ニュース
» 2012年10月19日 10時30分 UPDATE

2012年PC秋冬モデル:録画機能を強化した低価格地デジPC――「FMV ESPRIMO EH」

シングル地デジチューナーを搭載する、低価格な液晶一体型PC「FMV ESPRIMO EH」の新モデルは、USB 3.0やBluetoothに対応したほか、テレビ視聴ソフトが変わり、録画機能が強化された。付属するオフィスソフトもグレードアップしている。

[池田憲弘,ITmedia]

インタフェースとテレビ機能を強化

 富士通は10月19日、AMDのAPUを搭載する液晶一体型PC「FMV ESPRIMO EH」シリーズの2012年秋冬モデルを発表した。ラインアップは「EH30/JT」の1モデルで、2012年10月26日に出荷を開始する。価格はオープンで、想定実売価格は12万円強。

 OSがWindows 8になり、USB 3.0対応ポートを搭載したほかは、夏モデルのスペックをほぼ引き継ぐ。プロセッサはデュアルコアのFusion APUであるAMD E2-1800(1.7GHz)で、統合するグラフィックスはRadeon HD 7340だ。メモリは4Gバイト(4Gバイト×1、PC3-10600)、ストレージは1TバイトHDD(7200rpm)、光学ドライブはスーパーマルチドライブとなる。20型ワイドの液晶ディスプレイは1600×900ドット表示が可能だ。

photophoto AMDプラットフォームを搭載する「EH30/JT」は、インタフェースやオフィスソフトなどを強化した小幅なアップデートとなった。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色だ

 インタフェースは、USB 3.0を2基、USB 2.0を4基装備するほか(従来はUSB 2.0が6基だった)、SDXC対応SDメモリーカード/メモリースティックPRO対応のカードスロットを備え、ネットワーク機能はIEEE802.11b/g/nの無線LANとギガビットLAN、Bluetooth 4.0を利用できる。

 今回の新モデルから、テレビ視聴/録画ソフトがWindows Media Centerから、Aver TV 8に変わり、長時間録画機能や、録画予約時間になると自動的にPCの電源がオンになり、録画を開始する「電源OFF録画機能」が使えるようになった。

 OSは64ビット版Windows 8、オフィススイートはOffice Home and Business 2010(SP1)をプリインストールする。本体サイズは497(幅)×180(奥行き)×373(高さ)ミリで、重量は約5.8キロだ。直販モデルは用意されない。

FMV ESPRIMO EH店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
ESPRIMO EH EH30/JT(2色) 液晶一体型 Win 8採用 AMD E2-1800 APU 4GB(DDR3) 1TB 64ビット版Windows 8 12万円強
FMV ESPRIMO EH店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
ESPRIMO EH EH30/JT(2色) 20型ワイド 1600×900 AMD A68M DVDスーパーマルチ Radeon HD 7340 地デジ/Office Home and Business 2010 約5.8キロ
富士通 FMV ESPRIMO EH

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.