ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「官房長官」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「官房長官」に関する情報が集まったページです。

落ちこぼれ青年の逆転劇:
田中角栄からカネは受け取らなかった――田原総一朗が語る「ジャーナリスト人生の原点」
田原総一朗の「ジャーナリスト人生の原点」に迫った。(2019/6/26)

巨大IT企業への「デジタル課税」議論も G20サミット28日開幕
日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪市で開かれる。米中貿易摩擦の影響による世界経済の減速リスクや、IT化の流れで台頭した「デジタル経済」などについて話し合う。(2019/6/24)

菅氏の「最低賃金5%上げ」主張は公明に配慮か
5月14日の経済財政諮問会議で、最低賃金の引き上げをめぐる激論が戦わされた。民間議員の新浪剛史サントリーホールディングス(HD)社長が「5%程度」を主張し、菅義偉官房長官も同調。これに対し、政府は……。(2019/6/24)

5Gケータイは出る? 「2年縛り」はなくなる?――2018年度KDDI株主総会、注目の「一問一答」
KDDIが定時株主総会を開催。株主からは中期経営計画など企業経営に関する質問が相次いだ……が、この記事では通信に関する質問の中でも、特に注目すべきものをピックアップして掲載する。(2019/6/19)

フィーチャーフォンからの乗り換え意向、格安SIMが3キャリアを上回る MMD研究所調べ
MMD研究所が「2019年5月FPユーザーのスマートフォン乗り換え検討調査」の結果を発表。フィーチャーフォンからスマホへの乗り換え経験者に良かったことを聞いたところ「コミュニケーションツールが簡単に楽しめる」がトップ。スマホへの乗り換え意向は格安SIMが3キャリアを上回り、情報の認知は「菅官房長官の4割値下げ」が最も高くなった。(2019/6/18)

G20が最終リミットか:
それでも、くすぶる「消費増税延期」論
政府は5月下旬の月例経済報告で「緩やかに回復」の表現を維持した。このため、政府・与党内では予定通り10月に消費税率が10%に引き上げられるとの見方が強まり、金融市場でも増税延期待望論はしぼんだ。それでも延期論はくすぶり続けている。(2019/6/11)

5月にあるまじき暑さ→「新米元号『令和』が気温設定間違えた」説が拡散→元号の擬人化キャラ「令和ちゃん」がトレンド入り
なんというか、ものすごく「俺たちのインターネット」って感じがする一件。(2019/5/24)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがデータ容量制限なしで使い放題「データMAXプラン」開始――5G時代を先取りし、他社を出し抜くファインプレー
auが新料金プランを発表した。注目は2019年夏に提供予定の「原則データ使い放題」なプラン。ただ、競合しそうな既存プランをいくつか残したせいで選びづらくなるというリスクも抱えている。(2019/5/24)

「令和」の墨書PDF、個人利用も許諾が必要? 「印刷して家に飾るのは問題ない」と内閣府
5月1日の新元号発表の記者会見で、菅義偉官房長官が掲げた「令和」の墨書のPDFデータが公開された。内閣府は、データの使用を厳しく制限する注意書きを添えているが、個人の私的な利用も制限されるのだろうか? 内閣府に聞いてみた。(2019/5/17)

菅官房長官が掲げた「令和」墨書がPDFデータで公開中 内閣府Webサイトにて
墨書データの使用については条件に該当し、大臣官房総務課長が使用を認めた場合のみ可能です。(2019/5/16)

「令和」の墨書、内閣府WebサイトでPDF公開中
5月1日の新元号発表の記者会見で、菅義偉官房長官が掲げた「令和」の墨書のPDFデータが、内閣府のWebサイト内の「元号について」で公開されている。178KBのデータで、ダウンロードして閲覧できる。(2019/5/16)

スマホ料金、分かりにくい「最大4割値下げ」表記 元Mobile記者が検証する
スマホ料金の「最大4割値下げ」は本当か、これまでも料金プランの解説記事を編集・執筆してきた記者が検証する。(2019/5/15)

ドイツの5Gオークション、各社譲らず長期化──独経済紙「終わりが見えない」
ドイツの5Gの利用事業者を決めるオークションで各参加社が譲らず、金額が釣り上がり長期化している。(2019/5/10)

「意地悪な条件は付けていない」 NTTドコモに聞く、新料金プランの疑問点
ドコモは6月1日に導入する新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。シンプル化と同時に、料金水準を最大で4割値下げし、競争力を強化するのがプラン改定の狙いだ。一方で値下げが実感できないという声もある。ドコモ担当者に疑問をぶつけた。(2019/5/10)

令和が始まったー! けど、その前に 平成最後のコスプレを振り返る「ニコニコ超会議2019」まとめ
2日目参加のコスプレイヤーさん、お待たせしました!(2019/5/1)

Vtuberにテクノ法要にシウマイ弁当にミニ四駆の本気! 平成最後の「ニコニコ超会議2019」はやっぱりカオスだった
ホール間の移動すら楽しいイベント。(2019/4/30)

ニコニコ超会議に菅官房長官が登場 令和に向けての思いを明かす
今や人気政治家の1人。(2019/4/28)

平成最後の「IPPONグランプリ」徹底解説。ホリケンの狂気回答にバカリズムもロバート秋山もクルクルクルクル。松本人志、嘆く
サドンデス勝負のお題は「新元号発表の雰囲気で何かを発表してください」それでなぜ全員クルクルに?(2019/4/21)

若い世代の方が好感:
世論調査にみる「令和」の好感度 かつて廃止論の社共も歯切れ悪く
新たな元号が「令和」に決まった。産経新聞とフジニュースネットワーク(FNN)が6、7両日に実施した合同世論調査によると、新元号を「良いと思う」との回答は87.0%に達し、国民の大多数は好感を持って新元号を迎えた。元号は国民生活に定着し、制度存続が望ましいとの声はむしろ、若い世代の方が多い。平成改元時には「軍国主義復活」などと難癖をつけた左派政党も今回は歯切れが悪く、皇室や伝統を否定するお家芸は支持を得られない時代になったようだ。(2019/4/17)

令和の“正しい書き方”から発展した神経衰弱ゲーム「令和衰弱」が登場 ニコニコ超会議2019で無料配布
「平成」から「令和」への移り変わりを感じる神経衰弱です。(2019/4/10)

「肩幅が広すぎるイラスト」、アクキーとしてカプセルトイに 体格のクセが強い信長やモナ・リザが勢ぞろい
“肩幅の人”のイラストがついに商品化。(2019/4/10)

ニコ生で「菅官房長官単独生インタビュー」11日放送 ネット上での反響についても回答
令和おじさんがニコ生に。(2019/4/9)

広告看板にタマちゃん、横断歩道に金さん銀さん 交差点に“平成”を凝縮したイラスト、Twitterで感動呼ぶ
ファストフード店の窓から見下ろす人通りに、(2019/4/6)

「令和」をイメージしたクッキーに絶賛の声 和を感じる色使いの“雅なクッキー”に「美しい」「感動した」
アイシングクッキーのすごさを改めて感じる作品でもあります。(2019/4/4)

「令和」のアクセントは? 放送各社で対応分かれる
新元号に決まった「令和(れいわ)」の発音方法をめぐり、SNS上などで議論が広がっている。アクセントをどこに置くかで、聞こえ方が異なるからだ。テレビ・ラジオの放送局も社によって発音方法はさまざまで、明確なルールを定めないケースも。どの発音が正しいのだろうか。(2019/4/4)

文化庁のお墨付き:
令和の「令」、正しい書き方とは? 書道界「字体の第一人者」に真相を書いてもらった
新元号「令和」の「令」の字は、印刷物や手書きなどによって字形がさまざまだ。どうしてこのようなことが起こるのか。書道界の「字体の第一人者」に実際に書いてもらい解説してもらった。(2019/4/4)

「令和」のアクセントは「栄華」と同じ? それとも「平和」? 内閣官房に聞いた
ローマ字表記は「REIWA」が正しいとのこと。肝心の発音はというと……。(2019/4/1)

新元号「令和」ツイート、2時間で450万件
(2019/4/1)

ゴールデンボンバー、新元号ソング「令和」を爆速発表! 「紅白決定」「時代の幕開け感がすごい」と大反響を呼ぶ
仕事早すぎるって!(2019/4/1)

ふぉーんなハナシ:
新元号「令和」 スマホの文字入力で変換できる?
5月1日に施行される新元号が「令和(れいわ)」に決まりました。スマートフォンの文字入力アプリ(IME)は「れいわ」を一発変換できるのでしょうか……?(2019/4/1)

アレクサに「新しい元号を教えて」と聞くと、出典や施行日まで詳しく教えてくれた
平成の次の元号が「令和」に決まった。AlexaやGoogleアシスタントは、昼過ぎの時点で既に新元号を知っており、「新元号は?」などとと聞くと教えてくれる。特にAlexaはとても詳しい。(2019/4/1)

「令和」ツイート、2時間で450万件 なぜかハッシュタグ「令和18年」もトレンドに浮上
もっともツイートが盛り上がった瞬間はもちろん、「新元号『令和』が菅官房長官によって発表されたとき」でした。(2019/4/1)

安倍首相、新元号でインスタ、Twitter、ニコ動に言及 「若いムーブメントは政治や社会に大きな変化もたらす」
新元号を発表した記者会見の中で、安倍首相は若者に人気のネットサービスに言及した。(2019/4/1)

新元号「令和」を発表する官房長官、いらすとやがさっそくイラスト化
仕事の早さに驚いているうちに、「令和」の説明をする首相までイラストに。(2019/4/1)

いらすとやに「令和」のイラスト 「仕事早すぎ」と話題
フリー素材サイト「いらすとや」に新元号「令和」に関するイラストが追加された。(2019/4/1)

【全文書き起こし】新元号「令和」は万葉集から 安倍首相「『人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ』という意味込めた」
国書を典拠とする元号は歴史上初となります。(2019/4/1)

新元号「令和」を一発変換するには?
平成に代わる新元号は「令和」(れいわ)に。あまり聞きなれない単語だが、PCやスマートフォンで一発変換できるのだろうか。(2019/4/1)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Siriは新元号「令和」をいつ覚えるの?
平成の次の元号が決まった。OSの対応はしばらく後になるが、音声アシスタントの対応は早いはず。(2019/4/1)

新元号「令和」発表、45万人がライブ配信を視聴 Twitterトレンド席巻
菅義偉官房長官が4月1日、記者会見で平成に代わる新しい元号を「令和」(れいわ)にすると発表。(2019/4/1)

新元号「令和」に
令和の出典は、日本最古の古典「万葉集」から。皇太子さまが翌5月1日に新天皇に御即位、あわせて元号を平成から令和に改元する。(2019/4/1)

新元号「令和」 発表直後のTwitterの反応はポジティブが約9割 「カッコいい」「伝統の中に清新な風を感じます」
みなさんはどんな印象を抱きましたか?(2019/4/1)

新元号は「令和(れいわ)」 皇太子さまの新天皇即位に合わせ5月1日から施行
1989年1月8日から30年4カ月続いた「平成」が間もなく幕を下ろします。次の時代も良い時代に。(2019/4/1)

こんな発表ならワクワクMAX Twitterに投稿された“理想の新元号発表”がスタイリッシュ
黒いタートルネックとジーンズで発表してほしくなる。(2019/3/30)

新元号の発表会見、政府がライブ配信 Twitter、インスタまでフル活用
4月1日午前11時半、菅義偉官房長官が記者会見を開き、新元号を発表する。会見の模様は、首相官邸のTwitter、Facebook、Instagramの公式アカウント、YouTubeチャンネルでライブ配信予定だ。(2019/3/29)

平均層にも聞いた:
年収ハイクラス層が予想する新元号は? 人気ナンバーワンの漢字は……
ハイクラス年収層の人気ナンバーワン元号は?――。人材サービス大手のパーソルキャリアはこのほど、年収のハイクラス層と平均層それぞれのビジネスパーソンに新しい元号を予想してもらった。(2019/3/27)

モバイルフォーラム2019:
「分離プラン」への期待と不安要素
MVNO委員会は、3月8日、「モバイルフォーラム2019 〜2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割〜」を開催。総務省の担当者や「モバイル研究会」の有識者、ジャーナリストが講演し、分離プラン導入についてそれぞれの意見を述べた。(2019/3/13)

違法ダウンロード規制「一刻も早い対策求められている」 改正案、今国会で成立目指す 菅官房長官
菅義偉官房長官は12日の記者会見で、漫画などの海賊版対策として違法ダウンロード(DL)の対象を全著作物に拡大することが柱の著作権法改正案について「被害は深刻さを増しており、一刻も早い対策が求められている」と強調。改正案の今国会の提出、成立を目指すとした。(2019/3/13)

SNSで話題沸騰のお菓子「#平成最後のグミ」はなぜ生まれた? メーカー取材で分かったシンプルすぎるパッケージの理由
パッケージだけじゃなく中身のグミもちゃんとおいしい。(2019/3/11)

高額スマホは買いづらく 携帯値下げ法案の影響
政府が5日に国会提出した電気通信事業法改正案。義務づけられた携帯電話端末代金と通信料金の完全分離は、携帯大手が提供する料金プランの複雑さを解消し、消費者が通信料金を比較しやすくすることで業界内の価格競争を促す狙いがある。(2019/3/6)

京大“折田先生像”、2019年版は「平成」掲げる小渕恵三 「オルガ像」や「AR版」も登場し現実も仮想もカオスに
平成最後の折田先生像ですから。(2019/2/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。