「VAIO W」をSSDで爆速にしてみた発熱と騒音もチェック(1/3 ページ)

» 2009年08月07日 18時00分 公開

SSDモデルがないのなら、いっそ作ってしまおうか

「VAIO W」

 Windows 7の登場を控え、2009年のPC夏商戦も終わりに近づく中、夏モデル最後の目玉といっても過言ではない新型ミニノートが発売される。それが、ソニー初となるNetbook「VAIO W」だ。

 店頭販売向けの標準仕様モデルは、ボディカラーがホワイトの「VPCW119XJ/W」とピンクの「VPCW119XJ/P」の2色展開で、前者が8月8日、後者が8月22日に発売となる。ソニースタイル直販のVAIOオーナーメードモデルもあり、ホワイトは先行予約販売中で、ピンクと直販限定カラーのブラウンは8月10日より先行予約販売が開始される。七夕の製品発表から約1カ月、ついにVAIO Wを手にできる日が明日となった。

 さて、VAIOオーナーメードモデルのウリといえば、購入時に選べる豊富なCTOメニューにあるが、VAIO Wは何かと仕様の制約が多いNetbookということもあり、3色のボディカラー、バッテリーの容量、オフィススイート、メッセージ刻印といったメニューに限られる。ソニーらしい手間暇かけたデザインと1366×768ドット表示のワイド液晶ディスプレイが自慢のVAIO Wだが、「ほかのNetbookのように、SSDを載せたモデルがあればいいのに……」と思った人もいるかもしれない。

 そこで今回は発売に先駆け、VAIO WのデータストレージをHDDからSSDに換装し、メインメモリも増設してみた。構成の違いにより、パフォーマンスやバッテリー駆動時間、発熱や騒音にどのような変化が起こるのかもチェックしていこう。


注意

製品を分解/改造すると、メーカー保証は受けられなくなります。この記事をもとに分解/改造を行うことで損害が生じた場合、著者や編集部、メーカー、販売店はその責任を負いません。この記事についての個別のお問い合わせにもお答えできません。


ストレージはSSDへ、メモリは2Gバイトへ強化

 VAIO Wは1Gバイトのメインメモリと160GバイトのHDDを搭載しているが、過去に掲載したレビュー記事分解記事でも取り上げた通り、これらの換装は難しくない。今回は手元にあったインテルの34ナノ版160GバイトSSD「Intel X25-M SATA Solid State Drive(SSDSA2MH160G2C1)」と、トランセンドのPC2-6400対応2GバイトSO-DIMMモジュール(JM800QSU-2G)をVAIO Wに搭載してみた。

 まずはHDDをSSDに交換する。バッテリーパックを外し、底面にある3本のネジで固定されたカバーを取り外せば、2.5インチ/9ミリ厚のSerial ATA HDDにアクセスできる。HDDには金属カバーが取り付けられており、4本のネジで本体に止められているので、これらを外して金属カバー上面の黒いフィルムを引っ張れば、HDDが簡単に取り出せる。あとは4本のネジでHDDに装着された金属カバーを、交換するSSDに付け替えて、元通りに本体へ内蔵すればよい。

 HDDを取り外す前には、あらかじめ必要なデータをバックアップしておこう。元のOSとソフトウェアの環境をそのままSSDに移行したい場合、プリインストールソフトの「VAIOリカバリセンター」でリカバリディスクを作成しておけば、後の作業が楽だ。SSDに換装した後、USB接続の光学ドライブにリカバリディスクをセットし、光学ドライブから起動すれば、Windows XP Home Edition(SP3)と各種ユーティリティ、アプリケーションが手間いらずで導入できる。

VAIO Wをひっくり返し、バッテリーと3本のネジで固定されたカバーを取り外す(写真=左)。カバーを取り外すと、金属カバーが装着された2.5インチ/9ミリ厚のHDDが現れる(写真=中央)。金属カバーとVAIO W本体を固定している4本のネジを外し、黒いフィルムを引っ張ると、HDDが簡単に取り出せる(写真=右)

4本のネジを外し、金属カバーとHDDを分離したところ(写真=左)。今回装着したインテルの34ナノ版160GバイトSSD「Intel X25-M SATA Solid State Drive(SSDSA2MH160G2C1)」は、高速なMLCタイプの製品だ(写真=中央)。SSDに金属カバーを取り付けてVAIO Wに装着した様子(写真=右)。後は金属カバーとVAIO W本体を4本のネジで止めて、カバーを閉じれば換装作業は終了だ

 メモリモジュールの換装はHDDよりは面倒だが、本格的な分解は伴わないので、手軽に試せるだろう。まずは、HDDの換装時と同様に、バッテリーパックと底面にある3本のネジで固定されたカバーを取り外す。次に、HDDのコネクタ付近にある1本のネジと、バッテリーパックを取ると現れる2本のネジを外し、フレキシブルケーブルで接続されたキーボードユニットを持ち上げると、メモリモジュールが装着された1基のSO-DIMMスロットに到達できる。

 キーボードユニットは、左右の上部にあるツメでしっかり固定されており、ネジを外しただけでは取り出しにくいので、バッテリーパック下のネジ穴に細いドライバーなどを押し込み、キーボードユニットを少し持ち上げた状態にしてから、すき間に指を入れて引きはがすといいだろう。SO-DIMMスロットが見えたら、後はモジュールを交換するだけだ。

メモリモジュールを交換するには、バッテリーを外したところにあるネジ2本と、HDDコネクタ付近のネジ1本を外す(写真=左)。バッテリーを外したところにあるネジ穴に細いドライバーなどを押し込む(写真=中央)。するとキーボードユニットが浮くので、すき間に指を入れて引きはがす(写真=右)

キーボードユニットはフレキシブルケーブルで本体と接続されているので、破損しないように注意が必要だ(写真=左)。メモリモジュール交換時にケーブルが邪魔であれば、取り外してもいいだろう。今回入手したVAIO Wに装着されていた160GバイトHDDはシーゲイト製の5400rpmドライブ「Momentus 5400.6 ST9160314AS」、1GバイトのメモリはMicron製のPC2-6400対応モジュールだった(写真=中央)。メーカー公称スペックでは、メモリはPC2-4200(533MHz)となっている。今回換装したインテルの34ナノ版160GバイトSSDとトランセンドのPC2-6400対応2GバイトSO-DIMMモジュール(写真=右)

メモリとSSDを換装した後のBIOS画面。メモリは2048Mバイトと認識されている(写真=左)。起動デバイスの順序を決めるメニューを見ると、INTEL SSDSA2MH160G2の文字があり、無事に接続されていることが分かる(写真=右)

 次のページでは、2GバイトメモリとSSDを搭載したVAIO Wの性能を調べていこう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月02日 更新
  1. 「Chromebook Plus」って何だ? 「Chromebook」とは何が違う? ASUS JAPANの新モデルを試す (2024年03月01日)
  2. キター! VAIO type Uライクなスライドキーボード搭載の「AYANEO SLIDE」をセットアップしてみた 中年のハートを鷲づかみする外箱も魅力的 (2024年02月29日)
  3. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  4. 最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術 (2024年03月01日)
  5. NVIDIAの最新GPUをいち早く搭載! 「G-Tune DG」のGeForce RTX 4070 SUPERモデルを検証 (2024年02月29日)
  6. ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可 (2024年02月29日)
  7. VALMOND、タッチスクリーンを内蔵したメカニカルキーボード「VisionBoard」 (2024年03月01日)
  8. エレコムの充電器やキーボード、マウスが最大18.1%もお得に 3月5日まで (2024年03月01日)
  9. 初の2TB microSDXCカードがキオクシアから登場! 税込み6.7万円 (2024年03月02日)
  10. デルがメインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表 ビジネス向け「Vostro」の事実上の後継に (2024年02月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー