ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Associated Press」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AP通信

関連キーワード

IT基礎英語:
Securityは何を守る?
IT関連記事に登場する気になる英語を解説する連載。2回目はSecurity。(2019/6/3)

FacebookのファクトチェッカーからSnopes.comが脱退「負担が大きすぎた」
Facebookがフェイクニュース対策の一環として2016年に立ち上げたサードパーティによる投稿のファクトチェックプログラムから、米ファクトチェックサイトのSnopes.comが脱退した。有償で従事したが、負担が大きすぎたとしている。(2019/2/3)

特集・ビジネスを変える5G:
5GとIoTに潜むセキュリティリスク 全てが“つながる”ことの危険
かつては愉快犯や腕試しといった要素が強かったインターネットを通じたハッキングだが、今ではすっかり金銭目的にシフトした。そして、IoTの普及とともに到来する5Gの時代では、新たなセキュリティリスクと対策が求められることになる。(2019/1/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国発「遺伝子操作ベビー」の衝撃 “禁じ手”を使った人類の未来
中国の研究者がゲノム編集した子供を誕生させたと主張し、大きな物議を醸している。「デザイナー・ベビー」については倫理的な批判が大きく、技術が乱用される危険性もある。「禁じ手」として可能性を排除するべきなのか。世界規模で議論が加速しそうだ。(2018/12/6)

米中間選挙、下院は民主党が奪還し、「ねじれ」議会に
米中間選挙の結果は、上院は与党共和党が、下院は野党民主党が議席の過半を占める「ねじれ」状態になった。ドナルド・トランプ米大統領は「意地悪で敵対的なメディアの圧力の下で、非常に大きな勝利を収めた」とツイートした。(2018/11/7)

Google、画像検索結果の画像に制作者名と著作権者を明記へ
Googleの画像検索結果の画像に、画像の制作者と著作権保有者を確認できる項目が追加される。メタデータはCEPICおよびIPTCによるものだ。(2018/9/28)

Facebook、フェイクニュース検出のためのAI画像・動画解析ツールを27団体に提供
Facebookが、フェイクニュース対策の一環として、機械学習採用の画像・動画解析ツールを27団体の第三者ファクトチェッカーに提供する。ファクトチェッカーによる評価はツールに反映され、精度が向上していく見込み。(2018/9/14)

YouTube本社で銃乱射事件 自殺した襲撃者は39歳の女性YouTuber
YouTubeのカリフォルニア州サンブルーノにある本社キャンパスで銃乱射事件が発生。数人が近くの病院に搬送された。従業員のツイートによると、銃撃者は男女2人で、1人は自殺したという。(2018/4/4)

「AIで弁理士が失業」に異議 「そんなに単純な仕事じゃない」 日本弁理士会の梶副会長
AIは弁理士の仕事を奪うのか? 日本弁理士会の梶俊和副会長が当事者の視点から反論した。(2017/11/16)

人が集中すべきは「人間が強みとする分野」
AIは人間の仕事をどう変えるのか 金融、報道の未来とは
今後、AIが企業に導入されるケースが増えれば、職場の様相は一変する。そこで重要なのは、従業員が「人間が強みとする分野」をどう磨きあげるかだ。(2017/8/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプはクビになるのか 「ロシアゲート」を解説
トランプ大統領に絡んだ「ロシアゲート」が話題になっている。次々に新しい暴露話が出てくるので、「よく分からない」という人もいるはず。一体、何が起きているのか。トランプはクビになるのか。解説する。(2017/6/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

日経「AI記者」の衝撃 開発の背景に「危機感」
あの日経が、AIに記事を書かせ始めた――1月に公開された「決算サマリー」がネットを驚かせた。なぜ、AIに記事を書かせようと考えたのか。インタビューした。(2017/3/3)

米Yahoo!のアカウントに不正侵入の可能性、ユーザーに通知
2016年に発覚したユーザー情報の大量流出に関連して、偽造cookieを使ってアカウントが不正アクセスされた可能性があることが分かった。(2017/2/16)

Facebook、虚偽ニュース対策でAPなど第三者の判定で投稿にフラグを立てるテストを開始
虚偽ニュース拡散を問題視されているFacebookが、テスト中の対策について説明した。ユーザーが虚偽ニュースだと報告した投稿の事実確認をAssociated Pressなど第三者に仰ぎ、判定によって投稿にフラグを立てる。(2016/12/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」
元女優の高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。容疑者が医療大麻を推進していたこともあって、医療従事者などが「医療大麻ってものはない」「(医療大麻は)必要ない」などとコメントしていたが、本当にそうなのか。世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。(2016/11/1)

立ちどまるよふりむくよ:
ボブ・ディランからスティーブ・ジョブズは何を学んだのか(プレイリストつき)
ジョブズのロールモデルはディラン。Appleはディランのようにやっている。How does it feel?(2016/10/15)

「不気味なピエロ」騒動余波で米・マクドナルドのドナルドに出演制限報道 日本マクドナルド「現状、日本では自粛しない」
2016年8月ごろから「不気味なピエロ」騒動が話題になっていました。(2016/10/15)

Facebook、「ナパーム弾の少女」を“ヌード”だとして削除(抗議を受け復活)
Facebookが、大手新聞社の記者が自身のページに投稿した歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」を「コミュニティ規定」に反するとして削除し、物議を醸した後復活させた。新聞社の編集長はザッカーバーグCEO宛の公開書簡で「ジャーナリストの権利と義務は、Facebookのアルゴリズムによって傷つけられるべきではない」と抗議した。(2016/9/11)

Willow Garage出身デザイナーに学ぶ、サービスロボットのインタラクションデザイン(前編)
サービスロボットの機能による差別化が難しくなれば、次に浮上するのが人とロボットがどんな「関係性」を持てるかというインタラクションデザインだ。前編では、人とロボットの関係性「Human-Robot Interaction(HRI)」の重要性と、これまでの研究を振り返る。(2016/8/12)

ハリウッド版「Ghost In The Shell」のプロデューサー、「必ず満足してもらえる」と自信
実写版「攻殻機動隊」のプロデューサーが、日本人のはずの主役(草薙素子少佐)に白人のスカーレット・ヨハンソンを配したことを含め、見た人を満足させることができると請け合った。なお、主役は「草薙素子」ではなく「少佐」と呼ばれるとしている。(2016/7/5)

エアバスの子会社が3Dプリンター製の電動バイクを発表 ガイコツみたいな見た目でカッコイイ
エアバスグループが開発した航空機クラスの合金を使用。(2016/5/22)

「the Internet」がなくなる?
theがなくなれば、映画「ザ・インターネット」のように誤った発音が広がることもない。(2016/4/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
ミャンマーの「女帝」アウンサンスーチーはなぜ嫌われるのか
ミャンマーで新政権が発足し、世界中で大きな話題になった。民主活動家・アウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が与党になったわけだが、ここにきて彼女を非難する声があがっている。なぜなら……。(2016/4/7)

FBI、アーカンソーの事件でもサン電子子会社のiPhoneアンロック技術利用?
サンバーナーディーノのテロで使われたiPhoneのアンロック成功で、州警察の「FBI詣で」が始まったようだ。(2016/3/31)

世界を読み解くニュース・サロン:
シリア難民問題から感じる「メディア」への違和感
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のトップが来日した。フランス同時テロ後だったので、日本のメディアはこぞって取り上げたが、筆者の山田氏は一連の報道に違和感を覚えたという。なぜなら……。(2015/12/3)

これ本当に機械使っていないの? ボカロみたいな声で歌えるアメリカの女子大生が話題に
世界中に広がる驚き。天然の“デジ声”。(2015/9/1)

Google、自動運転カーの月間事故報告をスタート
Googleが、自動運転カープロジェクトの公式サイトを立ち上げ、5月分から毎月、事故報告を含む進捗リポートを掲載していくと発表した。(2015/6/7)

Googleの自動運転カー、公道での270万キロ走行で11件の“もらい事故”
Googleが、公道で試験走行中の自動運転カーがかかわった事故はこれまでに11件で、すべて軽度のもので、しかも信号待ちでの追突などの“もらい事故”だったという報告を米ブログメディアに寄稿した。(2015/5/12)

SPICEの仕組みとその活用設計(番外編):
CAEのV&V失敗事例(その2)
CAEの失敗事例として、今回も構造物の解析失敗に関するものを紹介します。正帰還型回路の初期条件の設定などに役立てられる事例です。(2014/12/26)

本格サイバー攻撃の前触れか、米国務省のメールシステムも標的に
米政府機関を狙った一連の攻撃は、独立系または国家が関与するハッカー集団による「偵察段階」の攻撃かもしれないと専門家はみる。(2014/11/18)

「SmartNews」新版「2.0」、日米同時公開 日本語・英語のニュース切り替え可能に
「SmartNews」の新版は1つのアプリで日本版・米国版を兼ねており、設定画面で切り替えて日英両方のニュースを楽しめる。(2014/10/2)

空飛ぶスイートルーム! エティハド航空が豪華な「Residence by Etihad」発表
リビングルーム、ベッドルーム、シャワールーム、さらに執事がついてくる。(2014/5/8)

高層ビルをディスプレイに巨大「テトリス」をプレイ! 30周年記念してイベント
なにそれやってみたい。(2014/4/7)

伊吹太歩の時事日想:
タダ飯を食べたかった「ドリアン・ナカモト」――ビットコイン、悲しき大誤報
世界中で最もホットな話題の1つとなった「ビットコイン」。考案者とみられる人物を特定したというニューズウィーク誌のスクープ記事から、「誰でも分かるビットコイン騒動」を読み解く。(2014/3/13)

ナカモト・サトシ氏「ビットコインのことは3週間前に初めて聞いた」
ビットコインのことは3週間前、息子が話しているのを聞いたのが最初だ──米誌がビットコイン考案者だと報じた日系アメリカ人のナカモト・サトシ氏は、米AP通信の単独インタビューで、ビットコインとの関連を改めて否定している。(2014/3/7)

川口洋のセキュリティ・プライベート・アイズ(48):
2013年のセキュリティインシデントを振り返る
2013年、さまざまなセキュリティインシデントが発生しました。事件に対して、皆さんはどう行動しましたか?(2014/1/29)

女神的リーダーシップ:
映像配信サービスで救われた命
スウェーデンでは毎年、ノーベル賞の発表を機に誰もが国際情勢に思いを馳せる。自由や和平への関心はとりわけ高い。ウェブ上には数々の試合やパーティーのライブ映像がアップされているが、中東で若者たちが独裁体制に立ち向かう姿も伝えられている。(2014/1/17)

サン・ピエトロ広場からライブ配信 ローマ教皇フランシスコの降誕祭メッセージ
バチカン市国のサン・ピエトロ広場から、第266代ローマ教皇フランシスコによる伝統的な降誕祭メッセージ「ウルビ・エト・オルビ(ローマと全世界へ)」をライブ配信する。映像はAP通信が提供する。配信は12月25日20時0分〜。(2013/12/9)

サン・ピエトロ大聖堂からライブ配信 「クリスマス・主の降誕(夜半のミサ)」
バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂から「クリスマス・主の降誕(夜半のミサ)」をライブ配信する。映像はAP通信が提供する。配信は12月25日6時0分〜。(2013/12/9)

米国のApple StoreでiBeaconサービスがスタート
Apple StoreアプリをインストールしてBluetoothを有効にしたiOS 7端末を持ってApple Storeの店舗内に入ると、例えば注文しておいたMacのピックアップや店内のキャンペーン情報などがプッシュ通知されるようになる。(2013/12/9)

ニコ生が「せいなる夜」に張り切る Xmasのサン・ピエトロ大聖堂&ラブホテル生中継 27時間まきが燃える映像も
このラインアップのカオス感。(2013/12/6)

集中持続時間は8秒:
読者にコンテンツを最後まで読んでもらう3つの方法
コンテンツは斜め読みで最後までスクロールしないということも多い。最後まで読んでもらうための対処法は「フォントをはっきり大きくする」「情報過多にならない」「短くする」の3点だ。(2013/11/18)

Twitterがダウン 「シリア電子軍」が犯行声明をツイート
シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑が高まる中、シリア政府系ハッカー集団「Syrian Electronic Army」がTwitterをダウンさせたという犯行声明をツイートした。(2013/8/28)

Washington PostやCNNにサイバー攻撃、「シリア電子軍」が犯行声明
Washington Postは一部記事が別サイトにリダイレクトされる被害に遭った。編集局員に対して高度なフィッシング攻撃が仕掛けられたという。(2013/8/16)

@IT セキュリティセミナーレポート:
いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは
ここ数カ月を振り返ると、セキュリティ脅威の動向が活発化している。Web改ざんや不正アクセス、いまだ収まらない標的型攻撃……企業はこうした行為にどう対処すべきか。6月28日に開催されたセミナー「サイバー戦争勃発!? いま、企業が情報を守るために必要な防御策とは」の講演から、そのヒントを探る。(2013/7/30)

マーケティング戦略に生かすには:
人間の集中力は金魚より下? ――広告コンテンツは「短さ」と「詳細さ」、どちらが良いのか
わずか数秒程度で見られるビジュアルコンテンツや動画の消費が高まっている。広告制作を含むマーケティング戦略に何をもたらすのだろうか。(2013/7/8)

半径300メートルのIT:
橋下市長、突然の「プリキュア」――その裏にあるセキュリティ危機
大阪の橋下徹市長のiPhoneを操作して、小学生の娘さんが「スマイルプリキュア」とツイート。仲の良い父と娘のほのぼの話、では片付けられない危機がそこには隠れています。(2013/6/5)

Twitterの2要素認証に実害あり? 正規ユーザーが締め出される恐れ
F-Secureによれば、ログイン情報を盗み出した攻撃者が無作為の電話番号を勝手に登録し、正規ユーザーを締め出してしまう恐れもある。(2013/5/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。