ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小売業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小売業」に関する情報が集まったページです。

電気代が数倍? 電力取引価格の高騰で「市場連動型プラン」がピンチ 対応に追われる電力小売事業者
電気の需給がひっ迫し、日本卸電力取引所(JEPX)の電力取引価格が高騰。「市場連動型」電気料金プランの利用者は電気代が跳ね上がる可能性があり、各地の電力小売事業者が対応を模索している。(2021/1/12)

小売・運送で高い申請率:
コロナ禍で「雇用調整助成金」を活用した上場企業は599社 計上額が最多の企業は……
東京商工リサーチが発表した雇用調整助成金に関する調査によると、新型コロナによる特例措置が取られた4〜11月の期間で、雇用調整助成金の計上または申請をした上場企業は599社。特に小売業や運送業で申請率が高かった。(2020/12/28)

英オクトパスエナジーが日本進出、東京ガスと共同で再エネ特化プランを展開
東京ガスが英国の電力小売事業者であるオクトパスエナジーと戦略的提携に合意したと発表。新たに英国に設立する東京ガスユナイテッドキングダム社を通じてオクトパスエナジー社へ約200億円の出資を行い、同社の発行済み株式9.7%を取得。同時に日本国内に合弁会社を設立し、再生可能エネルギーに特化したプランを展開する方針だ。(2020/12/25)

スタッフが足りない:
スーパーやコンビニ、年末年始はどうするのか
スーパーやコンビニエンスストアなど小売業界で、年末年始の休業を拡大する動きが広がっている。(2020/12/20)

各社は品ぞろえを強化:
セブンがプレミアムな日本製「肌にやさしい洗えるマスク」を発売 機能性の高さに商機
セブン&アイ・ホールディングスが「セブンプレミアムライフスタイル 肌にやさしい洗えるマスク」(税別880円)を発売する。首都圏のセブン‐イレブンや全国のイトーヨーカドーなどで扱う。小売りチェーン各社は機能性マスクの品ぞろえを強化している。(2020/12/18)

Amazon.comのホリデーショッピングは過去最高 販売業者の売上高は48億ドル超
Amazonが、ホリデーショッピングの売上高が過去最高だったと発表(例によって売上高は公表せず)。巣ごもり需要で新しいEcho Dotやオバマ前大統領の著書などが売れた。マーケットプレイスの小売業者の売上高は48億ドルだったと数字を示した。(2020/12/2)

小売・流通アナリストの視点:
「次なる島忠」は? 買収劇から透けて見えた、ニトリの壮大な野望
島忠争奪戦に勝利したニトリ。小売・流通アナリストの中井彰人氏によると、どうやらホームセンター業界だけでなく、まだまだ狙いがありそうだ。(2020/11/30)

なぜか紙袋も有料化 ユニクロやGU、百貨店も……「環境保護の観点なら実効性少ない。ポーズ以上の印象を持てない」
 7月から始まったレジ袋の有料化は、5カ月が経過しようとしている。プラスチックごみの排出抑制が目的だったはずだが、なぜか紙袋まで有料化する小売業も出てきている。その理由を聞いてみた。(2020/11/22)

楽天がスーパー大手の西友に出資 楽天の会員基盤やテクノロジーを小売業に活用
楽天とウォルマートは以前からネットスーパーなどで協業していました。(2020/11/16)

サービスロボット:
次の挑戦は物流領域、Telexistenceが見据える遠隔操作ロボットの可能性
遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したロボットベンチャーTelexistence。同社は現在、ローソンやファミリーマートなど小売業界への遠隔操作技術の展開を積極的に進めている。遠隔操作ロボットにはどのような可能性があるのだろうか。また、Telexistenceは今後どのような事業展開を構想しているのか。同社の担当者に尋ねた。(2020/11/2)

小売・流通アナリストの視点:
島忠巡り『キングダム』状態のホームセンター業界 秦=カインズにDCM、ニトリはどう戦う?
DCMと島忠の連合に、ニトリが待ったをかけた。小売・流通アナリストの中井彰人氏は、昨今のホームセンター業界を「古代中国戦国時代」と説く。同時代は人気マンガの『キングダム』で描かれているが、さて、その心は。(2020/10/30)

小売業のDXを強力に推進 富士通が業務アプリ構築クラウドサービスを提供開始
富士通は、スーパーマーケットやドラッグストアなどの小売業者のデジタルシフトに向け、店舗業務に関わるアプリをクラウドで提供する「Brainforce」を提供開始した。第1弾として、レジを通さずスマホで買い物が完結する“ウォークスルー決済”などの仕組みを提供する。(2020/10/20)

パンデミックで大打撃の小売業者をAIが救う
コロナ不況から「AI」で脱却するには? AT&TやeBayの事例に学ぶ
新型コロナウイルス感染症拡大で経済的影響を受けた小売業者を、AI技術とアナリティクス技術はどのように支援したのか。「Ai4 2020」における専門家のパネルディスカッションを紹介する。(2020/10/19)

小売・流通アナリストの視点:
「先送り」したいきなり!ステーキと「先手」を打った鳥貴族 コロナ禍で明暗分かれた「見通し」の差とは?
コロナ禍の傷がまだ癒えない外食産業だが、「勝ち組」と目されていた企業間でも明暗が分かれた。今回は、いきなり!ステーキと鳥貴族を例に、小売・流通アナリストの中井彰人氏が解説していく。(2020/10/1)

プレミアムコンテンツ:
エンタープライズソーシャルネットワーク製品導入戦略ガイド
企業は、ソーシャルネットワーキングを介したコミュニケーションに多くの利点を見いだしている。この製品ガイドは、コラボレーションのイノベーション、小売業者が利用できるオプション、コミュニケーションの過負荷の落とし穴をどのように変革できるのかを解説する。(2020/10/1)

ユーザー企業が語る「PostgreSQL」の魅力と課題【前編】
IKEAはプロプライエタリDBMSから「PostgreSQL」にどう乗り換えたのか
小売業大手のIKEAはオープンソースRDBMS「PostgreSQL」を活用している。数あるRDBMSの中からPostgreSQLを選択するに至ったプロセスと理由を担当者が語る。(2020/9/25)

FAニュース:
メンテナンスが不要なバッテリーレス表示機能付きRFIDタグ提供開始
凸版印刷は、バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross D 2.9」を開発し、製造業や流通、小売業に向けて提供を開始した。電子ペーパーの活用により、電池交換や充電などのメンテナンスの必要がない。(2020/9/10)

製造業の競争力強化をもたらす「サービタイゼーション」【後編】
「サービタイゼーションの壁」とは? 製造業“コト売り化”の試練
小売・流通業界ではありふれたビジネスモデルとなった「サービタイゼーション」。製造業がサービタイゼーションに移行する際には、乗り越えなければならない壁がある。その壁とは。(2020/9/3)

小売・流通アナリストの視点:
「脱・総菜」がカギ コロナ禍で好調の食品スーパー、乗り越えるべき50年来の“タブー”とは?
巣ごもり需要で軒並み好調の食品スーパーだが、今後は「脱・総菜」の取り組みがカギを握りそうだ。そのために必要なものとして、小売・流通アナリストの中井氏は50年来親しまれている食品スーパーのある売り方を挙げる。(2020/9/1)

海外立て直し、デジタル活用新リテールなど急務 伊藤忠ファミマTOB成立
 ファミリーマートとの一体経営を目指してきた伊藤忠商事は、今回の株式追加取得のTOB(株式公開買い付け)成立で第1のハードルを越えた。ファミマの海外事業の立て直し、国内事業の強化に加え、デジタル技術活用による次世代型のリテール事業構築が急務だ。伊藤忠は上場廃止に向け、TOBに応じなかった投資ファンドなどからも株式を買い付ける必要があり、総投資額は約5800億円にのぼる見込み。巨額投資に見合う成果を出せるかが次のハードルとなる。(2020/8/26)

ロボット開発ニュース:
小売業の商品陳列業務の遠隔化と自動化を可能にするロボットを開発
Telexistenceは、コンビニエンスストアなど小売業での商品陳列業務の遠隔化、自動化を可能にする、半自立型遠隔操作ロボット「Model-T」を開発した。2020年夏より都内コンビニの一部店舗において、Model-Tによる商品陳列作業を実施する。(2020/8/11)

台風や大雪などによる突発的な需要に対応:
気象データを基に「荒天時の商品特需」を予測 ウェザーニューズが在庫最適化エンジン「PASCAL」を開発
ウェザーニューズは、荒天時の商品の急激な需要変化を予測する在庫最適化エンジン「PASCAL」を開発した。小売業者などが保有する商品販売データと、日々の気象データなどを組み合わせて、平時だけでなく荒天時の来客数や商品需要を品目ごとに予測する。(2020/8/4)

東京商工リサーチ調べ:
新型コロナで業績下方修正の上場企業、1000社に
新型コロナで下方修正した上場企業が1000社到達。キヤノン、日産が代表的。製造・サービス・小売業で顕著。(2020/7/29)

Walmart、全米160店舗の駐車場をドライブインシアターに
米小売り大手のWalmartが、全米160店舗の駐車場でドライブインシアターを仮設する。新型コロナ対策で映画館に行けない家族も、大画面で映画を楽しめる。(2020/7/3)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
デジタル武装する小売業の生き残り術
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回は小売業のデジタル化をテーマにしたコンテンツをお届けします。(2020/6/22)

WalmartがShopifyとの提携でAmazonマーケットプレイスに対抗
オンラインショップでは米Amazon.comに後れをとる米小売り大手Walmartが、ECプラットフォームのShopifyとの提携を発表。Shopify加入業者を自社のオンラインマーケットプレイスに呼び込む。(2020/6/16)

スマートリテール:
新型コロナで進む小売業のDX「今後2年の取り組みが10年後の業界の姿を決める」
リテールAI研究会は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流通、小売業界にもたらす影響などをテーマとしたセミナーを開催した。今後業界全体でID-POSなどのデータ共有を行うための体制づくりを進めていくことが重要になる可能性がある。(2020/6/9)

期間限定:
サイゼリヤが一部店舗でボトルワインの持ち帰り販売を開始 1人1本まで
サイゼリヤが一部店舗でボトルワインのテークアウト販売を開始。コロナ禍の救済措置として国税庁が打ち出した「期限付酒類小売業免許」を取得した。(2020/6/8)

クラウド採用計画の調査結果を発表 Nutanixが小売業界を対象に
Nutanixが企業のクラウド採用計画の調査結果を発表した。調査は24カ国の地域で、小売業界のIT部門の意思決定者2650人を対象に行った。小売業界のビジネスリーダーが重視するクラウドサービスとは。(2020/5/26)

ロボット開発ニュース:
Telexistenceが日本マイクロソフトと協業、小売業界向けに展開
Telexistenceは、日本マイクロソフトとの協業を発表した。小売業界向けにクラウドロボティクスサービスの提供を目指す。地理的制約を受けずに店舗での商品陳列や人材採用などの業務を可能とするサービスなどを開発する。(2020/5/19)

コロナ禍悪用の新手マルウェア、医療機関や企業に攻撃拡大か――FBIが警戒呼びかけ
「ProLock」と呼ばれるランサムウェアは、被害者のネットワーク内部で収集したファイルを暗号化して身代金を要求する。医療機関や政府機関、金融機関、小売業者が標的にされているという。(2020/5/19)

スマートリテール:
新型コロナで苦しむ小売業の支援へ、AIカメラソリューションの共同開発を開始
AWL、調和技研、ティ・アイ・エルは、新型コロナウイルス感染症が拡大する中、営業を続ける小売業を支援するため、AIカメラを用いたソリューションを共同開発する。顧客トラブルやレジ混雑の防止、マスク装着検知機能などの実装を予定している。(2020/5/11)

小売・流通アナリストの視点:
中小企業が新型コロナ下を生き抜くカギは「借金嫌い」の克服 中には「起死回生」となる業界も?
新型コロナ対策でさまざまな支援制度が出てきている。その中には「破格の条件」ともいえる融資制度も。平時は「借金嫌い」でも、緊急時には借金をいとわず、とにかく生き抜くことを考えるべきだと小売・流通アナリストの中井彰人氏は指摘する。あらゆる業界が対応を迫られているが、中には「起死回生」のチャンスとなっている業界も?(2020/4/27)

小売・流通アナリストの視点:
新型コロナでしぼむ個人消費に、食品添加物が“特効薬”となるかもしれないワケ
徐々に広がる新型コロナウイルスの影響。経済への影響を軽減するには、人が集まる場の除菌が重要だ。小売・流通アナリストの中井彰人氏は、製造現場でも使われている「あるもの」が有効かもしれないと指摘する。(2020/3/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新型コロナで見直された“最重要食品”とは? 巣ごもり消費と防衛消費の意外すぎる実態
新型コロナの流行は小売業にどのような影響を与えたのか。百貨店が苦戦する一方で、コンビニは堅調。スーパーやドラッグストア以外に売り上げを伸ばした業界とは?(2020/3/24)

製造ITニュース:
HACCP支援サービスを提供開始、食品流通小売事業者や外食事業者向け
パナソニック産機システムズは、食品流通小売事業者や外食事業者向けに、HACCP支援サービス「エスクーボフーズ」を2020年6月1日より提供する。クラウドやタブレット上のアプリケーションを活用し、記録作業、運用管理作業の負担を低減できる。(2020/3/19)

2月23日には「1日の売り上げ」最高記録を達成:
餃子の王将、「7カ月連続」で過去最高売り上げ 「増税&新型コロナ」のダブルパンチを食らっても絶好調の秘訣とは
王将フードサービスが絶好調だ。2020年2月まで、7カ月連続で「同月比過去最高売り上げ」を更新。2月23日には、今期3回目となる1日単位での「創業以来過去最高売り上げ」を達成。消費増税&新型コロナのダブルパンチにも屈さずカウンターパンチを出せている秘訣はどこにあるのか。小売・流通アナリストの中井彰人氏に聞く。(2020/3/16)

音声で買い物ができる「Vコマース」のインパクト 日本でどこまで普及するか
キャッシュレス決済を加速させる手段として、海外では音声で買い物ができる「Vコマース」が注目を集めている。2020年1月に全米小売業協会が開催した「NRF2020」でも、Vコマースは大きく取り上げられていた。日本の小売業界の課題を踏まえ、Vコマースがどのようなインパクトを与えるのかを解説する。(2020/3/13)

リテール業界を疲弊させる46兆円の無駄をAIで解消――サントリーや日本ハムも参画
「AIによる棚割」が人間を超える日は来るのか。(2020/3/11)

スマートリテール:
リテールテックの国内市場、2030年に8737億円まで成長へ
富士経済は、小売、外食、宿泊業向け機器、システム&サービスの国内市場を調果した「リテールテック関連機器・システム市場の将来展望 2019」を発表した。2030年の国内市場は8737億円まで成長すると予測している。(2020/3/10)

店舗の“欠品”をAIで防げるか 小売向け需要予測、自動発注システムをNECが提供
NECは、小売業界向けに需要予測と発注自動化システムの提供を開始する。AIを活用して多様なデータから客数や各商品の需要を予測し、その予測に基づいて発注業務を自動化することで業務の効率化や商品ロス、欠品の削減を図る。(2020/2/25)

AIが商品需要を予測、小売店の発注業務を効率化 NECがシステム提供
NECが、小売業界向けにAIを活用した需要予測システムの提供を始めた。天候や曜日、過去の販売実績などのデータを基に商品の需要を予測し、発注業務に役立てる。(2020/2/21)

小売業で「5G」は必要か【後編】
「5G」のメリットを小売業がすぐには受けられない理由
「5G」を導入する際は、効果が最大限期待できそうな業務を絞り込まなければ、投資が無駄になってしまう。小売業で効果が期待できそうな業務とは。(2020/2/20)

PR:小売業界の課題をオンデマンド志向で解決 DaaSビジネスに参入した菱洋エレクトロの挑戦
半導体商社として知られる菱洋エレクトロがPCをサブスクリプションで提供するDaaS事業を開始した。(2020/2/13)

小売業で「5G」は必要か【前編】
「5G」よりも「Wi-Fi 6」を好む小売業者 両者の決定的な違いは?
次世代無線ネットワーク規格「5G」。そのメリットを最大限活用できるかどうかは業種によって異なる。小売業者の場合、5Gに対する見方は少々辛口だ。それはなぜなのか。(2020/2/12)

Windowsフロントライン:
NRF 2020にみるMicrosoftとクラウドの切っても切り離せない関係
世界最大規模の小売業界展示会「NRF 2020 Retail's Big Show」でオープニングキーノートの講演を行ったMicrosoftのサティア・ナデラCEO。そこから見えてきた、同社の取り組みや今後を見ていく。(2020/2/10)

NEC、スマホで商品をスキャンできる小売業向けソリューションを提供
NECは、2月6日に小売業向けレジレスソリューション「セルフスキャンショッピング」を発表した。スマートフォンを用いて利用者が商品をスキャンすることで、従業員の業務効率化とレジ待ち時間短縮を実現する。(2020/2/6)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

Cover Story:
ストアビジネスの変革期 流通小売業で始まった、生き残りをかけたデジタルトランスフォーメーション
気になる情報はすぐ検索でき、欲しくなったモノは何でもネットで買える。労働人口は減り続け、消費者の期待は常に変化する。そのような時代に、流通小売業は生き残りをかけた変革を始めている。(2020/2/5)

人材確保には「給与の増額」:
アルバイト「不足している」は7割 2020年に求人が増える業種は?
マイナビが発表した「アルバイト採用活動に関する企業調査」によると、7割の企業の採用担当者がアルバイト人材の不足を感じていることが分かった。特に、小売業などの接客業で人手不足感が強い。2020年は警備の求人が増えそうだ。(2020/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。