ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CMO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Chief Marketing Officer:最高マーケティング責任者

Weekly Memo:
Salesforceが強調“信頼ファースト”のデジタル戦略 Slack買収も生きる5要件とは
社会や企業の在り方に変革が求められつつある中で、「信頼を生み出す企業」になるためには何が必要か。セールスフォースが「5つの要件」を打ち出した。その内容とは――。(2021/11/15)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
転換期迎えた中国の「自粛のダブルイレブン」、それでも販売額は過去最高
中国のECセール「ダブルイレブン(独身の日)」が終わった。例年と異なり、今年は華々しいイベントや流通額の実況中継はほぼなく、今年の販売額も過去最高だったと発表されたのみ。今年のダブルイレブンは、11日に習主席の演説が公開されるなど異例尽くしで、中国のプラットフォーマーが転機を迎えたことは間違いない。(2021/11/12)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2021年のSEOを総括 キーワードは「検索の多様化」
ユーザーも検索エンジンもWebサイトも多様化、進化する中で、SEOのあるべき形とは。(2021/11/1)

楽天モバイル、韓国のP2Pファイル転送事業会社を買収、完全子会社化
楽天モバイルは、P2Pファイル転送サービスを開発する、韓国のスタートアップ企業Estmobを買収し、完全子会社化すると発表。(2021/10/25)

お母さん食堂への署名活動と「直接の関係はない」:
ファミマ、新PB「ファミマル」を発表 2024年度末までに「PB商品の売上比率を35%以上に」
ファミリーマートは10月18日、新プライベートブランド(PB)「ファミマル」を発表した。「ファミリーマートコレクション」「お母さん食堂」「お母さん食堂プレミアム」を統合することでファミリーマートブランドの認知を高めていく狙いがあるという。(2021/10/18)

加藤茶、深夜のウオーキングが近所から“徘徊”と誤解→夫婦で手つなぎ散歩「今日は一緒に歩いてくれました! 笑」
健康への意識が高いカトちゃん。(2021/10/14)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【後編】:
プロに聞く! 「はなまるうどん」のマーケターになったら「丸亀製麺」とどう戦う?
「はなまるうどんのマーケターになったら、丸亀製麺とどう戦う?」「牛丼チェーン店の大手3社に勤めたら、どんな戦略を立てる?」──西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏に、話を聞いてみた。(2021/10/12)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 リテール×マーケ【前編】:
元西友のプロマーケターがうなる、オーケーストアの差別化戦略
西友、ドミノ・ピザジャパンなどでCMOを務めた“プロマーケター”の富永朋信氏と、東急ハンズ・メルカリなどでCIOを務めた長谷川秀樹氏が対談。富永氏が語る、オーケーストアを研究すべき理由と、小売りに求められる「差別化戦略」とは──?(2021/10/11)

PR:衛星通信で変わるIoTの未来 低コストで企業のIoT活用を加速させるGlobalstar
(2021/10/5)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
「データ活用」から考えるDX推進とは?
何のためのデータ活用か。イメージをしっかり持った上で基盤を構築し、必要なデータを準備することが重要です。(2021/10/1)

研究活動にAWSを活用する医療機関【後編】
小児科病院が明かす「AWS」導入成功の秘訣 IT、事業部門のギャップを埋める
医療機関はクラウドサービスへのシステム移行を成功させるために何をすればよいのか。AWSでシステムを構築した小児科病院Ann & Robert H. Lurie Children's Hospital of ChicagoのCIOの話を基に説明する。(2021/9/21)

コロナ禍こそチャンス:
パナソニック山口有希子氏×シンフォニーマーケティング庭山一郎氏 営業に貢献するB2Bマーケティングを語る
世界に比べて遅れる日本のB2Bマーケティング。どうすればビジネスの成長に貢献できるのか。日本のB2Bマーケティングをけん引するトップランナー2人がセールスフォース・ドットコム主催の「Connections to You」で語り合った。(2021/9/15)

石野純也のMobile Eye:
歴代で最も買いやすい折りたたみスマホに 「Galaxy Z Fold3 5G/Z Flip3 5G」の狙い
新たに発表した「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」は、2020年のモデルから価格を引き下げ、利用シーンを広げる防水に対応。日本ではフォルダブルスマートフォンとして初めておサイフケータイに対応する。日本での戦略もグローバルと同じで、フォルダブルのメインストリーム化を狙う。(2021/9/11)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
人生100年時代、複業をするために自分の「強み」を見つけよう。スタンフォード出身者が教える複業のポイント
複業にチャレンジして、「食べるためだけに働いている(ライスワーク)」という状況を脱却してはいかがだろうか?(2021/9/9)

膨大なデータ処理を変える技術【後編】
「GPUDirect Storage」はストレージのスループット改善にどれだけ効果的なのか?
GPUによるデータ処理を高速化するNVIDIAの「GPUDirect Storage」は、大量のデータを扱う用途で活用が進む可能性がある。その可能性を考える上では、ストレージベンダーの取り組みが鍵になる。(2021/9/7)

加藤綾菜、夫・加藤茶のために本格的な減塩料理をスタート 愛情たっぷりの姿勢に「カトちゃん幸せですね!」
愛する夫のため努力をいとわない綾菜さん。(2021/9/5)

「最高です」「百裂脚くらいたい」 内田理央、尺の関係でカットされた“幻の春麗コスプレ”でファンをK.O.
ちゃんとCAPCOMからも許可をとっていたのに。(2021/9/1)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Google アナリティクス最新バージョン「GA4」はWeb解析業務をどう変えるのか
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。初回は「GA4」をテーマにお届けします。(2021/9/1)

「SaaSバックアップ」は軽視でいいのか【後編】
「Microsoft 365」や「Salesforce」のバックアップ対策が進まない本当の理由
企業がSaaSのバックアップ対策を十分に講じていない問題がある。それは決して製品が不足しているからではない。では何が問題なのか。(2021/8/24)

Facebook、一旦棚上げした透明性レポートを批判受け公開 最も見られたリンクは「医師がワクチン接種後死亡」の記事
Facebookは8月18日に「広く見られているコンテンツ」レポートを定期的に公開すると発表。第一弾として第2四半期のレポートを公開した。その後、メディアが同社にとって不都合な第1四半期のレポートもあると指摘したため、そちらも後から公開した。(2021/8/23)

本田真凜、20歳バースデーを“純白の女神”ショットで報告「私はとっても幸せです」 妹・紗来の祝福投稿も話題に
真凜さん「まってもうハタチなん」(2021/8/21)

東京五輪メダリスト、病児のためメダルをオークションに 落札した企業の粋な計らいへ反響「見習うべきすばらしい行為」
アメリカでの手術費用を募っています。(2021/8/17)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【後編】
家具EC企業がコロナ禍で売り上げを倍増させた「CX」戦略とは?
都市封鎖で自宅のリフォームが人気を集めた。これを商機として捉えたのが、家具・日用品のEコマース事業を展開するOverstock.comだ。売り上げの大幅な増加をもたらした同社の取り組みとは。(2021/8/9)

MVNOに聞く:
ビッグローブが新MVNO「donedone」を立ち上げる狙い なぜBIGLOBEモバイルと別ブランドなのか?
新ブランドとして社会貢献活動に対する継続的な参加を売りにした「donedone(ドネドネ)」のサービスを開始。速度を1Mbps、3Mbpsに制限する代わりに、50GBという大容量を実現した。社会貢献活動を売りにしたMVNOが登場するのは初めてではないが、大手MVNOが別ブランドとして展開するのは異例だ。(2021/7/28)

CIO Dive:
技術的負債はなぜ溜まる? 大企業だけではない「バックログ積み上がり問題」
技術的負債は歴史ある大企業だけの問題ではない。大企業だけでなく、リアルタイムで市場に対応し続けるようなスタートアップにおいても技術的負債の山が詰みあがっているという。CIOは技術的負債解消に向けて何に取り組めばよいだろうか。(2021/7/28)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 パナ新CIOの本音【前編】:
パナソニック新CIO、玉置氏を導いた思想 「CIOは経営者」「話を聞いてもらうために偉くなる」
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、P&G、ファーストリテイリング、アクサ生命保険でCIOを務め、5月にパナソニックのCIOに就任した玉置肇氏。大学時代はサルの研究者を目指していたという玉置氏が、CIOの道を歩み始めたきっかけは、何だったのか。そして、今考える「CIOのあるべき姿」とは。(2021/7/12)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
これからのブランディングとSNS(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「ブランディングとSNS」です。(2021/7/5)

北斗晶、息子たちと写った18年前の“家族プリ”公開 「こんなに小さかったのですね!」「若い若い!」
あまり変わっていない北斗&佐々木夫婦。(2021/7/1)

月額料金から50円を寄付:
ビッグローブ、新MVNOブランド「donedone」発表 月額2728円で50GB、速度は1〜3Mbps
ビッグローブが、7月1日からMVNOサービスの新ブランド「donedone(ドネドネ)」を提供する。月額2728円(税込み)で50GBのデータ容量を利用できる2種類のプランを用意する。donedoneならではの特徴として、月額料金から50円を社会貢献団体に寄付することができる。(2021/6/30)

飲食店を科学する:
商圏内で敵なし!? 「スマホでケンタッキーフライドチキンを検索」に隠された戦略
ケンタッキーフライドチキンが絶好調。看板商品のブラッシュアップや、マーケティングが成功した。一方、著者は「スマホでKFCを検索」にある戦略が隠されていると指摘する。(2021/6/21)

紅蘭、“巨大腎結石”の手術終了を報告 医療従事者の名前列挙し「リスペクト以上の言葉が見当たらない」と深く感謝
6月3日に手術を受けていました。(2021/6/10)

日本企業の約8割がCXに消極的 「顧客に選ばれる企業」で格差拡大の懸念――ガートナーが警鐘
カスタマーエクスペリエンス(CX)に取り組んでいる日本企業は、過去3年間、増加傾向にあるものの、依然として2割強に満たないことが判明した。ビジネス上の差別化要素となるCXを積極的に進めている企業と、そうでない企業との間には大きな差が広がっていくことが懸念されるという。(2021/6/8)

今日のリサーチ:
日本企業の約8割がCXの取り組みに遅れ――ガートナー ジャパン調査
ビジネス上の差別化要素として注目されるCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)ですが、日本では残念ながらCXプロジェクトの進捗(ちょく)は遅れ気味のようです。(2021/6/7)

「パパそっくり」「健介さんかと思いました!」 北斗晶、長男との親子ショットが“夫婦”にしか見えなくなる
恐るべしDNA……!(2021/6/4)

紅蘭、医者も驚く“巨大腎結石”で人生初手術 娘を残しての入院に「いざ離れてみると想像以上だ、、」
手術よりも娘と離ればなれになることの方がつらいようです。(2021/6/2)

北斗晶、がっしり体形が26年間で15キロ増に 佐々木健介との婚約発表ショットに自虐「お姫様抱っこはキツい」
30年たてばみんな変わるよな。(2021/6/1)

QlikのCDOが語る:
2つのCDO Chief Data OfficerとChief Digital Officerはどう違うのか
DXを推進する上で2つの重要な役割がある。1つがChief Digital Officer、もう1つがChief Data Officerだ。略せばいずれも「CDO」だが、その職能は似て非なるものだという。(2021/5/21)

石野純也のMobile Eye:
新料金プランが好調も、値下げの影響をどうカバーする? 4キャリアの決算を振り返る
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの2020年度決算と、楽天の第1四半期決算が出そろい、新料金プラン導入後の状況が徐々に見えてきた。中でも、オンライン専用の料金プランは各社とも好調に推移していることがうかがえる。それに伴う減収影響も徐々に拡大していく見込みだが、非通信領域でカバーしていく。(2021/5/15)

フォーメーションや勝率を試合中に分析、プレミアリーグがデータ活用サービス提供へ
サッカーのプレミアリーグが、公式クラウドプロバイダーとしてOracleを選定した。チームのフォーメーションや勝率など、サッカーのプレーをリアルタイム分析した統計情報を試合中に提供する。(2021/5/10)

紅蘭、巨大な腎結石で手術発表 「先生も驚くほどの大きさ」とレントゲン写真公開
無事終わりますように……。(2021/5/4)

北斗晶&佐々木健介、26年前の“北朝鮮での出会い”を祝福 2ショット公開し「そこで初めて会ったこの人と愛の不時着」
恋のキューピッドはアントニオ猪木さん。(2021/4/27)

スケボーを乗りこなす文鳥さん さまざまな技を繰り出す動画に「天才!」「運動神経抜群」の声
スケートボーダーって呼んでもいいのよ?(2021/4/26)

石野純也のMobile Eye:
なぜ楽天モバイルがiPhoneを扱えるようになったのか? そのインパクトを解説する
本格参入から約1年、楽天モバイルがついにiPhoneの取り扱いを開始する。本体価格は4キャリアで最安にすることで差別化を図った。ネットワーク面での連携することで、既存のiPhoneユーザーにもメリットをもたらす。(2021/4/24)

PR:マーケター必読! マーケティングにおける動画活用が失敗する理由と、成功に導くポイントは?
(2021/4/27)

今日のリサーチ:
日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態――アビームコンサルティング調査
データを活用し、ESG活動の成果を定量的に把握した上で経営の意思決定を行う「真の統合型ESG経営」は実現可能なのでしょうか。(2021/4/22)

楽天モバイルのiPhone 12やiPhone SEをお得に利用できるユーザーは?
楽天モバイルが4月30日からiPhoneを取り扱う。ラインアップは「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」と「iPhone SE(第2世代)」。新規契約者に対しては、実質2万円の割り引きも用意しているが、既存ユーザーにとってはメリットが薄いかもしれない。(2021/4/22)

研究開発の最前線:
「パナソニックの持つ多様性を価値に転換する」、新CTOの小川氏が会見
パナソニックの技術トップとして新たに執行役員 CTO、薬事担当に就任した小川立夫氏がオンライン会見を行った。今回の会見は、小川氏のパナソニックにおける経歴や技術開発についての考え方などを説明すもので、具体的な研究開発の方向性などについて踏み込むことはなかったが、その基盤となる考え方を示唆する内容となっていた。(2021/4/22)

頭痛で寝込む母にみせた、5歳息子の優しさにキュン……! 子どもの成長と愛を感じる漫画にほっこり
大天使だ。(2021/4/20)

“バチェラー”友永真也&岩間恵、「新婚さんいらっしゃい」へ 無防備な寝顔さらす夫にファン「本心からリラックス」
2人の関係性もかいま見えます。(2021/4/19)

マーケティング強化:
ファミマ、新たな「メロンパン」と「カレーパン」が販売から2週間で400万食突破 「類をみない異例のスピード」
ファミマのメロンパンとカレーパンが売れている。販売開始から2週間で400万食を突破。「類をみない異例のスピード」だという。(2021/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。