蓄電・発電機器

電力の有効活用において重要な役割を果たす蓄電・発電機器に関して、オフィス・店舗・工場向けを中心に製品動向と導入事例を掲載しています。

icon
スマートシティ:

発電と節電で実質的なエネルギーの使用量をゼロにする取り組みが埼玉県の住宅街で始まった。夏の最高気温が全国でもトップクラスの熊谷市に建設する73棟の分譲住宅を対象に、太陽光発電と燃料電池を全戸に装備する。さらに通風や排熱を促す「クールスポット」を設けて節電に生かす。(2014年9月1日)

icon
蓄電・発電機器:

古河電池と凸版印刷は水を注入するだけで電気を生み出す電池「マグボックス」を開発し、2014年12月に販売を開始する。あらかじめ充電しておかなくても、水を2L用意するだけで利用できるため、非常用に向くという。(2014年8月29日)

icon
発電・蓄電機器:

Looopは2014年9月から、出力約1MWの太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をセットにした「メガソーラーキット1000」の販売を開始する。1kW当たりの単価が15万6000円と低いことに加えて、品質の高い部材を採用したことが特徴だという。(2014年8月29日)

icon
発電・蓄電機器:

三協立山は太陽電池セルを組み込んだ壁状のエクステリア部材を発売した。目隠しルーバーの一種であり、視線を遮るという本来の目的と、太陽光を吸収するという機能がうまく組み合わさっている。部材の設置角度を工夫することで、垂直に近い配置ながら、最適角度の8割の出力を得られるという。(2014年8月28日)

icon
蓄電・発電機器:

戸田建設は直流給電装置を利用したゼロエネルギービル(ZEB)の研究を進めている。2014年8月には約半年間の運用実績の結果を発表。太陽光発電システムとLED照明を組み合わせた場合、消費電力を約10%削減できた。(2014年8月27日)

icon
スマートファクトリ:

廃棄物のリサイクル処理などを手がける長野県のミヤマが、工場の廃液を再利用できる発電プラントを完成させた。廃液を化学反応させて生じる熱で温水を作り、その温水を使ってバイナリー発電方式で電力を生み出す。1日あたり30立方メートルの廃液で200kWhの発電量になる。(2014年8月27日)

icon
キーワード解説:

全世界の電力の約7割は火力発電で作られている。大量のCO2を排出する問題に加えて、燃料になる石油・石炭・天然ガスの価格高騰が電力会社の経営を圧迫する。有効な解決策は発電効率を高めて、燃料の使用量を抑えることだ。最新鋭の火力発電設備では熱を電力に変換できる「熱効率」が高い。(2014年8月26日)

icon
スマートオフィス:

東京都心の臨海部に自然エネルギーと蓄電池を活用して電力使用量を削減できる地上16階建てのビルが完成した。屋上に設置した太陽光集光装置からビル内の吹き抜け空間を通して1階まで自然光を取り入れるほか、夜間に蓄電池に貯めた電力を昼間に供給して需要のピークカットを実施する。(2014年8月26日)

icon
自然エネルギー:

全国で30カ所を超えるメガソーラーを運営するNTTファシリティーズが高知県の香南市に2つのメガソーラーを相次いで建設する。発電規模は合計で4MWになり、一般家庭で1300世帯分を超える電力を供給できる。豊富な日射量を生かして、設備利用率は全国標準の13%を上回る見込みだ。(2014年8月26日)

icon
自然エネルギー:

東芝と神戸製鋼は、2014年8月、複数の再生可能エネルギーを組み合わせた発電システムの実証試験を淡路島で開始した。風力発電の出力変動によって生まれた余剰電力と太陽熱を組み合わせて蒸気を生み出し、バイナリー発電機を動かすという国内初の取り組みだ。(2014年8月25日)

icon
自然エネルギー:

隠岐の島町は運用を停止した滑走路を太陽光発電所の用地として貸し出す。2015年9月には出力1.5MWの発電所が2つ完成する予定だ。中国電力は島の電力ネットワークが不安定化しないよう、新発電所の完成と同時に6.2MWと大型の蓄電池の実証事業を開始。出力変動の抑制効果を確かめる。(2014年8月22日)

icon
自然エネルギー:

エネルギーに関する技術開発の将来計画を政府がロードマップにまとめた。2050年を目標に「高効率石炭火力発電」から「メタンハイドレート」まで19分野の施策を集約した。注目すべきは太陽エネルギーで水素を製造する「人工光合成」で、実用化に向けた実証試験を2022年に始める計画だ。(2014年8月21日)

icon
スマートシティ:

水素エネルギーの実用化で先行する福岡県が未来に向けた社会実証プロジェクトを開始する。九州大学の新キャンパスに次世代の燃料電池を集めて性能評価を実施する一方、水素の高圧貯蔵や系統電力との連系、燃料電池自動車と再生可能エネルギーを組み合わせたシステムの実証も進める計画だ。(2014年8月21日)

icon
自然エネルギー:

太陽電池メーカーなどで組織する太陽光発電協会が2030年度までの設置状況を予測した。2013年度末で太陽光発電の規模は累計1400万kWになり、さらに2030年度には7倍の1億kWに拡大する見通しだ。火力発電の減少に伴って化石燃料の輸入額が年間に1兆円以上も削減できる。(2014年8月20日)

icon
自然エネルギー:

日本は国土の面積が世界62位でありながら、海岸の長さでは世界6位。海洋エネルギーの確保に向いた立地だといえよう。研究開発や実用化では他国と比較してどのような位置にあるのだろうか。波の力を直接利用する「波力発電」について、国内と海外の状況を紹介する。(2014年8月15日)

icon
蓄電・発電機器:

2016年度からNTTはグループの通信ビルやデータセンターで、HVDCシステムの本格導入を開始する。これを受けてNTTファシリティーズは、サーバに380Vの直流を給電するHVDCシステム構築サービスを2014年8月から開始した。500kW規模の案件では、約1億7000万円で構築できるという。(2014年8月14日)

icon
蓄電・発電機器:

エジソンパワーは太陽光発電所向けに出力2MWのリチウムイオン蓄電池を納入すると発表した。事業用向けの太陽光発電所への導入では国内初の事例だという。なぜ導入するのか、売電収益と投資効率を第一に考える事業用発電所で受け入れられるのだろうか。徳之島の事例を紹介する。(2014年8月14日)

icon
スマートハウス:

京都市は伝統的な京町屋を「スマートハウス化」する取り組みを進めている。省エネ・創エネなどの最新設備を取り入れるだけでなく、自然を生かす知恵や工夫と省エネルギー改修に役立つ現代の建築仕様を組み合わせて実現した。(2014年8月13日)

icon
蓄電・発電機器:

愛知県の半田市で国内最大規模の木質バイオマス発電所が8月中に着工する予定だ。木質チップやパームヤシ殻を燃料にして高効率で発電できる設備を導入する。通常の化石燃料と比べて燃えにくい木質バイオマスでも高い熱効率を発揮できるボイラーを採用する点が特徴である。(2014年8月13日)

icon
自然エネルギー:

建物からのCO2排出量をゼロにする取り組みを続ける大和ハウス工業が医療施設を対象にした新商品を発売した。地中熱を利用した風を出さない空調システムなど、患者と環境に優しいエネルギーの利用法を提案している。ガスコージェネレーションを設置して災害時にも電力と熱を供給する。(2014年8月13日)

注目製品/蓄電・発電機器:

東京ガス、2014年10月1日発売(2014年8月12日)

icon
自然エネルギー:

ハンファQセルズジャパンは、太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」において、開発中の太陽電池モジュールやHEMSを展示した。太陽電池セルや太陽電池モジュールの製造、販売にとどまらず、HEMSを通じた制御にも乗り出した形だ。(2014年8月12日)

icon
蓄電・発電機器:

日立マクセルは2014年8月、家庭用蓄電池「エナジーステーション タイプC」(容量1.4kWh)の受注を開始する。最小・最軽量の蓄電池であることをうたい、屋内しか設置場所がないユーザーに訴求する。小さいながらも、UPS機能を備え、太陽光発電システムなどと連携できる。(2014年8月12日)

icon
自然エネルギー:

岩谷産業と東芝、長府工産、山口リキッドハイドロジェンの4社は、純水素を利用した燃料電池システムの研究開発を2014年8月から開始、2017年までの4年間で進める。家庭用の出力0.7kWの機種と、業務用の出力数kWの機種の2種類を作り上げ、商用水素ステーションなどに設置する。(2014年8月11日)

icon
水素エネルギーの期待と課題(5):

水素は人体には無害だが、空気中で爆発する可能性がある。ただし気体の状態では軽くて拡散しやすいため、爆発の条件は限られる。高圧ガスの取り扱いを定めた法律に従って適切に利用すれば安全性は高い。燃料電池に関する規制も数多くあるが、普及促進の観点から見直しが進められている。(2014年8月8日)

icon
蓄電・発電機器:

エリーパワーは持ち運び可能な蓄電池を2014年9月に発売する。容量は4万8500mAh。個人向けというより、小規模オフィスのニーズに応える製品だ。ACアダプターや太陽電池で充電できる。(2014年8月8日)

icon
蓄電・発電機器:

クアトロエジャパンは太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)において「放水冷モジュール」を展示した。温度低下による変換効率向上と、汚れの防止を狙う。青みがめだたない多結晶シリコン品も見せた。(2014年8月7日)

icon
水素エネルギーの期待と課題(4):

水素で走る燃料電池自動車が増えれば、石油の消費量とCO2の排出量は減る。バスやフォークリフトの実用化も目前だ。一方で電力を供給する燃料電池は家庭用のエネファームが普及するのに続いて、業務用がオフィスや工場へ広がっていく。2020年代には量産効果で水素も燃料電池も安くなる。(2014年8月7日)

icon
蓄電・発電機器:

日本ガイシは独自の蓄電池である「NAS電池システム」を3年ぶりに国内向けに納入した。納入先は医療用医薬品メーカーであるマルホの彦根工場。マルホの目的は3つ。瞬低対策、非常電源、電力負荷平準だ。1000分の5秒で最大出力に達し、そのまま7時間以上動作する。通常時はピークカットに役立つ。(2014年8月7日)

icon
蓄電・発電機器:

太陽誘電は太陽光発電所向けの遠隔監視システムを太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」(2014年7月30日〜8月1日、東京ビッグサイト)で展示した。配線工事を必要とせず、ストリング単位で電流と電圧を検知できることが特徴だ。(2014年8月6日)

icon
電力供給サービス:

燃料費の削減に向けて火力発電所の増強を急ぐ東京電力が今夏の新設計画を7月末に完了した。最新鋭のガスコンバインドサイクル方式による設備が千葉と鹿島の火力発電所で全面的に営業運転を開始した。発電設備の熱効率は57〜58%に達して、現在の火力発電では最高レベルである。(2014年8月6日)

icon
蓄電・発電機器:

安川電機では「PV Japan 2014」で、GaN(窒化ガリウム)パワー半導体を採用した家庭用屋内設置向けのパワーコンディショナーを展示した。世界でもいち早くGaNを採用したという「名」よりも、高効率で安価な主力製品としての「実」をとる。(2014年8月6日)

icon
蓄電・発電機器:

NECネッツエスアイは太陽光発電システムの遠隔監視・保守サービスを2014年9月から開始する。「SOKODES」と呼ぶ装置を発電所の接続箱内に装着し、断線(故障)位置を正確に検出することが特徴だ。(2014年8月5日)

icon
水素エネルギーの期待と課題(2):

水素はさまざまな方法で製造することができる。現在のところ石油や天然ガスなどの化石燃料から作り出す方法が一般的だが、CO2を排出しないように再生可能エネルギーを使って水から製造することも可能だ。最大の課題はコストを引き下げることで、技術革新による変換効率の改善がカギを握る。(2014年8月5日)

icon
蓄電・発電機器:

デルタ電子は屋外設置が可能な太陽光発電システム用パワーコンディショナー「RPI Hシリーズ」を2014年7月に発売した。4.0kWから5.9kWまで出力の異なる4モデルがある。回路技術を工夫することで、シリコン系パワー半導体を用いながら変換効率を高めたことが特徴。(2014年8月4日)

icon
水素エネルギーの期待と課題(1):

自動車から電力まで化石燃料に依存する日本のエネルギーが大きな転換期を迎えている。新たなクリーンエネルギーとして水素の用途が広がり、CO2排出量の削減とエネルギー自給率の向上を一挙に実現できる可能性が高まってきた。製造〜貯蔵・輸送〜利用の各局面で国を挙げた取り組みが進む。(2014年8月4日)

icon
蓄電・発電機器:

三菱電機は2014年11月以降に順次発売を開始する住宅用パワーコンディショナーを「PV Japan 2014」で展示した。高性能な半導体である「SiC」を採用したモデルが注目を集めていたが、それ以外にも多数の工夫が凝らされていた。(2014年8月1日)

icon
スマートシティ:

東京ガスは2016年に開業予定の「豊洲新市場」を中心にした臨海地域に、電力と熱を供給する「スマートエネルギーネットワーク」を構築する。大型のガスコージェネレーションに加えてガス圧力差発電も導入する計画だ。自営の送電線とガス導管を敷設して、停電時にもエネルギーを供給できる。(2014年8月1日)

icon
蓄電・発電機器:

エクソルとファースト・ソーラー・ジャパンは2014年7月、太陽電池モジュールについて年間100MWを目標とした供給取引契約を結んだことを発表した。国内に大量導入されたことがない「CdTe薄膜太陽電池」を扱う。高温や影に強い特性があり、従来の太陽電池の強敵となりうる能力を秘めている。(2014年7月31日)

icon
和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(3):

家とクルマを結ぶ電力のやりとりは、これまで限定的だったといえる。しかし、ここにきて大きな進展があった。V2H(Vehicle to Home)と呼ばれる電気自動車(EV)と家とをつなぐ技術に、著しい改良が加わったからだ。今回、先陣を切った住宅メーカーと機器を供給する製品メーカーに、V2Hの開発状況や将来の展開を聞いた。(2014年7月31日)

icon
発電・蓄電機器:

電力系統安定化や再生可能エネルギーの大量導入に備えた大容量蓄電池の開発が進んでいる。製品評価技術基盤機構(NITE)はこのような大容量蓄電池の試験・評価が可能な施設を大阪市に構築、2016年4月の完成を予定する。(2014年7月28日)

icon
蓄電・発電機器:

PALTEKは2014年7月、72時間以上の電力供給が可能な屋外設置型のLPガス発電システム「ガス電くん!ケア」を発売した。設置工事費を含む価格は350万円。50kgのLPガスボンベ4本を用いる。主に介護施設向けを狙う。(2014年7月28日)

icon
電気自動車:

レドックスフロー蓄電池技術を革新したと主張するnanoFLOWCELLは、2014年7月、新型電池を搭載した電気自動車「QUANT e-Sportlimousine(クアントeスポーツリムジン)」の公道試験が可能になったと発表した。新型電池は液体に電力を蓄える。電気自動車をどのように変える技術なのだろうか。(2014年7月25日)

icon
補助金:

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、エネルギー分野など製造業系を対象とした「研究開発型ベンチャー支援事業」(研究開発型ベンチャー支援プラットフォーム)を開始した。人件費や活動費を最大2年間支援する他、事業化に必要な技術やビジネスモデルに関する助言を受けられる。(2014年7月24日)

icon
蓄電・発電機器:

燃料費とCO2排出量の削減に向けて、火力発電の高効率化が急速に進んでいる。国内メーカー最大手の三菱日立パワーシステムズは現在の技術で最高レベルの熱効率65%に達するガス火力発電プラントを兵庫県の高砂工場に建設する計画だ。出力51万kWで2018年7月の運転開始を予定している。(2014年7月22日)

icon
キーワード解説:

島国の日本の周辺には、さまざまな海洋エネルギーが存在する。その中で開発が進んでいるのは洋上風力と海洋温度差発電の2つだ。沖縄県の久米島では海洋温度差発電の実証設備が稼働中で、国の支援を受けて商用化に向かう。海水の温度が年間を通して安定していれば発電に利用できる。(2014年7月18日)

icon
自然エネルギー:

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2014年7月、太陽光発電システムの改善に役立つ21のプロジェクトを開始すると発表した。システムの寿命を延ばす、太陽熱を電力と併せて利用する、リサイクルを効率化するなどの取り組みだ。太陽電池の変換効率向上や製造コスト低減ではなく、システム全体の効率、コストに着眼した。(2014年7月18日)

icon
自然エネルギー:

リコーは2014年7月、銀座4丁目交差点にある広告塔を自然エネルギーだけで賄う計画を発表した。太陽光発電と風力発電を蓄電池と組み合わせる。(2014年7月17日)

icon
自然エネルギー:

東芝は2014年7月、インドネシアに立ち上がる世界最大級の地熱発電所にタービンと発電機を納入すると発表した。東芝の蒸気タービンが排出した低温蒸気は他社のバイナリー発電機で再利用する仕組みだ。(2014年7月17日)

icon
スマートハウス:

2011年から奈良県で始まったスマートハウスの居住実験で、燃料電池と太陽電池、さらに蓄電池か電気自動車を組み合わせた「3電池住宅」の導入効果がまとまった。家族4人が生活した結果、電気自動車を利用した場合でも年間の電力購入量は82%削減できて、光熱費は31万円も少なくなった。(2014年7月16日)

icon
自然エネルギー:

日立キャピタルと日立製作所は、2015年度上期の完成を目指して秋田市に出力2MWの風力発電所を立ち上げると発表した。従来機よりも強い風に耐える新型風車を初導入する。(2014年7月16日)

icon
PV Japan 2014 開催直前情報:

「PV Japan 2014」におけるLooopのテーマは「自然エネルギーを、もっと自由に」だ。さまざまな規模の太陽光発電所を作り上げる事ができる「MY発電所キット」という仕組みを生かして、低圧向け、高圧向け、農業との共存などをうたう製品を展示する。管理・運営に役立つソリューションサービス「まもるーぷ」も見せる。(2014年7月15日)

icon
キーワード解説:

日本が世界をリードする先端技術の1つに「水素・燃料電池」の分野がある。トヨタ自動車が世界に先駆けて燃料電池車を市販する一方、川崎市では世界初の水素発電所を建設する構想が進む。水素は酸素と反応して、電気と熱と水を作る。CO2を排出しないクリーンエネルギーとして期待がかかる。(2014年7月11日)

icon
蓄電・発電機器:

太陽光発電のコストに大きく影響するのが太陽電池の変換効率だ。2030年に40%を目標に技術開発が進む中、産業技術総合研究所が新しい作製方法で30.4%の変換効率を達成した。特性が違う4種類の材料を接合することにより、波長の違う太陽光を幅広く取り込んで電気に変換することができる。(2014年7月11日)

icon
スマートホーム:

三井ホームは2014年7月、柏の葉スマートシティの街開きと合わせて、実証実験住宅をリニューアルした。家電やHEMSを制御するユーザーインタフェースの改良が中心である。これまでの成果と合わせて内容を紹介する。(2014年7月10日)

icon
電力供給サービス:

東京電力が2020年に運転開始を予定している3カ所の石炭火力発電所に対して、環境省は計画段階の意見書を提出した。いずれも最先端の発電技術を採用していることから早期に商用化するようエールを送る一方、ガス火力発電よりも多いCO2排出量を削減するための取り組みを要請した。(2014年7月9日)

icon
蓄電・発電機器:

専門商社のユアサ商事が太陽光発電事業の拡大に向けて、山口県に続いて北海道にメガソーラー級のテストプラントを稼働させた。2カ所で合計4種類の太陽電池モジュールを採用して性能評価を実施するほか、湿地帯に建設するための地盤対策や海に近い場所の塩害対策の効果も検証する。(2014年7月8日)

icon
エネルギー管理:

九州電力は佐賀県と鹿児島県で実施中の「スマートグリッド実証試験」を拡大する。330世帯の一般家庭にタブレット端末を設置して、地域内の太陽光発電や蓄電池と組み合わせた電力の利用形態を検証する試みだ。火力や原子力など集中型の電源を含めて最適な電力需給体制の構築を目指す。(2014年7月7日)

icon
蓄電・発電機器:

三菱電機が世界初をうたう戸建住宅用の電力変換装置「SMART V2H」を発表した。商用電力と太陽光発電システム、電気自動車が内蔵するバッテリーを同時に双方向で利用可能な装置。電気自動車を家庭用の大容量蓄電池とほぼ同じように使える。停電時に太陽光発電を電気自動車の充電に使う、太陽光発電と電気自動車の電力を同時に家庭内で使う、といった使い方ができる。(2014年7月4日)

icon
エネルギー管理:

大阪市の中心部にある地上26階建てのビルで電気自動車を利用した電力供給システムの実証実験が始まった。関西電力など6社が参画して実施するプロジェクトで、ビルの地下駐車場に設置した大型の充放電器から、電気自動車のほかにビル内のエレベータなどにも電力を供給する。(2014年7月4日)

icon
蓄電・発電機器:

条件がよい30m×40m程度の土地に太陽光発電所を立ち上げる場合、最大出力は100kW程度まで高められる。出力が50kW以上の発電所は系統と高圧で連系しなければならない。Looopは2014年7月、このような条件に適した太陽光発電のシステム製品「高圧MY発電所キット」を発表した。(2014年7月4日)

icon
蓄電・発電機器:

日立化成は2014年夏、太陽電池の変換効率を高める波長変換粒子の販売を開始する。シリコン太陽電池モジュールの内部にある封止シートに混ぜ込むことで、効果を発揮する粉末だ。紫外線を可視光に変換することで、本来の光のエネルギーを引き出すことが可能になり、変換効率が最大2.2%向上する。(2014年7月3日)

icon
電力供給サービス:

GSユアサは群馬事業所内の遊休地に出力1MWのメガソーラーを立ち上げる。通常時の全量売電に加えて、停電時には事業所内に電力を送ることが可能な設計だ。蓄電池や電気自動車用の急速充電器と組み合わせた用途も見せる。(2014年7月1日)

icon
自然エネルギー:

LIXIL住宅研究所と日立キャピタル、ハンファQセルズジャパンが新築住宅と太陽光発電システムを同時に購入した場合に、太陽光部分の分割手数料を負担するサービスを開始した。売電収益で太陽光部分の分割払いを賄うことが可能だという。(2014年6月30日)

icon
和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(2):

歩く、つかむ、触る……。このようなごく自然な行動が、微小なエネルギーを生み出す。これをすくい上げ、小型の装置に送る。これが「エネルギー・ハーベスティング」だ。配線コードが不要になり、クルマやビル、住宅などの使い勝手が一段と良くなる。スマートハウスにも必須だろう。技術開発が現在どこまで進んでいるのか、今後の展開は? 注目の技術に取り組む関係者にインタビューした。(2014年6月27日)

icon
スマートシティ:

将来に向けた日本のエネルギー戦略の中で重要な役割を担う水素・燃料電池のロードマップがまとまった。定置用燃料電池、燃料電池車、水素発電の3つの分野を対象に、2050年までの目標と重点施策を掲げる。国の総力を挙げて、化石燃料にも原子力にも依存しない水素社会の実現を目指す。(2014年6月26日)

icon
小寺信良のEnergy Future:

再生可能エネルギーを中心に次世代エネルギーを探る小寺信良氏の連載。今回は「バイナリー発電」の強みと弱みを取り上げた。あるバイナリー発電機の実例を取り上げ、どのようなコストが掛かるのか、適した用途は何かを解説する。(2014年6月25日)

icon
エネルギー管理:

積水ハウスは宮城県の東北工場で、「防災未来工場化計画」を開始した。発電機や大容量蓄電池を導入してエネルギーの自立を進め、省エネルギーに役立てる。平常時だけではなく、災害時に役立てることも目標だ。工場に閉じた計画ではなく、地域と連携して計画を進めていく。(2014年6月24日)

注目製品/蓄電・発電機器:

YAMABISHI、2014年6月発売(2014年6月23日)

icon
自然エネルギー:

日本の太陽電池産業が大きく変わろうとしている。数量の伸びは著しいものの、海外生産品の比率が高まる一方だ。長らく大半の需要を支えてきた住宅用の比率は今や25%を切り、発電事業用と産業用の比率が高まっている。太陽光発電協会(JPEA)が発表した国内メーカーを対象とした太陽電池モジュールの統計を紹介する。(2014年6月19日)

icon
電力供給サービス:

都市ガスを使って200kWの電力を生み出す定置型の装置「Bloomエナジーサーバー」を慶應大学とソフトバンク本社が相次いで採用した。値上げのない安価な電力を10年以上利用可能なことに加えて、電力源を系統電力とガスで二重化でき、事業継続性が高まる。(2014年6月19日)

注目製品/蓄電・発電機器:

ダイヘン、2014年7月発売(2014年6月17日)

icon
電力供給サービス:

東京電力や東京大学など14法人が共同で風力発電の研究開発プロジェクトに取り組む。気象条件によって出力が変動する風力発電の予測と制御、さらに地域の電力需給シミュレーションシステムを開発する予定だ。2018年度までの5年間をかけて、東日本地域の再生可能エネルギー拡大に備える。(2014年6月17日)

icon
蓄電・発電機器:

リコーは2014年6月、「完全固体型色素増感太陽電池」を開発したと発表した。内部の液体部分を固体に変えることで、変換効率を2倍に高め、安全で、85度の高温下でも2000時間以上劣化しないという。2015年度以降にサンプル出荷を開始する予定だ。(2014年6月17日)

icon
蓄電・発電機器:

福島沖で実証中の浮体式による洋上風力発電プロジェクトで、第2期に運転する超大型の建造作業が最終段階に入った。2基の発電設備のうち1基の浮体部分が完成して、製造中の風車と合わせて12月から組立・設置作業を始める。洋上で発電を開始するのは2015年の初めになる見通しだ。(2014年6月16日)

icon
自然エネルギー:

静岡県で農業と太陽光発電を共存させる「ソーラーシェアリング」発電所が立ち上がった。手動でモジュールを回転できる発電所として、全国でも初めて水田の上に設置した事例だという。ただし、計画から運転開始までの道のりは平たんではなく、大きく3つの壁があった。メガソーラーやミドルソーラーなどとは異なる壁だ。設計から施工までを担当した発電マンの岩堀良弘氏に聞いた。(2014年6月13日)

icon
蓄電・発電機器:

米AlcoaとイスラエルPhinergyは、2014年6月、アルミニウム空気電池で走行する電気自動車を公開した。金属アルミニウム自体を電気の「缶詰」として利用するため、充電せずに走行する電気自動車となった。(2014年6月12日)

icon
エネルギー管理:

横浜市で進められているスマートシティ・プロジェクトの一環で、東京ガスが太陽光や太陽熱を活用したマンションを社宅に使って実証試験を続けている。2013年度には電力需要のピークを抑制するデマンドレスポンスを実施した結果、夏に58%、冬に49%の電力を削減することに成功した。(2014年6月12日)

icon
エネルギー管理:

日立製作所とヤンマーエネルギーシステムはコージェネレーションシステムや太陽光発電システム、蓄電池などを組み合わせた分散型エネルギー源をシステムパッケージ化した。電気料金低減の他、二酸化炭素排出量の抑制、BCP(事業継続計画)などに役立つ。(2014年6月11日)

icon
蓄電・発電機器:

東京都心と羽田空港を結ぶ「東京モノレール」が自社で運営する2カ所の変電所に大容量の蓄電設備を導入した。停電が発生して複数の電車が駅のあいだに停止しても、蓄電設備から供給する電力で最寄りの駅まで自力で走行できるようになる。上空を走るモノレールには欠かせない災害対策だ。(2014年6月11日)

icon
蓄電・発電機器:

鹿児島県の南大隅町にある大規模な風力発電所でトラブルが続いている。5月下旬に20基ある大型風車のうち1基のタワーに損傷が見つかった2週間後に、別の1基から発電機のカバーが脱落して地上に落下した。事業者が原因を調査中だが、今のところ特定できていない。(2014年6月10日)

icon
スマートシティ:

兵庫県は山間部を中心に点在する世帯数50未満の集落を「エネルギー自立のむら」に変えていく。集落の拠点に発電設備と蓄電池を導入して、災害時にも住民が生活を継続できるようにする計画だ。導入費用の50%を補助するほか、無利子の貸付を1件あたり最高5000万円まで実施する。(2014年6月10日)

icon
自然エネルギー:

プロ野球の中日ドラコンズの本拠地であるナゴヤドームでは深夜電力を活用するなどの節電対策に取り組んできた。新たにドーム球場の屋根にシート型の太陽電池を設置して、2017年から発電を開始する予定だ。1平方メートルあたり3キログラムの軽い太陽電池を採用して補強工事を不要にした。(2014年6月10日)

icon
電力供給サービス:

東京電力が茨城県の「鹿島火力発電所」で進めてきたガス火力発電設備の更新プロジェクトは予定よりも早く6月中に完了する見通しになった。3基の発電設備を最新鋭のコンバインドサイクル方式に増強する計画で、2基目が6月2日に、3基目も6月末までに営業運転を開始する予定だ。(2014年6月4日)

icon
法制度・規制:

米国の環境保護局がCO2排出量の低減に向けて、発電設備の効率改善などを推進するガイドラインを全米各州に提案した。火力発電に対してCO2排出量の規制を設けて、全米で2030年のCO2排出量を2005年よりも30%削減するのが目標だ。すでに2012年の時点でも削減率は15%を超えている。(2014年6月4日)

icon
スマートシティ:

アラブ首長国連邦(UAE)が2006年に発表した化石燃料を使わないゼロカーボン都市「マスダールシティ」。世界同時不況のあおりを受け、当初の予定通りには進捗していない。しかし、中東で最もエネルギー効率の高いビルや、大規模な太陽熱発電所など、少しずつ計画が実を結び始めている。高温環境下でのスマートシティとはどのようなものなのか、現状を紹介する。(2014年6月4日)

icon
蓄電・発電機器:

ONEエネルギーは2014年6月から、戸建て住宅向けの「蓄電システムレンタルサービス」の提供地域を、関西電力と中部電力の送電エリアに広げたと発表した。千葉県ではCATV局を運営する企業と提携し、キャンペーン価格でサービスを提供する。(2014年6月3日)

icon
電力供給サービス:

3月に事故を起こして運転を停止している「松浦火力発電所2号機」が8月中旬に仮復旧する見通しになった。通常時の出力100万kWに対して40万kW程度の発電能力を予定している。この発電所から電力の供給を受ける九州では今夏の需給状況が厳しく、経済産業省は運転開始の前倒しを要請した。(2014年6月2日)

icon
自然エネルギー:

オランダThe Archimedesによれば、家庭向けに最適な風車の形状は三枚羽根のプロペラ型ではない。らせん状の風車を使うと、騒音がなく、家庭で消費する電力量の半分をまかなうことが可能だという。(2014年5月30日)

icon
蓄電・発電機器:

首都圏を走る京王電鉄は沿線の変電所に蓄電池を導入する。電車がブレーキをかけた時に発生する回生電力を蓄電池に充電して、他の電車の走行用に放電する仕組みだ。従来は近くを走る電車間でしか回生電力を活用できなかったが、蓄電池を導入することで回生電力の利用効率を高める。(2014年5月30日)

注目製品/蓄電・発電機器:

旭硝子、2014年5月発売(2014年5月26日)

icon
スマートファクトリ:

石油精製会社の富士石油が主力の製油所に大規模な発電設備を導入する。精製の工程で生まれる大量のアスファルトを燃料にして、3万6000kWの電力を供給できるようにする計画だ。製油所内で使用する電力をほぼ全量カバーして、電気料金を大幅に低減させる。(2014年5月26日)

icon
スマートホーム:

電力と熱を自給自足できる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」に向けた実証実験が、さいたま市で始まった。ホンダの電気自動車から住宅に電力を供給するほか、車庫にはワイヤレス充電器を備えて利便性を高める。太陽光発電や蓄電池、窓やブラインドの自動開閉機能も導入する。(2014年5月26日)

icon
キーワード解説:

広くて日当たりの良い農地は太陽光発電に適している。同じ土地の中で農作物を栽培しながら太陽光発電に取り組む「ソーラーシェアリング」が全国各地に広がり始めた。農作物にも十分に光が当たるように、支柱を高くして太陽光パネルを設置する。農林水産省も指針を出して促進している。(2014年5月23日)

icon
スマートシティ:

「環境先進空港」を目指す関西国際空港で水素エネルギーの導入が始まる。2016年度までの3年間に、燃料電池フォークリフトや水素ステーションを空港内に配備するほか、大阪国際空港と直結するバスにも燃料電池車を採用する。太陽光や風力と組み合わせた水素発電システムも検討中だ。(2014年5月22日)

icon
自然エネルギー:

福島県のいわき市でトマトなどを生産・販売する農業生産法人が太陽光発電事業を開始した。温室に隣接する所有地に0.5MW(メガワット)の発電設備を導入して、さらに農地にも0.4MWの設備を展開する計画だ。農地には支柱を立てて、追尾型の太陽光発電システムを設置する。(2014年5月22日)

icon
電力供給サービス:

東京電力が福島県の復興と雇用創出に向けて、最新鋭の石炭火力発電所を2カ所に建設するプロジェクトを開始した。石炭をガス化してから発電する世界でも最高水準の技術を採用して、合計100万kWの電力を供給する計画だ。東京オリンピックに合わせて2020年の夏までに営業運転を目指す。(2014年5月19日)

icon
キーワード解説:

太陽電池は素材や製造方法によってタイプが分かれる。現在のところ結晶タイプのシリコンを使ったものが主流だが、最近では各種の化合物を素材に利用した薄膜タイプの製品が増えてきた。薄くて軽く、日射熱に強い点が特徴で、建物の外壁やメガソーラーにも使われ始めた。(2014年5月16日)

icon
自然エネルギー:

島国の日本にとって海洋エネルギーの開発は将来に向けた大きな課題だ。膨大な潜在量が見込まれる海洋エネルギーの中で、環境省は潮流発電に焦点を当てた技術開発プロジェクトを開始する。2018年の実用化を目指して、発電能力が500kW以上の設備を使った実証事業を推進していく。(2014年5月16日)

icon
蓄電・発電機器:

「太陽光発電推進のまち」を掲げる群馬県の太田市が運営するメガソーラーで運転開始から6カ月間の発電量が当初の想定を25%も上回った。このメガソーラーは全国で初めて古墳群の中に建設したもので、薄膜タイプの太陽電池が効果を発揮している。(2014年5月15日)

スマートジャパン購読ボタン