蓄電・発電機器

電力の有効活用において重要な役割を果たす蓄電・発電機器に関して、オフィス・店舗・工場向けを中心に製品動向と導入事例を掲載しています。

icon
自然エネルギー:

プレシードは2015年1月28日、熊本県で出力10.4kWの風力発電所「風丸(かぜまる)」の通電式を開催、売電を開始した。10kW級の小形風力発電機を系統連系し、固定価格買取制度(FIT)を利用して電力会社に売電する事例としては国内初だという。(2015年1月30日)

icon
蓄電・発電機器:

日本で最先端のエネルギー供給体制を構築中の「柏の葉スマートシティ」で、2種類の蓄電池を組み合わせた電力融通のシステムが動き始めた。商業施設に大容量の蓄電池を新規に導入して、隣接するオフィスビルとのあいだで双方向に電力を融通できる体制が整った。(2015年1月30日)

icon
蓄電・発電機器:

GSユアサは、リチウムイオン蓄電池一体型のパワーコンディショナー「パワーソーラーIII」を発表した。災害時の避難所となる拠点に向く製品。停電時には自動的に自立運転へ移行し、太陽電池で蓄電池を充電できる。(2015年1月28日)

icon
自然エネルギー:

栃木県の下水処理場で燃料電池による再生可能エネルギーの発電事業が2月1日から始まる。下水の汚泥から発生するバイオガスをもとに、水素を抽出して燃料に利用する。3台の燃料電池を使って700世帯分の電力を供給することができる。年間に約1億円の売電収入を得られる見込みだ。(2015年1月26日)

icon
蓄電・発電機器:

オムロンは2015年3月から無停電電源装置(UPS)3製品「BA75T」「BA100T」「BA100R」の販売を開始する。産業用製造装置や検査装置のシステム、FA用のPC向けを狙い、生産品のトレーサビリティ確保などに役立てる。産業機器の筐体に収まるよう小型化し、不要な機能を除くことで低価格化したという。(2015年1月26日)

注目製品/蓄電・発電機器:

サンテックパワージャパン、2015年4月発売(2015年1月21日)

icon
電力供給サービス:

長崎県にある九州電力の火力発電所が1月19日(月)の午後に運転を停止した。発電設備のボイラーへ水を送る装置に不具合が生じたためで、70万kWの電力を供給できなくなった。九州では1月26日からの週に気温の低下が予想され、復旧しない場合には需給率が96%に達する見通しだ。(2015年1月21日)

icon
電力供給サービス:

トヨタグループの豊田通商が米国内で火力発電所の設備更新計画に参画する。老朽化した石油・石炭火力発電設備を最新鋭のガスコンバインドサイクル方式へ転換して、発電コストとCO2排出量を低減する取り組みだ。米国では温暖化対策として火力発電所の「リパワリング」が活発になっている。(2015年1月21日)

icon
キーワード解説:

家庭用のエネファームから次世代のエコカーまで、「燃料電池」を搭載した製品が我々の身の回りに広がってきた。燃料電池は水素と酸素が化学反応を起こして電気を発生させることから電池の1つに位置づけられている。燃料を補充するだけで発電を続けられる点が従来の電池にない最大の特徴だ。(2015年1月16日)

icon
補助金:

政府は国の競争力を左右するエネルギーコストの低減に向けて、2015年度も引き続き巨額の予算を投入する。2014年度の補正予算と合わせて1兆円を超える規模で、省エネ対策の徹底、水素社会の実現、再生可能エネルギーの導入拡大を推進していく方針だ。(2015年1月15日)

icon
スマートシティ:

愛知県の企業庁は1974年から稼働している浄水場に2種類の発電設備を導入する。天然ガスによるコージェネレーションを昼間のベースロード電源に利用するのと合わせて、敷地内にメガソーラーを設置して余剰電力を売電する計画だ。夜間は安い電力を購入してコージェネをピークカットに使う。(2015年1月14日)

icon
自然エネルギー:

北海道の稚内市で積雪や寒さに負けない再生可能エネルギーの実証試験が始まる。運転中のメガソーラーに両面発電が可能な太陽光パネルを設置して、雪の反射を利用した発電に取り組む。さらに蓄電池や融雪マットを組み合わせて寒冷地ならではの再生可能エネルギーの活用方法を検証する。(2015年1月14日)

icon
蓄電・発電機器:

東京都内で建設中の地上14階建ての高層マンションに、停電時の発電機能が付いた燃料電池「エネファーム」を導入する。住戸の廊下側に収納できるマンション向けの最新機種を、全254戸のうち51戸に設置する予定だ。停電時にエネファームが止まっていても電力を供給することができる。(2015年1月13日)

icon
補助金:

政府は2014年度の補正予算でエネルギー対策に3515億円を投入する。前年度の930億円から大幅に増やして、最優先の課題として取り組む。特に大きな予算を割り当てる分野は2つ。地域の工場や店舗に省エネ機器を導入する補助金と、再生可能エネルギーの接続保留に関する緊急対策である。(2015年1月13日)

icon
蓄電・発電機器:

地熱発電が盛んな九州で2番目の規模を誇る「山川地熱発電所」で、1月6日(火)にトラブルが発生した。発電設備の基幹部分である蒸気タービンに多数の損傷が見つかった後に、発電後の蒸気を温水に戻すための復水器でも異常が発生して、運転を一時停止する事態に陥った。(2015年1月8日)

icon
蓄電・発電機器:

中国Trina Solarは2014年12月31日、多結晶シリコンセルを60枚用いた太陽電池モジュールにおいて、出力324.5Wを達成した。同種の太陽電池モジュールとしては世界最高記録だと主張する。2014年に達成した同社の4番目の世界記録となる形だ。(2015年1月8日)

icon
補助金:

東京都は2020年のオリンピック・パラリンピックで水素を活用した都市づくりを世界にアピールするために、燃料電池車や水素ステーションの導入に対して国の補助金と併用できる制度を新設する。「MIRAI」の購入者に101万円、水素ステーションの設置者に1億8000万円を交付する予定だ。(2015年1月7日)

icon
2015年の電力メガトレンド(2):

トヨタ自動車の「MIRAI」に続いて、ホンダも2015年度中に燃料電池車を国内で発売する。燃料の水素を供給するステーションが街に広がり、工場では水素の製造技術が進化していく。再生可能エネルギーから水素を作って貯蔵する取り組みも始まり、「水素発電」の実用化が目前に迫る。(2015年1月6日)

icon
自然エネルギー:

日本が世界に先がけて取り組む海洋エネルギーの分野で4つの研究開発プロジェクトが始まる。2016年以降の実用化を目指す水中浮遊式の海流発電システムをはじめ、2020年代に発電コストを1kWhあたり20円以下に低減させる潮流発電や波力発電の技術開発を国の支援で推進していく。(2015年1月6日)

icon
蓄電・発電機器:

日立製作所は新神戸電機と共同で、2015年度から伊豆大島の電力系統に出力1.5MWの蓄電システムを直結し、東京電力の協力を得て、系統安定化の実証試験を始める。特徴は2種類の「電池」を組み合わせて短周期、長周期、いずれの変動にも対応できることだ。(2015年1月5日)

icon
スマートハウス:

LIXILは「屋根は資源」であり、屋根から得られるエネルギーで住宅内消費量の多くを賄うことができると考えている。2014年12月には既築戸建住宅の屋根に「高効率太陽熱光ハイブリッドパネル」を設置した実証研究の成果を発表した。冬季の2月に総消費エネルギーの約80%を賄うことができたという。(2014年12月26日)

icon
蓄電・発電機器:

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が出力20kW未満の「小形風力発電」のてこ入れに乗り出す。発電機やパワーコンディショナー、支柱を中心に部品を共通化し、導入時の投資コストを3年間で30%削減することが目標だ。(2014年12月26日)

icon
蓄電・発電機器:

洋上風力発電で世界をリードするイギリスの沖合で、出力8MWの超大型機32基を導入する計画が進んでいる。三菱重工業とデンマークのヴェスタス社の合弁会社が開発した世界最大の洋上風力発電機を初めて採用する。2016年に沖合で設置工事に入り、2017年中に全面運転を開始する予定だ。(2014年12月26日)

icon
発電・蓄電機器:

Looopは2014年12月、薄膜太陽電池を採用した太陽光発電所用のキット製品「MY発電所キット 68CIS」の販売を開始した。価格は1450万円。太陽電池モジュールの合計出力は68kW。約1240m2の土地に設置が可能なキット製品である。(2014年12月25日)

icon
蓄電・発電機器:

ONEエネルギーはタマホームと提携し、2015年1月1日から、NECの蓄電池システムと京セラの太陽光発電システムを組み合わせてリース・レンタル方式で提供する。タマホームの新築戸建住宅を購入した顧客が対象。サービスの月額料金は太陽電池の容量によって異なる。(2014年12月25日)

icon
蓄電・発電機器:

東武鉄道は2014年12月22日、電車が減速する際のエネルギーを電力に変えて蓄える「回生電力貯蔵装置」の運用を開始した。変電所間の距離が長い東武野田線の運河駅に装置を導入することで、年間21万kWhの電力量を削減できる。(2014年12月25日)

icon
蓄電・発電機器:

三菱電機は2014年12月、90万kW級の発電機に「水素間接冷却方式」を適用可能になったと発表した。付帯設備が多く、大型で導入コストがかさむ「水冷却方式」を置き換えることができるという。(2014年12月24日)

icon
自然エネルギー:

政府が海洋エネルギーの実証フィールドに選定した佐賀県の沖合で進んでいた発電設備の設置工事が突如中断した。洋上の風力と海中の潮流の両方で発電できる画期的なシステムだが、12月18日に水没してしまった。事業者の三井海洋開発は水没した設備を回収して計画を練り直す。(2014年12月22日)

icon
蓄電・発電機器:

中国Jinko Solar Holding(ジンコソーラーホールディング)は多結晶シリコン太陽電池モジュールの出力において、新記録を達成したと発表。60セル品の出力が306.9Wに達した。(2014年12月19日)

icon
電力供給サービス:

日立製作所とスイスABBは2014年12月16日、国内向けに高圧直流送電(HVDC)事業を展開するための合弁会社を設立することに合意したと発表した。日立製作所の営業ネットワークやプロジェクトマネジメント能力を、ABBの先進HVDC技術と組み合わせることで、再生可能エネルギーの大量導入や、国内の電力系統強化に役立てる。(2014年12月18日)

icon
電気自動車:

ホンダと岩谷産業は2014年12月15日、北九州市において小型の「スマート水素ステーション」を設置したと発表した。最大の特徴は水素を作り出すエネルギー源として太陽光発電システムを利用したことだ。出力10kWのシステムと接続した。(2014年12月17日)

icon
自然エネルギー:

東芝など5社は沖縄県と浄化センターにおける消化ガス発電事業について基本協定を結んだ。ガス発電機を導入して、無駄になっていた消化ガスから年間2億円分の電力を生み出す。2016年10月の発電開始を目指す。(2014年12月15日)

icon
スマートシティ:

電力会社との競争拡大に備えて、ガス会社が電力と熱を供給する総合エネルギー事業の強化に乗り出した。東邦ガスは再生可能エネルギーとコージェネレーションを組み合わせた高効率のシステムを名古屋市の臨海地区に導入する。地区内を流れる運河の水も熱源に利用してCO2の排出量を削減する。(2014年12月15日)

icon
蓄電・発電機器:

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学(UNSW)と同RayGen Resources、Australian Renewable Energy agency(ARENA)は、2014年12月、集光型太陽電池において、変換効率が40.4%に達したと発表した。今回の成果は手法に特徴がある。市販の2種類の太陽電池セルを組み合わせ、光フィルターを用いて性能を高めたからだ。(2014年12月12日)

icon
電気自動車:

岩谷産業とセブン-イレブン・ジャパンは2015年秋までに水素ステーションを併設したコンビニ店舗を2カ所に立ち上げる。国内初の取り組みだ。コンビニ店舗側でも水素を利用して電力の5割を賄う目標を打ち出した。(2014年12月11日)

icon
自然エネルギー:

避暑地で有名な那須高原のゴルフ場の跡地に、750台のパワーコンディショナーを使ってメガソーラーを建設する。ゴルフコースの形状のまま12万枚の太陽光パネルを設置するため、小型のパワコンを分散させて効率化を図る。全体の発電規模は15MWで、2016年3月に運転を開始する予定だ。(2014年12月11日)

icon
蓄電・発電機器:

デンソーは2014年12月、太陽光発電によって電力をまかなうセキュリティシステム「エネる D」を開発、2015年2月から販売を開始すると発表した。レーザーエリアセンサーとカメラを備えており、農園や公園、建設現場などにも適するという。(2014年12月10日)

icon
蓄電・発電機器:

パナソニック システムネットワークは2014年12月、「太陽光発電所向け無線型ストリング計測システム」を発売する。異常検知に重点を置いた製品であり、発電ロスを防ぐことを目的とする。ストリングごとのデータを無線で収集するため、導入しやすいという。(2014年12月10日)

icon
自然エネルギー:

東芝は2014年12月、人工光合成の世界記録を更新したと発表した。太陽光のエネルギーのうち、1.5%を化学エネルギーに転換できたという。これまでの世界記録を1桁上回る成果だ。火力発電所の排出する二酸化炭素を分離回収する技術と、今回の成果を組み合わせることが目標だという。(2014年12月10日)

icon
蓄電・発電機器:

年間生産量1万7500トンという大規模なリチウムの製造がアルゼンチンで始まる。これは日本全体の消費量に匹敵する規模だ。100%の販売代理権を持つ豊田通商は全世界にリチウム資源の販売を開始、2015年1月には日本への出荷を開始する。(2014年12月9日)

icon
小寺信良のEnergy Future:

トヨタ自動車が2014年12月15日に発売する世界初の量産型の燃料電池車「MIRAI」。燃料電池車はガソリン車や電気自動車と比較して、どこが優れているのか。優れていたとしても「水素」が弱点になることはないのか。小寺信良がエネルギーからMIRAIを見た。(2014年12月9日)

icon
エネルギー管理:

札幌市の交通局が12月〜3月の4カ月間にわたって、市営地下鉄の暖房を原則停止する。冬の寒さが厳しい札幌だが、電力需給状況の改善に加えて電気料金の再値上げに対応する措置だ。電車の中は外気よりも温度が高いことから、早朝などを除けば暖房は不要と判断した。(2014年12月8日)

icon
自然エネルギー:

米Altaeros Energiesはヘリウムの浮力を利用して空中に浮かべる形の風力発電を開発中だ。出力が増え、設置コストが低いという。ソフトバンクは2014年12月5日、同技術の開発と商用化支援を目的として、同社に700万米ドル(約8億4000万円)を出資すると発表した。携帯電話の通信基地局を兼ねた空中発電所が実現しそうだ。(2014年12月8日)

icon
蓄電・発電機器:

JR九州は2014年11月27日、蓄電池で走る電車の量産に着手すると発表した。「架線式蓄電池電車」と呼ぶ。交流電化区間で充電する蓄電池電車としては日本初だという。動力費の5割削減を目指す。(2014年12月5日)

icon
省エネ技術:

JR東海は東海道新幹線の「周波数変換装置」を取り換えると発表した。神奈川県内の2カ所の設備に対して、事業費134億円を投じ、約8年間で工事を完了する。電力使用量を2%削減でき、メンテナンスコストも下がる。(2014年12月5日)

icon
スマートシティ:

東京都が再生可能エネルギーの拡大に向けて今後10年間の工程表を策定した。需要と供給の両面で推進策を実行することにより、2012年に6%だった再生可能エネルギーの電力利用比率を2024年に20%まで高める。特に太陽光発電を4倍に、業務用のコージェネレーションを2倍に増やす。(2014年12月4日)

icon
蓄電・発電機器:

伊藤忠商事は2014年12月3日、家庭用の定置型大容量リチウムイオン蓄電池「エネパワボS(LS066H)」の販売を同月から開始すると発表した。エヌエフ回路設計ブロックが開発・商品化した蓄電池である。容量は7kWh。停電時に宅内の全コンセントを利用できることが特徴だ。(2014年12月4日)

icon
電力供給サービス:

大阪府は2014年12月2日、電力供給用の燃料電池システムを1.2MW分導入する基本合意をBloom Energy Japanと締結したことを発表した。大阪府中央卸売市場内に設置する。市場の非常用電源の出力を1.5倍に高め、年間の二酸化炭素排出量を約3割削減することを目指す。(2014年12月4日)

icon
省エネ技術:

岐阜大学流域圏科学研究センターの廣岡佳弥子准教授と市橋修特任助教の研究グループは2014年12月2日、微生物燃料電池を使って、有用な元素であるリンを廃水から除去回収することに成功したと発表した。廃水を浄化でき、電力も得られる。(2014年12月3日)

icon
蓄電・発電機器:

フランスSoitecと同CEA-Leti、ドイツFraunhofer ISEは共同で、集光型太陽光発電に役立つ太陽電池セルの変換効率が46.0%に達したと発表した。Soitecは集光型太陽電池モジュール製品を既に量産しており、今回の技術を順次製品に展開する計画だ。(2014年12月3日)

icon
自然エネルギー:

宇宙開発施設のインフラ設備などを手がける民間企業が大分県の別府市で温泉発電プラントを運転開始した。これまで温泉で使っていなかった蒸気を活用して、一般家庭で1000世帯分の電力を供給する。発電設備の初期投資額は約6億円で、売電収入によって8年程度で回収できる見込みだ。(2014年12月2日)

icon
蓄電・発電機器:

サーバへの電力供給を工夫すると、消費電力量が20%も下がる。高電圧直流(HVDC)給電の利点だ。ところがコンセントでアーク放電が起こる可能性があり、安全性に不安があった。2014年11月、NTTファシリティーズと富士通コンポーネントが開発したコンセントが、米国発の認証機関であるULの認証を取得、市場でより受け入れられやすくなった。(2014年11月28日)

icon
自然エネルギー:

ホンダがゼロエミッションの取り組みを相次いで進めている。2014年11月に燃料電池車のコンセプトモデルを発表後、カリフォルニア州で水素ステーションに投資、ブラジルでは自動車工場で必要な量と同等の電力を風力発電で生み出す。(2014年11月28日)

icon
蓄電・発電機器:

ネクストエナジー・アンド・リソースは2014年12月、太陽光発電システムと商用電源を自動的に切り替える小型の装置「NR-PC1000」を発売する。価格は2万9700円。いわゆるオフグリッド用のシステムを拡張する形だ。(2014年11月27日)

icon
自然エネルギー:

太陽光発電協会(JPEA)は2014年11月、国内の太陽電池モジュールの総出荷量などを発表した。2014年7月〜9月はこれまでの最大量に次ぐ値にまで回復した。ところが用途別の数字からは全体とは違う傾向が見える。住宅向けの出荷量が停滞していることだ。用途別の比率で過去最低の22%を記録した。(2014年11月26日)

icon
自然エネルギー:

福島県いわき市の農地に追尾型の太陽光発電システムを設置して、イチジクの栽培と合わせて売電収入を得る試みが9月から始まっている。75基で約400kWの発電能力になり、200世帯分の電力を供給できる。隣接地に設置した固定型の太陽光パネルと比べて年間の発電量は1.5倍になる。(2014年11月26日)

icon
蓄電・発電機器:

シャープは2014年12月9日、単結晶シリコン太陽電池モジュール「BLACKSOLAR NQ-210AD」など4製品を発売する。NQ-210ADの価格は12万円(税別)。従来製品と比較して出力が3.5%高くなった他、新たにモジュール本体と出力を20年間無償で保証することが特徴。(2014年11月26日)

icon
法制度・規制:

経済産業省は2014年11月20日、圧縮水素スタンドの技術基準を改正したと発表した。水素普及を目指す規制緩和の一環である。液体水素をスタンド内に保管できるようになる他、より小さなスタンドを安価な材料で作り上げることが可能になる。(2014年11月25日)

icon
和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(6):

燃料電池自動車(FCV)と水素ステーションの関係は鶏と卵だ。2014年12月に国内初のFCVが販売される。次は水素を充填できる場所を増やすことが課題だ。水素ステーションの設置数がなかなか伸びない理由は幾つかある。その1つが、設置コストだ。ガソリンスタンドの数倍というコストを下げるにはどうすればよいのか。水素製造装置や圧縮機を製造する企業に、現在の取り組みと課題について聞いた。(2014年11月25日)

icon
蓄電・発電機器:

電気の特性を生かしたユニークな医療用品が開発された。皮膚に貼ると微弱な電流を発生するパッチテープで、薬剤が体内の組織液の流れに乗って速く浸透する効果がある。テープの中には酵素で作った電極が組み込まれていて、空気中の酸素などと反応して電流が生じる仕組みだ。(2014年11月21日)

icon
自然エネルギー:

政府はエネルギー関連の技術開発に関するロードマップを36分野にわたって策定した。エネルギーの生産・流通・消費の3段階をカバーする重要な技術を対象に、2050年までの課題や開発目標をまとめた。水素の重要性を強調したほか、宇宙太陽光発電と原子力発電のロードマップも加えた。(2014年11月21日)

icon
蓄電・発電機器:

ニチコンは2014年11月19日、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」に対応した給電設備「EVパワー・ステーション」を発表した。高機能モデルの価格は78万円(税別)。補助金を最大37万円利用できる。(2014年11月20日)

icon
自然エネルギー:

清水建設は2014年11月、深海未来都市構想「OCEAN SPIRAL」を公開した。水深3000〜4000mの海底から海面まで、3つの部分からなる「都市」を作り上げるというもの。人口5000人を維持するだけでなく、外部に電力や食料を送る機能も備える。2030年時点の予想技術レベルでは、3兆円と5年の工期で立ち上げられるという。(2014年11月20日)

icon
エネルギー管理:

日産自動車とフォーアールエナジーは、エナリスと協力して、リーフ24台分の使用済み蓄電池を日産先進技術開発センターに設置。2015年春から1年間実証実験を進め、3つの経済効果を確かめる。電力ピークカット、デマンドレスポンス、インバランス削減である。(2014年11月19日)

icon
蓄電・発電機器:

ドイツを中心に木質バイオマスによるコージェネレーションシステムを展開するSpanner Re2社が日本でも販売を開始した。木質チップをガスに転換してから電力と熱の両方を供給することができ、大気中に有害物質を排出しない点が最大の特徴だ。すでに福島県で第1号が稼働している。(2014年11月19日)

icon
蓄電・発電機器:

GSユアサは2014年11月、次世代リチウムイオン蓄電池セルを試作、エネルギー密度を従来比3倍に高めることに成功したと発表した。高性能ながら、電池に向かない性質を持つ「硫黄」を手なずけることで実現した。(2014年11月19日)

icon
電気自動車:

ホンダは2014年11月17日、燃料電池車「Honda FCV CONCEPT」を公開した。2015年度中に国内で一般販売を開始する。小型化によってパワートレインをエンジンルーム内に収め、セダンタイプで5人乗りの車に仕上げたことが特徴だ。(2014年11月18日)

icon
蓄電・発電機器:

日立製作所は2014年11月14日、高性能なリチウムイオン蓄電池の技術開発に成功したと発表した。電気自動車の走行可能距離を2倍に伸ばす効果があるという。出力と寿命を落とさずに蓄電池の容量を高められる点に特徴がある。2020年ごろに新技術を用いた蓄電池の実用化を目指すとした。(2014年11月17日)

icon
蓄電・発電機器:

水素エネルギーの導入に取り組む神奈川県の川崎市が東芝と共同で、CO2フリーの自立型エネルギー供給システムの実証試験に乗り出す。太陽光で発電した電力を使って水から水素を作り、その水素で燃料電池から電力と温水を供給する仕組みだ。2015年4月から川崎市の臨海部で開始する。(2014年11月14日)

icon
蓄電・発電機器:

空調メーカーのダイキン工業が小型の小水力発電システムを開発した。エアコンのモーターやインバータなどの技術を応用して、水車と発電機をコンパクトなパッケージにまとめた。発電能力は最大で22kWを発揮する。小水力発電が盛んな富山県で実証実験を開始して商品化を目指す。(2014年11月14日)

icon
蓄電・発電機器:

オランダで太陽電池を埋め込み、発電する世界初の道路「SolaRoad」が完成した。100m当たり一般家庭3世帯分の電力が得られるという。当初は道路の照明や家庭への電力供給を試みる。最終的な目標は自給自足可能な交通システムの基盤となることだ。(2014年11月14日)

icon
蓄電・発電機器:

化学メーカーの帝人が燃料電池のコストを低減する新しい触媒を開発した。炭素繊維の原料に鉄を加えた「カーボンアロイ」の1種で、燃料電池の化学反応に欠かせない触媒になる。家庭用や自動車用の燃料電池に使われる高価な白金に代わる低コストの触媒として実用化を目指す。(2014年11月13日)

icon
蓄電・発電機器:

NECは2014年11月12日、家庭用の定置型蓄電池の新製品「小型蓄電システム」を発表した。容量は7.8kWh。2015年1月下旬に国内で出荷を開始する。価格は200万円程度だとみられる。(2014年11月13日)

icon
蓄電・発電機器:

日立アプライアンスは2014年11月20日、単結晶シリコンセルを用いた太陽電池モジュール「HSS-M230CB」を発売する。住宅の屋根置き用途に向けた新製品である。最大出力は230W、価格は14万円。(2014年11月12日)

icon
スマートショップ:

ローソンは2014年11月12日、愛知県に新店舗「ローソン豊橋明海工業団地店」を開店した。最大の特徴は電気使用量が2010年比で約60%削減できること。これは同社の店舗として最大の削減率だ。CO2冷媒冷蔵ケースとLED照明の効果が大きいという。(2014年11月12日)

icon
蓄電・発電機器:

ネクストエナジー・アンド・リソースは2014年11月、農業と組み合わせて使いやすい太陽電池モジュールの販売を開始した。農作物に光が当たりやすいような小型の製品である。(2014年11月10日)

icon
自然エネルギー:

茨城県守谷市は2014年11月、下水処理場が生み出すメタンガスを利用した発電事業について、水ingと協定を締結した。守谷市の金銭的な負担はなく、20年間で合計8000万円の収入が得られる見込みだ。(2014年11月7日)

icon
電力供給サービス:

川崎重工業は2014年11月、新電力事業を進める静岡ガス&パワーから発電容量1万5000kW級の発電所建設工事を受注したと発表した。2016年1月の運転開始を予定する。新電力では電力の同時同量が要求されるため、10分間で最大出力に達するガスエンジンが役立つという。(2014年11月6日)

icon
スマートシティ:

東京の中心部を循環するJR山手線・田町駅前の再開発地域に、最先端のエネルギー技術を集約した熱と電力の供給システムが運転を開始した。地域の冷暖房に太陽熱と地下水を利用するほか、ガスコージェネレーションを使って太陽光発電の出力変動にも対応することができる。(2014年11月6日)

icon
蓄電・発電機器:

慧通信技術工業は、家庭用の独立電源システム「パーソナルエナジー338」を開発した。日本初の家庭用オフグリッド専用モデルをうたう。特徴は大きく2つある。1つは内蔵するリチウムイオン蓄電池の容量が8kWhと大きいこと。もう1つはパワーコンディショナーを利用せずに太陽電池モジュールを直結し、そのまま充電できることだ。(2014年11月6日)

icon
蓄電・発電機器:

田中貴金属は色素増感太陽電池用の色素「DX(ダイエックス)」の製造を2015年1月から開始、年初から販売する。特徴は従来の色素が利用できなかった近赤外光を吸収し、電力に変えることができること。電流値が25%増加するため、色素増感太陽電池として最高性能を狙うことができる色素だという。(2014年11月5日)

icon
キーワード解説:

固定価格買取制度の対象になる発電設備の接続を保留する問題が広がっている。再生可能エネルギーで発電した電力を買い取ってもらうためには、電力会社の送配電ネットワーク、いわゆる「系統」に接続する必要がある。接続の手続きを完了しなければ、発電設備の工事に入ることができない。(2014年10月31日)

注目製品/発電・蓄電機器:

ハンファQセルズジャパン、2014年10月発売(2014年10月31日)

icon
蓄電・発電機器:

日新電機は集電箱の機能を内蔵した容量250kWの屋外用パワーコンディショナーの出荷を2014年11月に開始する。発電所の施工期間短縮に役立ち、保守管理費用の低減に寄与する製品だという。(2014年10月31日)

icon
蓄電・発電機器:

米Kyoceraは2014年10月、米Stemと提携し、オフィスや店舗が系統から購入する電力を減らすソリューションの提供を開始したと発表した。Stemにはユーザーの電力需要を30日後まで予測する技術があり、時間帯ごとに料金が変わる系統電力と太陽光を併用して出費を抑える。(2014年10月30日)

icon
自然エネルギー:

三菱重工業は2014年10月、風車の世界記録を達成したと発表した。同社とデンマークのヴェスタスが合弁で設立した企業が取り組む試験の結果である。出力8MWの風車が24時間、定格出力そのままに発電した形だ。(2014年10月30日)

icon
スマートシティ:

中部大学(愛知県春日井市)は清水建設の協力を得て、キャンパス全体を対象とするエネルギー管理システムを構築している。発電、蓄電機器を制御する管理システムの効果が大きく、消費電力量を25%抑える計画を発表した。(2014年10月29日)

icon
電力供給サービス:

九州電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続を保留している問題に関して、保留期間中でも優先的に接続の手続きを進める「個別協議」の要件を明らかにした。毎日9時〜15時に出力を抑制できることが条件で、太陽光や風力では蓄電池の設置が必要になる。(2014年10月29日)

icon
スマートハウス:

野村不動産は2014年11月から、東京都三鷹市で戸建住宅45戸の販売を開始する。全戸に太陽光発電システムと蓄電池、HEMS、電気自動車充電用コンセントを設けたことが特徴。(2014年10月29日)

icon
蓄電・発電機器:

日本国内では全くといってよいほど導入が進んでいない太陽光発電向けのマイクロインバーター技術。欧米では同技術の優位性が評価されており、パワーコンディショナーを追い込むほど導入数が増えている。同技術に特化した米企業が、蓄電池をも取り組むシステムを開発。採用された蓄電池は日本製だった。(2014年10月28日)

icon
蓄電・発電機器:

コンテックは低圧接続の太陽光発電システムに向く、遠隔監視システムサービス「SolarView Air」を2014年10月に発売した。野立て式発電所や土地付き分譲型の発電所に向く。3G/FOMA回線の料金が含まれている他、対応するパワーコンディショナーの種類が多いことが特徴。(2014年10月27日)

icon
蓄電・発電機器:

エクソルは2014年10月、設置工事の工期短縮に役立つ太陽光発電所向けの架台「XSOL RACK(エクソルラック)」と、同架台に適合する太陽電池モジュールを発売した。太陽電池モジュールの固定と結線を同時に行えるため、太陽電池まわりの作業量が2分の1に減ることが特徴だ。さらに架台のための基礎工事も不要にした。(2014年10月24日)

icon
蓄電・発電機器:

中国Trina Solarは2014年10月、単結晶シリコン太陽電池セルを用いた太陽電池モジュールにおいて、出力335.2Wを得たと発表した。同社によればモジュールの出力値としては世界記録に相当するという。(2014年10月23日)

icon
蓄電・発電機器:

台風の襲来が多い沖縄の離島で、強風を避けることができる可倒式の風力発電設備が効果を発揮している。すでに運転を開始した3島では合計500世帯分を超える電力を供給して、従来の石油火力を代替するエネルギー源の役割を担う。沖縄電力は4島目の建設計画も決めて導入拡大を推進する。(2014年10月23日)

icon
蓄電・発電機器:

福岡県の北九州市にある臨海地域で発電能力20.5MWの大規模なメガソーラーが運転を開始した。国内第4位のガス会社である西部ガスグループがガラスメーカー最大手の旭硝子と共同で建設・運営する。太陽光パネルと架台に軽量ガラスやガラス繊維を採用して耐久性を高めた点が特徴だ。(2014年10月22日)

icon
蓄電・発電機器:

現時点で建設中のメガソーラーでは日本最大の規模になる「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」の工事が中間点を過ぎて、設置済みの太陽光パネルは27万枚を超えた。2015年10月までに合計51万枚の設置を完了する予定だ。2カ所に分かれた建設用地では高低差を考慮して異なる施工法を採用した。(2014年10月22日)

icon
エネルギー管理:

日立造船はBCP(事業継続計画)対策や省エネ対策に役立つ技術開発を進めている。発電、蓄電、制御を組み合わせた「マイクログリッドシステム」がカギだ。既にオフィス向けシステムの受注を受け付けており、2014年10月には中規模工場向けシステムの実証実験を開始した。(2014年10月22日)

icon
蓄電・発電機器:

太陽光と風力による発電設備の出力変動が大きな問題になっているが、島根県の隠岐諸島では2種類の蓄電池を使った実証事業に2015年度から取り組む。4つの島で新たに8MWの発電設備を導入したうえで、1つの島に新設する変電所に合計6.2MWの蓄電池を設置して効果を検証する。(2014年10月21日)

icon
蓄電・発電機器:

アブリテックジャパンは2014年11月から、単結晶シリコン太陽電池セルを用いた高効率太陽電池モジュール「6MN6A285」の販売を開始する。価格は19万4400円(税込)。(2014年10月21日)

icon
蓄電・発電機器:

ハンファQセルズジャパンは2014年10月、地上に設置する太陽光発電システムに必要な部材をセットにした「マックスパッケージ」の販売を開始した。出力50kW未満の低圧接続向けの製品。パワーコンディショナーの容量よりも、太陽電池モジュールの出力を高めたことが特徴だ。(2014年10月20日)

スマートジャパン購読ボタン