蓄電・発電機器

電力の有効活用において重要な役割を果たす蓄電・発電機器に関して、オフィス・店舗・工場向けを中心に製品動向と導入事例を掲載しています。

icon
蓄電・発電機器:

電気の特性を生かしたユニークな医療用品が開発された。皮膚に貼ると微弱な電流を発生するパッチテープで、薬剤が体内の組織液の流れに乗って速く浸透する効果がある。テープの中には酵素で作った電極が組み込まれていて、空気中の酸素などと反応して電流が生じる仕組みだ。(2014年11月21日)

icon
自然エネルギー:

政府はエネルギー関連の技術開発に関するロードマップを36分野にわたって策定した。エネルギーの生産・流通・消費の3段階をカバーする重要な技術を対象に、2050年までの課題や開発目標をまとめた。水素の重要性を強調したほか、宇宙太陽光発電と原子力発電のロードマップも加えた。(2014年11月21日)

icon
蓄電・発電機器:

ニチコンは2014年11月19日、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」に対応した給電設備「EVパワー・ステーション」を発表した。高機能モデルの価格は78万円(税別)。補助金を最大37万円利用できる。(2014年11月20日)

icon
自然エネルギー:

清水建設は2014年11月、深海未来都市構想「OCEAN SPIRAL」を公開した。水深3000〜4000mの海底から海面まで、3つの部分からなる「都市」を作り上げるというもの。人口5000人を維持するだけでなく、外部に電力や食料を送る機能も備える。2030年時点の予想技術レベルでは、3兆円と5年の工期で立ち上げられるという。(2014年11月20日)

icon
エネルギー管理:

日産自動車とフォーアールエナジーは、エナリスと協力して、リーフ24台分の使用済み蓄電池を日産先進技術開発センターに設置。2015年春から1年間実証実験を進め、3つの経済効果を確かめる。電力ピークカット、デマンドレスポンス、インバランス削減である。(2014年11月19日)

icon
蓄電・発電機器:

ドイツを中心に木質バイオマスによるコージェネレーションシステムを展開するSpanner Re2社が日本でも販売を開始した。木質チップをガスに転換してから電力と熱の両方を供給することができ、大気中に有害物質を排出しない点が最大の特徴だ。すでに福島県で第1号が稼働している。(2014年11月19日)

icon
蓄電・発電機器:

GSユアサは2014年11月、次世代リチウムイオン蓄電池セルを試作、エネルギー密度を従来比3倍に高めることに成功したと発表した。高性能ながら、電池に向かない性質を持つ「硫黄」を手なずけることで実現した。(2014年11月19日)

icon
電気自動車:

ホンダは2014年11月17日、燃料電池車「Honda FCV CONCEPT」を公開した。2015年度中に国内で一般販売を開始する。小型化によってパワートレインをエンジンルーム内に収め、セダンタイプで5人乗りの車に仕上げたことが特徴だ。(2014年11月18日)

icon
蓄電・発電機器:

日立製作所は2014年11月14日、高性能なリチウムイオン蓄電池の技術開発に成功したと発表した。電気自動車の走行可能距離を2倍に伸ばす効果があるという。出力と寿命を落とさずに蓄電池の容量を高められる点に特徴がある。2020年ごろに新技術を用いた蓄電池の実用化を目指すとした。(2014年11月17日)

icon
蓄電・発電機器:

水素エネルギーの導入に取り組む神奈川県の川崎市が東芝と共同で、CO2フリーの自立型エネルギー供給システムの実証試験に乗り出す。太陽光で発電した電力を使って水から水素を作り、その水素で燃料電池から電力と温水を供給する仕組みだ。2015年4月から川崎市の臨海部で開始する。(2014年11月14日)

icon
蓄電・発電機器:

空調メーカーのダイキン工業が小型の小水力発電システムを開発した。エアコンのモーターやインバータなどの技術を応用して、水車と発電機をコンパクトなパッケージにまとめた。発電能力は最大で22kWを発揮する。小水力発電が盛んな富山県で実証実験を開始して商品化を目指す。(2014年11月14日)

icon
蓄電・発電機器:

オランダで太陽電池を埋め込み、発電する世界初の道路「SolaRoad」が完成した。100m当たり一般家庭3世帯分の電力が得られるという。当初は道路の照明や家庭への電力供給を試みる。最終的な目標は自給自足可能な交通システムの基盤となることだ。(2014年11月14日)

icon
蓄電・発電機器:

化学メーカーの帝人が燃料電池のコストを低減する新しい触媒を開発した。炭素繊維の原料に鉄を加えた「カーボンアロイ」の1種で、燃料電池の化学反応に欠かせない触媒になる。家庭用や自動車用の燃料電池に使われる高価な白金に代わる低コストの触媒として実用化を目指す。(2014年11月13日)

icon
蓄電・発電機器:

NECは2014年11月12日、家庭用の定置型蓄電池の新製品「小型蓄電システム」を発表した。容量は7.8kWh。2015年1月下旬に国内で出荷を開始する。価格は200万円程度だとみられる。(2014年11月13日)

icon
蓄電・発電機器:

日立アプライアンスは2014年11月20日、単結晶シリコンセルを用いた太陽電池モジュール「HSS-M230CB」を発売する。住宅の屋根置き用途に向けた新製品である。最大出力は230W、価格は14万円。(2014年11月12日)

icon
スマートショップ:

ローソンは2014年11月12日、愛知県に新店舗「ローソン豊橋明海工業団地店」を開店した。最大の特徴は電気使用量が2010年比で約60%削減できること。これは同社の店舗として最大の削減率だ。CO2冷媒冷蔵ケースとLED照明の効果が大きいという。(2014年11月12日)

icon
蓄電・発電機器:

ネクストエナジー・アンド・リソースは2014年11月、農業と組み合わせて使いやすい太陽電池モジュールの販売を開始した。農作物に光が当たりやすいような小型の製品である。(2014年11月10日)

icon
自然エネルギー:

茨城県守谷市は2014年11月、下水処理場が生み出すメタンガスを利用した発電事業について、水ingと協定を締結した。守谷市の金銭的な負担はなく、20年間で合計8000万円の収入が得られる見込みだ。(2014年11月7日)

icon
電力供給サービス:

川崎重工業は2014年11月、新電力事業を進める静岡ガス&パワーから発電容量1万5000kW級の発電所建設工事を受注したと発表した。2016年1月の運転開始を予定する。新電力では電力の同時同量が要求されるため、10分間で最大出力に達するガスエンジンが役立つという。(2014年11月6日)

icon
スマートシティ:

東京の中心部を循環するJR山手線・田町駅前の再開発地域に、最先端のエネルギー技術を集約した熱と電力の供給システムが運転を開始した。地域の冷暖房に太陽熱と地下水を利用するほか、ガスコージェネレーションを使って太陽光発電の出力変動にも対応することができる。(2014年11月6日)

icon
蓄電・発電機器:

慧通信技術工業は、家庭用の独立電源システム「パーソナルエナジー338」を開発した。日本初の家庭用オフグリッド専用モデルをうたう。特徴は大きく2つある。1つは内蔵するリチウムイオン蓄電池の容量が8kWhと大きいこと。もう1つはパワーコンディショナーを利用せずに太陽電池モジュールを直結し、そのまま充電できることだ。(2014年11月6日)

icon
蓄電・発電機器:

田中貴金属は色素増感太陽電池用の色素「DX(ダイエックス)」の製造を2015年1月から開始、年初から販売する。特徴は従来の色素が利用できなかった近赤外光を吸収し、電力に変えることができること。電流値が25%増加するため、色素増感太陽電池として最高性能を狙うことができる色素だという。(2014年11月5日)

icon
キーワード解説:

固定価格買取制度の対象になる発電設備の接続を保留する問題が広がっている。再生可能エネルギーで発電した電力を買い取ってもらうためには、電力会社の送配電ネットワーク、いわゆる「系統」に接続する必要がある。接続の手続きを完了しなければ、発電設備の工事に入ることができない。(2014年10月31日)

注目製品/発電・蓄電機器:

ハンファQセルズジャパン、2014年10月発売(2014年10月31日)

icon
蓄電・発電機器:

日新電機は集電箱の機能を内蔵した容量250kWの屋外用パワーコンディショナーの出荷を2014年11月に開始する。発電所の施工期間短縮に役立ち、保守管理費用の低減に寄与する製品だという。(2014年10月31日)

icon
蓄電・発電機器:

米Kyoceraは2014年10月、米Stemと提携し、オフィスや店舗が系統から購入する電力を減らすソリューションの提供を開始したと発表した。Stemにはユーザーの電力需要を30日後まで予測する技術があり、時間帯ごとに料金が変わる系統電力と太陽光を併用して出費を抑える。(2014年10月30日)

icon
自然エネルギー:

三菱重工業は2014年10月、風車の世界記録を達成したと発表した。同社とデンマークのヴェスタスが合弁で設立した企業が取り組む試験の結果である。出力8MWの風車が24時間、定格出力そのままに発電した形だ。(2014年10月30日)

icon
スマートシティ:

中部大学(愛知県春日井市)は清水建設の協力を得て、キャンパス全体を対象とするエネルギー管理システムを構築している。発電、蓄電機器を制御する管理システムの効果が大きく、消費電力量を25%抑える計画を発表した。(2014年10月29日)

icon
電力供給サービス:

九州電力は再生可能エネルギーによる発電設備の接続を保留している問題に関して、保留期間中でも優先的に接続の手続きを進める「個別協議」の要件を明らかにした。毎日9時〜15時に出力を抑制できることが条件で、太陽光や風力では蓄電池の設置が必要になる。(2014年10月29日)

icon
スマートハウス:

野村不動産は2014年11月から、東京都三鷹市で戸建住宅45戸の販売を開始する。全戸に太陽光発電システムと蓄電池、HEMS、電気自動車充電用コンセントを設けたことが特徴。(2014年10月29日)

icon
蓄電・発電機器:

日本国内では全くといってよいほど導入が進んでいない太陽光発電向けのマイクロインバーター技術。欧米では同技術の優位性が評価されており、パワーコンディショナーを追い込むほど導入数が増えている。同技術に特化した米企業が、蓄電池をも取り組むシステムを開発。採用された蓄電池は日本製だった。(2014年10月28日)

icon
蓄電・発電機器:

コンテックは低圧接続の太陽光発電システムに向く、遠隔監視システムサービス「SolarView Air」を2014年10月に発売した。野立て式発電所や土地付き分譲型の発電所に向く。3G/FOMA回線の料金が含まれている他、対応するパワーコンディショナーの種類が多いことが特徴。(2014年10月27日)

icon
蓄電・発電機器:

エクソルは2014年10月、設置工事の工期短縮に役立つ太陽光発電所向けの架台「XSOL RACK(エクソルラック)」と、同架台に適合する太陽電池モジュールを発売した。太陽電池モジュールの固定と結線を同時に行えるため、太陽電池まわりの作業量が2分の1に減ることが特徴だ。さらに架台のための基礎工事も不要にした。(2014年10月24日)

icon
蓄電・発電機器:

中国Trina Solarは2014年10月、単結晶シリコン太陽電池セルを用いた太陽電池モジュールにおいて、出力335.2Wを得たと発表した。同社によればモジュールの出力値としては世界記録に相当するという。(2014年10月23日)

icon
蓄電・発電機器:

台風の襲来が多い沖縄の離島で、強風を避けることができる可倒式の風力発電設備が効果を発揮している。すでに運転を開始した3島では合計500世帯分を超える電力を供給して、従来の石油火力を代替するエネルギー源の役割を担う。沖縄電力は4島目の建設計画も決めて導入拡大を推進する。(2014年10月23日)

icon
蓄電・発電機器:

福岡県の北九州市にある臨海地域で発電能力20.5MWの大規模なメガソーラーが運転を開始した。国内第4位のガス会社である西部ガスグループがガラスメーカー最大手の旭硝子と共同で建設・運営する。太陽光パネルと架台に軽量ガラスやガラス繊維を採用して耐久性を高めた点が特徴だ。(2014年10月22日)

icon
蓄電・発電機器:

現時点で建設中のメガソーラーでは日本最大の規模になる「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」の工事が中間点を過ぎて、設置済みの太陽光パネルは27万枚を超えた。2015年10月までに合計51万枚の設置を完了する予定だ。2カ所に分かれた建設用地では高低差を考慮して異なる施工法を採用した。(2014年10月22日)

icon
エネルギー管理:

日立造船はBCP(事業継続計画)対策や省エネ対策に役立つ技術開発を進めている。発電、蓄電、制御を組み合わせた「マイクログリッドシステム」がカギだ。既にオフィス向けシステムの受注を受け付けており、2014年10月には中規模工場向けシステムの実証実験を開始した。(2014年10月22日)

icon
蓄電・発電機器:

太陽光と風力による発電設備の出力変動が大きな問題になっているが、島根県の隠岐諸島では2種類の蓄電池を使った実証事業に2015年度から取り組む。4つの島で新たに8MWの発電設備を導入したうえで、1つの島に新設する変電所に合計6.2MWの蓄電池を設置して効果を検証する。(2014年10月21日)

icon
蓄電・発電機器:

アブリテックジャパンは2014年11月から、単結晶シリコン太陽電池セルを用いた高効率太陽電池モジュール「6MN6A285」の販売を開始する。価格は19万4400円(税込)。(2014年10月21日)

icon
蓄電・発電機器:

ハンファQセルズジャパンは2014年10月、地上に設置する太陽光発電システムに必要な部材をセットにした「マックスパッケージ」の販売を開始した。出力50kW未満の低圧接続向けの製品。パワーコンディショナーの容量よりも、太陽電池モジュールの出力を高めたことが特徴だ。(2014年10月20日)

icon
蓄電・発電機器:

鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市と住友商事は、離島に再生可能エネルギーを普及させるための環境整備に共同で乗り出す。九州の南西に浮かぶ上甑島(かみこしきじま)に、電気自動車「リーフ」のリユース蓄電池を大量導入。太陽光発電と合わせて系統に接続する共同実証事業を始める。(2014年10月17日)

icon
自然エネルギー:

米Lockheed Martin(ロッキードマーチン)は、2014年10月15日、10年以内に小型の核融合炉を実用化できると発表した。1年間で設計やテストを完了し、5年以内にプロトタイプを試作する。もしも計画通りに実現すれば、60年にわたる核融合研究において、まさにブレークスルーとなる形だ。(2014年10月17日)

icon
蓄電・発電機器:

調査会社である米NPD Solarbuzzは、2014年10月、さまざまな太陽電池の方式がどのように移り変わっていくのか、製造品のシェアについて2018年までの予測を発表した。シリコンウエハーを使う製品のうち、高効率品でないものはほとんど市場に残らないという。(2014年10月16日)

icon
エネルギー管理:

エナリスは2015年から「バッテリーマネジメントサービス」を開始する。250億円を投じて、公共機関や大規模店舗、オフィスビルなど電力を消費する需要家側に合計1万台の蓄電池を取り付ける。蓄電池全体としてデマンドレスポンス要請に応えることで、電力需給バランスをとることが可能になる。需要家は月額数千円の費用を支払うことで、電気料金を3〜5%削減できるメリットがある。(2014年10月15日)

icon
蓄電・発電機器:

ホンダは2014年10月14日、自動車用無鉛ガソリンを利用して発電する機器を2種類発表した。いずれも連続運転時間が長いことが特徴だ。エントリー製品である「EP900」(10万5840円)と、高品位な電力を得ることができる「EU55is」(60万4800円)である。(2014年10月14日)

icon
エネルギー管理:

太陽光発電の増加が地域の電力需給バランスに影響を与える状況になってきたが、解決策の1つが蓄電池の活用だ。NECは家庭や企業に設置されている多数の蓄電池をネットワークで制御するサービスを2016年4月に開始する予定で、先行して2015年に特定の地域で実証事業を始める。(2014年10月9日)

icon
電気自動車:

ホンダは本日10月7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2014」の会場で、燃料電池自動車に関連する最先端技術を披露する。注目は世界で初めてパッケージ型に収納した水素ステーションと、燃料電池自動車から外部の建物に電力を供給できる可搬型のインバータボックスである。(2014年10月7日)

icon
和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(4):

これからは水素社会に変わっていく。燃料電池車(FCV)が水素の需要をけん引し、水素インフラが各地に整っていく。本当にそうなるのだろうか。インフラを整えることはできるのだろうか。インフラの普及に注力する企業に2社に具体的な課題を聞いた。岩谷産業と大陽日酸だ。(2014年10月6日)

icon
蓄電・発電機器:

安川電機は容量10kWのパワーコンディショナー「Enewell-SOL 10kW」を2014年9月に発売した。出力10kWから2MWまでの太陽光発電所に向く。(2014年10月2日)

icon
自然エネルギー:

岡山県の瀬戸内市で計画中の日本最大規模のメガソーラーが11月に着工する。発電能力は231MWで、総事業費が1100億円の壮大なプロジェクトになる。米GEが60%を出資して2019年4〜6月に運転を開始する予定だ。パワーコンディショナーにはGE製の1MW級の最新機種を採用する。(2014年10月1日)

icon
蓄電・発電機器:

東邦ガスは2014年10月1日、マンション向けエネファームを発売した。既に多くの不動産開発事業者から引き合いを得ているとしており、第1号案件は名古屋市内のマンションとなる模様だ。年間光熱費を4万9000円程度節減できるという。(2014年10月1日)

icon
蓄電・発電機器:

東芝三菱電機産業システムは2014年9月30日、パワーコンディショナー「SOLAR WARE SAMURAI」の変換効率が99%に達したと発表した。メガソーラー向けとして世界最高レベルをうたう。容量が1.667MWと大きい屋外設置型の製品だ。(2014年10月1日)

icon
自然エネルギー:

日本でも30年以上前に国家プロジェクトで取り組んだことのある太陽熱による発電技術に再び注目が集まっている。太陽熱で蒸気を発生させて発電する方式で、太陽光発電よりも日射量による出力の変動が小さく、熱を蓄えて曇りの日や夜間でも発電できる。2016年に横浜市で試験運転が始まる。(2014年9月30日)

icon
スマートシティ:

JR東日本は電力を自給自足できる「エコステ」のモデル駅として福島駅をリニューアルする。駅構内の空き地に加えて施設の屋根や窓にも特性の違う3種類の太陽光パネルを設置する計画だ。災害時の帰宅困難者を受け入れられるように、地中熱による空調システムや蓄電池も導入する。(2014年9月29日)

icon
蓄電・発電機器:

太陽光を2000倍に集光して電力と熱の両方を供給できるシステムが2017年に全世界で発売される見通しだ。IBMの研究部門とスイスの太陽光発電システム会社が共同で開発した高集光型の太陽光発電・熱システムである。晴天の日には12kWhの電力と20kWh相当の熱を供給することができる。(2014年9月29日)

icon
自然エネルギー:

重さが100グラムのシート状で、巻いて持ち運べる太陽電池が10月下旬に発売される。薄くて曲げることも可能なアモルファス系のシリコン太陽電池を採用した。出力は最大4.2Wで5Vの直流電力を供給することができる。モバイルバッテリーと組み合わせて蓄電も可能だ。(2014年9月26日)

icon
自然エネルギー:

日本軽金属は太陽電池モジュールを傾斜地に設置する際に役立つ架台、傾斜地対応仕様「アルソルメガ」を2014年9月から販売する。15〜30度の傾斜地への設置に向く製品であり、従来品と比較して2割程度のコストダウンを実現したという。(2014年9月19日)

icon
自然エネルギー:

アンモニアには水素が多く含まれていて、発電用の燃料に利用できる。政府が推進する研究開発プロジェクトの中で「アンモニア発電」の実用化が進められている。アンモニアを灯油と混焼できる実証装置を使って21kWの発電に成功した。今後はアンモニアだけを燃料にCO2フリーの発電を目指す。(2014年9月19日)

icon
自然エネルギー:

東北小水力は芦野工業と協力し、効率が95%と高く、既存メーカー品よりも低コストをうたう小水力発電用水車を、2017年3月までに開発する。未開発適地の開拓や既存設備の改修を狙う。原発13基分の電力を生み出す取り組みの第1歩ともいえる。(2014年9月18日)

icon
蓄電・発電機器:

昭栄は2014年9月、LPガスや都市ガスを使って発電する定置型装置「ガス電君ブライト」の販売を開始した。一般的な50kgのLPガスボンベ1本で約30時間発電できる。発電機は連続72時間の運転が可能だ。(2014年9月17日)

icon
電力供給サービス:

大阪府中央卸売市場への大型燃料電池導入が進みそうだ。大阪府は2014年9月、「府有施設を利用した新エネルギー機器等による低炭素・分散型電源導入モデル事業」の実施候補者として、Bloom Energy Japanを選定したと発表した。今後、導入に向けて価格条件などを詰める。(2014年9月12日)

icon
キーワード解説:

火力発電の依存度が高まる中で、燃料費の安い石炭火力の割合が増えている。石炭火力はCO2の排出量が問題になるが、発電設備の熱効率を引き上げればCO2と燃料の両方を削減できる。「石炭ガス化複合発電(IGCC)」を採用すると、従来の発電方法と比べて熱効率が1.3倍以上になる。(2014年9月12日)

icon
蓄電・発電機器:

低温の熱を利用するバイナリー発電装置の用途が広がってきた。これまで100度未満の温水に適用できる小型の発電装置を販売してきたIHIが、新たに100度超の熱に対応できる米国製のバイナリー発電装置を日本で発売する。ごみ焼却熱や地熱などを利用して最大出力は100kW以上になる。(2014年9月12日)

icon
スマートハウス:

広島建設は住むだけで収入が増える分譲住宅「ヘリオス」の販売を、千葉県印西市の分譲住宅地で開始した。1戸当たり10kW以上の太陽光発電システムを備え、全戸の出力を合わせると約0.9MWにも及ぶ。(2014年9月12日)

icon
スマートハウス:

大京は戸建て住宅ブランド「アリオンテラス」で家庭用の大容量蓄電池を標準装備すると発表した。東京都内の物件に限り、実施する。2014年9月に販売を開始する国立市内と東村山市内の物件から始める。(2014年9月11日)

icon
自然エネルギー:

福島県の沖合で実証中の浮体式による洋上風力発電が次のステップに向かう。現在稼働している2MW(メガワット)の発電設備を上回る7MWの超大型機の建設が目前に迫ってきた。発電設備を係留するアンカーの設置が完了して、11月には風車を設置する浮体が福島県に到着する予定だ。(2014年9月10日)

icon
自然エネルギー:

協立電機はヨシコンと資本業務提携を結び、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証研究に役立てる。出力25kWの波力発電設備を御前崎に設置する。35年利用でき、40円/kWhの発電が可能な装置を作り上げる。(2014年9月10日)

icon
蓄電・発電機器:

日立化成は、風力発電所などの出力変動を吸収する鉛蓄電池「LL1500-WS」を開発、2014年9月から販売する。電池1個から取り出し可能な電流を、従来の600Aから900Aに増やした。この結果、発電所に設置する蓄電池の数を減らすことができるという。(2014年9月9日)

icon
自然エネルギー:

経済産業省は2015年度の概算要求の中で、先進的な発電技術や国内の資源開発を促進する予算として3000億円以上を盛り込んだ。そのうち1500億円以上を再生可能エネルギーの拡大に割り当てる。前年度から継続する洋上風力や地熱資源の開発に加えて太陽光発電のコスト低減にも取り組む。(2014年9月8日)

icon
電力供給サービス:

日本が世界に誇る石炭火力発電の進化が続いている。NEDOとJ-POWERが共同で取り組んできた「石炭ガス化複合発電」では、現在の石炭火力発電で最高レベルの熱効率46%を達成できることを確認した。さらにCO2分離・回収技術や燃料電池を組み合わせた実証プロジェクトも始まっている。(2014年9月8日)

icon
補助金:

経済産業省は2015年度の予算の概算要求にエネルギー関連で約1兆円を盛り込んだ。特に省エネ対策と水素社会の実現に向けた取り組みを強化する方針だ。住宅やビルのネット・ゼロ・エネルギー化を支援する補助金を150億円に倍増するほか、水素・燃料電池の導入支援に400億円を確保する。(2014年9月5日)

icon
自然エネルギー:

調査会社である米NPD Solarbuzzは、全世界の太陽電池モジュールの出荷量に関する調査結果を発表した。2014年第1四半期(1月〜3月)に世界シェア1位だったシャープが、同第2四半期では半減。中国企業は着実に伸びており、世界の上位20社を独占する勢いがあるという。(2014年9月5日)

icon
自然エネルギー:

太陽光発電協会(JPEA)は2014年9月、国内の太陽電池モジュールの総出荷量などを発表した。2014年4月〜6月は数量が落ち込み、前四半期の72%にとどまった。発表値から読み取ることができる直接の要因は国内生産の減少と、工場や公共機関などへの導入量減。いずれも例年の季節要因を上回る落ち込みであり、消費税増税などの影響が考えられる。(2014年9月3日)

icon
スマートハウス:

阪急不動産は神戸市にエネファーム対応マンションを立ち上げる。各戸の光熱費が30%減る見込みだ。全戸に自立機能が付いたエネファームを導入するのは全国でも初だという。(2014年9月2日)

icon
自然エネルギー:

Looopは、太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をまとめ上げた「MY発電所キット」の新製品を2014年9月に発売する。パワーコンディショナー(PCS)の容量が10kWの製品と同49.5kWの製品があり、総発電量を大きくすることを狙った。PCS容量よりも太陽電池モジュールの量を増やすことで実現する。(2014年9月2日)

icon
スマートシティ:

発電と節電で実質的なエネルギーの使用量をゼロにする取り組みが埼玉県の住宅街で始まった。夏の最高気温が全国でもトップクラスの熊谷市に建設する73棟の分譲住宅を対象に、太陽光発電と燃料電池を全戸に装備する。さらに通風や排熱を促す「クールスポット」を設けて節電に生かす。(2014年9月1日)

icon
蓄電・発電機器:

古河電池と凸版印刷は水を注入するだけで電気を生み出す電池「マグボックス」を開発し、2014年12月に販売を開始する。あらかじめ充電しておかなくても、水を2L用意するだけで利用できるため、非常用に向くという。(2014年8月29日)

icon
発電・蓄電機器:

Looopは2014年9月から、出力約1MWの太陽光発電所の立ち上げに必要な部材をセットにした「メガソーラーキット1000」の販売を開始する。1kW当たりの単価が15万6000円と低いことに加えて、品質の高い部材を採用したことが特徴だという。(2014年8月29日)

icon
発電・蓄電機器:

三協立山は太陽電池セルを組み込んだ壁状のエクステリア部材を発売した。目隠しルーバーの一種であり、視線を遮るという本来の目的と、太陽光を吸収するという機能がうまく組み合わさっている。部材の設置角度を工夫することで、垂直に近い配置ながら、最適角度の8割の出力を得られるという。(2014年8月28日)

icon
蓄電・発電機器:

戸田建設は直流給電装置を利用したゼロエネルギービル(ZEB)の研究を進めている。2014年8月には約半年間の運用実績の結果を発表。太陽光発電システムとLED照明を組み合わせた場合、消費電力を約10%削減できた。(2014年8月27日)

icon
スマートファクトリ:

廃棄物のリサイクル処理などを手がける長野県のミヤマが、工場の廃液を再利用できる発電プラントを完成させた。廃液を化学反応させて生じる熱で温水を作り、その温水を使ってバイナリー発電方式で電力を生み出す。1日あたり30立方メートルの廃液で200kWhの発電量になる。(2014年8月27日)

icon
キーワード解説:

全世界の電力の約7割は火力発電で作られている。大量のCO2を排出する問題に加えて、燃料になる石油・石炭・天然ガスの価格高騰が電力会社の経営を圧迫する。有効な解決策は発電効率を高めて、燃料の使用量を抑えることだ。最新鋭の火力発電設備では熱を電力に変換できる「熱効率」が高い。(2014年8月26日)

icon
スマートオフィス:

東京都心の臨海部に自然エネルギーと蓄電池を活用して電力使用量を削減できる地上16階建てのビルが完成した。屋上に設置した太陽光集光装置からビル内の吹き抜け空間を通して1階まで自然光を取り入れるほか、夜間に蓄電池に貯めた電力を昼間に供給して需要のピークカットを実施する。(2014年8月26日)

icon
自然エネルギー:

全国で30カ所を超えるメガソーラーを運営するNTTファシリティーズが高知県の香南市に2つのメガソーラーを相次いで建設する。発電規模は合計で4MWになり、一般家庭で1300世帯分を超える電力を供給できる。豊富な日射量を生かして、設備利用率は全国標準の13%を上回る見込みだ。(2014年8月26日)

icon
自然エネルギー:

東芝と神戸製鋼は、2014年8月、複数の再生可能エネルギーを組み合わせた発電システムの実証試験を淡路島で開始した。風力発電の出力変動によって生まれた余剰電力と太陽熱を組み合わせて蒸気を生み出し、バイナリー発電機を動かすという国内初の取り組みだ。(2014年8月25日)

icon
自然エネルギー:

隠岐の島町は運用を停止した滑走路を太陽光発電所の用地として貸し出す。2015年9月には出力1.5MWの発電所が2つ完成する予定だ。中国電力は島の電力ネットワークが不安定化しないよう、新発電所の完成と同時に6.2MWと大型の蓄電池の実証事業を開始。出力変動の抑制効果を確かめる。(2014年8月22日)

icon
自然エネルギー:

エネルギーに関する技術開発の将来計画を政府がロードマップにまとめた。2050年を目標に「高効率石炭火力発電」から「メタンハイドレート」まで19分野の施策を集約した。注目すべきは太陽エネルギーで水素を製造する「人工光合成」で、実用化に向けた実証試験を2022年に始める計画だ。(2014年8月21日)

icon
スマートシティ:

水素エネルギーの実用化で先行する福岡県が未来に向けた社会実証プロジェクトを開始する。九州大学の新キャンパスに次世代の燃料電池を集めて性能評価を実施する一方、水素の高圧貯蔵や系統電力との連系、燃料電池自動車と再生可能エネルギーを組み合わせたシステムの実証も進める計画だ。(2014年8月21日)

icon
自然エネルギー:

太陽電池メーカーなどで組織する太陽光発電協会が2030年度までの設置状況を予測した。2013年度末で太陽光発電の規模は累計1400万kWになり、さらに2030年度には7倍の1億kWに拡大する見通しだ。火力発電の減少に伴って化石燃料の輸入額が年間に1兆円以上も削減できる。(2014年8月20日)

icon
自然エネルギー:

日本は国土の面積が世界62位でありながら、海岸の長さでは世界6位。海洋エネルギーの確保に向いた立地だといえよう。研究開発や実用化では他国と比較してどのような位置にあるのだろうか。波の力を直接利用する「波力発電」について、国内と海外の状況を紹介する。(2014年8月15日)

icon
蓄電・発電機器:

2016年度からNTTはグループの通信ビルやデータセンターで、HVDCシステムの本格導入を開始する。これを受けてNTTファシリティーズは、サーバに380Vの直流を給電するHVDCシステム構築サービスを2014年8月から開始した。500kW規模の案件では、約1億7000万円で構築できるという。(2014年8月14日)

icon
蓄電・発電機器:

エジソンパワーは太陽光発電所向けに出力2MWのリチウムイオン蓄電池を納入すると発表した。事業用向けの太陽光発電所への導入では国内初の事例だという。なぜ導入するのか、売電収益と投資効率を第一に考える事業用発電所で受け入れられるのだろうか。徳之島の事例を紹介する。(2014年8月14日)

icon
スマートハウス:

京都市は伝統的な京町屋を「スマートハウス化」する取り組みを進めている。省エネ・創エネなどの最新設備を取り入れるだけでなく、自然を生かす知恵や工夫と省エネルギー改修に役立つ現代の建築仕様を組み合わせて実現した。(2014年8月13日)

icon
蓄電・発電機器:

愛知県の半田市で国内最大規模の木質バイオマス発電所が8月中に着工する予定だ。木質チップやパームヤシ殻を燃料にして高効率で発電できる設備を導入する。通常の化石燃料と比べて燃えにくい木質バイオマスでも高い熱効率を発揮できるボイラーを採用する点が特徴である。(2014年8月13日)

icon
自然エネルギー:

建物からのCO2排出量をゼロにする取り組みを続ける大和ハウス工業が医療施設を対象にした新商品を発売した。地中熱を利用した風を出さない空調システムなど、患者と環境に優しいエネルギーの利用法を提案している。ガスコージェネレーションを設置して災害時にも電力と熱を供給する。(2014年8月13日)

注目製品/蓄電・発電機器:

東京ガス、2014年10月1日発売(2014年8月12日)

icon
自然エネルギー:

ハンファQセルズジャパンは、太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2014」において、開発中の太陽電池モジュールやHEMSを展示した。太陽電池セルや太陽電池モジュールの製造、販売にとどまらず、HEMSを通じた制御にも乗り出した形だ。(2014年8月12日)

icon
蓄電・発電機器:

日立マクセルは2014年8月、家庭用蓄電池「エナジーステーション タイプC」(容量1.4kWh)の受注を開始する。最小・最軽量の蓄電池であることをうたい、屋内しか設置場所がないユーザーに訴求する。小さいながらも、UPS機能を備え、太陽光発電システムなどと連携できる。(2014年8月12日)

icon
自然エネルギー:

岩谷産業と東芝、長府工産、山口リキッドハイドロジェンの4社は、純水素を利用した燃料電池システムの研究開発を2014年8月から開始、2017年までの4年間で進める。家庭用の出力0.7kWの機種と、業務用の出力数kWの機種の2種類を作り上げ、商用水素ステーションなどに設置する。(2014年8月11日)

スマートジャパン購読ボタン