ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Barcelona」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

クアッドコアOpteron

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

Windows Server 2012 R2時代のHyper-Vサーバ設計術:
第1回 最新モデルを意識したCPUとメモリのサイジング
仮想化が一般化した昨今のサーバ・システム。旧サーバの延命が目的だった数年前とは違い、最初から仮想環境上で動作させることを前提としたシステムが求められている。本連載では、Windows Server 2012 R2のHyper-Vをベースにして、今使える仮想化システムの技術トレンドや設計、機器の選択方法などについて解説する。第1回では、CPUとメモリのサイジングについて解説する。(2013/8/22)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

AMD、最大12コア搭載の4P対応「Opteron 6100」シリーズ発表
日本AMDは、3月29日にOpteronの新シリーズ「Opteron 6100」シリーズを発表した。2P、4Pシステムの構築が可能で、上位ラインアップでは12コアを搭載する。(2010/3/29)

イマドキのイタモノ:
TDP125ワットのPhenom II X4 965 Black Editionで何がどう変わった?
Phenom II最上位モデル“965”が登場。「あれっ、もう売っているよ」と思いきや、TDPが125ワットになったという。そのシステム消費電力と性能をチェックした。(2009/11/4)

イマドキのイタモノ:
「Phenom II X4 965 Black Edition」でNehalemに挑む
日本の風習なんか関係ないぜ、とお盆に合わせてAMDがPhenom II X4の最高クロックモデルを発表。こちらも「お盆なんか関係ないぜ」とベンチマークにいそしんだ。(2009/8/13)

イマドキのイタモノ:
省電力モデルにX2──選択の幅が広がった「AM3」CPUを一挙に試す
COMPUTEX TAIPEI 2009にあわせたように、AM3対応CPUが一度に登場。今回発表された低消費電力版や3コア、2コア版、そしてAthlon II X2を一気に試してみる。(2009/6/2)

イマドキのイタモノ:
TDP下がって使い勝手向上──TDP95ワットの「Phenom II X4 945」
Phenom II X4 955の125ワットというTDPにおじけづいていたユーザーにAMDが贈るTDP95ワット版のPhenom II X4 945が登場した。気になる消費電力はどうなった?(2009/6/2)

イマドキのイタモノ:
AM3を選ぶ「理由」がそろった──Phenom II X4 955のパフォーマンスをチェックする
高クロックモデルが不在だった“AM3”に3.2GHzの「Phenom II X4 955 Black Edition」が登場した。AM2+版Phenom IIの最高クロックを超える本命Phenom II X4の性能を検証する。(2009/4/23)

イマドキのイタモノ:
早くも登場AM3──DDR3対応“Deneb”は自作PCユーザーの“本命”なのか?
“DDR2”Phenom IIから1カ月。DDR3に対応したPhenom IIが登場する。しかも自作PC向けには「810」「720」「710」のみ。その微妙なパフォーマンスを検証しよう。(2009/2/9)

2009年のAMDは「チェンジをチャンスに変える」
日本AMDは、1月29日に2009年の事業方針説明会を行い、AMDが注力していく分野や2010年にかけてのロードマップなどが紹介された。(2009/1/29)

イマドキのイタモノ:
“45ナノ”でPhenomが飛翔する──“Denebコア”Phenom II X4の性能に迫る
登板イニングが予定より長かった65ナノ版Phenomに、ようやく45ナノプロセスが加わった。消費電力やパフォーマンスがいかに改善されたか検証する。(2009/1/8)

元麻布春男のWatchTower:
次の波は2011年に来る──Analyst Dayに見るAMDの進化速度
45ナノプロセルルールを導入した“Shanghai”が発表された11月13日に、AMDは「Analyst Day」を行った。ここでは、そこでアップデートされたロードマップを紹介しよう。(2008/11/14)

元麻布春男のWatchTower:
AMD、45ナノ“Shanghai”Opteron発表──Denebは「Phenom II」に
AMDのCPUがようやく45ナノプロセスルール世代に到達した。“Shanghai”世代Opteronの特徴とこの先のロードマップを紹介する。(2008/11/13)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

「Nehalem? もちろんウェルカムだ」――IDF目前にAMDが優位性をアピール
8月19日(米国時間)に始まるIDFを目前にした15〜18日にかけて、AMDは関係者向けのブリーフィングを行い、45ナノプロセスルールに関する最新情報でライバルを“けん制”した。(2008/8/20)

AMD、低価格ノートPC用プロセッサは当面なし
AMDの最高マーケティング責任者が、超低価格ノートPC向け市場への取り組みや、Opteronの新版Shanghaiについて語った。(2008/7/24)

AMD、クアッドコアOpteronの新モデル発表
新しいクアッドコアOpteron SEは「データセンターを容易にスケールアップできる」とAMDは主張している。(2008/6/10)

AMD、2009年に6コアプロセッサ投入
AMDは2009年後半に6コアプロセッサ「Istanbul」を、2010年前半に12コアプロセッサ「Magny Cours」を提供する。(2008/5/8)

IntelとAMD、その決算と米国経済状況で見えるもの
2大チップメーカーの1〜3月期決算の数字は、米国の経済状況を判断する手掛かりを与えてくれそうだ。(2008/4/15)

AMDのヘスターCTOが退社
Accelerated Computingプロジェクトを主導していたフィル・ヘスターCTOがAMDを辞めた。(2008/4/14)

AMD、クアッドコアOpteronの本格出荷を開始
不具合が見つかったために量産開始が遅れていたクアッドコアOpteronが、ようやく広範に提供開始されることになった。(2008/4/10)

見えてきたAMDの45nmプロセッサ
AMDはクアッドコアOpteronで起きたような問題を避けるため、コードネームで「Shanghai」「Deneb」と呼ばれる45nmプロセッサを早めにサンプル出荷している。(2008/3/5)

17億ドルを超える損失を出すも株価上昇――AMDが2007年Q4の決算を発表
クアッドコアの出荷でライバルのIntelに遅れをとっているAMDが2007年の決算を発表した。(2008/1/22)

クアッドコア“B3”出荷は第1四半期から第2四半期にかけて
2008年初めての記者会見で日本AMDは、2007年を「好調で順調だった」と総括。2008年は「Phenomの市場拡大」を目指す。(2008/1/21)

AMD、Phenomプロセッサ2種類の発売を延期
AMDプロセッサ2種類の出荷が4〜6月期にずれ込むことになった。同社は省電力モデルの投入に力を入れる。(2008/1/14)

2007年のCPUは「拙」
年末といえば第九にM-1に格闘技(え、紅白ってまんじゅう?)。そして、しみじみと今年1年の「PCパーツ」をCPUから振り返ってみたりする。(2007/12/28)

クアッドコアOpteronの失敗からAMDが学んだ教訓
2008年、AMD幹部はプロセッサ製造の失敗を教訓として前進したい意向だ。(2007/12/21)

AMD、2009年に8コアCPUや「CPU+GPU」チップを投入
AMDが8コアプロセッサ「Montreal」やGPUとCPUを同じチップに載せた「Swift」など、今後のロードマップを明らかにした。(2007/12/14)

AMD、クアッドコアプロセッサの失敗認める
「屈辱的」な失敗を認めながらも、2008年第3四半期までには黒字転換を果たすと言明した。(2007/12/14)

“ネイティブ?”と挑発するクアッドコア「Phenom」登場
AMDは「真のクアッドコア」CPUと、新世代チップセットの「AMD 7シリーズ」を発表。これらと先日登場した最新GPUで構成される新しいプラットフォーム「Spider」を立ち上げた。(2007/11/19)

5分で分かった気になる、9月のアキバ事情:
一般層からサーバ好きのマニアまで――アキバの“受け皿”拡大中
ソフマップ秋葉原本館がオープンし、一般層の受け皿がさらに広がる一方で、サーバOSの深夜販売が行われ、Opteronマシンが脚光を浴びる、そんな9月のアキバ。(2007/10/3)

AMD、「コアが3つ」のPhenomを追加
Phenomのラインアップはクアッドコアの「Phenom X4」とデュアルコアの「Phenom X2」が予定されていたが、そこに「奇数コア」モデルが急きょ加わった。(2007/9/18)

古田雄介のアキバPickUP!:
「11月まで待てない」と、現行Opteronを買いに走る人たち
「Quad-Core Opteron」搭載マシンのデモ展示で思わぬ波及効果があった模様。瞬殺された「PV4」は、店員さんからの評判がかなり微妙だ。(2007/9/18)

“Barcelona”対応nForce 680a SLIマザーも登場──「クアッドコアOpteron発表会」
米国でBarcelonaがリリースされた翌日に、日本でも製品発表会が行われた。会場には、Barcelonaに対応するマザーボードやサーバシステムも多数展示されていた。(2007/9/11)

「ユーザーに負担をかけないクアッドコア」──“Barcelona”Opteronに実装された機能
9月10日に発表された“Barcelona”クアッドコアOpteron。ここでは、リリース資料に含まれなかった“Barcelona”の機能について紹介したい。(2007/9/11)

AMD、“Barcelona”Opteronを発表
クアッドコアのAMD製CPUが「ようやく」登場する。リリース発表後、AMDのWebページでラインアップと価格、主要スペックなどが明らかにされた。(2007/9/10)

元麻布春男のWatchTower:
Analyst DayでチェックするAMDの最新ロードマップ
7月27日、AMDはTechnology Analyst Dayを開催し、将来の製品計画の概要に関する情報を公開した。ここではその中から、今後登場する主要なプラットフォームの情報を紹介する。(2007/8/7)

AMD、第2四半期にシェア奪還――Mercury調査
AMDだけではなく、第2四半期はプロセッサ市場全体が好調だったが、「こんなに好調だった理由は誰も分からない」とアナリストは首をかしげている。(2007/7/31)

クアッドコア「Barcelona」に賭けるAMD
マルチコアプロセッサの覇権をめぐり、IntelとAMDの戦いの第2幕が切って落とされてようとしている。(2007/7/23)

半導体市場は堅調に推移、AMDがシェア微増に転じる
価格競争が一因となって、数四半期にわたって後退を続けていたAMDが、わずかにシェアを取り戻した。(2007/7/20)

AMD、クアッドコア「Barcelona」を8月に出荷開始
クロックスピード最高2GHzのバージョンを8月に提供開始し、年内にはより高速なバージョンを投入する計画だという。(2007/6/30)

IBMとSunが拓くスーパーコンピュータの「ペタフロップス」時代
こうした大規模コンピューティングシステムの市場は実際には非常に小さいが、他社より一歩先んじていることを示す手段にはなっている。(2007/6/28)

COMPUTEX TAIPEI 2007:
AMDブースで“DTX”の動向をチェックする
Barcelonaに注目のAMDだが、コンシューマーユーザーとしてはDTXも気になるところ。具体的に動き出しそうな新フォームファクタの現状を紹介。貴重な「あの人」にもようやく会える。(2007/6/8)

AMD、「65nm/45nmへの移行は順調に進む」と約束
Intelに後れを取ることなく「ネイティブな」クアッドコアプロセッサをスケジュール通りにリリースすることを改めて強調した。(2007/5/23)

Intel、AMDから市場シェア奪還
2007年第1四半期、Intelはプロセッサシェアで80%以上を確保したとのリポートが発表された。(2007/4/24)

AMD、OpteronとAMD64発表4周年――Barcelonaのベンチマークも公表
AMDがOpteronプロセッサとAMD64技術を市場投入してから4周年を迎えた。(2007/4/24)

Dell、サーバラインアップにOpteronを追加
Dellの新しいPowerEdgeシステムは、クアッドコアOpteronが発表されたときに、顧客がアップグレードできるよう設計されている。(2007/4/11)

Intel、最新クアッドコアExtreme発表へ
クアッドコアの「Core 2 Extreme QX6800」はクロックスピードが2.93GHz、デュアルコアX6800よりも65%高速だとIntelは主張している。(2007/4/9)

AMD、3GHzのデュアルコアOpteron立ち上げ
新Opteron「Opteron 2222 SE」「8222 SE」は2週間以内に広範に提供開始される。AMDは性能を誇っている。(2007/4/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。