ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「住所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「住所」に関する情報が集まったページです。

Trelloでの個人情報流出、国が注意喚起 「公開範囲の設定確認を」
プロジェクト管理ツール「Trello」経由で住所氏名などの個人情報が流出していることに関し、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が公式Twitterアカウントで「公開範囲の設定を確認してほしい」と注意を呼び掛けている。(2021/4/6)

SNSで個人情報探る「特定代行屋」 犯罪のリスクも
SNSに公開された情報を手掛かりに第三者の住所などを特定し、報酬を受け取る「特定代行屋」と呼ばれる人たちがいる。自粛生活が続くコロナ禍では、これまで以上に個人情報が特定されやすくなっているといい、SNSユーザーは一層の注意が必要だ。(2021/2/5)

コロナ陽性者の個人情報9500人分が流出 クラウドのアクセス権を誤って公開状態に 福岡県が謝罪
福岡県が、新型コロナウイルス感染症の陽性者9500人分の氏名、住所などの個人情報がクラウドサービス上で外部から閲覧できる状態だったと発表。県は謝罪し、再発防止に努めるとしている。(2021/1/6)

コロナ禍の「コミティア」描く漫画に共感の声多数 本名も住所も知らない友人と、たわいない交流ができる場所
なんの気兼ねもなく会える日が待ち遠しい。(2020/12/13)

PayPayのサーバに不正アクセス 加盟店情報など2000万件に流出の可能性
PayPayのサーバに不正アクセス。加盟店の名称、住所、代表者名など2007万6016件の情報が流出した恐れがある。一般ユーザーの個人情報は流出していないという。(2020/12/7)

車載情報機器:
単語3つでカーナビの住所入力が完了、HEREとwhat3wordsの提携で
HERE Technologiesとwhat3wordsは2020年10月22日、次世代の高精度カーナビゲーションシステムの提供で提携すると発表した。HEREのカーナビプラットフォームを採用する自動車メーカーは、カーナビの機能のアドオンとしてwhat3wordsを統合することができる。(2020/10/26)

出前館、キャンペーン不正利用者に“回収宣言” 「お届け先住所に回収に参ります」で物議
「出前館」のキャンペーンで、一部の利用者が不正利用を行っていたことが分かった。このような行為は詐欺罪に当たる可能性もある。出前館は不正利用者に「登録された住所まで回収に向かう」と宣言した。(2020/10/20)

物議:
出前館、不正利用者に“回収宣言” 「お届け先住所に回収に参ります」
「Go To イート」でポイントを荒稼ぎする“錬金術”が問題になったばかりだが、食事宅配サービス大手「出前館」が新規登録者に向けたキャンペーンでも一部で不正利用が行われていた。そこで出前館側は不正利用者に「登録された住所まで回収に向かう」と宣言したが……。(2020/10/18)

東京都町田市の地域情報サイト、「神奈川県」と表示される不具合を修正
東京都町田市の地域情報を発信する民間のWebサイト「変わりゆく町田の街並み」で、住所が「神奈川県」と表示される不具合が発生。システム更新の際、所在地を全て神奈川県と表示するバグがあったという。(2020/10/5)

24時間365日対応可能に:
住所変更手続きを自動化 セブン銀行がチャットbotとRPAを連携させた実証実験
UiPathは、セブン銀行が実施する住所変更手続きの実証実験を支援した。同実証実験は、モビルスのチャットbotとUiPathのRPAを連携させて、本人確認と住所変更の登録作業を自動化する。実験期間は、2020年8月17日から約1カ月間の予定だ。(2020/9/1)

発信者情報の開示請求対象に電話番号を追加
氏名、住所などに加えて電話番号が発信者情報の開示請求対象になります。(2020/8/31)

携帯3キャリアの”橋渡し”を担い、スムーズなオンライン手続きを推進する:
PR:トッパンフォームズの「AIRPOST」と「本人確認支援サービス」が実現する未来
スマートフォンを使って、住所変更や口座振替の手続きを行う、オンラインサービスにつきものの「本人確認」の手間やコストを解消する――。これらを実現するサービスをトッパンフォームズが開発している。未来のオンラインサービスの常識を変える可能性を秘めるサービスについて、担当者に聞く。(2020/8/18)

Yahoo! JAPAN IDで個人情報漏えい 氏名や勤務先など他人のIDに上書き 最大約39万件
「Yahoo! JAPAN ID」のシステムに不具合が発生し、一部ユーザーのIDに登録された氏名や住所などの個人情報が、最大約39万件の他のIDに上書きされた。(2020/8/6)

金融機関におけるドコモの本人確認アシストAPI利用事例:
PR:コロナ禍に先駆け、住所変更手続きの“完全オンライン完結”を実現した横浜銀行
新型コロナウイルス感染症により非対面取引の拡充が求められ、顧客の利便性向上、業務効率化、コスト削減の観点からも、デジタル技術の活用は不可欠なものとなっている。横浜銀行は、2019年12月にNTTドコモの本人確認アシストAPIを導入。Webページ上で住所・電話番号変更手続きが、人の手を要さず、最短即日でオンライン完結するようになった。ドコモ本人確認アシストAPIへの期待や今後の戦略、導入後の効果について、担当者の本音を聞いた。(2020/7/16)

カーナビタイム、Googleの「plus code」と緯度経度に対応 住所や名称のないスポットも検索可能に
ナビタイムジャパンの「カーナビタイム」が、Googleの提供する地点をピンポイントで特定するコード「plus code」と緯度経度に対応。住所や名称のないスポット・地点も検索できるようになり、より詳細な地点を目的地などに設定可能となる。(2020/6/25)

窓口で「書かない」「触らない」 住所変更届などデジタル化、宝塚市とNECが実験
兵庫県宝塚市で、住所変更の届出などをデジタル化する実証実験がスタート。事前にWebサイトから申請内容を入力しておき、窓口でQRコードを読み取って申請書を印刷する。NECのシステムを活用する。(2020/6/19)

経団連の関連団体、約500件の個人情報流出か Webサイトに不正アクセス
経団連事業サービスが、運営するWebサイトへの不正アクセスによって約500件の個人情報が流出した可能性があると発表した。漏えいの疑いがあるのは、2020年1月21日〜5月3日にセミナーや書籍を申し込んだ人の氏名や住所、メールアドレスなど。攻撃を受けたWebサイトのサーバは既に停止し、臨時のWebサイトを設置して対応している。(2020/5/29)

アイ・オー・データ、氏名や住所など6万件の個人情報流出 不正アクセスで
アイ・オー・データ機器は、クラウドサービス「NarSuS」に関連するサーバが不正アクセスを受け、ユーザーの個人情報が約6万件流出したと発表した。(2020/5/15)

銀行や携帯電話、複雑な手続きを“ワンストップ”化へ みずほ銀やKDDIら参加の新サービスが2020年6月に開始
トッパン・フォームズは、共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」の消費者へのサービス提供を2020年6月下旬に始める。携帯電話事業者3社のメッセージサービス「+メッセージ」を利用して、各社への口座振替の申し込みや住所変更といった手続きを一元化できる。(2020/5/12)

郵便物のクラウド管理サービス 専用住所で受取代行、開封スキャンから破棄まで請負
専用住所に届いた郵便物をネット上で管理できる郵便受け取り代行サービスをWebサイト制作などを手掛けるRUNWAY Designが始めた。(2020/5/11)

一般消費者にとっての「情報銀行」の利用条件とは? 位置情報や資産情報の提供には抵抗あり――NTTデータ経営研究所調べ
NTTデータ経営研究所の調査によると、「情報銀行」の利用で重視する条件は「第三者からの認証/認定」「報酬の高さ」で、パーソナルデータの提供について、位置情報、住所、電話番号、金融資産情報などの提供には抵抗のある人が多いことが分かった。(2020/4/8)

安倍総理が1住所にマスク2枚を配布する方針を明かす 再来週以降から
感染者数の多い都道府県から順次配布。(2020/4/1)

Marriott系列ホテル、520万人の顧客情報が流出の可能性
Marriottのゲスト520万人の氏名や住所、電子メールアドレス、電話番号などの情報が流出した可能性がある。一方、パスワードや決済カード情報などの流出は確認されていないとしている。(2020/4/1)

Tech TIPS:
【VLOOKUP関数とXLOOKUP関数】Excelを使って郵便番号から住所を調べる
会員名簿や顧客リストの住所を正規化したい場合、Excelを使って郵便番号から住所を調べると簡単だ。手動入力した住所の誤りなどを簡単にチェックできる。その方法を紹介しよう。(2020/3/5)

「技適マーク」未表示の無線機器を利用できる制度がスタート 実験目的で180日以内(要申請)
いわゆる「技適マーク」を表示していない(取得していない)無線機器を180日以内の範囲内で実験利用できる制度がスタートした。利用には住所地を所管する総合通信局などへの届け出が必要だ。【更新】(2019/11/23)

アマゾンの注文履歴流出問題 運営元は「防止策をすでに講じている」 被害件数や原因は明らかにせず
Amazon.co.jpで9月26日に発生した、ユーザーの注文履歴や住所氏名が他人のアカウントに表示される不具合について、運営元のアマゾンジャパンが再発防止策を講じたことを明らかにした。(2019/10/7)

Amazonユーザーが震え上がった「注文履歴流出騒動」の恐ろしさ 解消報道後も「不誠実」と怒りの声やまず
「注文履歴」画面で、他人の履歴や住所氏名が閲覧できてしまった問題で。(2019/10/3)

Tech TIPS:
住所処理に便利、キー一発でExcelのセル内容を自動的に分割/結合
Excelで住所などの処理を行う際、複数のセルに分かれた住所を1つのセルにまとめたりすることなどがあるだろう。大きな表では意外と面倒な作業だが、Excelのフラッシュフィル機能を使うと簡単に自動的に結合が行える。その方法を紹介しよう。(2019/9/30)

米出前サービスDoorDash、470万人の個人情報流出
米フードデリバリーサービスのDoorDashが、5月に不正アクセスがあり、470万人の顧客、配達員、パートナーの個人情報が盗まれたと発表した。住所氏名、電話番号、メールアドレス、配達員の運転免許証番号などが含まれる。(2019/9/27)

Amazon.co.jpの注文履歴や住所氏名が他人のアカウントに表示される不具合 アマゾン「認識しており調査中」
Amazon.co.jpで、注文履歴が表示されなくなったり、他人の履歴や個人情報が間違って表示されるなどの不具合が確認されている。(2019/9/26)

宅急便の発送手続がスマホで完結 ヤマトが新サービス
ヤマト運輸は、9月3日に宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できる新サービスをスタート。専用サイトで住所など必要事項を入力し、ヤマト運輸直営店に持ち込めば発送できるようになる。(2019/9/3)

太陽光:
東京電力がGoogleの太陽光発電の試算サービスを日本展開、住所入力だけで経済性を確認
東京電力ベンチャーズは米Googleが提供している住宅向け太陽光発電の導入試算サービスの“日本版”を発表。住宅の住所を入力するだけで、無料で導入可能なシステム容量や経済性を瞬時に試算できるのが特徴だ。(2019/8/6)

「E3 2019」参加記者2000人の連絡先リストが公式サイトでダウンロード可能状態に(削除済み)
ゲームカンファレンス「E3 2019」に参加した約2000人のジャーナリストの住所、氏名、電話番号、メールアドレスが記載されたスプレッドシートが公式サイトから誰でもダウンロードできる状態になっていた。リストに掲載されていたフリージャーナリストが主催者に連絡した後、個人のYouTubeで経緯を報告した。(2019/8/5)

PR:電子サインを埋め込んだPDFを共通基盤として、ペーパーレス化を実現した京都銀行
2017年からiPadを使い渉外業務のペーパーレス化を進めてきた京都銀行。保険申込業務を皮切りに、取次業務、投信申込業務、住所変更業務と対応業務を拡大し、19年4月からは全店で展開している。スピーディーなペーパーレス化を可能としたのが、PDFを共通基盤として活用した点だ。(2019/7/24)

初めて話す女子が自分の名前も住所も知ってた 怖がるどころか喜ぶ男子の漫画に読者の方がハラハラ
鈍感であることの大切さ。(2019/7/18)

「Google Assistant」で録音された音声が流出、住所や家族間の会話も
流出した音声の一部には、「録音されてはならないはずの会話」も含まれていた。(2019/7/12)

「LINE ID」ログイン機能や配送情報、「LINE Pay」加盟店に提供「LINE Checkout」 ネット通販など便利に
LINE IDによるログイン機能や、LINE IDにひも付いたユーザー自身の住所、氏名などの情報を、LINE Pay加盟店に提供する「LINE Checkout」がスタートする。(2019/7/9)

ユニクロ・GUの通販サイトにリスト型攻撃、不正ログイン46万件 氏名や住所、身体のサイズなど流出
ユニクロ・ジーユーの公式オンラインストアがリスト型アカウントハッキング攻撃を受け、約46万件のIDが不正ログインされた。不正ログインを受けたユーザーの氏名や住所、電話番号などの個人情報が第三者に閲覧された可能性があるという。(2019/5/14)

郵便物に書かれている「カスタマバーコード」に注意 うっかりやりがちな「住所バレ」
多くの人が知らなかったようです。(2019/4/13)

トヨタの販売子会社に不正アクセス 最大310万件の顧客情報が流出の恐れ
トヨタの販売子会社が不正アクセスを受け、顧客情報最大310万件が流出した可能性。流出した可能性があるのは、氏名、住所、生年月日、職業など。(2019/3/29)

住所CSVをドラッグ&ドロップするだけで地図に表示 「地理院地図」新機能
国土地理院の「地理院地図」に、CSV形式の住所リストをドラッグ&ドロップするだけで、簡単に地図に表示できる機能などが追加。災害時、避難所の住所リストを地図化する――といったことが簡単に可能になる。(2019/3/28)

東京地裁、ファイル共有ソフト「Share」「BitTorrent」使った違法アップローダーの氏名・住所開示を命じる 日本レコード協会が発表
今後は開示情報をもとに、損害賠償に関する協議が進められる予定。(2019/3/7)

「世界中で住所革命が起きている」 3つの言葉で位置を示すwhat3wordsの仕組みと課題
「///いちがつ・わたくし・ねむい」といった3つの言葉で細かい場所を指定できるwhat3words。開発したイギリスwhat3wordsのCMO、ジャイルズ・リース・ジョーンズ氏が開発の経緯や仕組みについて話した。(2018/11/22)

5桁の土地も! 住所に使われる「番地」、やたら大きい数字があるのはなぜ?
どこまで大きいものがあるのだろう。(2018/11/15)

全世界の住所を3つの単語に置き換えた「what3words」、ソニーのファンドから資金調達
3つの単語でピンポイントで場所を伝える位置情報技術を開発したイギリスのベンチャー企業what3wordsが「Sony Innovation Fund」から資金調達を実施する。(2018/11/7)

「漫画村」は違法なのか 日本の裁判所が初めて違法性を判断する注目訴訟が26日に判決
「氏名や住所を含む運営者情報」「著作権侵害に関わるアクセスログ」等の開示を求めている。(2018/10/23)

北海道地震の発生前後を空中から確認できる「被災状況マップ」公開
災害発生前後の厚真川地区の空中写真を比較できる「発災前後画像スワイプマップ」と、推定斜面崩壊地に被災前の建物枠データを重ね合わせた「推定被災建物&住所リスト」の2種類を公開している。(2018/9/11)

auが北海道のユーザーに対する通信速度制限を解除 地震被災者支援の一環
auが北海道に住所を有する契約に対する通信速度制限解除措置を実施した。地震被災者支援の一環だ。(2018/9/8)

「ヤフオク!」がヤマト運輸「ヤフネコ!パック」での匿名配送を提供開始 住所や名前を知らせずに商品を配送可能
より匿名配送が利用しやすくなりました。(2018/8/27)

「ヤフオク!」の匿名配送サービス拡大 ヤマトの宅急便でも利用可能に
ヤフーが「ヤフオク!」の匿名配送サービスを拡充。ヤマト運輸と連携し、割引価格で宅急便などが利用できる「ヤフネコパック!」でも、出品者と落札者が互いの住所を知らせることなく荷物を送れるようにした。(2018/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。