向けて挑戦を始めている――。(2018/7/20)

プロダクト自体を評価する賞も新設:
「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイナリスト48作品の中から受賞22作品を決定したと発表した。(2018/7/13)

駅ホームに電光板が落下、本屋もぐちゃぐちゃに…… 大阪北部の地震、Twitterに被害の写真が続々集まる
小学校ではブロック塀が倒壊し、9歳女児が下敷きになって死亡する事故も。(2018/6/18)

WWFジャパン、絶滅危惧種ニホンウナギへの早急な対策求める要望書を農水相に提出
ニホンウナギの国際的な資源管理の強化と、国内シラスウナギ採捕・取引の管理強化を求めています。(2018/6/4)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
プロレスって本気の戦いですか? 失礼な話である
2月4日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)で、社会学者の古市憲寿氏が「プロレスって本気の戦いなんですか?」と発言した。プロレスの多くの試合は事前に用意されたシナリオ通りに進行しているので、リングに上がるレスラーも「本気」ではないのか。いや……。(2018/2/9)

ソニーの「aibo」 顔が「金色」の限定アイボ、こっそりお披露目
ソニー本社で開催されたaibo発売イベントに、実は顔が「金色」の限定モデルが登場していた。(2018/1/12)

省エネ機器:
日本工場のCO2排出ゼロに、製薬大手がグリーン証書で
製薬会社のノボ ノルディスクファーマは、2018年から国内工場で利用するエネルギーをCO2を排出しないエネルギーに100%転換した。(2018/1/10)

WWF メコン川流域で1年間に115種の新種生物が発見されたと発表
手放しに喜べない現実もありました。(2017/12/27)

ソニーが「aiboチャリティオークション」結果発表、落札金額の全額を生物多様性保全活動に
ソニーは12月20日、aiboチャリティオークションの結果を発表した。落札金額の全額1094万4551円をWWFジャパンに寄付する。(2017/12/20)

ソニーのロボット「aibo」金色モデル 落札金額合計1094万4551円
ソニーのロボット「aibo」のチャリティーオークションが終了した。(2017/12/10)

チャリティーオークションにソニーの新「aibo」が出品中 限定モデルで11台のみ
100万円近い価格が入札されています。(2017/12/7)

ソニー、顔が“金色”のアイボ11台をチャリティーオークション 生物多様性保全活動に寄付
ソニーが特別仕様の「aibo」11台を「ヤフオク!」に出品。落札金の全額を寄付する。(2017/12/5)

ポスターですか? いいえ、毛布です。 リアルすぎる動物プリントのブランケットが冷えた体を包み込む
実物より大きいですよね?(2017/10/2)

ITりてらしぃのすゝめ:
Twitterで“身に覚えない”投稿 「アプリ連携」の落とし穴
Twitterで身に覚えのないツイートが――よく分からないサードパーティー製アプリに「アクセスを許可」した記憶はありませんか?(2017/7/6)

自分の名字と「絶滅の危機にある動物」を組み合わせてはんこにできる WWFジャパンが保護活動キャンペーン
気軽に参加できる保護活動。(2017/6/28)

Appleが直営店のリンゴを緑に光らせる意味
私たちがその製品を選ぶ動機になるもの。(2017/4/21)

自然エネルギー:
2050年に自然エネルギー100%、脱炭素の長期シナリオ
環境保全団体のWWFジャパンが2050年までに自然エネルギーを100%に高める長期シナリオを策定した。太陽光をはじめ自然エネルギーの電力・熱と水素を最大限に拡大する一方、産業分野を中心にエネルギー消費量を半減させる。理想に向けたシナリオだが、実現には課題も多い。(2017/2/20)

衛星から森林を監視 企業は環境破壊を止められるか?
(2017/2/17)

自然エネルギー:
鳴門市の沖合に洋上風力発電を導入へ、50MW級の適地を抽出
徳島県の鳴門市が洋上風力発電の適地を抽出する調査に着手した。渦潮で有名な鳴門海峡の周辺海域を対象に、50MW級の洋上風力発電所を建設できる適地を設定する。漁業や船舶の航行に対する影響などを評価したうえで、適地・不適地を表すゾーニングマップを作成して導入計画に生かす。(2017/2/2)

もふもふシロクマが自宅にやってくる……! 超リアルな実物大の「シロクマ親子」が発売
本当に眠っているかのよう。(2017/1/5)

連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第4回
Open Compute Projectが目指した「データセンター電力効率99%超」、その成否は?
そもそもFacebookがサーバをはじめとするデファクトスタンダード規格を提唱したのは、データセンターの電力効率を改善するためだった。その試みは成功したのだろうか。(2016/12/15)

折り紙のような野生動物が室内を駆ける! 人間と自然の関わりを描いた動画「Paper World」が秀逸
「WWF」ハンガリー支部のために制作されたCGショートフィルム。(2016/12/10)

Apple Payでユニセフなど非営利団体への寄付が可能に(まず米国で)
UNICEF、WWF、(RED)などの非営利団体のWebサイトで「Apple Pay」ボタンが設置され、簡単に寄付できるようになった(ただしまだ米国からのみ)。(2016/11/15)

ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生! 「アドベンチャーワールド」で15頭目に
お母さんはアドベンチャーワールドで最初の赤ちゃんでした。(2016/9/18)

写真展:
田中 光常 写真展「動物たち」
(2016/6/27)

会議室はいらない! 通路は狭い方がいい! 異色集団チームラボが考えるオフィス空間とは
会議室を作らない、ホワイトボートもいらない、通路はできるだけ狭く――。モノ作りに適した空間を作るためにこだわり抜いたチームラボのオフィスを紹介する。(2016/5/27)

「神木隆之介さんは223センチのプロレスラー」 MapFanが同じ誕生日のアンドレ・ザ・ジャイアントさんと盛大に間違えて紹介
神木くんつよい。(2016/5/19)

アプリで遊んで環境保護 Appleがアースデイのチャリティ・キャンペーン
特典もらって楽しくお勉強。(2016/4/19)

「スマホがぬれた」と勘違いする人も LINEのアイコンが葉っぱになった理由
LINEのアイコンが水にぬれた葉っぱに変更。スマホの画面がぬれたと勘違いするユーザーも現れた。(2016/4/15)

LINEに水滴が…… LINEのアイコン変更で水滴を拭き取ろうとする人が続出
拭き取りたいけど拭き取れない。(2016/4/15)

LINEのアイコンが変更 「スマホに水こぼした?」 拭こうとするユーザーも
iOS版「LINE」のアイコンに水滴の描写が加わり、「スマートフォンに水をこぼしたかと思って拭こうとしてしまった」と告白するユーザーが続出している。(2016/4/15)

野生のトラ、100年ぶりに増加 世界で3890頭に
全世界の野生トラの個体数が100年ぶりに増加したとWWFが発表した。(2016/4/11)

野生のトラの個体数が100年ぶりに増加 WWFが保護活動の成果を発表
2010年では3200頭だった個体数が3890頭に。(2016/4/11)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

WWFの密猟禁止ポスターで盗作疑惑 英国のデザイナーが指摘
真相ははたして……。(2016/1/3)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン 第72回:
COP21に参加した世界のリーダーへ、地球への思いをTwitterで直訴
「気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)」の開催に合わせてWWFが公開したWebキャンペーン。Twitterを使って市民の声をダイレクトに届けるという試みだ。(2015/12/14)

自然エネルギー:
ユニリーバは、なぜ全ての電力を再生可能エネルギーで賄うのか
ユニリーバはグローバルで2030年までに世界中の全ての事業所で使用する電力を再生可能エネルギーに切り替え「カーボンポジティブ」とする。既に世界に先駆けて日本法人では全事業所で使用する電力を100%再生可能エネルギー化した。なぜ、ここまで積極的に再生可能エネルギーの採用に踏み切るのか。ユニリーバ・ジャパンで開催されたパネルディスカッションの様子をお伝えする。(2015/12/4)

写真展:
2016年オリンパス/WWFカレンダー完成記念 岩合光昭 写真展「MADAGASCAR/原猿の棲む島.マダガスカル」
(2015/11/27)

カメラがとらえたユキヒョウの映像をWWFが公開 “幻の動物”のりりしい姿から自然保護に思いを馳せる
ユキヒョウは生息環境の悪化や地球温暖化によって絶滅が懸念されています。(2015/10/26)

「陸上で生きられる魚」「くしゃみをするサル」 ヒマラヤで211新種を発見
世界自然保護基金(WWF)が報告書を公開しています。(2015/10/6)

野生のサルやトラが森の中で“自撮り”? WWF、自動撮影カメラの写真を公開
興味津々でカメラをのぞき込むサルはまるで“自撮り”のよう――WWFジャパンが自動撮影カメラで捉えた野生動物の写真を公開した。(2015/8/26)

カメ視点で見る水中世界とは グレート・バリア・リーフで撮影された映像が美しい
自然すごい。(2015/7/8)

自然エネルギー:
ヤクを守る太陽光発電、アップルが中国での再生可能エネルギ―利用率を拡大
米アップル(Apple)は中国における新たな環境問題への取り組みを発表した。再生可能エネルギーの利用拡大と森林保護プログラムへの取り組みを強化する。(2015/5/15)

Apple、中国での環境保護の取り組みを発表──100万エーカーの森林を保護
事業運営での再生可能エネルギーの利用率100%を目指すAppleが、中国の100万エーカー(東京ドーム8700個分)の森林の保護や中国に建設中の巨大ソーラーファームについて発表した。(2015/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。