ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CTIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Cellular Telecommunications & Internet Association

電気自動車:
シリコン負極のベンチャーにルノー日産三菱が出資、1分で80km分の充電を実現
ルノー・日産自動車・三菱自動車が運営するベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」は2018年11月13日、リチウムイオンバッテリーの電極技術を開発する米国カリフォルニア州のENEVATE(エネベート)に投資を行ったと発表した。(2018/11/15)

オンセミ FSA4480、NCS21xシリーズ:
USB Type-C対応のアナログオーディオスイッチ
オン・セミコンダクターは、保護機能付きアナログオーディオスイッチ「FSA4480」と双方向電流検出アンプ「NCS21x」シリーズを発表した。どちらも小型パッケージで、USB Type-Cアプリケーションに対応する。(2018/8/9)

ノキアの取り組みで探る5G最前線(3):
加速する5G開発、実用化に向け実証進む米国
第3回となる今回は、米国に焦点を当てる。日本、韓国と並んで5G(第5世代移動通信)開発に積極的なのが米国だ。その米国で、2016年はどのような取り組みが進んだのか。(2016/12/8)

IoTと製造業の深イイ関係(3):
「ナイトライダー」が現実に、音声アシスタントの進化が止まらない
脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第3回は、IoTと人工知能(AI)との連携によって進化が加速している音声アシスタント機能の動向に迫る。(2016/11/15)

CES 2016:
FREETELが米国進出、日本ブランドを掲げて「SAMURAI 極」などを全米で発売へ
海外進出を公言してきたFREETELが、CES 2016に合わせて米国展開を発表。国内でも人気の高い「SAMURAI 極」などのSIMフリー端末を米国でも発売する。(2016/1/6)

Nokiaが発表:
プログラム可能な5G向けアーキテクチャ
5G(第5世代移動通信)向けの技術開発に力を入れるNokia Solutions and Networksは、次世代ネットワーク向けにプログラム可能なアーキテクチャを発表した。ほとんどの機能が自動的にソフトウェア定義され、ほぼ全てのネットワークに、必要とされるコンテンツと処理能力が割り当てられるという。(2015/9/11)

ヘッドフォン接続で電源オン!:
光城精工、手のひらサイズの筒状ポタアン「KM02-PAMP」を9月10日に発売
光城精工が手のひらサイズの小型・軽量なポータブルヘッドフォンアンプ「KM02-PAMP」を発表した。価格は1万2800円(税別)。(2015/8/6)

GoogleとMS、スマートフォン用OSへのキルスイッチ導入に同意
盗難時のセキュリティ対策となる「キルスイッチ」がAppleのiOSを含めた主要3社のスマートフォンOSに全て導入される。(2014/6/20)

スマートフォンに盗難対策技術を実装へ、AppleやGoogleが協力表明
Apple、Google、Microsoft、Samsungなど主要メーカーの合意に基づき、2015年7月15日以降に米国で販売されるスマートフォンの新モデルに基本的な盗難対策ツールを提供する。(2014/4/17)

クリエイティブ、2000円台のエントリーUSBオーディオアダプタ「Sound Blaster Play! 2」
クリエイティブメディアは、エントリークラスモデルとなるUSBオーディオアダプタ「Sound Blaster Play! 2」を発表した。(2014/4/9)

Google、広告混在コンテンツはGoogle Newsから遮断すると警告
純粋な記事とアフィリエイトやプロモーション的な要素を混在させることはGoogle Newsの品質ガイドラインに反するとして、メディア全体をGoogle Newsから遮断する可能性があるという。(2013/3/29)

「LTEもプリペイド」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「アメリカ・サンフランシスコ 2012年」編
新世代通信サービスの普及により、海外渡航のプリペイド手段でもLTEによる通信環境をかなり手軽に入手できるようになってきた。今回はアメリカ・サンフランシスコのプリペイドLTE環境を検証しよう。(2012/5/24)

海外モバイルニュースピックアップ:
Siri、我に返る
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ライバルを褒めたあと我に返ったSiri、Instagramアイコンのカメラをリアルカメラ化するプロジェクト、iPhoneの文字入力がラクになるシート、Ericssonの人体間通信のデモなど。(2012/5/16)

ビジネスニュース M2M:
AT&TとQualcommがホームネットワーク製品を発表、IoT分野の競争はいよいよ本格化
AT&TとQualcommが、IoT(モノのインターネット)の普及に向け、ホームネットワーク製品を先陣を切って発表した。今後、同分野における競争が本格化するとみられる。(2012/5/14)

米FCCとキャリア大手4社、スマートフォンの盗難抑止で端末データベース構築へ
スマートフォンの紛失・盗難による被害額が300億ドルといわれる米国で、政府当局と業界団体が盗難端末データベースの構築やユーザー啓蒙の取り組みで協力する。(2012/4/11)

GoogleブランドタブレットはASUS製で149ドル?――Android and Me報道
うわさの“Nexusタブレット”のメーカーはASUSで、Kindle Fireに対抗するため価格は149ドルになる――。匿名のサプライチェーン企業幹部の話としてAndroid and Meが伝えた。(2012/3/19)

GoogleとSamsung、ジョブズ氏を悼み次期Androidの発表を延期
GoogleとSamsungがメディアに向けて、「世界がジョブズ氏の死を悼んでいる中で新製品を発表するのは適切ではない」として10月11日に予定していた発表イベントを延期すると伝えた。このイベントでは「Android 4.0」と「GALAXY Prime」が発表されるとみられていた。(2011/10/8)

開発陣に聞く「GALAXY S II」:
“GALAXY”ブランドでエコシステム構築を 気になる新型タブレットは?――Samsung電子のAndroid戦略に迫る
「GALAXY S II」でAndroidスマートフォンのブランディングを再スタートさせるというSamsung電子。そのポイントはエコシステムの構築にあるという。また、iPad 2対抗となるGALAXY Tabの8.9/10.1インチモデルの日本投入はあるのだろうか。(2011/7/30)

携帯電話の電磁波に脳腫瘍リスク WHO組織が指摘
世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠が認められる」とする結果を公表。(2011/6/1)

現行機種と何が違う?:
写真で見るSamsungグローバルモデル
Samsung電子が開催した説明会で、最新のグローバルモデルが披露された。フラグシップモデルの「GALAXY S II」や2種類の「GALAXY Tab 10.1」などを中心に紹介しよう。(2011/4/11)

GALAXY S IIの日本登場は?:
技術、製品、マーケティングが成功の要因――「GALAXY」で飛躍するSamsung電子
1秒に8台弱の端末が世界で売れている――。2010年のSamsung電子は「GALAXY S」で大きく飛躍し、2億8000万台の携帯電話を販売した。「GALAXY S II」や「GALAXY Tab 10.1」でさらなるシェア獲得を目指す同社が、世界と日本市場での戦略を明かした。(2011/4/7)

オーディオ処理技術:
SRS Lab、モバイル向けオーディオIPでQualcommとライセンス契約
SRS Labsは、Qualcomm(クアルコム)のスマートフォン向けプロセッサ「Snapdragon」に関連し、同社とライセンス契約を締結した。(2011/3/29)

Mobile Weekly Top10:
Xperia arc SO-01C発売でさらに盛り上がる春商戦(3月21日〜3月27日)
今週のアクセスランキングには、3月24日に発売された「Xperia arc SO-01C」関連の記事が多くランクインしている。(2011/3/29)

CTIA Wireless 2011:
「HTC EVO 3D」「HTC View 4G」、LTE対応機も――HTCが最新スマートフォン&タブレットを披露
HTCがAndroid OSを搭載したスマートフォンとタブレットの新機種を発表。3D表示対応のHTC EVO 3Dと7インチ画面のHTC EVO View 4Gの2機種で、いずれも通信方式はWiMAXに対応する。7インチタブレットFlyerのWi-Fiモデルも発表した。(2011/3/25)

CTIA Wireless 2011:
世界最薄ボディで最高のタブレット体験を提供する――Samsung「GALAXY Tab 8.9/10.1」
Samsung電子が米国で開催中の「CTIA Wireless 2011」で新製品を発表。8.9インチ画面のGALAXY Tab 8.9と、先月発表されたGALAXY Tab 10.1の米国向けモデルの2機種を披露した。OSはいずれもAndroid 3.0(Honeycomb)を採用する。(2011/3/23)

HTC、3D対応Android「HTC EVO 3D」や7インチタブレット「HTC EVO View 4G」を発表
HTCが米国のオペレーター、Sprint Nextel向けに最新のAndroidスマートフォン「HTC EVO 3D」とタブレット端末「HTC EVO View 4G」を発表した。(2011/3/23)

GALAXY Tabの新機種、3月22日に発表 予告サイトに謎の数字「78910」
3月22日に発表されるGALAXY Tab新製品の予告サイトには、「78910」という数字が書かれている。8.9インチモデル登場といううわさとの関連は……?(2011/3/1)

Twitter、年内に2億ユーザー到達の可能性
Twitterは急速に成長しており、1日に37万人のペースで新規ユーザーを獲得している。(2010/11/2)

「Wave」「GALAXY」日本投入の可能性は――Samsung電子のスマートフォン戦略
Android端末やWindows phone、そして独自開発したOS「bada」搭載モデルなど、積極的にスマートフォンを展開しているSamsung電子。同社が4月23日に開催した説明会で、グローバル端末のラインアップを披露した。(2010/4/23)

iPadアプリ開発熱、1月よりやや下火に――Appcelerator調べ
開発対象としての1番人気はiPhoneだが2位のAndroidが差を縮めており、間もなく発売のiPadは3位だった。(2010/4/1)

京セラ、Android端末「Zio」を発表 スマートフォン市場に復帰
京セラのスマートフォン「Kyocera Zio M6000 Android」は、Android 1.6と3.5インチのタッチスクリーンを搭載する。(2010/3/23)

Microsoftケータイ「Project Pink」、2カ月以内に発表か
Microsoftが、Windows Mobile 7を搭載したZune風の自社ブランド携帯電話「Project Pink」を、2月か3月に披露すると予想されている。(2010/1/22)

韓国携帯事情:
Nokiaが再参入、カシオは独自端末を投入――個性派ぞろいの2009年韓国ケータイ春モデル
韓国を代表するタッチ端末シリーズ「Haptic」が高スペック化する一方、シンプルケータイも遊び心あるユニークな機能を搭載。再参入したNokiaやLGTとタッグを組んだカシオ計算機など海外勢の端末も注目を集めている。(2009/4/9)

5分で分かる、先週のモバイル事情――3月28日〜4月3日
ドコモとイオンがモバイルマーケティングの新会社を設立。モバイルWiMAXを展開するUQは、全国展開に向けて300億円を調達した。Ericssonは、CTIA Wirelessで下り最大56MbpsのHSPA+のデモを展開。SkypeはiPhone向けアプリをリリースした。(2009/4/6)

Ericsson、下り最大56MbpsのHSPA+をデモ
Ericssonがラスベガスで開催されているCTIA Wirelessで、下り最大56MbpsのHSPA技術を公開した。これまでの最大速度である42Mbpsを塗り替えるもので、2010年中の商用化を予定している。(2009/4/3)

Skype、Apple iPhone向けIP電話アプリ発表か
SkypeがCTIA Wirelessカンファレンスで、Apple iPhoneでVoIPサービスを使えるアプリを発表するとのうわさが飛び交っている。(2009/3/30)

Opera、サーバ高速化機能を備えたモバイルブラウザ「Opera Mobile 9.7」発表
Opera TurboとOpera Presto 2.2を採用し、Google Gearsをサポートする。(2009/3/27)

「Mac購入者はAppleロゴに500ドル払っている」――MSバルマーCEO
不況はWindows PCにとって追い風となり、Appleの高価格戦略にとっては「潮流が逆向きになった」と主張するMicrosoftのスティーブ・バルマーCEO。彼はこれまでAppleについてどんなことを言ってきただろうか?(2009/3/24)

米無線データサービス市場、前年同期比40%の成長――CTIA発表
6月に送信されたテキストメッセージは750億件で、前年同月より160%増加した。(2008/9/12)

Microsoft抜きで「ホワイトスペース」技術のフィールドテストが開始
Microsoft、Google、Dell、Hewlett-Packardなどの大手IT各社は、MotorolaとPhillipsのデバイスのテストが、認可不要のテレビ電波干渉緩和ゾーンを利用したワイヤレスブロードバンドの提供につながることを期待している。最初に登場する「ホワイトスペース」デバイスは、放送局がデジタルテレビへの移行の一環としてアナログ放送の中止を予定している2009年2月に使用可能になるかもしれない。(2008/7/17)

Next Wave:
携帯Web分野でも世界から無視される日本
世界中に瞬く間に普及した携帯電話。その市場規模は携帯電話のWeb活用の進展でさらに大きく広がろうとしている。これに対して日本企業はかつての小型家電での栄光を取り戻せるのだろうか。(2008/7/17)

米携帯電話業界団体、無料ブロードバンド義務付け案に反対
無線周波数帯の競売で無償ブロードバンドサービスの提供を義務付けるとしたFCCの提案に、CTIAが反発した。(2008/6/9)

米Yahoo!、モバイル検索強化でユーザー拡大狙う
苦戦が続いている米Yahoo!が、新規ユーザー獲得を目指し、モバイルWebサービスを強化している。(2008/4/4)

Yahoo!、音声入力も可能なモバイル検索「oneSearch 2.0」発表
Yahoo! oneSearchの最新版では、音声でのクエリー入力が可能。クエリーに関連する語句を提案するSearch Assist機能なども追加し、検索のスピードアップを実現する。(2008/4/3)

MSのテーブル型コンピュータ「Surface」、携帯ショップでデビュー
テーブル型コンピュータ「Microsoft Surface」が、米国の一部のAT&Tストアに設置される。携帯を置くだけで、その端末の機能などを表示させることができるという。(2008/4/3)

AOL、「オールインワン」の携帯向けアプリをβ公開
AOLが、AIMやAOL Mail、MapQuestなど、AOLの各種サービスを携帯端末向けにまとめたアプリケーションを発表した。(2008/4/2)

MS、「Windows Mobile 6.1」発表――IEにFlashとSilverlight搭載
Windows Mobile 6.1は、ホームスクリーンを刷新。新しいIE Mobileは、Adobe FlashとMicrosoft Silverlightに対応し、「デスクトップレベル」のWebアクセスが可能になる。(2008/4/2)

Motorola、タッチスクリーン式のモバイルTV「DH02」発表
DH02は、モバイルTV放送の受信機能に加えてナビゲーション機能も装備する。(2008/3/28)

屋外実験で下り最大250Mbpsを達成――ドコモのスーパー3G
NTTドコモがスーパー3Gの屋外の実証実験で、下り最大250Mbpsのパケット通信に成功したと発表。基地局送信と移動局受信に最大4本のアンテナを用いた下りMIMO伝送で実現したという。(2008/3/26)

ジェミナイ・モバイル、デロイト&トウシュの「ワイヤレス・ファースト50プログラム」に選出
(2007/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。