ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VAIO W」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VAIO W」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100〜200ドルが主戦場へ
PCの低価格化を加速させたNetbook、そのブームを終わらせたタブレット、そして今、Chromebookの台頭により、Windows PCはさらなる低価格化へ向かおうとしている。(2014/7/22)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Duo 13」を“徹底解剖”したらPCの未来が見えてきた
ソニーが国内で製造する「VAIO Duo 13」は、先進性が際立つ13.3型コンバーチブルPC。実機を徹底分解すると、PCがこれから進むべき未来が見えてくるようだ。(2013/10/4)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Duo 13」の“最先端スライドボディ”を丸裸にする
洗練された新設計のスライドボディに、最新技術をこれでもかと詰め込んだ「VAIO Duo 13」。開発者自ら実機を分解し、ボディの外側と内側から、その魅力に迫る。(2013/9/19)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿
“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の内部構造はどうなっているのか? 開発者が語る独自のこだわり、先進的な設計とは? 後編は実機をバラバラに分解し、秘密のベールを剥ぐ。(2013/8/13)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Pro」の“超軽量ボディ”を丸裸にする
クラス最軽量のボディに、色鮮やかなディスプレイ、そして使い勝手も追求した「VAIO Pro」。開発者が自ら実機を分解し、内部構造とともに、そのこだわりも明らかにする。(2013/8/9)

カメラマンが使う「dynabook KIRA V832」:
第4回 dynabook KIRA V832で“正しい色”を知る
PC USERのカメラマンとして活躍中の矢野渉氏による「dynabook KIRA V832」の長期連載。写真家にとってディスプレイの発色は、非常に重要な問題という。V832の発色は写真家が満足するクオリティなのか。(2013/7/5)

カメラマンが使う「dynabook KIRA V832」:
第2回 スタジオ撮影で使って分かった、dynabook KIRA V832のメリットとデメリット
PC USERのカメラマンとして活躍中の矢野渉氏による「dynabook KIRA V832」の長期連載。今回はV832をスタジオ撮影に本格導入し、長所と短所をそれぞれ挙げてもらった。(2013/5/21)

完全分解×開発秘話(後編):
「VAIO Duo 11」を“徹底解剖”して語り尽くす
独自のスライド機構を採用した11.6型モバイルノートPC「VAIO Duo 11」には、ソニー初の挑戦が凝縮されていた。後編も開発者が自ら実機を分解し、その秘密を明らかにしていく。(2012/12/21)

完全分解×開発秘話(前編):
「VAIO Duo 11」の“上質なスライドボディ”を丸裸にする
Windows 8とともにソニーが投入した新スタイルのモバイルPC「VAIO Duo 11」。開発者が自ら実機を分解し、こだわり抜いた複雑な変形機構の秘密を明らかにする。(2012/12/19)

完全分解×開発秘話:
ソニー初のUltrabookはなぜこうなった?――新生「VAIO T」を丸裸にする
シルバーに輝くアルミ天板と剛性感あるフルフラットボディを備えた新生「VAIO T」。ソニー初のUltrabookはどのように生まれたのか、開発者に話を伺いつつ、分解して内部構造を明らかにする。(2012/9/26)

完全分解×開発秘話:
なぜ薄型軽量ノートPC+ドックなのか?――新生「VAIO Z」を丸裸にする
究極を目指したオールインワンモバイルから、2ピース構成の新システムに路線変更した「VAIO Z」。大胆な変更の理由を開発者に聞きつつ、こだわり抜いた内部構造に迫る。(2011/7/5)

完全分解×開発秘話:
“Z”に肉薄した新型「VAIO S」のフルフラットボディを丸裸にする
洗練されたフルフラットボディに、ハイエンドクラスのパーツをみっちりと詰め込んだ「VAIO S」。大幅に進化した13.3型の主力モバイルノートPCを分解し、内部構造に迫る。(2011/6/2)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデルを発表――売れ筋モデルに注力、AMD Fusion APU搭載機も
ソニーは「VAIO」の2011年春モデルを1月22日より順次発売する。Sandy Bridgeの採用は見送られたものの、AMDの新プラットフォーム搭載モバイルノートが追加された。(2011/1/12)

6万円台から買える13.3型VAIOノート:
Atomじゃ物足りない、それならコレでどうだ!?――新生「VAIO Y」を攻略する
Atom搭載機ではないVAIOモバイルノートで最も安価なのが「VAIO Y」シリーズだ。この夏はCPU、デザイン、カラバリに手を加えることで、完成度を高めている。(2010/7/28)

2010年PC夏モデル:
コストパフォーマンス重視の新Netbook――「VAIO M」
「VAIO M」はNetbookの新シリーズ。従来の「VAIO W」をベースとして、よりコストパフォーマンスを追求している。カラーはホワイト、ピンク、ブルーの3色だ。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
ソニー、Office 2010搭載の「VAIO」夏モデルを発表――ボードPC、カラバリ、テレビ機能に注力
ソニーは「VAIO」の2010年夏モデルを6月19日より順次発売する。目玉はフルモデルチェンジしたボートPCの「VAIO J」、カラバリの拡充、そしてテレビ機能の進化だ。(2010/6/8)

完全分解×開発秘話:
「VAIO P」の新ボディをいきなり丸裸にする
“つつむ、たたむ”をイメージした新ボディに生まれ変わった「VAIO P」。中身はそれほど変わらないかも……と思いながら開発者に分解してもらったが、実は大違いだった。(2010/5/10)

VAIOやBRAVIA、製品登録で「500ポイント」:
購入後も“おもてなし”──ソニー製品のオーナーズサービス「My Sony Club」開始
ソニーマーケティングは、ソニー製品ユーザー向け会員サービス「My Sony Club」を5月25日に始める。主に“購入後”のさらなる製品サポート環境を提供する。(2010/4/21)

分解して、見た!!:
富士通のリアルポケットサイズPC「FMV-BIBLO LOOX U」に肉薄した
約495グラムの超軽量ボディにWindows 7を詰め込んだ「FMV-BIBLO LOOX U」。その店頭モデルを分解して中身をチェックした。(2010/4/6)

ビジネスVAIOの新顔:
Windows 7+Core iで一皮むけた「VAIO B」に目を細める
Calpellaプラットフォームを採用して約1年3カ月ぶりに大幅なモデルチェンジを果たしたビジネスノートPC「VAIO B」。その店頭モデルを試用した。(2010/2/22)

新型VAIOノート登場:
CULVノートPCも“VAIO”だとこう変わる――「VAIO Y」の店頭モデルを試す
ソニーが重い腰を上げて、2010年春モデルでCULV版ノートPCの店頭市場に殴り込みをかけてきた。その新シリーズとなる「VAIO Y」の実力は!?(2010/2/19)

完全分解×開発秘話:
クアッドSSD搭載の「VAIO Z」を速攻で丸裸にする
Core i7、クアッドSSD、外部GPU、フルHD液晶、BDドライブを持ち運べるボディサイズに凝縮した新型「VAIO Z」。開発者に話を聞きつつ、その内部構造を明らかにする。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
VAIOオーナーメイドだけの“エコ仕様”Netbook――VAIO W[エコボディモデル]
ソニーのPC春モデル第2弾では、グリーンプロジェクトから生まれたエコ仕様のNetbook「VAIO W[エコボディモデル]」がオーナーメード専用モデルとして加わった。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――高級モバイル、新シリーズ、エコボディのNetbook
ソニーは「VAIO」の2010年春モデル第2弾を2月27日より順次発売する。登場したのは、フルモデルチェンジしたハイエンドモバイルの「VAIO Z」など、3シリーズのノートPCだ。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
新Atomと新色を採用、Ecoにも配慮したNetbook――「VAIO W」
Netbookの「VAIO W」は、Pineview-Mこと新型Atom N450を採用し、新色のブルーを追加。店頭モデルのOSはWindows 7 Starterに切り替えた。オプション類も拡充している。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
ソニーが長時間駆動&デュアルコアの13.3型ノートでCULV戦線へ乱入――「VAIO Y」
新シリーズの「VAIO Y」は、CULV版CPUを採用した低価格帯の13.3型モバイルノートPC。標準バッテリーで約9時間、Lバッテリーで約13.5時間のスタミナを備える。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
ソニー、CULVノートからCore i搭載機まで「VAIO」春モデルを一挙発表
ソニーはVAIOの2010年春モデルを1月23日に発売する。注目はCULVノートPCの「VAIO Y」と16.4型フルHD液晶を備えたハイスペックノートPCの新生「VAIO F」だ。(2010/1/18)

2010 International CES:
Sony Press Conferenceで「未発表VAIO」のデバイスマネージャーに迫る
ソニーがCESの開幕前日に行う公開イベントでは、その年の春モデルがいち早くチェックできるという。今回も期待にたがわずユニークなノートPCが登場した。(2010/1/7)

分解して、見た!!:
富士通のCULVノートPC「FMV-BIBLO LOOX C/E50」を丸裸にした
11.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載した富士通のCULV版CPU搭載ノートPC「LOOX C」の下位モデルを分解し、中身をチェックしてみた。(2009/12/4)

“こういうものが作りたい”ソニーのDNAで誕生した──「VAIO X」製品発表会
VAIOの秋冬モデルが発表された10月8日に行われた新製品発表会では、「VAIO X」のコンセプトと“開発秘話”が明らかにされた。(2009/10/8)

完全分解×開発秘話:
「VAIO X」の極限まで絞ったスリムボディを丸裸にする
10型以上の液晶ディスプレイ搭載ノートPCで最軽量をうたうソニーの「VAIO X」がついに登場。その内部構造を探るべく、開発者に分解してもらい、X誕生の経緯を聞いた。(2009/10/8)

2009年PC秋冬モデル:
直販モデルで本格CTO開始、“7”やSSD、2GBメモリ選択可能に──「VAIO W」
7月に登場したNetbook「VAIO W」は、VAIOオーナーメードモデルで新色の追加と本格CTOを開始。Windows 7 Home Premiumや64GバイトSSD、メモリ増量などのメニューを選択できるようになった。(2009/10/8)

2009年PC秋冬モデル:
ウワサの「VAIO X」など、ソニーがWindows 7搭載PCを一挙発表
Windows 7を搭載したソニーの2009年PC秋冬モデルが10月22日に一斉発売される。目玉となるモデルは、ティーザー広告が話題を集めた薄型軽量ノートPC「VAIO X」だ。(2009/10/8)

座談会 前編:
Windows 7にNetbook、PCの今後はどうなる!?
2009年9月で創刊15周年を迎えたPC USER。そのキャンペーン第3弾として、座談会をお届けする。(2009/10/1)

リバースエンジニアリングの腕を競うコンテスト、ネットエージェントが開催
ネットエージェントは、セキュリティ技術への関心を高めてもらうことを目的に、「リバースエンジニアリングチャレンジ」を開催する。(2009/9/10)

性能もセキュリティも:
Netbook、企業での利用はまだまだ
Netbookと呼ぼうがウルトラポータブルと呼ぼうが、現在のNetbookは性能的にビジネスユースにはまだ不十分だ。(2009/9/7)

発熱と騒音もチェック:
「VAIO W」をSSDで爆速にしてみた
いよいよ発売が明日に迫った「VAIO W」。デザインとWXGA液晶ディスプレイが魅力的なソニー初のNetbookを一足先にSSD化し、各種ベンチマークテストを実施した。(2009/8/7)

完全分解×開発秘話:
ソニー初のNetbookは中身も美しいのか?――「VAIO W」を丸裸にした
洗練されたデザインと高解像度のワイド液晶ディスプレイが魅力的な「VAIO W」シリーズ。その中身はどうなっているのか、開発者に分解してもらい、内部構造をチェックした。(2009/8/5)

トロといっしょにVAIO Wを学べるサイト「VAIO Wシリーズと どこでもいっしょ」をオープン――ソニー
ソニーは、VAIO Wシリーズのスペシャルサイト「VAIO Wシリーズと どこでもいっしょ」をオープンした。(2009/8/3)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」:
ただのNetbookじゃ、VAIOになれぬ
VAIO WはAtom N280を採用した“正統派”Netbookだ。しかし、コストを抑えていてもVAIOたる品位を身に付けなければならない。VAIO Wに盛り込まれたVAIOの品位とは?(2009/7/30)

ソニースタイル、VAIO Wに付属品をセットした限定スペシャルパックを発売――8月10日
ソニーは、同社直販「ソニースタイル」にて「VAIO W」に関連商品などを加えた限定パッケージを発売する。(2009/7/23)

ソニーが考えるNetbook市場、「VAIO W」の勝算は
ソニーは国内メーカー数社に遅れること数カ月、初のNetbook「VAIO W」を発売する。後発組ならでは、そしてVAIOならではの特徴を取り入れたという本機は、どこまで本気なのか。(2009/7/8)

動画で見る「VAIO W」
ソニーが満を持して投入するNetbookが「VAIO W」シリーズ。“VAIOらしさ”を盛り込んだという本機は、どのようなデザインか、動画でチェックしてみよう。(2009/7/8)

これぞ低価格ミニノートの決定版!?:
ソニーが満を持して投入した“WXGA液晶”Netbook――「VAIO W」徹底検証
国内メーカーがこぞってNetbookを投入する中、ついにソニーが重い腰を上げた。同社初のNetbook「VAIO W」シリーズは何が違うのか、その実力をじっくりチェックする。(2009/7/7)

VAIO Wシリーズを「どこでもいっしょ」キャラクターがご案内
(2009/7/7)

ソニー初のNetbook「VAIO W」、6万円で8月に
ノートPC「VAIO」初のNetbookが8月に発売。実売予想価格は6万円前後。丸みを帯びたデザインが特徴だ。(2009/7/7)

ソニースタイル限定:
「VAIO type P」「type Z」の直販モデルでWiMAX対応モジュールが選択可能に
ソニーが6月8日に開発予告をした通り、7月27日より「VAIO type P」と「type Z」のVAIOオーナーメードモデルでWiMAXモジュールの選択ができるようになる。(2009/7/7)

2009年PC夏モデル:
ソニー初のNetbookは1366×768ドット/10.1型ワイド液晶搭載――「VAIO W」
「VAIO W」シリーズは、ソニー初のAtom N搭載Netbook。1366×768ドット表示の10.1型ワイド液晶を搭載し、バッテリー駆動は約3.5時間、重量は約1.19キロだ。(2009/7/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。